やりたくない仕事にやる気を出す8つの方法!これですぐに取りかかろう

 

  • やりたくない仕事があるけどやらなきゃいけない…
  • でもやる気が出ない!

そんな悩みをお持ちの方も珍しくないと思います。

 

社会人として働いていれば、やりたくない仕事でもやる必要があります。

お金を貰ってプロとしてやるわけですから、当然の話ではありますが…。

ですがやる気が出ない時があるのは当たり前ですし、気乗りしないとなかなか仕事にも取りかかれません。

やりたくない仕事にもやる気を出す方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

やりたくない仕事にやる気を出すには?

やりたくない仕事に対してやる気を出すというのは、言うほど簡単なことではありません。

思うにこういった「やる気が出ない」系の悩みは、かなり多い傾向にありますね…。

やる気さえ出せればなんでも乗り越えていくことができますが、やる気が出なくてはどうしようもありません。

やりたくない仕事にやる気を出す方法をまとめましたので参考にしてください。

テンションを上げて仕事に臨む

やりたくない仕事にやる気を出すには、一時的にテンションを上げて仕事に臨むというのも手段の一つです。

テンションさえ上げられれば、上機嫌で仕事に臨むことができますし。

勢いで仕事に取りかかることができます。

 

やり方としては、

  • 面白い動画を見る
  • 好きな音楽を聴く
  • 仕事前に運動をする

など、色々な方法があります。

ただずっとテンション高いままというわけにもいきませんので、仕事に取りかかるための勢いをつける手段として割り切りましょう。

何も考えずとにかく手をつける

あとはそもそも、やる気が出るまで待っているというアプローチ事態がナンセンスかもしれません。

心理学では「作業興奮の原理」というものがあり、実際にその作業に手をつけることでやる気が出る、と言われています。

いくら待っていてもやる気は出ないのです。

 

なので、何も考えずにとにかくその仕事に手をつけてしまいましょう。

そうすれば次第にやる気が出てきて、普通にこなせるようになると思いますし。

待っていればやる気が出るのではなく、仕事に取りかかるからやる気が出るのです。

取りかかるまでは時間がかかるかもしれませんが、勢いでなんとか仕事に取りかかりましょう。

週末の遊びの予定を考えながらこなす

やりたくない仕事にやる気を出すには、何かしらモチベーションを上げる要素が必要かもしれません。

仕事なんて大なり小なりつまらないものですからね…。

何か仕事が終わった後の楽しみがあれば、やる気が出るかもしれません。

 

なので、仕事が終わった後の遊びのこととか、週末の遊びの予定などを考えながら仕事をこなすというのも手段の一つです。

やはりそういった楽しみがあるからこそ、やりたくない仕事でもこなしていけるのだと思いますし。

楽しみがないと仕事へのやる気なんて出ません。

何も予定がないなら、今からでも予定を立てましょう。

ここでやらなかったらどうなるか?考えて危機感を持つ

あとはやる気やモチベーションを出すというか、日本人の場合危機感を感じて行動を起こすケースが多いと思います。

特に日本人は他の国の人に比べて不安を感じる遺伝子が強いようなので、「これをしたい」というモチベーションよりも「こうはなりたくない」という危機感で行動するケースが多いようです。

これを危機回避モチベーションと言います。

 

なので、ここで仕事をやらなかったらどうなるのか?を考えてみましょう。

業務命令を拒んでしまったらクビになるかもしれませんし、今より悪い状況になるのは確かでしょう。

若い方であればいいですが、中高年の方などは一度会社を辞めてしまうとなかなか再就職も難しい傾向にありますし。

危機感からやる気が出てくるかもしれません。

他の同僚に押しつけてみる手も

そんなにやりたくない仕事であれば、いっそのこと他の同僚に押しつけてしまうというのも手段の一つです。

あまり良い手段とは思えませんが、職場では支え合いが必要ですからね。

仕事にも得意不得意がありますので、あなたが苦手でやる気が出ない仕事でも、他の同僚であれば苦もなくこなせるかもしれませんし。

ただ、同僚に借りを作ると言うことですから、後でそのぶんのフォローはしっかりしていくべきですが…。

でないとバランスが崩れて、関係が破綻してしまいます。

上司や同僚に相談してみる

そんなにやりたくない仕事であれば、いっそ上司や同僚に相談してみるというのも手段の一つです。

何かしらいいアイデアをくれるかもしれませんし。

もしかしたら「その仕事は俺がやるよ」と言ってくれるかもしれませんし。

ただ厳しいタイプの人ですと「甘えるな」なんて言われて終わってしまう可能性もありますが…。

相談する相手はよく考えた方が良いかもしれません。

今日の所は休むか早退してみる

そんなにやる気が出ない場合は、今日のところは休んでしまうという手もあります。

どうせあなたのような真面目な方は、有給休暇も溜まっているでしょうし。

たまには休んでも罰は当たらないと思います。

あとは休めなさそうな方であれば、早退してしまうという手もありますし。

「風邪をひいたようなので午後から医者に行きます」とか言えば、早退もしやすいと思います。

 

まぁ社会人生活も長いですし、時には仕事をやりたくないと考えてやる気が出ない時もあります。

ちょっと休めばまたやる気も出てくるかもしれません。

今のところはあえて休んでしまうのも手段の一つです。

仕事を変えることを検討してみる

あとはそもそも、今の仕事全体に興味がなく、やる気が出ないということも考えられます。

大抵の社会人はたまたま受かった会社に入社しただけで、「この仕事をやりたいんだ!」なんて強いモチベーションを持っている人も少ないですからね…。

つまらないと感じていて興味もない仕事では、やる気を出せと言うほうが難しいでしょう。

 

その場合は、いっそのこと仕事を変えることを検討してみるのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職もしやすくなってきていますし。

今ならば失業率も低迷していて求職者数も減ってきており、もっと良い会社にも行きやすくなってきています。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

やりたくない仕事ばかりなら、環境を変えるべきかも…

あなたのようにやりたくない仕事にもやる気を出さざるを得ない状況に陥っている方も、今のご時世珍しくないと思います。

今だけやりたくない仕事を任されたのであれば良いですが、これがずっとやりたくない仕事をやらされているのであれば考え物です。

社会人生活も長いですから、そんなにやる気が出ない仕事ばかりでは、地獄の社会人生活になってしまいますからね…。

 

幸い今は仕事も多い傾向にありますので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

自分に向いている興味のある仕事のほうが、やる気も出て結果的に社会の役にも立つと思いますし。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。