【適当でOK】仕事辞める理由で嘘つきたい!嘘でも即刻辞めて転職する7の秘策

 

  • 仕事を辞めたいけど引き止められそう…
  • 無難なウソの理由をついて仕事を辞めたい!

そういった悩みをお持ちの方も今のご時世多いかもしれません。

 

特に最近は人手不足に陥っている会社が多いですからね。

仕事を辞めたいなんて言い出しても猛烈に引き止められるに決まっています。

そういった状態でもなんとか辞めるには、無難なウソをついたりしていくことも必要になってくるかもしれません。

私も何回か転職していますが、人手不足ではなかった時もどの会社でも毎回猛烈に引き止められましたからね。

私は別に有能な部類でもなんでもありませんが、人が辞めるとなるとまた新たに採用しなくてはいけませんから、面倒なんです。

そこでやめるには、何らかの嘘や通りの良い理由をつけることも必要になってくるかもしれません。

 

ですが嘘の理由をついたら何か不都合はないのでしょうか?

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

嘘の理由をつけて辞めるのはお勧めしない!なんて意見もあるが…

最近はあなたのように、会社を嘘の理由をつけてでも辞めたい!と考える人も多いですが…。

そういったキーワードで検索してみると、

  • 嘘の理由をつけて辞めるのはオススメしない!
  • あとで絶対にバレる!
  • 堂々と正直に辞めたい理由を言うべき!

なんて寝言を言うサイトなども多いですね。

 

確かに正々堂々言って辞めれるに越したことはありませんが、今は本当に人手不足の会社が多いですからね。

絶対に引き止められるに決まってますよ。

  • 次の会社は決まっているのか!?
  • うちの会社を辞めても他に雇ってくれるとこなんてないぞ!
  • 次を決めてから辞めた方がいいんじゃないのか!?
  • そんなすぐ辞めるなんて、甘いよあんた!

こんな風に言われて、高圧的に引き止められるに決まっています。

 

特に最近は人手不足で激務な会社が多いですから、なかなか在職中に次の会社を見つけるなんて誰でも出来ることではないんですけどね。

そういったことがわからないから、嘘の理由をついて辞めるのはオススメしない!なんて言ってくる人が多いんでしょうけど。

実際のところは嘘をついててもさっさとやめて、早めに転職活動した方が短期決戦で済みますし、手っ取り早いんですけどね。

特に今なんて有効求人倍率も高止まりしていて、転職のチャンスなわけですし。

私は嘘の理由をつけててもさっさと辞めてもっといい会社を探すことをオススメしますね。

 

今は空前の人手不足!嘘の一つや二つつかないと辞められない会社も多い

やはり嘘の理由をつかないと辞めにくい理由として、今は本当に人手不足の会社が多いことが挙げられます。

最近は少子高齢化によって労働人口も減少してきていますし。

一応労働人口自体は主婦を活用したり定年後の高齢者を活用したりして、労働人口自体は増えていますが…。

生産年齢人口は減少してきていますし、若者なんて更に減ってきていますからね。

今や日本人の平均年齢も46歳を超えてしまいましたし。

相対的にそれ以下の人たちは若者のように扱われる傾向にありますし。

やめようとしても絶対に引き止められる可能性が高いです。

 

特に最近は正社員で募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いですからね。

非正規雇用となると更に人が来ませんので、外国人労働者を活用しないといけなくなってきていますし。

帝国データバンクの調査によれば、約半数の会社が正社員が不足していると回答していましたし。

他のデータでも半数以上の企業が人手不足に陥っているなんていう統計結果もあります。

 

そんな中あなたが、正攻法で「次は決まっていないけど辞めます!」なんて正直に言ったら、絶対に引き止められるに決まっていますよ。

辞めたいのであれば、適当に嘘の理由でもいいからでっち上げてさっさと辞めて次の仕事を探した方がいいかと思われます。

 

「次の会社が見つかったので辞めます!」と嘘つくと離職票などが貰えない恐れも…

ただ仕事を辞める際に嘘の理由を言って辞めるのもいいとは思うのですが…。

次の会社が見つかったので辞めますと嘘をつくと、離職票などがもらえない恐れも出てきます。

私も「次の会社が見つかったので辞めます」と嘘をついて辞めたことがありますが、離職票をもらえないことがありましたからね。

というかまともな会社ならちゃんと送ってくるかもしれませんが、普通間隔をあけずに次の会社で働く場合離職票は必要ありませんからね。

失業保険を貰わなくてもいいということですし。

会社側がいらないだろうと判断して、送ってこない可能性もあります。

 

そこで「離職票は送ってください」なんて言ったら、「次の会社が見つかってるんだから、すぐ働くんだから離職票なんていらないだろ?」と言われるに決まっています。

まぁ私の場合はその後1ヶ月以内にすぐ仕事を見つけたので何の問題もありませんでしたが。

まぁ失業保険をもらうにしても自己都合退職ですと、3ヶ月間は待機期間があってもらえませんからね。

その間に仕事を見つけるつもりであれば、別に「次の会社が見つかったので辞めます」と言って仕事を辞めて離職票がなくても問題ないと思います。

 

会社を辞めた後の健康保険の問題もありますが、協会けんぽなどに加入しているのであれば、退職後20日以内に手続きすれば任意継続というものができます。

これまで通りこれまでの健康保険に加入することができますし。

国保に加入する場合は自治体に退職したことを証明しなければなりませんので、離職票が必要になってくるんです。

任意継続の場合は離職票なんてものは要りませんので、何の問題はありません。

 

そもそも辞める理由なんて無くてもいい!「とにかく辞めます!」でも可

あなたのように会社を辞める際に、嘘の理由でもいいから何かしら理由をつけて辞めたいと考える方も多いのですが…。

そもそも辞める理由なんて別にいらないですよ。

労働基準法や民法で「退職理由はちゃんとつけて辞めなさい!」なんて規定されてる訳ではありませんし。

 

なので、

  • とにかく辞めます!
  • 絶対にやめます!
  • もう嫌になったので辞めます!
  • 辞めてから探します!
  • もう決めましたから辞めます!
  • 誰がなんと言おうと絶対に辞めます!

と言えば別に辞められますよ。

ただその後ノープランの場合「後任が来るまではいろ!」なんて言われる可能性が高いので、

みんな「次の会社が見つかったから」なんて適当な理由をつけるわけですが…。

 

本当に今は人手不足に陥っている会社が多いですからね。

大体1人や2人抜けたぐらいでは大丈夫なように、人を雇っておくのが当たり前の人材マネジメントだと思うのですが…。

これまでは団塊世代などが大量にいて人に困ったことがなかったので、企業側が調子に乗ってるだけですよ。

まぁ一応「やめてすぐ仕事探すのでとにかく辞めます」と、強引に辞めてしまうのもいいかもしれません。

 

「学校に通いなおします!」と言って辞めるのも手

あなたのように会社を辞める理由で嘘をついてでも辞めたい!と考える人は多いですが…。

やはり何かしらの理由をつけて辞めないと、なかなか厳しかったりします。

本当に今は人手不足の会社が多いですからね。

 

とはいえ、とりあえず辞めて失業保険でゆっくりしたいと言う方もおられるかもしれません。

そう言った方の場合は「学校に通い直します」と言ってやめるのも手段の1つです。

実際失業すると職業訓練校に通うこともできますし。

訓練校に通えば訓練期間中は失業保険も延長してもらえますからね。

その間はとりあえずは収入を確保することができます。

 

職業訓練校は一年中何かしらのコースが募集されていますが、そこに入校するからやめますというのであれば、ある程度期限を決めて会社を辞めることができると思います。

私も通っていたことがありますが。

まぁ色々な年代の人と接することができて結構楽しかったですけどね。

自分の時間もできますので、これからの人生やキャリアをゆっくり考えることもできますし。

まぁ実際通わなくても学校に通うから辞めますと、嘘を言えば最近はそういった社会人スクールなどに通う人も珍しくありませんので、行けると思うんですが。

入学は何月からですと言えば、それより前に辞められますからね。

→ハロートレーニング 厚生労働省(外部サイト)

 

家族の介護と嘘をついて辞める手もあるが…

あとは会社を辞める理由としては家族の介護を理由に辞める方も多いです。

最近は日本は超高齢社会に突入して何年も経っていますので。

親の介護と言うのは誰しも他人事ではありませんからね。

 

それに伴って最近は施設に入れない高齢者も増えてきていますし。

そもそも介護人材自体が人手不足ですから、政府は在宅介護を推進していく方針のようですし。

実際今は介護を理由に介護離職する人が年間10万人以上いますからね。

決して他人事ではないのです。

 

ただこうやって家族の介護を理由に嘘をついて辞めた場合、同僚が近所にいたりすると確実にバレますが…。

まー通りがいい理由であることは確かですけどね。

ただあなたの今後の将来の人生やキャリアを本気で心配されると思いますが…。

実際介護離職を機に人生が転落したり貧困層に陥ってしまう方は多いですし。

人を選ぶ手段かもしれません。

 

無難に行くなら、早めに次の会社を見つけて転職を理由に辞めるのが良いかも

あなたのように会社を辞める理由を適当に嘘をついてやめようと考える方も多いですが…。

やはり無難に行くのであれば、早く次の会社を見つけることです。

 

次の会社を見つけている場合は、

  • 次の仕事が見つかったので辞めます!
  • 転職するのでやめます!
  • ○月から次の会社で働くことになったので辞めます!

と言って区切りを設けてやめることができますからね。

やはりそういって辞めるのが一番いいと思います。

社会人なので、「辞めてからどうするの」とは絶対に聞かれますからね。

 

幸い今は有効求人倍率も高いですし、仕事はたくさんありますからね。

今ならば本当に色々な会社に行ける可能性がありますので、本当に今のうちに転職活動して次を見つけておいた方がいいかもしれません。

そうすれば後腐れなく退職を言い出すこともできますし。

嘘の理由を言う必要もありませんからね。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

まとめ

あなたのように退職の際に嘘の理由を言ってでも辞めたいと考える方も今のご時世多いと思います。

今は本当に人手不足の会社が多く、強引に引き止めてくる会社も多いですからね。

そういった会社の場合何かしら無難な通りの良い理由をつけないとはなかなか辞めさせてくれなかったりしますし。

強引に引き止められていつまでたってもやめられないという状態になってしまう方もいます。

 

実際に私が前いた会社でも、「次は決まってませんが辞めます」と言い出したものの、

「次の会社が見つかるまでは居た方がいいぞ」なんて引き止められてズルズルと1年以上働いていた愚かな同僚もいましたし。

それだったら早めに嘘をついててもやめてもっと良い会社を探した方がいいと思います。

1日でも若い方が転職活動では有利ですからね。

 

まぁ今は本当に仕事は多いので今のうちに次の会社を見つけてそれを理由に辞めるのが一番いいと思います。

そうすれば空白期間もあきませんし。

退職も自然に言い出すことができますからね。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。