【もうムリ】うつだから仕事辞めたい!働く気力がない時の7つの逆転策

 

  • うつだから仕事辞めたい!
  • 生きていてもつまらない…
  • 働く気力が湧いてこない!

そういった悩みをお持ちの方は、今のご時世多いかもしれません。

 

やはり最近はうつ病になる人が急増してきていますからね。

現代はストレス社会ともいわれていますし。

あなたのようにうつ病になってしまい、働き盛りなのにも関わらずなかなか働く気力が湧いてこなくなり精神的に厳しくなってしまう方が多いのです。

特に最近はブラック企業も増えてきていますし。

精神疾患の労災件数も右肩上がりで増えてきていますからね。

 

ですが鬱だから仕事を辞めたいとは言いましてもまだまだ働いていく必要がありますし。

この記事はそんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

精神を病んで鬱になってしまい仕事を辞めたいと考える人は多い

最近はあなたのように鬱だから仕事を辞めたいと考えてしまう方も多いです。

やはり精神を病んで鬱になってしまうと、

  • 生きる気力がなくなったり
  • 働く気力が無くなったり
  • 会社に行くのが憂鬱になったり

してしまいますし。

布団から起き上がれなくなってしまう方も多いですからね。

 

特に現代はストレス社会ですし。

うつ病などの精神疾患になってしまう方が多いです。

私の周りにも、うつ病になって長期休職を余儀なくされているような方もいますし。

実際死を選んでしまった人も私の知り合いにいますね…。

やはり精神を病んでしまうと、精神のエネルギーが湧いてこずに生きる気力までなくなってしまう人が多いんです。

 

仕事となると最近は特に1人あたりの業務量も増加していることも多いですし。

負担が増えている方も多いですからね。

仕事なんてする所ではなく、辞めたいと考えてしまう人も多いんです。

 

ただ鬱の時に重大な決断をするのは避けた方がいいという意見も多い

あなたのように鬱だから仕事を辞めたいと考える人も多いのですが…。

ですがよく言われるのは、

  • 鬱の時に重大な決断をするのは避けた方がいい!
  • ネガティブになっているから間違った決断をしてしまう!
  • 治った時に後悔する可能性が高い!

こんな風に言われる傾向にあります。

確かに鬱ですと、過剰に後ろ向きな気持ちになってしまいますし。

なかなかそういった仕事を辞めるなんていう人生の重大な決断はするべきではないのかもしれません。

 

しかしそうは言いましても、鬱で仕事を辞めたいと考えているのは今の会社がかなりブラックな会社だからではないでしょうか?

というか日本企業は全部ブラック企業!なんていうことを言う人もいますし。

今の会社は他の会社よりはマシかもしれませんが、基本的に労働環境が悪い会社が多いですからね。

大企業でも休みなく働かされている人もいますし。

そんな会社で働いていたら鬱になるのも当たり前ですし。

 

今は比較的良い会社にも人手不足の影響で行きやすくなっていますから、やめて他の会社を探すのも手段の1つです。

ストレス源である会社を変えたら鬱鬱などの症状が治ったなんて言う人も珍しくありませんからね。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

とりあえず鬱の診断書を貰って会社を休職するという手も

あなたのように鬱だから仕事を辞めたいと考える人も多いですが…。

やはり会社を辞めたらまた次の会社を探さなくてはいけませんからね。

うつの人ですと、新たな環境に馴染んでいくことも結構難しかったりしますし。

転職をうつの時にやるというのは、結構難しい人も多いです。

 

その場合は鬱の診断書を貰って会社を休職するというのも手段の1つです。

そうすれば今の会社にいながら療養に専念できますからね。

ただネックとしては、ある程度以上に大きい会社で福利厚生が整っている会社じゃないとなかなか難しいということです。

 

やはり中小零細企業ですと人員に余裕がありませんから、

  • 休職するならやめろ!
  • お前がいない間誰が仕事すると思ってるんだ!
  • 休むなんて迷惑!

こんなこと言われるに決まっています。

実際うつ病で休職なんていつ戻ってくるかは分からない社員を抱えておく余裕は、中小零細企業にはありませんし。

そういった会社ですと、女性社員の産休育休などもほぼ取れない傾向にありますが…。

 

鬱で療養に専念しても治らないことも多い

あなたのように鬱だから仕事を辞めたいと考える精神疾患に陥る方も今の時代は多いのですが…。

そうは言いましても、鬱で療養に専念したりしても治らないことも多いです。

というか心療内科や精神科を受診しても薬がもらえるだけですからね。

  • 5分診療で薬しかくれない!
  • 精神科は患者の回転寿司状態!
  • 精神科はヤブ医者しかいない!

こんなことを言う人も多いですからね。

 

結局鬱を治していくためには、薬で症状を緩和させつつ

  • ストレス源を取り除いたり
  • 認知行動療法などで認知の歪みを治していったり
  • 悪い生活習慣を正していったり

して根本的に治療していく必要があります。

 

そんなのその辺の精神科医にできる訳ありませんし。

結局自分で直していくようにしないと、うつで療養に専念したところで、治る可能性は低いでしょう。

精神科に行って薬をもらったところで、対症療法に過ぎませんからね。

結局うつで仕事を辞めたい場合は今の環境がストレスがキツ過ぎてということが原因としてある訳ですし。

そこで薬を飲んだところで、対処療法にしかなりません。

労働環境の悪いブラック企業ですと、そういった死にかねない環境に行かないようにするために、

あなたの体がうつ症状を起こして動けないようにさせている…というポジティブな見方もできますからね。

 

食生活の乱れが原因で心身の不調が出てうつ病になるケースも

最近は鬱病患者も増えてきているのですが…。

それは本当にストレス社会やブラック企業などが原因なのでしょうか?

最近の説では、食生活の乱れや悪いものを食べているから心身に不調が出ているのではないか?という説も増えてきています。

 

特に現代の食生活ですと、

  • 咀嚼回数が激減していたり
  • 外食や中食の割合が増えていたり
  • 貧困家庭増加で安い炭水化物でお腹を満たす人が増えていたり

こういった要因もありますからね。

食生活を改善したらうつ病が治った!なんていうのもよくあるパターンです。

 

特にお金がない家庭ですと、安い炭水化物だけでお腹を満たしがちですからね。

  • パスタ
  • ラーメン
  • そうめん
  • パン

などなど。

そういった炭水化物もいいのですが、それだけですと栄養も偏りますし。

基本的に柔らかいので、あまり噛まずに飲むように食べている方が多いのではないでしょうか?

そうなると結局内臓に負担がかかりますし。

心身の不調は確実に出てきますからね。

 

特に炭水化物などの糖質を摂り過ぎると、食後血糖値が急激に上がって、急激に下がる血糖値スパイクが起こって、健常者でも体がだるくなったり眠くなったりしますからね。

特にうつ病だと思われていた人が、パンなどの小麦製品をやめたらグルテンアレルギーだったのが治ってうつ病も治った!なんて言う人もいますし。

そういった食べ方や、何を食べるか?という面でうつ病のような症状が出ている可能性もあります。

そういった関連の書籍などもたくさん出ていますので、調べてみるといいかもしれません。

 

とりあえず会社を辞めてしまって失業保険などでしばらく暮らすという手もあるが

あなたのように鬱だから仕事を辞めたいと考えている方も多いですが…。

幸い社会保険をかけていれば雇用保険から失業保険がもらえますからね。

ただ自己都合退職ですと3ヶ月経たないと貰えませんが、会社都合退職にできればすぐもらえますし。

 

職業訓練校などに通うことでも失業保険はすぐに貰えます。

職業訓練校でしたら、訓練期間中は失業給付が延長してもらえますからね。

授業料や入学金はほぼタダですし。

資格やスキルが身につく可能性もあります。

長い訓練ですと、半年とか1年ぐらいのものもありますね。

→ハロートレーニング 厚生労働省(外部サイト)

 

あとはうつ病でしたら、条件を満たして申請が通れば傷病手当金も貰えますからね。

健康保険協会の協会健保などに加入している場合は、もらえる可能性が高いです。

ただ色々と条件がありますので、よく調べてからにした方がいいですが。

そういったものがありますので、鬱で仕事を辞めてもとりあえずは生活は保障されます。

まあこれから更に少子高齢化によって労働人口は減少していきますので、仕事を辞めてもなにかしら仕事は見つかると思いますよ。

あまりに今きつい状態で働いているのであれば、辞めてみるのもいいかもしれません。

 

幸い今なら鬱で辞めても仕事はたくさんあるので

あなたのように、うつだから仕事を辞めたいと考える人も今のご時世多いと思いますが…。

やはりうつで仕事を辞めると、

  • 次の仕事が見つからないのではないか?
  • 鬱の私なんて再就職できないのではないか?
  • これから先生きていけるのだろうか?

そんな不安が渦巻いていて、惰性できつい体にムチを打って働いている方が多いかもしれません。

 

ですが幸い今は有効求人倍率も高く仕事はたくさんありますからね。

特にこれからは人口動態的に少子高齢化がさらに進んでいき、労働人口が減少していくことも確定していますし。

人手不足が加速することはあっても緩まることはないでしょう。

 

そんな状況ですので、うつで仕事を辞めても何かしら仕事は見つかる可能性が高いですよ。

まぁ今多額の給料を貰っているのであれば、それ以上貰うことは難しいかもしれませんが…。

ただ高い給料もらっていても、そんな鬱になるほど負担がかかっているんであれば、長続きしませんし。

寿命を縮めますからね。

私だったら多少給料が下がってももっとゆとりをもって働ける会社で働きたいですが…。

 

まぁ今はホワイト企業などにも入社しやすくなってきていますし。

そういった会社に行けば鬱の症状なども軽減される可能性も高いですね。

あなた次第で今よりも現状を良くしていくことが可能ですので、今のうちに動いておくといいかもしれません。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

まとめ

最近はあなたのように鬱だから仕事を辞めたいと考える方も多いのですが…。

鬱だからといって辞めるのもいいですが、療養に専念しても改善されないことも多いですね…。

それで空白期間があいて、ニートや引きこもりになってしまう方も多いですからね。

 

やはり医者に行っても薬がもらえるだけですし、対症療法に過ぎない面は確かにあります。

ただその薬をもらって症状を抑えている間に、

  • 環境を変えたり
  • 生活習慣を正したり
  • 認知の歪みを正していったり

することで治していくことは可能です。

 

まあ最近の心療内科や精神科は儲けたいがために結構カジュアルに鬱病認定したりしますからね…。

それで薬をバンバン出せば、儲かりますし。

結局はうつ病になってしまったストレス源を取り除けば改善する可能性も高いです。

私も転職したばかりの頃落ち込んで適応障害と認定されたことがありますが、転職したら治りましたし…。

今ならば比較的良い会社にも入りやすくなってきていますので、あまりに鬱できついようであれば、環境を変えてみるのも手段の1つだと思います。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。