疲れたから休みたいけど仕事休めない!キツイ時の7つの休養戦略

 

  • 疲れたから仕事休みたい!
  • でも人手不足だからなかなか休めない…

そういった悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

最近は本当にブラックな会社も増えてきていますし、人手不足の会社も増えてきています。

必然的に1人あたりの業務量が増えてきていて、あなたのように仕事で疲れ果ててしまっている方も珍しくありません。

あまりの人手不足で、残業や休日出勤もしないと仕事が回らないような会社も増えてきていますからね。

貴重な休日も潰されてしまい、月の休日も数えるほどしかないということも珍しくはないのではないでしょうか?

 

この記事では、疲れたから休みたいけど休めない時の対処法について解説しましたので、参考にしてください。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

miidas

過重労働に疲れ果て休みたいと考える人は多い!

あなたのように仕事に疲れ果てて休みたいと考えることは珍しくありません。

ネットやSNSを見てみても、

今月休み無し!

本当は休みたいけど人がいなくて休めない…。

 

人手不足で最近残業時間がやばいことに。

疲れがとれんから休みたいけど…。

休んでも後で自分にしわ寄せがくるだけで休めない。

 

休みたいけど休めないって最悪だね。

ニート時代が恋しいよ。

いつでも休める寝れるニート時代は人生で一番輝いていた。

こんな意見が散見されますね。

 

最近は正社員も人手不足になってきており、なかなか休めなくなってきています。

帝国データバンクの2022年8月の調査によると、49.3%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に旅館ホテル業では72.8%と深刻な人手不足となっています。

最近は非正規でも最低賃金が上がってきていたり、社会保険加入義務ができたことで企業の負担が増え、人員を絞っている会社が多いですね…。

なかなか厳しいかもしれません。

連日の残業や頻繁な休日出勤で休めないと過労死の恐れも…

あなたのように、疲れたから仕事を休みたいけど休めないという方も珍しくありませんが…。

そういった方の場合、毎日何時間も残業させられたり、頻繁に毎週のように休日出勤までさせられている方も多いのではないでしょうか?

そうなると月の労働時間が300時間を越えてきたりしますからね。

正直過労死ラインも超えて残業させられている方も多いのではないでしょうか?

月80時間以上の残業していたら過労死ラインと言われていて過労死が起こる危険性が高いと言われていますし。

 

特に我が国は他の国と比べても長時間労働と言われています。

OECDの調査では我が国の男性正社員の労働時間は世界一という統計結果もありますね。

我が国の労働時間は減ってきているとは言われていますが、それは非正規雇用が増えただけの話で、正社員に限れば依然として長時間労働ですからね。

そんな状況で疲れて休みたいのに休めない状況ですと、本当に死にかねません。

なんとか休んで体を休めていきたいところです。

miidas

溜まった有給を強引に消化して休んでしまうのも手

あなたのように疲れて仕事を休みたいのに休めないという方も珍しくないと思いますが…。

やはりそこで何とかして休んでいかないと過労死の危険性もあります。

私の身近にも過労死してしまった方はいらっしゃいますし、過労死というのは案外身近にあります。

働かされすぎていると気分が高揚してきて「まだ働ける」という気になってしまうものですが、体にはガタがきてます。

そんなに毎月たくさん残業させられていたら本当に死にかねないんです。

 

そういった場合は溜まった有給休暇を強引に消化して休んでしまうというのも手段の一つですね。

あなたのように真面目に働いている休めない方ですと、どうせ有給休暇も溜まっているでしょうし、今こそ有給休暇を消化するチャンスだと思います。

まぁ風邪をひいたとかなんとか適当なことを言ってちょっと休んでしまいましょう。

それで2日3日寝ているだけでもだいぶ体力が回復するかもしれませんし。

まぁ今は人手不足の会社が多いので色々と言われるかもしれませんが、まぁこれも自己管理の一環ですよ。

死ぬよりはちょっとだけ文句を言われた方が遥かにマシですからね。

あまりに休めない会社なら早めに転職を検討

あなたのように疲れて休みたいのに休めないという状況に陥っている方も珍しくないと思いますが…。

最近本当にそういった休めない会社というのも増えてきていますからね。

今は本当に人手不足に陥っている会社が増えてきていますし。

ただそんな会社でずっと働いていくとなるとかなり厳しいと思います。

休めなければ過労死の危険性もありますし、自分の時間も取れませんからね。

 

今は仕事はたくさんありますから、今のうちに転職を検討してしまうというのが良いかもしれません。

帝国データバンクの2022年8月の調査によると、49.3%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に旅館ホテル業では72.8%と深刻な人手不足となっています。

今はそんな会社にしがみつかなくても仕事はたくさんありますので、今のうちに他の環境に移ってしまった方がいいと思います。

一日でも若いほうが転職には有利ですから、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

miidas

本気で仕事に疲れ果てたなら一旦会社を辞めてみる手もあるが…

あなたのように疲れたから休みたいと考えているものの、なかなか休ませてくれないという方も珍しくありません。

そういった方の場合は、一旦会社を辞めてみるというのも手段の一つです。

幸い、雇用保険をかけている場合は会社を辞めても失業保険がもらえます。

そんなに疲れるほど働かされているのであれば、労働時間の証明ができれば会社都合退職で会社を辞めることもできます。

そうなるとすぐに失業保険がもらえますし、貰える期間も自己都合退職に比べて長い傾向にあります。

 

まああとは職業訓練とか受ければすぐに失業保険が出ますし、訓練期間中は失業保険も延長してもらえますし。

雇用保険がない方でも職業訓練を受ければ条件を満たすことで月10万円の職業訓練受講給付金がもらえますからね。

申請すれば一定時間以内でバイトなどをすることも可能です。

こういった手段でとりあえず会社を辞めてみるのも良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

⇒職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

今は人手不足の会社が多く、休ませない辞めさせないという場合も…

最近本当に人手不足の会社が多くあなたのように疲れ果てていても、休めない休ませないという会社が珍しくありません。

なので、最近は大企業などでも過労死や過労自殺が珍しくないんですが…。

ですがそこでいくら休めないとはいえ、休んでいかないと本当に過労で死んでしまいますからね。

 

最近は本当にそう言った労働トラブルが多く、休ませてくれない、辞めさせてくれないというトラブルが増えてきているんです。

一昔前はリストラや解雇などのトラブルの相談が多かったようですが、最近は会社を辞めさせてくれないというトラブルが増えてきているようです。

会社を休ませないというのも同じことですかね。

人手不足で本当にギリギリの人員で回している会社が多いので、少ない従業員の休みを削って無理に回している会社も多いですからね。

まあ仮に月に休みが4日を下回るようであれば、法定休日以下ですので、労働基準監督署に相談すれば動いてくれやすいと思います。

miidas

そんなに疲れているのに休めないと本気で死ぬ可能性があるので…

あなたのように疲れていて休みたいけど休めないという方も今のご時世は珍しくないと思いますが…。

そんなに疲れているということは本当に疲労困憊しているのかもしれません。

最近本当にボロ雑巾のように使われるブラックな会社も増えてきていますし。

たらそこで休めればいいですが休めない休ませてくれないという状況ですと、本当に過労で死んでしまう可能性もありますね。

我が国は未だに過労死や過労自殺などが後を絶ちませんので、決して他人事ではないんです。

 

まぁ今他にもいい会社はたくさんある傾向にありますから、今のうちに転職を検討してしまうのが良いかもしれません。

帝国データバンクの2022年8月の調査によると、49.3%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に旅館ホテル業では72.8%と深刻な人手不足となっています。

そんな会社にしがみつく必要などひとつもありませんので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

あなたのように疲れているのに仕事を休みたくても休めない、休ませてくれないという悩みをお持ちの方は多いと思います。

最近は本当に人手不足でギリギリの人員で回している会社が多いですからね。

あなたが休んでしまうと、仕事が回らなくなってしまうというのもよくあるパターンなんです。

そんなに多大な責任を負わせるのであれば、もっと給料上げろよって感じなんですけど、そうはしない会社が多いですね。

まあ最近の経営者は自分の懐を潤わせることしか考えていませんから、従業員を休ませずに安い給料で奴隷のようにこき使う傾向にあるんです。

 

まぁ今はそんな会社で働かなくても仕事なんてたくさんありますからね。

今のうちもっと比較的良い会社を探して行った方がいいと思います。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【LIBZ】

リモートワークやフレックスなど、新しい働き方を取り入れている企業求人専門の転職サイト。

家や旅行先で自由に働きたい!という夢を持っている方には特におすすめです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。