転職のタイミングは三年目がお勧めな4つ理由!と良い会社に行く秘策

 

  • 入社3年目だけどそろそろ転職しようかな?
  • 転職のタイミングとしては入社3年目って結構いい時期なのかな?

そういった悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

入社3年目となると、転職を考えだす人も多い時期です。

「石の上にも三年」なんて言葉もありますし、3年目は一つの節目です。

新卒でストレートに就職した人の場合は20代後半に差し掛かる時期です。

今後の人生やキャリアを考えた場合に「今の会社で勤め続けてていいのかな?」という気もしてきてしまいますからね。

 

この記事では転職のタイミングは3年目がオススメな理由と、いい会社に行く為の対処法について解説しました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

miidas

転職のタイミングを考える方は少なくない

最近は転職のタイミングはいつにすればいいのか?考える方は珍しくありません。

ネットやSNSを見てみても、

やりきったときが
転職のタイミング

 

40代になったら職を変えるのに苦労するだろうな。やはり、最初の転職のタイミングとしては35前後。遅くとも40手前だろうか。見たり聞いたりする限り、40代になり初転職だと、望む場所への転職には、苦労するだろうな。そしてそのまま65までの25年同じ会社にいる事に。長い。

 

2016年、転職のタイミングでお金が無い時に左折巻き込みでまとまったお金が入る
2018年、転職のタイミングでお金が少ない時に信号待ち中に追突され(以下同上
2021年、ニートでお金が減り続けてる時に信号待(以下同上

 

転職のタイミングっていつがいいですか?こんな質問が来る。でもね、転職にタイミングなんてないんだよ。いつでも、始めていいしなんなら求人は毎日少しでも見ておくことをおすすめする。転職したいと思ってすぐには行動に出来ないから今から準備することが重要になってくる。

 

30代だから……まだ大丈夫……転職のタイミング的には丁度良かったかもな

こんな意見が散見されますね。

 

転職のタイミングとしては入社3年目は結構ちょうど良いかもしれませんね。

まだまだ若いですし、その割に実務経験もあるので企業としては使いやすいですからね。

三年目なら職歴としてある程度アピールできる!

入社3年目が転職のタイミングとしておすすめな理由としては、3年目ならば職歴としてある程度アピールすることができるということが挙げられます。

入社3年目となるとまだまだ丸3年勤めた訳ではないと言う方も多いかもしれませんが、少なくとも2年以上は勤めている訳ですからね。

これが1年以内とか1年ぐらいの職歴ですと、ろくにアピールもできませんが…。

入社3年目となるとある程度職歴としてアピールしやすいんです。

 

特に我が国の企業は若い人材をやたら使いたがる傾向にありますからね。

それ以上に勤めていたら職歴は増えてアピール材料は増えるかもしれませんが、一番の資格である若さを失ってしまいますからね。

それだったら3年目ぐらいである程度社会にも馴染んできて職歴もある人の方が、会社としては使いやすいんです。

会社の色にも染めやすいですからね。

miidas

新卒で入社して三年目ならまだ若いので企業としても使いやすい

転職のタイミングとして入社3年目がオススメな理由としては、まだ若いので企業としても使いやすいことが挙げられます。

特に我が国の企業は本当に若い人材をやたら採用したがる傾向にあるんですよ。

新卒採用が我が国の一般的な採用の方法であることを見ても明らかですが、経験豊富な人材よりも若い人材の方が幾つも内定を得られやすいですからね。

まあ中高年の人材ですと、給与のテーブル的に高い給料出さないといけないということもあるんですが…。

 

若い人材ほど給料が安く使えますし、素直で仕事を覚えるスピードも早いですからね。

安い給料でコキ使えるので企業は若い人材を重宝する傾向にあるんです。

ただこれが新卒の方ですと、若いのはいいですが社会人の経験もないのですぐに辞められてしまうリスクもありますからね。

入社3年目ぐらいであれば、ある程度社会で働いた経験もあり世の中のこともわかってきている年齢なので、コスパがいいんです。

一から新人の社員研修なんてのもしなくて済みますからね。

三年も働いたならある程度社会人としての基礎が身に付いていて、企業側も安心する

入社3年目が転職のタイミングとしておすすめする理由は、3年も働いたのであれば、ある程度社会人としての基礎が身についているということが挙げられます。

さすがに入社3年目であれば、ある程度社会で働いて時間が経っているわけですし。

基本的な社会人としての常識も身についている可能性が高いですからね。

これが新卒となると若くて素直ではあるんですが、そういった一般常識がなかったりするケースも多いですし。

すぐに辞めてしまったりするケースも多いですからね。

 

若くて多少なりとも実務経験がある人材となると、ちょうど入社3年目ぐらいからなんです。

企業としてはある程度社会のことが分かっている入社3年目ぐらいの人材を採用した方が無難であるのは確かですね。

少なくともその会社で入社3年目になるまで働けたと言うことは信用になりますからね。

miidas

三年以上いると出世させられる可能性が出てきて、抜け出せなくなる可能性も

入社3年目が転職のタイミングとしていい理由としては、それ以上に働くと出世させられる可能性が出てくることです。

特に平均年齢が若い会社ほど、入社3年目ぐらいでも出世の話が来たりしますし。

出世させられるのはいいですが、出世なんてさせられてしまったらおいそれと会社がやめられなくなってしまいますからね。

引き継ぎなどの業務も増えてきますし。

 

出世させられて給料が上がってしまうと、それに応じて生活設計もするでしょうから、なかなか生活レベルは下げられないので転職に及び腰になってしまいますし。

まぁさすがに3年勤めていてそのまま働いていたら長く続ける人も多いですからね。

まだ入社3年目と思うかもしれませんが、ずっとその生活を続けていたら生活に慣性がついていきますので、そのまま何十年も働く人が多いですよ。

他に行きたいと考えているのであれば、入社3年目ぐらいがいい頃合かなと思います。

入社三年目で良い会社に行きたいなら転職エージェントがお勧め!

あなたのように入社3年目で転職のタイミングを見計らっている方も珍しくないと思いますが…。

そういった方は今よりもいい会社に行きたいと考えている方が多いと思います。

最近は特にブラックな会社は増えてきていますし、長時間労働の会社も多いですからね。

できればワークライフバランスが実現されるようなそこそこの給料で、自分の時間も確保しやすいホワイト企業で働きたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

今よりもそういったワークライフバランスが実現しやすい会社に行きたいと考えている方は、転職エージェントを使うことをおすすめします。

一般的なルートで仕事を探してしまうと、求人票虚偽記載のような悪質な会社も多いですし。

転職してみたら条件が違った!ということで揉めてすぐ辞めて、転職失敗してしまう方も珍しくありません。

ですが転職エージェントが使う非公開求人であれば、企業側はそれなりにお金をかけているのでいい会社の求人が多いですし。

 

しかもエージェントはすぐに辞められてしまうと返金規定があるため、最大限希望を叶えて親身になってくれる傾向にあります。

騙してねじ込んで入社させても、エージェントは儲からないんですね。

「エージェントは自分の実績を伸ばすために強引にねじ込んでくる!」なんて寝言を言う人もいますが、すぐに辞められたらお金を返さなくてはいけないので普通はそんなことはしない傾向にあります。

自分の首を絞めるだけですからね。

入社3年目でいい会社に行きたいのであれば、こういった所を使っていくと良いでしょう。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

miidas

できるだけ若いうちのほうが良い会社に行ける可能性があるので…

あなたのように入社3年目で転職のタイミングを見計らっている方を珍しくないと思いますが…。

やはり転職のタイミングとしてはに入社3年目ぐらいがいいと思います。

まだまだ若いですし、その割にある程度アピールできる実務経験も持っています。

まあ出来れば入社3年目とか5年目ぐらいまでには転職しておかないと、転職が難しくなってしまいますね。

ストレートに大学を卒業した方でも5年目となるともう30手前ですし、そこで仮に転職を失敗してしまうと、結構取り返しがつかなくなったりしますからね。

そこで入社3年目ぐらいであればまだ若くていい会社に行ける可能性がありますし、仮に失敗してしまってもまだ若いのでリカバリーが効きます。

 

帝国データバンクの2022年8月の調査によると、49.3%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に旅館ホテル業では72.8%と深刻な人手不足となっています。

仕事が多い今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

やはり入社3年目ぐらいとなると転職のタイミングとしてはベストだと思います。

まだまだ若いですし、実務経験としても割とアピールしやすいですし。

3年で何がわかるんだ!?という人もいますが、我が国の企業はやはり若い人材を積極的に採用したがっていますからね。

いかに実務経験が豊富でも、歳を食っているだけで採用しないような会社もたくさんありますからね。

実務経験と若さのバランスが重要だと思います。

 

ちょうど入社3年目ぐらいが一番企業にとってもコスパが良くて採用しやすいのではないでしょうか?

つまりは比較的良い会社にも行きやすい傾向にあるんです。

今の会社に不満があってもっといい会社に行きたいのであれば、今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【LIBZ】

リモートワークやフレックスなど、新しい働き方を取り入れている企業求人専門の転職サイト。

家や旅行先で自由に働きたい!という夢を持っている方には特におすすめです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。