社会人生活が無理ゲーなよくある原因は?無理ゲーと感じている時の対処法はこれ

 

  • 社会人生活って無理ゲーだろ…
  • 週5日も働きたくない…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世多いと思います。

 

特に最近は労働環境の悪いブラック企業が増えているため、無理ゲーだと感じてしまう人は増えているかもしれません。

日本は客としてサービスを受けるなら快適ですが、働くとなると途端にきつくなります。

学生時代までは社会からお客様扱いだったのに、社会人になると突然きつくなりますからね。

学生時代は優秀だったのに、社会人になってから潰れてドロップアウトしてしまうニートや引きこもりの方も珍しくありません。

最近社会問題になっている中高年ひきこもりも、ひきこもりになった原因は「退職」が最多になっており、前職は正社員でバリバリ働いていた人がほとんどです。

 

しかしこれからは人生100年時代なんて恐ろしいことも言われていますし、無理ゲーでもなんとか生き残っていかなければなりません。

この記事では、社会人生活が無理ゲーと感じてしまうよくある理由と、無理ゲーを乗り切るための対処法について紹介します。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

miidas

社会人生活を無理ゲーだと感じてしまう人は珍しくない

最近はあなたのように、社会人生活を無理ゲーだと感じてしまう人は珍しくありません。

ネットやSNSを見てみても、

社会人生活ってあと40年も続くの?

無理ゲーじゃね…。

歳とって体力無くなったらどうするの?

 

50歳を超えて気付きましたが、人間って50年以上も生きられるように設計されていないと思うんですよね(~_~;)

人生100年だとか定年後も働くなんて、そもそも無理ゲーな気がします。

重い体を引きずってなんとか働いてますが、定年後に悠々自適な生活なんて体力がなければできないだろうと。

 

私は前科者ですが、正直刑務所のほうが何も考えずに作業すればいいからラクでしたね。

社会人は自分で考えて動かないといけないし、僅かな稼ぎから老後の積立もしないといけないとか無理ゲーですよ。

技術の発達で求められる能力が高くなりすぎて、ついていけない人からドロップアウトしてる気がします。

刑務所にはそういう人たくさんいましたよ。

 

このくらいできて当たり前!ってのも、生存者バイアスかかってるよなぁと。

ついていけない人はそもそも採用されてない、採用されても無理ゲーと判断して既に辞めてる。

日本人の半数は働いてすらいない、数千万人は年金生活者と考えると、現代の労働についていけている人は非正規でもかなり有能な上位層なんじゃないかと思う。

バブルの頃から働いてるけど、当時は単純作業でダラダラ働けてたし、明らかに今のほうが大変だよ。

こんな意見が散見されますね。

これからは老後も働かないと生活できない!なんて恐ろしいことも言われていますし、怖すぎますね。

社会人生活を無理ゲーと感じてしまうよくある理由は?

特に最近は人手不足の会社も多く、ブラック企業が急増しています。

働くのがきつすぎて「社会人は無理ゲー!」と嘆きたくもなってきます。

学生時代は明るい人だったのに、社会人になった途端暗くなったり、性格が悪くなる人も多いですからね…。

社会人生活を無理ゲーと感じてしまうよくある理由について紹介しますので、参考にしてください。

miidas

学生時代との落差がひどすぎる

社会人生活を無理ゲーと感じてしまうよくある理由として、学生時代との落差がひどすぎることも挙げられます。

日本のサービスレベルは高いのですが、それは過酷な労働環境で働く労働者の苦労によって支えられています。

「日本はサービスを受ける側だと快適だが、働く側は地獄」なんて言われることもありますね。

 

特に学生時代は勉強をしているだけで、基本は消費者側にだけ立っていられます。

ですが社会人になってしまうと、いきなり難易度がハードモードに切り替わるため、無理ゲーと感じてしまう人が多いのです。

特に怒られ慣れていない最近の若者ほど、早めに見切りをつけて辞めていく傾向にあります。

日本の労働環境は昔から酷いと言われていましたが、一向に改善する気配すらありません。

最近は外国人を使う会社も増えていますが、円安で相対的に給料の低くなった日本には来たがらなくなってきていますし、ブラック過ぎて外国人にも逃げられているようです。

週5日労働+残業+休日出勤がきつすぎる

社会人生活を無理ゲーと感じてしまうよくある理由として、週5日労働+残業+休日出勤がきつすぎることも挙げられます。

そもそも週5日ですら働き過ぎできついのに、そのうえ残業や休日出勤があるケースも多いです。

特に最近は人手不足の企業が多いため、週5日8時間だけでは仕事が終わらず、残業や休日出勤をせざるを得ないケースが多いです。

日本は統計に出てこないサービス残業があまりに多いため、実態把握すらできていません。

 

そもそも労働基準法では、週5日、一日8時間以上働かせるのは原則違法なのですが、36協定などの抜け道があるため、それ以上の労働がまかり通っています。

というかその36協定ですら、中小企業の半数以上は締結すらしておらず、従業員を違法残業させているようですが…。

仕事だけしているわけにもいきませんので、これ以上働いたら他のことが疎かになり、無理ゲーと化してしまいます。

本来仕事なんて人生の一部に過ぎないはずですが、現代日本では労働の占める割合が大きすぎて、仕事=人生みたいになっている人が多いです。

miidas

ブラック企業に勤めている

社会人生活を無理ゲーと感じてしまうよくある理由として、ブラック企業に勤めていることも挙げられます。

特に最近は労働環境が酷く、従業員を人間扱いしないブラック企業が急増してきています。

ブラック企業で働いていると、違法な長時間労働をさせられたり、パワハラを受けたりします。

さながらこの世の地獄のような様相で、無理ゲーと化してしまうのです。

 

まぁそもそも、ブラック企業は労働基準法を守っていないため、即刻辞めるべきだと思いますが…。

今は他にも仕事はたくさんあるため、ブラック企業にしがみつく理由など一つもありません。

稼ぎ続けなくてはいけない

社会人生活を無理ゲーと感じてしまうよくある理由として、稼ぎ続けなくてはいけないことも挙げられます。

特に結婚して子供がいる方ほど、死ぬまでバリバリ稼ぎ続けることを求められます。

子供の養育費には莫大なお金がかかりますし、住宅ローンなんて組んでしまったら、その返済のためにも働かなくてはいけません。

 

これが学生時代のバイトであれば、辞めたりまた働いたりも気楽にできるのですが…。

学生ならば自分の小遣い程度稼げれば十分ですからね。

社会人となると、会社を辞めてからも税金の請求が来たり、社会保険料の請求が発生します。

生活費が低くても稼ぎ続けることを求められるため、無理ゲーになってしまうのです。

miidas

社会人生活が無理ゲーすぎてきつすぎる時の対処法は?

特に日本の労働環境は悪い傾向にありますので、社会人生活が無理ゲーと化してしまう傾向にあります。

北欧などの労働者の権利が強い国では、週4日労働や一日6時間労働なども出てきているんですが…。

残念ながらここは日本なので、そんなゆとりある働き方は期待できません。

社会人生活がきつすぎて無理ゲーな時の対処法について紹介しますので、参考にしてください。

要領良く休みつつ働く

社会人生活が無理ゲーな時の対処法として、要領良く休みつつ働くことが挙げられます。

結局無理ゲーな社会人生活を乗り切るためには、これしかないのではないでしょうか?

社会人生活なんてただでさえ無理ゲーできついですし、最近は「人生100年時代」なんて恐ろしいことも言われています。

要領よく有給を使ったり、サボったりしないとやっていけませんよ。

たまには有給を取ったりサボったりして、適度にガス抜きをしていきましょう。

 

そもそも日本人は、有給休暇取得率も先進国中最低です。

「日本は祝日多いから!」なんてことが言われたりもしますが、人手不足の中小企業などですと、普通に出勤させられて年間休日は悲惨なことになっていたりします。

あくまでも自衛の手段として、適度にサボって休んでいくしかありません。

miidas

他の部署に異動を検討する

社会人生活が無理ゲーな時の対処法として、他の部署に異動を検討することも挙げられます。

無理ゲーなのは、もしかしたら今の部署だけかもしれません。

他の部署ならもっと楽に働ける場合は、異動することで解決できる場合があります。

 

転職はリスクもありますので、今の会社にいながらもう少し無理ゲーではない仕事ができるなら、それに越したことはありません。

一度上司などに相談してみるのも良いでしょう。

一旦無理ゲーな仕事を辞めてみる

社会人生活が無理ゲーな時の対処法として、一旦無理ゲーな仕事を辞めてみることも挙げられます。

そんなに無理ゲーなのに無理に働いていると、心と体を壊してしまう可能性が高いです。

一度潰れてしまうと、ブランクが空いてしばらく働けなくなったりしますからね…。

 

幸い雇用保険をかけていれば、失業保険が貰えます。

職業訓練などに通えば、条件を満たせば訓練期間中は失業保険が延長して貰えたりします。

一旦無理ゲーな仕事からは離れてみるのも良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

⇒職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

miidas

もっと楽な仕事に転職する

社会人生活が無理ゲーな時の対処法として、もっと楽な仕事に転職することも挙げられます。

無理ゲーな仕事を、そのまま無理に続けても潰れるリスクが高いです。

会社の労働環境が良くなることを期待しても、正直無理でしょう。

 

幸い最近は転職も一般的になってきており、昔に比べてもっとマシな会社に行きやすくなってきています。

帝国データバンクの2022年8月の調査によると、49.3%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に旅館ホテル業では72.8%と深刻な人手不足となっています。

できるだけ若いうちに、もっとゆとりを持って働ける会社に移ってしまうと良いでしょう。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

特に日本は労働環境が悪く、長時間労働の傾向にあります。

そのため、社会人生活が無理ゲー化しやすいんですね。

非正規が増えたことで、日本人全体の労働時間は減っていますが、正社員に限って言えば横ばいか、むしろ労働時間が増えている可能性を示唆するデータもありますからね…。

あまりに働かされていては、社会人生活が無理ゲーになってしまうのです。

残業代がたくさん稼げても、使う暇がなければ意味がありませんからね。

 

まぁあまりに無理ゲーなブラック企業に勤めているのであれば、早めに転職を検討すべきでしょう。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べてもっとマシな環境にも移りやすくなってきています。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【LIBZ】

リモートワークやフレックスなど、新しい働き方を取り入れている企業求人専門の転職サイト。

家や旅行先で自由に働きたい!という夢を持っている方には特におすすめです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。