【クソ仕事】仕事で絶望しかない!絶望の窮地を乗り切る7つの逆襲策

 

  • 仕事で絶望しかない!
  • 毎日絶望感を感じながら仕事をしている…

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないかもしれません。

 

特に最近は労働環境も人間関係も悪いブラック企業が増えており、絶望してしまう人は多いです。

あまりに酷い会社で働かされていると、毎日絶望感を感じるのは当たり前です。

将来性もなく給料も上がらず、人間関係も悪く居心地も悪いブラック企業で働かされていると「こんな人生でいいのか?」と考えてしまうのは当たり前ですからね…。

そんな劣悪な環境では絶望するなというほうが難しいでしょう。

 

しかしまだまだ人生長いわけですから、絶望感を感じてもなんとか生きていかなければなりません。

この記事では、仕事で絶望感を感じてしまう時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

仕事で絶望しかない!人生全体に絶望感を感じる人は多い

最近はあなたのように、仕事はおろか、人生全体にまで絶望感を感じてしまう人は珍しくありません。

最近は本当にブラックな会社も増えてきていますからね。

そのうえこれから日本は人口減少でどんどん衰退していきますので、希望を持つほうが難しいのです。

未来が見えずに絶望してしまう方も珍しくありません。

 

実際ネットやSNSなどを見てみても、

弊社、ブラック過ぎて本当に絶望しかない。

どんどん人が辞めてくし給料も上がらない。筋金入りのブラック。

俺もそろそろ潮時か?

 

仕事をしていると飽きてこない?

そこそこ給料はもらってるけど同じことの繰り返し。

これで何か人間性が向上するとかは全く期待できない。絶望感しかないよ。

 

毎日同じことのくり返し。

毎日同じ仕事して時間だけが過ぎていき、やがては人生が終わっていくと考えると本当に絶望するんだが。

同じような奴いない?

 

これから更なる消費増税・復興税・社会保険料値上げが来るぞ。

国は給料3%上げるつもりらしいが、増税でむしろ可処分所得は減るよ。

若い連中はこんな絶望の国を飛び出して海外に行ったほうがいいぞ。

こんな意見が散見されますね。

 

このように絶望してしまう方は珍しくないと思います。

絶望してしまうというか、待遇が良くても労働環境が良くても、なかなか仕事に意義を見いだせないと、人生全体にも絶望してしまいがちかもしれません。

OECD調査だと日本人男性正社員の労働時間は世界一!絶望するのは当たり前かも

あなたのように、仕事で絶望しかない!と考えてる方は珍しくないと思います。

それといいますのも、日本は基本的に労働環境が悪い傾向にあるからです。

OECDの調査によりますと、日本人男性正社員の労働時間はフランス人男性の約2倍で世界一というとんでもない統計結果があります。

出典元:働き方改革ラボ

日本の正社員は相変わらず長時間労働!非正規が増えて平均が減っただけ

「日本人の労働時間は減ってきている!」なんて言われていますが、あれは非正規雇用や短時間労働者が増えているだけです。

最近は共働きの主婦や、定年後の高齢者でも非正規で働くケースが増えていますからね。

近年は最低賃金も結構なペースで上がってきているため、扶養の範囲内で働く主婦パートなどは以前よりも労働時間を減らさざるを得なくなっているのです。

 

男性は約8割が正社員というデータがありますし、正社員は相変わらず世界トップレベルの長時間労働と言えるでしょう。

最近は女性の正社員の方も増えてきていますので、女性の過労死も増えてきていますからね…。

特に最近は人手不足ですし、労働時間も長くなりがちなのです。

そんなに働かされていたら、絶望しかない状態になってしまうのも当たり前です。

仕事に絶望し、過労死や精神疾患に陥る人も右肩上がりで増加

やはり仕事で絶望しかないというあなたのような方は増えてきているかもしれません。

最近は過労死や過労自殺も増えてきていますし、仕事でうつ病になってしまう方も増えてきていますからね。

精神疾患の労災件数も右肩上がりで増加してきています。

最近の企業は、利益を第一に考えていて社員の人生などどうでもいいと考えているため、最低限の人員しか入れない傾向にあります。

企業にとっては、社員一人に過大な量の仕事を押し付けて使い潰していくのが一番コスパがいいのです。

日本全体でそういった劣悪労働が広がっているため、あなたが絶望感を感じてしまうのも当然と言えます。

労働基準法はGHQのおかげでできた!日本は昔から労働者への扱いが酷い

そもそも、我々労働者を守ってくれる労働基準法だって、戦後GHQによる民主化政策の一環で作られたものです。

戦前は「工場法」という、不完全な労働者保護法しかありませんでした。

あぁ野麦峠とかいう映画で、戦前の労働者の劣悪労働環境が描かれていますね。

 

そもそも日本のトップ層には労働者保護という視点自体がなく、外圧がないと何も変われない国なのかもしれません。

もう一度アメリカに占領してもらったほうが、庶民の生活は楽になるかもしれませんね…。

そんな酷い会社で働いていたら、絶望しかない状態になってしまうのは当たり前です。

外国人労働者にも日本の仕事環境は絶望され、世界一働きたくない国に!

あなたのように仕事で絶望しかないと考えている方は珍しくないと思いますが…。

やはり上で述べたように日本の労働環境は悪い傾向にあります。

しかも最近は外国人の労働者にも、日本の労働環境の悪さは知れ渡っています。

日本は「karoshi」なんていう、不名誉な英単語を作った生みの親の国ですからね。

 

ちょっと前に外国人の高度技能人材にアンケート取ったところ、日本は世界一働きたくない国に選ばれていました

発展途上国などにも負けていましたから、よほどダメなんでしょう。

「日本の人口が減っても移民が来てくれるから大丈夫!」なんて未だに楽観視している人も多いですが、こんな労働環境の悪い落ち目のブラック国家に、大量の移民が来ていただけるとはとても思えません。

外国人技能実習生などは来ていますが、日本に夢を見させてバカを騙して連れてきて、低賃金で働かせています。

当たり前ですが、そのせいで最近は反日外国人が増えてきており、日本で凶悪犯罪を犯す外国人が急増しています。

今の仕事に絶望しているなら一旦仕事を辞めてみるという手も

あなたのように仕事で絶望しかないと感じている方は多いと思いますが…。

そんなに仕事に絶望しているのであれば、一旦仕事を辞めてみるというのも手段の1つです。

幸い雇用保険をかけていれば失業保険がもらえますからね。

特に職業訓練などを受ければ訓練期間中は失業給付が延長してもらえます。

長い訓練ですと、半年とか1年ぐらいのものもありますので、しばらく収入は確保できるかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

 

やはり仕事で絶望しかないとは言いましても、そこで働くこと自体をやめるわけにはいきません。

失業保険などをもらいつつ一旦仕事から離れることはできますが、まだまだ何10年も働いていく必要があります。

ですがそもそも今の仕事が向いていなければ、絶望しかないという状態になってしまうのは当たり前です。

他にももっと向いている仕事があるかもしれませんし。

そういった仕事やこれから先の働き方などを考えていくためにも、一旦時間的に余裕を作ってみるのもいいかもしれません。

そもそも労働に時間を取られてしまっていると、絶望しかないような状況を打開していくことも難しいですからね。

今は比較的ホワイトな会社にも入りやすくなってきてるので、絶望しているなら転職も検討

そういった仕事で絶望しかないと考える方も今の御時世珍しくはないと思いますが…。

やはりそんな絶望をしているような仕事を、これから先もずっと続けていくのはなかなか難しいのではないでしょうか?

特にこれからは年金も貰えるか怪しいですし、死ぬまで働く時代なんてことも言われています。

今は年金の支給開始年齢を引き上げていく方向ですし、仕事と長く付き合っていかざるを得ないようになってきているんです。

 

あまりにへ希望が持てないのであれば、早めに転職も検討しておいた方がいいかもしれません。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、もっとマシな環境にも移りやすくなってきています。

今は本当に人手不足に陥ってる会社が多く、比較的ホワイトな会社でも入社しやすくなってきています。

そういった労働環境の良い会社に入った方が仕事は希望を持って働けると思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

仕事に絶望しても、あと何十年も働いていく必要があるので…

最近は人生100年時代なんて恐ろしいことも言われており、まだまだ何十年も働いていく必要があります。

仕事と付き合っていく時間が長くなってきているということですから、自分に合った仕事を探すことの必要性が高くなってきていると思います。

向いていない仕事を死ぬまでやるなんて、絶望するなというほうが難しいですからね…。

 

今仕事に絶望しているということは、単に今の仕事があなたに向いていないのではないでしょうか?

やはり

  • 給料の高い仕事
  • 世間体のいい仕事
  • 安定した仕事

こういった尺度で仕事を選んでしまうと、仕事の時間がつまらないものになってしまいます。

つまりは絶望しかない状態になってしまいます。

一日でも若い方がもっと良い仕事に就ける可能性がありますから、早めに動いておくと良いかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

まとめ

これからは仕事と付き合っていく時間が更に長くなっていく時代だと言われています。

そんな中、既に仕事に絶望しているというのは、先が思いやられますね…。

日本は基本的に労働環境の悪い企業が多すぎるので、仕方ないことだとは思いますが…。

こちらから希望を見出して歩み寄っていく努力も必要だとは思いますが、そもそもの環境が悪いと、どうにもならなかったりしますからね。

 

まぁ今は他にも仕事はたくさんありますので、早めに転職を検討するのもいいかもしれません。

労働環境の良い会社で働ければ、自分の時間もしっかり確保できて趣味の時間なども取れます。

今のうちに、もっと希望を持って働ける会社に移っておいた方が良いでしょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。