仕事がコロコロ変わる男女の特徴!仕事を転々としてしまう人の生存戦略はこれ

 

  • 仕事をコロコロ変えてしまう…
  • 仕事が長続きしない…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

仕事をコロコロ変えてしまうなんて、世間的には社会不適合者のレッテルを貼られてしまうことが多いです。

まだまだ転職に否定的な考えの人も多く、「一つの会社で長く働くべき」という価値観が根強いですからね。

それにあまりに仕事をコロコロ変えてしまうと、生活も安定しにくいという面もあります。

 

この記事では、仕事がコロコロ変わる男女の特徴と、仕事がコロコロ変わる人の生存戦略についてまとめてみました。

⇒約8割が非公開求人!ホワイト企業転職なら【マイナビエージェント】

仕事がコロコロ変わる男女の特徴!

仕事がコロコロ変わってしまう男女というのは、一定の特徴があると思います。

まぁ世間的にはあまり良いとされる特徴ではないと思いますが…。

仕事がコロコロ変わる男女の特徴についてまとめてみましたので、参考にしてください。

悪く言えば根性がない、良く言えば決断力と行動力がある

仕事がコロコロ変わる男女の特徴として、悪く言えば根性がない、良く言えば決断力と行動力があるということが挙げられます。

仕事がコロコロ変わるなんて、世間の人に言ったら「根性がない!」なんて言われることが多いと思います。

特に日本人は物事から逃げたり諦めることに対してネガティブな印象を持っている人が多いため、仕事をコロコロ変える人は否定的に見られがちです。

 

しかし良く言えば、決断力と行動力があるとも言えます。

仕事がコロコロ変わると言うことは、短期間で会社を見限り「この仕事はないな」と判断を下し、実際に退職という行動に移して別の仕事もすぐに見つけているわけですからね。

まぁその判断が合っているかはわかりませんが、決断力も行動力もなければ、そもそも仕事をコロコロ変えることができません。

決断力も行動力もなければ、最初に入った会社が嫌でもダラダラ働き続けてしまいますからね。

たまたまブラック企業にばかり遭遇してきて、運が悪かっただけ

仕事がコロコロ変わる男女の特徴として、たまたまブラック企業にばかり遭遇してきて運が悪かっただけということも挙げられます。

仕事がコロコロ変わるなんていうと本人の性格の問題にされることが多いですが、環境の問題も大きいと思いますよ。

特に最近は労働環境が劣悪なブラック企業が急増してきており、そんな会社で長く働いたら給料も安く長時間労働でコキ使われ、人生を搾取されてしまいます。

 

私も何回か転職していますが、ブラック企業から転職したら次もブラック企業だった…というのはよくあるパターンです。

その場合は、短期離職なんて気にせずにさっさと辞めるべきです。

「仕事をコロコロ変えると年収が下がる!」なんてことを言う人もいますが、それはもともと年収が高い恵まれた人の話で、年収300万前後やそれ以下の人の場合、仕事をコロコロ変えて転職ガチャを回し続けた方が期待値が高いです。

年収300万400万レベルの会社なら、新卒初年度~入社2~3年で到達する会社も多いですからね。

人間関係が苦手で、イヤな人がいると耐えられない

仕事がコロコロ変わる男女の特徴として、人間関係が苦手でイヤな人がいると耐えられないことも挙げられます。

特に人間関係の悪さは退職理由の一位に挙げられることも多く、重要な問題です。

仕事をコロコロ変えている人は、「ここを辞めても次を探せばいいか」程度に気楽に辞める考えを持っているため、嫌なことがあるとすぐ辞めていきます。

 

特に毎日通う職場では、人間関係は極めて重要です。

人間関係が良いというだけで年収100~200万プラスくらいの価値があると思いますし、人によってはこれが全てという人もいます。

いくら年収が高くても、毎日地獄のような人間関係の会社で働かされていたら、精神を病んで働けなくなってしまうリスクすらありますからね。

人間関係が悪いと、プライベートでも会社の嫌なことを考えてしまって人生全体の質そのものが大幅に下がってしまうため、お金があっても人生を楽しめなくなってしまいます。

仕事を辞めてもまたすぐに次の仕事を見つけるだけの行動力はある

仕事がコロコロ変わる男女の特徴として、仕事を辞めてもまたすぐに次の仕事を見つけるだけの行動力はあることも挙げられます。

仕事がコロコロ変わる男女というのは、すぐに仕事を辞めてしまう人であるのと同時に、すぐにまた仕事を見つけてくる人でもあるのです。

会社に不満があるのに退職や転職に踏み出せず、イヤイヤ毎日通っている人に比べれば、遥かに決断力と行動力があると言えます。

まぁ、その決断と行動が正しいかどうかは分かりませんが…。

 

ただ、成功している社長などでも、過去に仕事をコロコロ変えていたような人は多いです。

行動力がある人は、一時的に仕事をコロコロ辞めてもすぐに別の仕事を見つけたりして勝手になんとかするため、ある意味社会をサバイブする能力は高いのかもしれません。

仕事がコロコロ変わる男女の生存戦略はこれ!

仕事がコロコロ変わる男女の特徴についてまとめてきました。

仕事がコロコロ変わるなんていうと「どうしようもない社会不適合者だ」なんて言われることが多いですが、ある意味決断力と行動力があるとも言えますし、実際にそれらの力がないと仕事をコロコロ変えられません。

そのパワーを社会の役に立つことに使えれば成功を収めることもできそうですが、リスクが高い生き方をしがちであるとも言えます。

仕事がコロコロ変わる男女の生存戦略についてまとめてみましたので、参考にしてください。

仕事をいつ辞めてもいいよう、生活レベルを下げて貯金しておく

仕事がコロコロ変わる男女の生存戦略として、仕事いつ辞めてもいいように生活レベルを下げて貯金しておくことが挙げられます。

仕事がコロコロ変わってしまうと、当然ながら収入も安定しない傾向にあります。

日雇いや週払いの仕事は少ないですし、大抵の会社は15日や20日までに働いたぶんを25日や月末に支払う…という会社が多いです。

そもそも会社の売り上げがすぐには入金されないなどの都合があるからですが、会社によっては今月発生した給料の支払いが翌月にずれ込む会社もあります。

つまりは働いた分の給料はすぐには支払われない会社が多いと言うことであり、仕事をコロコロ変えていると収入が安定しなくなるのです。

仕事を探す期間も発生しますからね。

 

仕事をコロコロ変えてしまう人は、生活レベルをできるだけ下げましょう。

毎月出ていくお金が少なくなれば、収入が安定しなくても生きやすくなりますし、稼ぎが低くてもしっかり貯金を確保していくことができるようになります。

特に住居費や通信費など、毎月必ず出ていく固定費を削減すると効果大です。

介護職員など、仕事をコロコロ変えてもすぐ次の仕事が見つかる職種を選ぶ

仕事がコロコロ変わる男女の生存戦略として、仕事をコロコロ変えてもすぐ次の仕事が見つかる職種を選ぶことも挙げられます。

仕事をコロコロ変えていると履歴書や職務経歴書にも一貫性がなくなり、「こいつはまたすぐ辞めるだろう」と思われてしまい、落とされるリスクが上がります。

どの会社も、多少仕事ができなくても長くじっくり働いてくれる人を採用したいと考えますからね。

 

しかし介護職員などの人手不足業界であれば、仕事をコロコロ変えている人でもすぐに仕事が見つかる傾向にあります。

私の知り合いに介護職員がいますが、業界に入ってそろそろ10年くらいですが、もう会社を7社くらいコロコロ変えており、3年以上もった会社はないようです(笑)。

それでも経験と資格があれば採用されますので、仕事をコロコロ変えてしまう人には良いと思います。

⇒介護資格が0円で取得可能!未経験からの介護職なら【かいご畑】

履歴書は適当に「編集」して、仕事が長続きしているかのように見せかける術を会得しておく

仕事がコロコロ変わる男女の生存戦略として、履歴書は適当に「編集」して、仕事が長続きしているかのように見せかける術を会得しておくことも挙げられます。

仕事をコロコロ変えていると履歴書や職務経歴書に一貫性がなく、1枚や2枚では書ききれないくらいになってしまうケースも珍しくありません。

それでは「こいつはまたすぐに辞めるに違いない」と思われてしまい、書類の段階で落とされてまず採用されないでしょう。

なので、これまでコロコロ変えた仕事の経歴はある程度編集して、仕事が長続きしているかのように見せかける術を会得しておく必要があります。

 

具体的には、一番長く続いた会社の職歴を水増ししたり、社会保険に加入していなかった会社は前後の職歴とつなげたり、社会保険に加入していた場合は社保ありのバイトだったことにするなど、色々手はあります。

厳密にいうと職歴詐称になってしまいますが、前職調査は本人の同意なしに行うことは個人情報保護法で違法ですし、大抵前職調査するのは直近の前職だけのことが多いため、何年も前のそれ以前の経歴はあまり調べない傾向にあります。

特に職歴がばれる原因となる公的な記録は社会保険くらいしかないのですが、最近は社会保険財源がなくなってきたこともありバイトすら条件を満たせば加入義務ができましたので、「正社員ではなくバイトだった」とか、或いは逆に詐称して印象を操作しやすくなってきました。

仕事をコロコロ変えている人は、こうやって工夫していかないと働くことができずに生活保護や刑務所の世話にならざるを得なくなってしまう可能性が高いため、自己責任で必要悪と割り切ってやっていくしかないかもしれません。

「職歴詐称は絶対するな!」なんて言う人たちが多いですが、そんなの律儀に守ってたら仕事をコロコロ変えてる人が仕事を見つけられず、社会保障費が増大するだけですよ。

自然と長続きする、労働環境のいい会社を探す

仕事がコロコロ変わる男女の生存戦略として、自然と長続きする労働環境のいい会社を探すことも挙げられます。

そもそも仕事がコロコロ変わってしまうというのは、これまで勤めた会社の労働環境が悪かったことが原因ではないでしょうか?

労働環境も給料もいいホワイト企業であれば、もったいないですから人は辞めませんからね。

仕事がコロコロ変わるなんていうと本人の性格の問題にされることが多いですが、環境の問題も大いにあると思いますよ。

 

いい会社を探すなら、転職エージェントを使うことがおススメです。

転職エージェントならば企業が採用にお金をかけていることが多いため、資金力のあるいい会社が多い傾向にあります。

⇒約8割が非公開求人!ホワイト企業転職なら【マイナビエージェント】

まとめ

仕事がコロコロ変わる男女の特徴や生存戦略についてまとめてきました。

仕事がコロコロ変わると言うとネガティブな見方をされることが多いですが、ある意味決断力と行動力が無いとできないことですし、悪い面ばかりでもないと思います。

特に最近は労働環境も待遇も悪いブラック企業が多いため、そんな会社で長続きしてしまうほうがリスクが高いような気がしますし。

最初に入った会社がブラック企業だったら早く辞めるべきですし、二社目三社目がブラック企業でも、いい会社が見つかるまで仕事をコロコロ変えるべきです。

「仕事をコロコロ変えると年収が下がる!」なんて言う人もいますが、年収300万400万程度の会社ならたくさんありますし、最低賃金の高い都市部なら非正規でもそのくらい稼いでる人は結構いますからね。

 

まぁいい会社を見つけられれば自然と長続きするでしょうから、若いうちに諦めずにいい会社を探しておきましょう。

仕事をコロコロ変えてしまうのは本人の問題であることもあるでしょうが、環境や運の問題も大きいのです。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。