正社員を辞めてフリーターで生きてく13の方法!これなら余裕で生活可能!

 

  • 正社員を辞めてフリーターで生きていきたい!
  • もう正社員には嫌気がさした…

そういった考えをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

最近は労働環境の悪いブラック企業が多いため、あなたのような方は珍しくありません。

フリーターよりも正社員のほうが、死ぬほど働かされる傾向にありますからね…。

「日本人の労働時間は減っている!」なんて言われますが、OECD調査だと日本の男性正社員の労働時間はフランス人男性の2倍で世界一長時間!とも言われています。

定年後の高齢者やパート主婦が増えたので、全体としては労働時間は減ってますが、正社員に関しては依然として長時間労働の傾向にあります。

私も一時期フリーターだったことがありますが、フリーターとなると比較的責任も軽い傾向にあり、自分の都合で働ける傾向にありますからね。

 

しかし、果たして正社員を辞めてフリーターで生きていっても大丈夫なんでしょうか?

こういったキーワードで検索すると、

  • フリーターは老後詰む!
  • 後悔するぞ!

なんて煽って転職アフィリエイトに誘導するクソサイトが多いですが…。

 

正社員を辞めてもフリーターで余裕で生きていくための方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

正社員辞めてフリーターで生きていくにはどうしたら?

やはり正社員の方が死ぬほど働かされる傾向にありますので、正社員を辞めてフリーターで生きていきたいと考える方は珍しくもないと思います。

私の周りのフリーターも「正社員にはなりたくない」と言っている方はいらっしゃいますね。

世間的には「正社員になりたいけどなれない」とか言っておいた方が同情してもらえるので、表向きはあまり言わない傾向にありますが…。

「フリーターは気楽すぎてもう正社員には戻れない」なんていう人も結構多いですよ。

 

ただ何も対策しないとフリーターだと将来が不安ですし、なにかしら対策を取っておいた方がいいと思います。

正社員を辞めてもフリーターで無難に生きていくための方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

フリーターでも社会保険に入れてくれる職場で働く

正社員を辞めてフリーターなんかになってしまうと、

  • 何の保証もないぞ!
  • 老後年金がないから死ぬ!
  • 働けなくなったら死ぬしかない!

こんな風に言われている傾向にありますが…。

 

最近は法律が変わったことでフリーターでも社会保険に入りやすくなってきました。

概ね従業員数501人以上の企業で月給88000円以上で働いていれば、大体フリーターでも社会保険加入義務があります。

今は近所の大手スーパーで働くパートのおばちゃんですが社会保険ぐらいは入っていたりしますね。

というかこれ以前から正社員の3分の2以上の時間働いてる人はフリーターだろうが社会保険加入義務があったんですが、企業が社会保険料を負担したくないから違法に加入逃れしてきただけです。

なぜかそういった違法企業を叩くのではなく、フリーター側に「社会保険入れないから死ぬぞ!」とか言って責めてくる傾向にありましたが…。

 

社会保険に入っていれば、

  • 老後手厚い厚生年金に入れる
  • 障害者になっても障害厚生年金が出る
  • 怪我で働けなくなっても最長1年6か月傷病手当金が出る
  • 会社を辞めても失業保険が出る
  • 仕事中の怪我は労災保険から補償が出る
  • 企業が保険料を折半で半分払ってくれる

などのメリットがあります。

これは正社員が受けられる保証と全く同じです。

逆に未だに正社員なのに社会保険に加入させてもらえないなんていう違法な会社もかなり多いようですが…。

正社員を辞めてフリーターになっても、社会保険に入れてくれる職場で働いていれば何かあっても安心です。

2022年からは従業員数101人以上の事業所のフリーターにも加入範囲が拡大され、更に2024年からは従業員数51人以上の事業所にも拡大されていきます。

安い共済でもいいのでかけて有事に備える

社会保険に入れる職場でフリーターをすれば、何かあった場合や働けなくなった場合でも正社員と同等の保証が受けられます。

ただ正社員に比べてフリーターは収入が低い傾向にありますので、働けなくなった場合貯金も少なくダメージがでかいかもしれません。

なので、安い掛け捨ての共済でもいいのでかけておいた方がいいでしょう。

 

都道府県民共済などは、月1000円とか2000円とかからかけられます。

掛け捨ての共済であればこういった風に安いですが、下手に高い積み立て型の共済をかけるより、お守り代わりで掛け捨ての安いやつをかけておいた方が気楽で良いかもしれません。

⇒共済・県民共済の全国生協連 公式ウェブサイト

 

これならば入院の保証やケガの保障なども出ます。

後はクレジットカードなどでも入院保証があるものがあったりします。

フリーターは何かあった時に詰む!なんていうことを言う人がいますが、これほど色々な保険や共済など保証システムが充実している世の中なので、ちゃんと対策をすれば問題ありません。

日本は高額医療制度があるため医療費の自己負担額が抑えられるようになっていますので、ある程度の貯金があったり、ある程度の保険をかけておけば何かあっても対応できます。

副業して収入源を分散する

ただフリーターとなると首を切られやすいのがデメリットです。

なので、副業して収入源を分散しておくと良いでしょう。

幸い最近はネットでも手軽にできる副業なども増えてきていますし。

フリーターですと、正社員に比べて副業禁止の会社も少ないので大手を振って副業することができます。

 

まあ未だにフリーターや派遣社員なのに副業禁止なんて言う信じられない会社もありますが…。

そんな人の人生を考えていないような会社で働くのはやめて、副業におおらかな会社を探した方がいいでしょう。

クラウドソーシングなどが手軽に始められてお勧めです。

→月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

世間体対策のため自営業を目指すというのも手段の一つ

ただ正社員を辞めてフリーターになってしまうと、やはり世間体が悪いです。

フリーターになってしまうと、

  • ふらふらしてる奴
  • 生活保護予備軍
  • 犯罪者予備軍

こんな風に捉えてくる人も未だにいらっしゃいますからね…。

 

なので、世間体対策も考えて行った方が良いかもしれません。

特に上で述べたような副業をしていれば、副業では自営業者としての顔を持つわけです。

つまりは肩書きが増えるんですね。

まあ月に1万円でも2万円でも稼いでいれば、どちらを本業と言い張るかは本人の勝手ですからね。

フリーター以外にも自営業的な収入があれば、こちらが本業でフリーターは副業と言い張ることもできます。

自営業が副業でバイトするなんてのはよくあるパターンですからね。

ただのフリーターよりは世間体はだいぶましです。

→月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

無駄な出費を断捨離して生活費を下げる

正社員を辞めてフリーターで生きていくのであれば、無駄な出費を断捨離して生活費を下げることは必要でしょう。

フリーターの収入は低い傾向にあるのは確かな事実ですし、生活費を下げておくに越したことはありません。

正社員を辞めてフリーターになりたいなんて言う人は独身の方が多いでしょうから、あまり生活費もかからない方が多いと思います。

一番は住居費を下げるべきですね。

住宅ローンとか組んでしまうと、返済のために掛け持ちで働く必要が出てきたりして生活が立ち行かなくなってしまいます。

浪費はせず貯金に勤しむ

後はとにかく浪費はせずに貯金に勤しむことですね。

正社員だろうがフリーターだろうが、貯金があれば生き残れます。

貯金がないと何かあった場合に対応することができませんし、急な出費があれば借金をする羽目になってしまい、生活が立ち行かなくなってしまいます。

 

結局正社員を辞めてフリーターをやるにしても貯金があるかどうかで生きやすさは全然変わってきます。

正社員で収入が高くても出費が多く浪費していたら、貯金もなく生活は不安定になってしまいます。

それだったら低収入のフリーターでも貯金に勤しんでいた方が生き残りやすいです。

余裕で転職しやすい業界でフリーターをする

後はフリーターとなるとやはり首が切られやすいというのがデメリットです。

何かあった場合に真っ先に首を切られるのは、非正規雇用のフリーターであることが多いですからね。

まあそんな状況になったら正社員もかなりやばい状況なので、お互い様だとは思いますけどね…。

 

ただそういった雇用の不安定性を考えると、転職がしやすく仕事が見つかりやすい業界でフリーターをするのが良いかもしれません。

不人気な業界であれば、売り手市場で中高年以上の年代の方でも余裕で転職できる可能性があります。

例えば介護職員とかは中高年以上で未経験で始めても採用されますし、正社員にも十分なれます。

派遣などの非正規の方がダメな施設でも逃げやすいので、むしろフリーターのほうが働きやすいかもしれません。

⇒介護資格が0円で取得可能!未経験からの介護職なら【かいご畑】

後は運送業界とか飲食業界とかタクシー業界とかの人手不足な業界ですと、有効求人倍率10倍近いものもありますし。

こういった業界ですと、中高年で首を切られてしまったとしても転職しやすいので、雇用も比較的安定しやすい傾向にあります。

仕事が多い都会でフリーターをする

後はフリーターをするにしても、仕事が多い都会でフリーターをした方が良いかもしれません。

特に東京神奈川は、もう最低賃金が1000円を超えるほどに上がってきています。

東京23区に限ればバイトの平均時給は1200円を超えています。

それで社会保険ありの職場で働くことができれば、地方で正社員をするよりもいい生活ができる可能性があります。

 

東京でも郊外であれば、家賃2万円台から単身用物件があります。

私も東京の郊外の多摩市に住んでいたことがありますが、余裕でそのぐらいの物件は今多いですね。

特に人口動態的な試算によると、2040年には約半数の自治体が消滅の危機に陥るとも言われています。

東京も2025年には人口が減少に転じるとも言われていますが地方よりは遥かにマシですし、仕事も沢山ある傾向にあります。

→三万円以下で探す多摩市の賃貸【SUUMO】

福利厚生が手厚い期間工でフリーターをする

後は正社員を辞めてフリーターをするにしても、どんな職場でどんな仕事をするかが問題です。

フリーターなどの非正規雇用でも福利厚生が手厚い仕事というのはありますし。

 

仕事はきついですが、期間工でフリーターをするというのも手段のひとつです。

最近は人手不足の影響で赴任手当が数十万円でたりしますし、満了金も出たりします。

格安の寮があったり、中には無料で水道光熱費も会社が負担してくれるなんて言う会社もありますね。

こういったところで働いて貯金をするのも良いかもしれません。

→寮完備!赴任手当アリの会社も!月収30万以上稼ぐなら【工場求人ナビ】

職業訓練を受けて失業保険をフルに活用する

後は正社員を辞めてフリーターをするにしても、失業保険はお得にフルに活用した方が良いかもしれません。

正社員で働いていた方であれば、ほぼ100%社会保険に加入している方が多いでしょうし。

雇用保険をかけていた場合は会社を辞めても失業保険がもらえます。

そこで職業訓練に通い始めれば失業保険が訓練期間中は延長してもらえるんです。

入学金や授業料はほぼ無料で、新たな分野の資格やスキルが身につく可能性があります。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

 

正社員を辞めてすぐにフリーターになってしまうと、失業保険がもらえませんし勿体ないです。

フリーターになるとどうしても収入の低下は避けられませんので、こういった制度は使って行った方がいいでしょう。

ちなみに申請すれば学校に通いながらでも一定時間以内でバイトは可能です。

ローンは絶対に組まない

正社員を辞めてフリーターで生きていくのであれば、ローンは絶対に組まないようにしましょう。

そもそもフリーターですと収入が低い傾向にありますので、あまり高額なローンは組めない傾向にありますが…。

ただ最近は銀行なども不景気で貸付先に困っており、フリーターでも毎月ある程度安定した収入がある方に関しては、結構無謀なローンでも組ませてしまう傾向にあります。

フリーターはローン組めない!なんて勘違いしてる人が多いですが、毎月一定の収入がある方であれば普通に組めます。

フリーターは所得が低い傾向にあるというだけで、非正規でもたくさん稼いでいる人はいますし、所得が高ければそのぶん高額なローンも組みやすくなります。

そもそも正社員だからといって、ワーキングプアならばあまり高額なローンは組めません。

 

しかしフリーターなんていう、収入が低く雇用が不安定な身分でローンを組んでしまうと、確実に生活が立ち行かなくなってしまう可能性が高いです。

ローンが組めても組まないようにしましょう。

ローンを組まないと買えないものというのは、そもそも身の丈に合わないものです。

ローンなんて金持ちの勝ち組たちが使うものですので、フリーターのあなたには無縁なものと心得ましょう。

結婚出産は無理してしない

正社員を辞めてフリーターをやる方ですと、結婚や出産は無理してしない方が良いかもしれませんね。

独身であれば、フリーターでも余裕で生きていくことができますが…。

結婚はまだしも子供ができてしまうと、高額な教育費がかかってしまいます。

個人的な意見ですが、このネット社会で何でも無料や格安で学べるのに、高い教育費をかけても無駄だと思いますけどね…。

配偶者や子供自身はそうは考えませんので、高いお金が出て行ってしまう傾向にあります。

 

まあ結婚するだけであれば、共働きでむしろ生活が楽になったりする人も多いですが…。

結婚するだけで子供を作らないのであれば、年齢もあまり関係ありませんけどね。

特に正社員を辞めてフリーターになってしまうと、世間体も悪くなりますし。

特に男性ほど収入が低く非正規雇用の人ほど結婚できないというのは、明らかにデータとして出ています。

諦める必要が出てくるかもしれません。

できれば実家に帰るか激安物件に住む

後は正社員を辞めてフリーターになる場合、上でも述べたように生活費を極力圧縮する必要が出てきます。

そうすれば収入が低いフリーターでも余裕で生きていくことができるんです。

一番出費を削るべきは住居費ですね。

家賃で毎月何万円も払っていたらお金は残りませんし、生活がかなり苦しくなってしまいます。

 

なので、できれば実家に帰るか一人暮らしするにしても激安の物件に住むようにしましょう。

実家が賃貸であればいいですが持ち家の場合、親が亡くなったら相続が発生しますので、後々あなたが実家を何とかする羽目になりますからね。

「相続放棄すればいいや」なんて安易に考えている人も多いですが、最近は空き家や相続放棄が増えてきていることもあり、ちゃんと管理しないと行政から指導がくるケースが増えています。

不動産については相続放棄をしても管理責任は相変わらず発生し続けますからね。

住まない空き家になった実家でも、修繕費や取り壊し費用がかかってくる可能性があるんです。

フリーターの収入ではかなり厳しいでしょう。

なので実家が持ち家の場合は、実家にできるだけ住んだ方が経済的だと思いますね。

今は正社員でもいい会社に行きやすいので、転職を検討するのもアリ

正社員を辞めてフリーターになるのもいいですが、ずっとフリーターで行くこともないと思いますし、フリーターにこだわることもないと思います。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も増えている傾向にあります。

正社員を辞めてフリーターになるというのではなく、今よりもいい会社の正社員になるべく転職を検討するのが良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代フリーター
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。