労働意欲がない人の特徴!あまり労働したくない時の対処法はこれ

 

  • 労働意欲がない!
  • あまり労働自体したくない…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

最近は労働環境が悪い会社も多く、給料もなかなか上がらないことが多いです。

「仕事なんてお金を稼ぐための手段」と割り切る人も多いですが、そのお金をあまり稼げなければ、労働意欲なんて出るはずもありません。

多くの人は、お金のため生活のために仕方なく働いているわけですからね。

特に最近は税金や社会保険料も上がってきているため、稼ぎの何割かを国に搾取されており、憤りを感じている人も多いでしょう。

それで労働意欲を出せというほうが難しいと思います。

 

この記事では、労働意欲がない人の特徴と、あまり働きたくない時の対処法についてまとめてみました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

労働意欲がない人の特徴は?

そもそも、労働意欲バリバリな人と言うのも、あまりいないような気がします。

大抵の人は、お金のために仕方なく労働していたり、惰性で会社に行き続けているケースが多いでしょう。

「日本人サラリーマンは先進国の中で一番労働意欲がない!」なんていう統計結果もありますからね…。

労働意欲がない人の特徴をまとめてみましたので、参考にしてください。

ブラック企業に勤めている

労働意欲がない人の特徴として、ブラック企業に勤めていることが挙げられます。

日本企業は、ただでさえ他の先進国に比べて、労働環境が悪い傾向にあります。

日本人の労働時間は減っているなんてことも言われていますが、単に非正規雇用が増えただけの話で、正社員に限れば労働時間は横ばいか、むしろ増えているのではないか?というデータもありますからね…。

過労死や仕事が原因の自殺者数も、未だに多いです。

miidas

 

頑張って働いても給料が上がらず、ブラック企業に搾取されるようであれば、労働意欲なんて湧くはずがありません。

早めに転職を検討すべきでしょう。

ニート期間が長く働きたくない

労働意欲がない人の特徴として、ニート期間が長く働きたくないと考えていることも挙げられます。

現在働いておらず、ニート期間が長くなりだらけてしまい、働きたくないと考えてしまうパターンです。

特に日本企業は空白期間がある人材を殊更嫌う傾向にありますし、面接に行けても厳しく突っ込まれる可能性が高いです。

社会復帰のことを考えると、気が滅入ってしまい、労働意欲がなくなってしまうのです。

 

まぁ空白期間なんて、適当にバイトでもしてたことにして誤魔化しても、バレない可能性が高いですが…。

一度だらけてしまうと、重い腰を上げるのに時間がかかってしまいます。

生活費が低い

労働意欲がない人の特徴として、生活費が低いことも挙げられます。

特に独身で養う家族もいなかったり、物欲がない方の場合は、毎月の生活にさほどお金は必要ありません。

特に実家暮らしの場合ですと、家にいくらかお金を入れても、生活費は安く済みます。

フリーター程度の稼ぎでも、余裕で貯金を確保しつつ、保険や資産運用にまでお金を回せますからね。

 

生活費が低いということは、バリバリ働く必要がないということです。

何か欲しいものがあるならそのために頑張れるかもしれませんが、最近は大抵のモノやサービスは出尽くしてしまい供給過剰なので、安く手に入るようになってきています。

そのうえ最近は税金や社会保険料も上がっているため、頑張って稼いでもそのぶん取られてしまいます。

まぁ時代の変化には対応しやすいでしょうから、メリットでもあります。

物欲がなく欲しいものがない

労働意欲がない人の特徴として、物欲がなく欲しいものがないことも挙げられます。

miidas

「これを買うために頑張って働こう!」と思えるほど欲しいものがあれば、もっと労働意欲が沸いているでしょう。

しかし現代はモノもサービスも供給過剰で、産まれた時から必要な物はすべてそろっています。

先進国はどこもこういった「低欲望社会」と言われており、特に若者にやる気がなくなってきていると言われています。

 

「バリバリ稼いでいたが、特に欲しいものもなく働く意味が分からなくなった」という人は珍しくありません。

ニートの中にも以前はものすごく優秀だったタイプの人もいますが、こういった欲がなく目標を見失ってしまった人は珍しくありません。

独身ほど物欲もなくなりがち?

もしかしたら独身の方ほど、物欲もなくなりがちかもしれません。

最近は未婚率も上がっていますし、結婚しないのであれば高額な住宅も車も必要ありません。

結婚して子供がいれば「妻や子供が欲しがっているから」ということで、家族に買ってあげるために働く…という理由にもなりやすいのですが…。

特に独身男性は寿命中央値が66歳前後と短いため、「どうせあと何十年かしたら死ぬし…」などと考えると更に物欲がなくなりがちです。

 

特に独身の方ほど「生きる理由がわからない」なんて状態になってしまいがちです。

「結婚して子供を作るのは、生きる理由作りのため」なんてことを言う人もいるくらいですし、独身だとなかなか生きる理由も働く理由も見いだせない傾向にあるのかもしれません。

独身でも若ければ「あれも欲しいこれも欲しい」という旺盛な物欲を持っていますが、歳をとると感性も鈍ってきて物欲がなくなる傾向にあります。

そもそも人生に飽きている

労働意欲がない人の特徴として、そもそも人生に飽きていることも挙げられます。

労働意欲がないというか、そもそも人生に飽きてしまっているのではないでしょうか?

30年も40年も生きていれば、やりたいことはあらかたやり終えてしまい、人生自体に飽きている人も多いと思います。

人生に飽きていることを、仕事のせいにしているだけの可能性もあります。

毎日仕事くらいしかしていなければ、「このやる気の無さは…もしかして仕事が原因か!?」という考えに至る可能性は高いです。

 

この場合は、趣味に生きがいを見出したり、無理矢理新しいことにチャレンジしたりして、騙し騙し生きていくしかありませんね…。

miidas

根が深い問題なので、小手先のテクニックでは、労働意欲は上がりません。

あまり働きたくない時の対処法は?

労働意欲がないというのは、深刻な悩みです。

そもそも仕事自体が嫌で、あまり働きたくないと考えているのではないでしょうか?

最近は本当にブラック企業が多いですし、日本企業自体、労働環境は悪い傾向にありますからね…。

労働意欲がなく、あまり働きたくない時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

今日のところは休んでしまう

労働意欲がなく、あまり働きたくない時の対処法として、今日のところは休んでしまうことも挙げられます。

そんなに労働意欲がわかないのであれば、たまには休んでしまいましょう。

こんなページを見ている真面目な方ですと、有給休暇も溜まっている方が多いでしょう。

たまにはズル休みしてしまってもバチは当たりません。

 

特にこれからは年金も貰えるか怪しく、人生100年時代なんて恐ろしいことも言われています。

現役で働かざるを得ない期間が長くなっているので、要領よく休んでいかないと体がもちません。

生活費を下げてセミリタイアを目指す

労働意欲がなく、あまり働きたくない時の対処法として、生活費を下げてセミリタイアを目指すことも挙げられます。

セミリタイアとは、若いうちにまとまった資産を作り、節約生活をして、たまにバイト程度で小銭を稼いで、自分の時間を確保して楽しく生きようというライフスタイルです。

まとまった資産とは言いましても、人によって必要な生活費は変わってくるため、少ない資産でも可能です。

節約をガチで行っているセミリタイアラーですと、月3万円前後で一人暮らしをしている方までいらっしゃいます。

 

労働意欲がない方は、定年まで働くことは厳しいでしょうから、セミリタイアを目指すのもいいかもしれません。

結婚して子供がいる方ですとハードルが上がりますが、独身であれば生活費も安く済むので、実現しやすい傾向にあります。

「独身で生活費も低いなら、フリーターになれば今すぐセミリタイア可能」なんてことを言う人もいますね。

趣味に生きがいを求める

miidas

労働意欲がなく、あまり働きたくない時の対処法として、趣味に生きがいを求めることも挙げられます。

労働意欲がない方の場合、そもそも働くこと自体が嫌いな人も多いです。

転職や部署異動をして、仕事を変えたとしても、働くこと自体が嫌いな場合は、どうしようもありません。

 

労働自体に意欲がわかない方は、趣味に生きがいを求めましょう。

趣味に生きがいを求めれば、趣味のためにお金が必要なので、働かざるを得なくなります。

いくら労働意欲がないからといっても、ニートになってしまうと生活できないので、なんらかの生きがいを作って、自分を動かしていくしかありません。

興味の持てる仕事に転職する

労働意欲がないのは、今の環境や仕事に原因がある可能性もあります。

最近はブラック企業が多いですし、興味のない仕事をしていたら、会社に行くのも嫌になってしまいます。

特に就職難だった時代に仕事を探した人ほど、生活のために不本意な、お世辞にも労働意欲が湧いてこないような仕事に就いている可能性が高いです。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、早めにもっと興味の持てる仕事に変えてしまうのもいいかもしれません。

帝国データバンクの2022年1月の調査によると、47.8%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しています。

一日でも若い方が良い会社に行ける可能性がありますから、今のうちに動いておくといいでしょう。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

まとめ

労働意欲がない人は多いですが、お金のため生活のため、仕方なく働いている人が多いと思います。

仕事を辞めると生活ができないので、仕方なく会社に行き続けるパターンです。

特に最近は人生100年時代なんて恐ろしいことが言われていますし、労働意欲がますますなくなっている人も多いのではないでしょうか?

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、興味がない仕事に就いている方は転職をするのも手段の一つです。

もっと興味の持てる仕事に転職したり、仕事自体が嫌いでも給料のいい会社に行ければ、アーリーリタイアできる可能性があります。

一日でも若い今のうちに、環境を変えておくのもいいでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年1月の調査によると、47.8%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「今の仕事に不満があるけど、何をしたらいいかわからない」と思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

 

●【退職代行サービス「辞めるんです」】

人手不足の影響で「退職を伝えても辞めさせない」という悪質な企業が増えているため、退職代行サービスのニーズが高まっています。

こちらの退職代行サービスは、退職が完了したら後払いすればいい成果報酬型で、有給休暇消化サポートもついており、お値段も業界最安値なのでお勧めです。

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

LINEで友達登録するだけでサービスが利用できるため、一刻も早くブラック企業から脱出したい人におすすめです。

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。