【もっと休みたい】連休明けに仕事休みたい!秒速で確実に休む7つの休養戦略

 

  • 連休明けだけど仕事休みたい!
  • 休みに遊びすぎて疲れたしだるいし…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世多いと思います。

 

やはり連休明けとなると、体を仕事モードに適用していくのがなかなか大変ですからね。

その上連休で休んでいた場合、遊びすぎて疲れてしまう方も珍しくありませんし。

特に遠出したりしていると、なかなか体力も消耗している方が多いと思いますし。

たまにはそうやってリフレッシュすることも必要ではありますが…。

あまりハメを外し過ぎてしまうと、疲れて仕事どころではなくなってしまう人も多いですし。

連休明けで仕事を休みたいと考えてしまうのも当たり前かもしれません。

 

ですが本当に休んでしまっていいのでしょうか?

白い目で見られてしまう可能性もありますし。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

連休明けはだるい!仕事休みたいのも当たり前!

あなたのように連休明けに仕事を休みたいと考えてしまう方も今のご時世多いと思います。

やはり連休明けは仕事モードに変えていくのがなかなか大変ですからね。

連休明けなんてものすごくだるいですし。

そこで仕事モードに切り替えてバリバリ働いていくのはなかなか難しいのではないでしょうか?

あなたが仕事を休みたいと考えてしまうのも当たり前だと思います。

 

特に我が国はブラック企業も多いですし。

日頃連日残業させられている方も多いと思います。

頻繁に休日出勤もさせられている方も多いでしょうし。

そこでたまの連休でもっと休みたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

風邪ひきました!とか言えば連休明けでも休めると思うが…

あなたのように連休明け仕事休みたいと考える方は多いと思いますが…。

そんなに休みたいのであれば、本当に休んでしまえばいいのではないでしょうか?

適当な理由をつければ普通に休めると思いますけど。

  • 風邪をひきました!
  • 家族が倒れたので看病しなければいけません!
  • 車が事故ったので休みます!

などなど。

何らかの適当な理由をつければ休めるかもしれません。

 

ただやはり連休明けに休むと同僚や上司の目が怖いですよね。

連休明け会社に行くのが嫌なんて、みんな同じですし。

そこで休んでしまうと、何を言われるのか保証ができませんね…。

 

連休明け休むとズルい!と思われるのは絶対避けられないかも…

連休明け休むのはいいと思いますが…。

連休明けで休んでしまうと、絶対上司は同僚に色々言われると思います。

  • 自分だけが休むなんてずるい!
  • どうせズル休みでしょう。
  • 連休で遊びすぎたんじゃないの。
  • 社会人としての自覚がなってないよね

などなど。

散々なこと言われる可能性が高いです。

そう言ったことを言われる可能性が高いというのは、考えておいた方がいいでしょう。

というか避けられないリスクだと思いますね…。

 

まあ社会人生活なんて長いので、そんな風に言われようとたまには要領よく連休明けだろうが休んで行ってもいいと思いますが…。

私も何回か休んだことがありますし。

ただ特に最近は人手不足の影響で、あなたは1人が休んでしまうと、他の同僚にしわ寄せが行ってしまうケースも多いですからね。

そんな状態で連休明けに休んでしまうと、本当に散々なこと言われる可能性もあります。

休むのであれば、そう言った覚悟はしておいた方がいいかもしれませんね。

 

とりあえず出社してだるいアピールして早退する手も

あなたのように連休明け仕事を休みたいと考える人も多いですが…。

やはり休んでしまうと、色々言われてしまうリスクが高いです。

ですが半休などであれば良いのではないでしょうか?

 

一番いいのは、とりあえず出社してダルいアピールをして早退するのがいいと思います。

マスクなどをして本当にだるそうな姿を見せることができれば、早退もしやすくなると思いますし。

電話で休みを伝えて自分だけ楽をして休むよりはその方がまだ誠意があると思います。

頑張って出社したのにだるくて早退するのであれば、それほど悪いイメージはありませんからね。

 

まぁここまでやるんだったら大人しく休んだ方がいいかもしれませんけど…。

上司や同僚の目を気にするのであれば、やってみるのはいいかもしれません。

 

休むなら今度他の同僚が休んだ時はしっかりフォローすべき

連休明けに仕事を休んでしまうのもいいとは思いますが…。

やはりあなただけ休むのはずるいと思われても仕方がないと思います。

小言との100や200言われるのは覚悟した方がいいかもしれませんね。

 

まぁ休むのであれば、あなただけが休んだなんてズルだと思われないように他の同僚にフォローしていくことも必要かもしれません。

例えば今度他の同僚が連休明け休んだり突然休んだ時は、しっかりフォローすべきですね。

そうすればお互い様ですし。

あまり角も立たないでしょう。

 

まぁ連休明け休んで次の日出社したら、

  • 今度はあなたも休めばいいじゃん。
  • 私がその分フォローするよ。

とか言えば角も立たないと思うんですがどうでしょうか?

そうすれば他の同僚も休めるということですから、あまり不公平感も出ませんからね。

まぁ本来はちゃんと有給休暇などをローテーションで全消化できるよう工夫などもしていくべきだと思いますけどね。

なかなかそう言った会社も少ないですからね。

 

やはり休んだ翌日は気まずくて、更に出社が憂鬱になる可能性も…

あなたのように連休明け仕事を休みたいと考える方も多いと思いますが…。

本当にだるいのであれば、大人しく休むべきだと思います。

ただ単に疲れてるからとかだるいからとかいう理由で休むのはちょっとやめた方がいいかもしれませんが…。

 

まあ社会人生活も長いのでそうやって要領よく休んでいくことも必要だとは思いますが。

やはり休んだ翌日は気まずくて更に出社が憂鬱になってしまう可能性もあります。

今日逃げたら明日はさらに多大な勇気が必要になる…なんていうのはニートの人などによく言われることですが。

それと正しく同じ現象が起きるかもしれません。

 

まあそんな大袈裟なことを言わなくても気軽に休んじゃってもいいと思いますけどね。

私も何回かは連休明けに休んだことがありますし。

私も何回か転職していますが、普通に連休は何回も休んでる同僚は見たことがありますし。

その度にその人は同僚や上司に小言言われていましたが、図太い人だったのであまり気にしている印象はなく次の連休明けにも休んだりしてましたし。

 

人生長いですし。

この世知辛い世の中ですから、その位の図太さは必要かもしれませんね。

連休明け休みたくなる憂鬱な会社なら転職もアリ

あなたのように連休明け仕事を休みたいと考える人も多いですが…。

もしかしたら今回だけではなく頻繁にそう考えているのではないでしょうか?

そう言った場合怠け者だとかあなたの責任にされることも多いですが…。

 

もしかしたら会社の環境に原因があるかもしれません。

そんな頻繁に連休休みたくなると言うことは、会社の環境に問題があると考えることもできますし。

人間関係が悪かったり労働環境が悪い会社ですと、出社も憂鬱になってしまいがちですからね。

平日であれば、体が仕事モードに適用していますから、普通に会社に行くと思いますけど。

連休明けとなると休みモードから仕事モードに切り替えなくてはいけませんからね。

環境が悪い会社ほど憂鬱で休みたいと考えがちです。

 

まぁ今は仕事が多いのでそんな会社であれば、早めに転職を検討するのもいいと思いますよ。

最近は有効求人倍率も高く転職がかなりしやすくなってきています。

まあいい会社であれば、有給も全消化できたりしますし。

そう言った労働環境のいい会社であれば、連休明けでも普通に会社に行きたくなると思います。

仕事が多い今のうちに動いておくのもいいかもしれませんね。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

まとめ

あなたのように連休明け仕事を休みたいと考える人も多いとは思いますが…。

やはり連休明け休むと色々言われることは覚悟した方がいいと思います。

特に最近なんて人手不足の会社が多いですから、小言の1000や2000言われることは覚悟した方がいいかもしれませんね。

絶対同僚にしわ寄せが行ったりして文句言われたりしますし。

ずるいとかサボりだとか文句を言われる可能性はあります。

まあそんなこと気にしてたら連休明け休むことなんてできませんけど…。

社会人生活なんて長いんですから、たまには要領よく休んで行った方がいいと思います。

 

あとはあまりに出社が憂鬱で休みたいような会社であれば、早めに転職を検討した方がいいと思います。

幸い今は有効求人倍率も高いですし、転職もしやすくなってきていますし。

まぁ連休明け休むのであれば、休んで気にせずにリフレッシュした方がいいでしょうね。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。