パワハラに耐える8つの方法!我慢しなくてはいけないならこうすべき

 

  • パワハラされてる!
  • なんとかパワハラに耐えなくては…

そんな悩みをお持ちの方も、今のご時世珍しくないと思います。

 

最近は特にブラックな会社も多い傾向にありますので、パワハラなんてされる方も珍しくありません。

特に最近はストレス社会なんてことも言われているため、パワハラをしてストレス発散しようと考える信じられないような人たちもいらっしゃいますからね…。

普通はそんなパワハラなんてされていたら転職を考えたりしていったほうがいいのですが、年齢的に厳しいような方もいらっしゃると思います。

家族のことを考えたら、なかなか転職に踏み切れないような方も多いでしょうし…。

この記事では、なんとかパワハラに耐えるための方法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

パワハラに耐えなくては…どうしたらいい?

パワハラに耐えなくてはいけない状況というのは、かなり厳しいと思います。

家族のために今の仕事を辞められなかったり、年齢的に転職が厳しい方が多いのだと思いますが…。

なんとかパワハラに耐えるための方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

自分からは積極的に発言しない

パワハラされている状況の場合、不用意な発言はするべきではありません。

ちょっとでもこちらに落ち度があるような発言をしようものなら、

  • おいおいそれはおかしいだろ
  • だからお前はダメなんだよ
  • ちょっとは考えて発言しろよ

こんなことを言われるに決まっています。

 

なので、あまり積極的に自分からは発言しないほうがいいかもしれませんね…。

口は災いの元とも言いますし、パワハラなんてされている状況ですと尚更です。

口にチャックをし、黙々と目の前の仕事に取り組んでいった方がいいかもしれません。

異動願いを出す

パワハラは、今の部署の上司からされているのだと思います。

別の部署の人たちからもパワハラをされている…なんて状況はなかなか考えられませんし。

なので、いっそのこと異動願いを出して、環境を変えてしまうのも手段の一つです。

環境を変えることで、パワハラされている状況から逃げることができると思います。

 

ただ異動願いを出すのがパワハラ上司だったりすると、却下される恐れもありますが…。

その場合は、更に上の上司に相談するなど工夫が必要になってくるかもしれません。

ひたすら我慢する

パワハラに耐える方法としては、もう単純にひたすら我慢するという手もあります。

結局色々テクニック的なことはあると思いますが、環境を変えない限りパワハラはされてしまうと思いますし。

 

ただひたすら我慢していると、マジでサンドバッグにされてしまう可能性があるんですよね…。

世の中には想像以上に残酷な人たちも多いですし。

やり返してこない人に対しては、酷い人間はなんでもやりますよ。

相手の嗜虐心を煽ってしまう方法なので、あまりお勧めできる方法ではありません。

酒でも飲んで忘れる

パワハラに耐えるつもりでも、長くやっていると当然ながらストレスが溜まってきます。

それで精神的に潰れてしまう方も珍しくありません。

なので、なんとかストレス発散をしていく必要があります。

 

パワハラで受けたストレスは酒でも飲んで忘れるというのも手段の一つです。

まぁ飲み過ぎるとアル中になってしまうリスクがありますが…。

実際我が国ではアル中の予備軍が数百万人単位でいるらしく、このストレス社会では珍しくないかもしれませんね…。

若者の飲酒率は減っていますが、あなたのようにパワハラに耐えなくてはいけない状況の方ですと、酒でも飲まないとやってられません。

有給を使いだましだまし働く

あとはずっと毎日パワハラに耐えていると、さすがに潰れてしまうリスクが高いと思います。

なので、たまには有給休暇を使っていき、だましだまし働いていくしかないかもしれません。

有給休暇は、我々労働者の権利ですからね。

それでたまにはパワハラで受けたストレスをリフレッシュするといいかもしれません。

 

ただ、あまりに頻繁に休んでいると、パワハラの格好の標的になってしまう可能性が高いですが…。

年に数える程度くらいにしたほうが無難かもしれません。

きつい日は早退する

パワハラに耐えていると、「今日はどうしても無理!」という日が出てくると思います。

そもそもパワハラに耐えている状況で毎日会社に通う毎日ですと、朝会社に行くことを考えるだけで胃が痛くなってくると思いますし…。

なので、あまりにキツい日は耐えずに早退してしまうとよいでしょう。

日本人なんて特に我慢強い人が多いのできつくても隠して顔に出さない人が多いですが、それでは潰れてしまいます。

あまり我慢せず、きつさつらさを外に出していったほうがいいかもしれません。

 

体調が悪いときは、意図的にでも顔を青くしてだるそうにしましょう。

他の同僚もあなたがひどいパワハラを受けていることを知っているのであれば、少しは同情してくれる可能性があります。

同僚に味方を作る

パワハラに耐える方法というか、緩和する方法はあると思います。

それは、同僚に味方を作っていくことです。

同僚全員に嫌われていたらパワハラ上司も堂々とパワハラができますが、多少なりとも好かれている人であればパワハラも躊躇しますからね。

結局はこうやって団結していって、パワハラ上司に対抗していくしかないかもしれません。

たまにはキレて牽制する

あとはやはり、パワハラにずっと耐えているのはよくないと思います。

  • 社会人は上司の命令は絶対
  • 反発するのはNG
  • キレるなんて論外

こんなお行儀のいいことを言う方が多いですが、そんなこと言ってるからパワハラが止まらないんですよ。

 

なので、たまにはキレて牽制することも必要だと思います。

キレることで

  • パワハラなんてふざけるな
  • このまま続けたらどうなってもしらないぞ
  • お前と差し違えてもいいぞ

という意思表示をすることができます。

パワハラに耐えるのもいいですが、マジで相手を更に調子づかせるだけで、あまりお勧めはできません。

たびたびこうやって威嚇、牽制していく必要があると思います。

耐えるより精神を病む前に転職すべきかも…

正直、パワハラに対して「耐える」なんていうのは、あまりいい戦略ではありません。

いくらパワハラしても反発してこない人なんて、いいサンドバッグですからね…。

特に最近はストレス社会とも言われていますし、人手不足の影響で一人当たりの仕事の負担も増えてきている傾向にあります。

ずっと耐えて反発してこない人に対しては、ストレス発散のためにパワハラを続けると思いますし、どんどんエスカレートしていく可能性もありますね…。

正直、パワハラには耐えるよりもさっさと転職を検討したほうがいいと思います。

そのまま働いていると精神的に病んでしまうと思いますし、私の周りにもパワハラされてうつ病になり長期療養を余儀なくされてしまった方もいらっしゃいますし。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事もたくさんある傾向にあります。

今のうちにパワハラなんてない、マシな会社に転職してしまうのも良いかもしれません。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。