お昼ご飯を食べる場所がない会社の特徴!お昼もゆっくり食べられない会社はすぐ辞めろ

 

  • お昼ご飯を食べる場所がない…
  • 休憩する場所もろくにない…

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に場所を借りて営業している飲食店やサービス業系の仕事ですと、お昼ごはんを食べる場所すらないというケースも珍しくありません。

職場の敷地が狭いためお店のフロアだけで精一杯で、バックヤードや休憩室をろくに用意できていないというケースも多いからです。

私も様々な仕事を経験してきましたが、お昼ごはんを食べる場所すらない、仮眠をとったりゆっくりできる場所すらない、なんていう職場はかなり多い傾向にあります。

この記事では、お昼ご飯を食べる場所がない会社の特徴と、お昼すらゆっくり食べられない会社に勤めている時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

お昼ご飯を食べる場所すらない会社の特徴はこれ!

お昼ごはんを食べる場所すらない会社というのは、一定の特徴があると思います。

まぁ大抵は接客サービス業系の仕事ですね。

敷地が広い工場などですと、どこかしら余裕のあるスペースがあるので、さすがにお昼ご飯を食べる場所すらないなんてことにはなかなかならない傾向にありますが…。

職場の敷地が狭いと、そもそも休憩するスペースすら満足になかったりしますからね。

お昼ごはんを食べる場所すらない会社の特徴についてまとめてみましたので、参考にしてください。

会社が従業員の働きやすさを全く考えていない

お昼ごはんを食べる場所すらない会社の特徴として、会社が従業員の働き易さを全く考えていないことが挙げられます。

そもそも会社が従業員の働き易さを考えていれば、お昼ご飯を食べるスペースや休憩する場所をしっかり用意しますよ。

特に最近は従業員もブラック企業に敏感ですし、お昼ごはんを食べる場所すらない会社なんてまずブラックですから、さっさと辞めていってしまう傾向にあります。

最近は従業員を繋ぎ止めるために、きちんとした休憩スペースを完備して働きやすい環境を用意したり、福利厚生を充実させる会社も珍しくありません。

そんな中未だにお昼ごはんを食べる場所すらない職場というのは、従業員のことを何も考えていないんでしょうね。

そんな会社ですと地味に働きにくく、従業員へのストレスがかなりかかるため、離職率も高くなる傾向にあります。

テナント代が高い比較的都会で休憩場所まで用意できない

お昼ごはんを食べる場所すらない職場の特徴として、テナント代が高い比較的都会で、休憩場所まで用意できないことも挙げられます。

主要な駅の駅前ビルなどに入っている飲食店や接客系の店舗ですと、毎月支払うテナント代がかなりの金額です。

その割に敷地は狭いため、休憩場所まで用意することができないケースも珍しくありません。

 

私も都会の駅前のビルに入っている店舗で働いていたことがありますが、まず店舗の面積を確保することを最優先で設計されているため、バックヤードや休憩室はほぼ無いに等しいです。

お昼を食べる場所すらほぼなく、休憩時間は猫の額ほどの倉庫のような場所で身を潜めているしかありませんでした。

まぁその分給料が高ければいいですが、サービス業系の仕事って大抵給料も休みも少ないんですよね…。

正直こういった職場で働くのは割に合わないので、長く続けるべきではないと思います。

サービス業系の仕事で給料も休みも少なく労働環境が悪い

昼ごはんを食べる場所すらない職場の特徴として、サービス業系の仕事で給料も休みも少なく、労働環境が悪いことも挙げられます。

やはりお昼を食べる場所すらない職場というのは、面積の割にテナント代が高い店舗型のサービス業の仕事が多いと思います。

そもそもサービス業全体が給料も休みも少ない傾向にあり、労働集約型産業で利益率が低いので、労働環境が悪い傾向にあります。

私も色々な仕事を経験してきましたが、サービス業系の仕事は二度とやりたくありませんね。

 

接客業でストレスが溜まる割に、誰でもできる仕事とみなされているため、バイトやパートさんも時給は最低賃金スレスレです。

その割に景気の影響を真っ先に受けるため、何か起こるとすぐに業績が悪化して首を切られるケースも多いです。

実際、宿泊や飲食サービス業は、全業種ブッチギリワーストトップの離職率の高さを誇りますからね。

こんな仕事は長く続けるものではありません。

昼休憩中なのに仕事が忙しくなると仕事をさせられる ※代わりの休憩時間を取らせないと違法です

お昼を食べる場所すらない職場の特徴として、昼休憩中なのにも関わらず、仕事が忙しくなると仕事をさせられることも挙げられます。

特にサービス業系の職場に多いです。

バックヤードや休憩室は著しく狭いため、狭いスペースでなんとか身を潜めてお昼ごはんを食べざるを得ません。

扉一枚隔てて店舗になっているケースが多いため、仕事が忙しくなるといきなり呼ばれて手伝わされる傾向にあります。

こんな職場では、ゆっくりお昼ごはんを食べたりゆっくり続きするどころではありません。

本当にサービス業系の職場では労働環境が劣悪で、従業員のことを何も考えない会社が多い傾向にあります。

 

ただ、休憩中に呼び出されて仕事をさせられても、その分長めに休憩時間を取れるのであれば大丈夫です。

労働基準法では、労働時間が一定以上の場合は、これだけ休憩を取らせること、という具合に休憩時間が決まっています。

働かされたぶん休めるのであれば大丈夫です。

しかし、そんな昼休憩をとる場所すらないブラックな会社ですと、働かされたぶん休ませてくれないなんてケースも珍しくありません。

その場合は明らかに違法なので、さっさと辞めたほうがいいですね。

お昼ご飯を食べる場所がない会社に勤めている時の対処法はこれ!

お昼を食べる場所すらない職場の特徴についてまとめてきました。

私もそのようなお昼を食べる場所すらない会社で働いていたことがありますが、まあほぼほぼ働きにくいろくでもない会社でしたね…。

もう一度その会社で働けなんて言われたら、たとえ給料が高くても絶対に断ります…。

 

しかしお昼を食べる場所がない劣悪な環境の会社で働いていると、たまったものではないでしょう。

お昼を食べる場所がない会社に勤めている時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

自動車通勤なら車で食べる

お昼を食べる場所すらない会社に勤めている時の対処法として、自動車通勤ならば車で食べることも挙げられます。

自動車で通勤している人限定の手段ですが、車で通勤しているのであれば、プライベートな空間を確保することができますからね。

私もお昼休憩をとる場所すらない会社で働いていた時はこうやっていました。

食堂などがある場合でも、常に人がいて居心地が悪い職場ですと、こうやって車に逃げていました。

ただ最近は車を持っていない人も増えてきているため、環境が許さない人も多いかもしれませんが

他の人とは少し時間をずらして昼休憩をとる

お昼を食べる場所すらない職場に勤めている時の対処法として、他の人とは少し時間をずらして昼休憩を取ることも挙げられます。

もしかしたらお昼を食べる場所すらないとは言いましても、休憩スペースは少なからずあるのかもしれません。

しかし休憩スペースが狭いと、みんな一斉に休憩をとってお昼を食べだすと、場所がなくなってしまいます。

私もそういう会社で働いたことがありますが、席の取り合いになってしまい本当に居心地が悪いです。

 

そういった職場の場合は、意図的に休憩時間をずらして行った方が良いかもしれません。

早めにお昼を食べ出すか遅らすかは職場の状況を次第ですね。

お昼を食べたらさっさと車に行ったり、職場の外にブラブラ出かけたりする人が多い場合は、遅らせた方が良いかもしれません。

しかし、お昼を食べた後にダラダラと休憩している人が多い場合は、早めに昼休憩に入ってご飯を早めに食べてしまった方が良いかもしれません。

会社の会議で休憩室の増設を提案する

お昼を食べる場所すらない会社に勤めている時の対処法として、会社の会議で休憩室の増設を提案することも挙げられます。

お昼を食べる場所がないというのは、やはり働く環境が劣悪ということです。

  • たかがお昼くらい我慢しろ!
  • たかが休憩室の話でしょ(笑)

なんて軽く考えている人が多いですが、毎日働いていく場所でお昼を食べる場所すらないって、かなりのストレスになりますよ。

私もサービス業系の仕事で二度と働きたくないと思う理由の一つとして、給料や休みが少ないということもありますが、このお昼を食べる場所がなかったり、従業員の働く設備を全く考えていない会社が多いことも大きな理由の一つです。

本当に毎日こんな狭い環境で働くというのは、ストレスがかかりますからね。

実際に離職率も高い場合が多いでしょう。

 

なので、従業員を繋ぎ止めるためにも、休憩室の増設などを提案してみるのも良いかもしれません。

テナントを借りている場合でも、他の階で休めるようなスペースがあって会社が交渉次第で借りられた李、職場の近くにレンタルスペースなどがあるケースも珍しくありませんからね。

そういったことを何も検討せずに、お昼休憩をとる場所すらない狭い場所に従業員を押し込めているというのは、本当に非人道的だと思います。

お昼ご飯すら食べる場所がない会社からは早めに転職を検討する

お昼を食べる場所すらない職場に勤めている時の対処法として、早めに転職を検討することも挙げられます。

やはりそんなお昼を食べる場所すらない会社というのは働きにくいですし、サービス業系の仕事の多くは、給料も休みも少ない傾向にあります。

正直そんな会社にしがみつく理由はひとつもないと思いますね。

実際に離職率も高い傾向にあるでしょうし、そんな狭い環境で複数の人が押し込められて働いていたら、閉鎖的な環境からストレスが溜まりますし、いじめなども発生しやすい傾向にあります。

そんな従業員のことを何も考えていない会社からは、早めに転職を検討した方がいいでしょう。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

まとめ

お昼を食べる場所すらない会社の特徴や、そんな会社に勤めている時の対処法についてまとめてきました。

私も様々な仕事を経験してきていますが、お昼を食べる場所すらない会社というのは最悪です。

そもそも労働環境が劣悪なサービス業が多い傾向にあるということが大きいのですが、大抵お昼を食べる場所すらない会社というのは、職場の敷地自体が狭く逃げる場所がないという事がデメリットとして大きいです。

休憩時間が長くても、仮眠を取ったりする場所すらなく居心地が悪いです。

性格が合わない人が同僚にいても物理的に距離を取れないため、ストレスが溜まって辞めていったり、いじめなどが発生する原因になったりもします。

 

世の中には、そんな職場よりももっとマシな会社はたくさんありますので、早めに転職を検討した方がいいでしょう。

やはり多少給料が安かったりしても、従業員のことを考えて休憩設備を整えてくれている良い環境を探した方がいいと思います。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。