肉体労働で体壊す前に辞めるべき7の理由!その後生きていく生活方法も解説!

 

肉体労働で体を壊しそう!

そういった悩みはお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

肉体労働ですと、体力を著しく消耗する傾向にあります。

休みが満足に取れればいいですが、最近は人手不足に陥っている会社も多いですからね。

特に肉体労働の筆頭といえる土木作業員などは、休みが週に1日しかないなんていうことが多いです。

結果的に十分に体を休められずに体を壊してしまうなんていうケースもありがちです。

この記事では肉体労働で体を壊す前に辞めるべき理由と、辞めた後の生きる方法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

肉体労働で体を壊す前に早く辞めるべき理由!

肉体労働で体を壊しそうなほど追い詰められているのであれば、できるだけ早めに辞めるべきです。

最悪死んでしまうリスクもありますし、命より大事な仕事なんてありません。

肉体労働で体を壊す前に早く辞めるべき理由についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

体を壊すと最悪働けなくなるリスクがある

肉体労働で本当に体を壊してしまった人というのは、これまでにも枚挙に暇がありません。

私の周りでも肉体労働系の仕事をしていてヘルニアになったり、それが悪化して死んだような人もいらっしゃいますし。

そこまで行かなくても体を壊してしまうと、最悪働けなくなってしまうリスクがあります。

 

特に肉体労働しかできない方ですと、腰をやってしまったり体を壊してしまうと、もう肉体労働ができなくなってしまいますからね。

特に大阪の西成などに行くと、以前は日雇いで肉体労働をしていた人達が体を壊し、生活保護をもらって暮らしている様子が見られます。

労災がおりても体は元に戻らない

肉体労働で体を壊していても、社会保険に入っていれば労災認定されれば労災がおりるかもしれません。

ですがそんな保証をされたところで、体は元には戻りません。

歩けなくなってしまうかもしれませんし、生活に著しい支障が出てしまうかもしれません。

 

まぁそれで障害認定を受けられれば等級によっては障害年金が貰えるかもしれませんが…。

障害年金も三級以上ではないとお金はもらえませんし。

そもそも肉体労働系の会社ですと、社会保険加入義務があるにも関わらず加入させていない違法な事業所が多いと言われています。

労災保険すらかけていないと当然保証もおりません。

体を壊しても労災隠しで保障がないケースも

体を壊していても、労災保険をかけていれば労災がおりる可能性がありますが…。

労働災害なんて起こしてしまうと、労働基準監督所に目をつけられたりして会社は嫌がるケースが多いです。

なので、体を壊したとしても労災を隠して保証が下りないケースも目立ちます。

特に肉体労働系で労働者をこき使っているブラック企業ですと、こういった傾向にあります。

 

こんなことになってしまったら本当に何の保証もありません。

社会保険をかけていても、会社が隠蔽しようとしたら意味がないのです。

最悪の場合体壊して命を落とすケースも

肉体労働でも体を壊すだけで済むのであればまだマシですが…。

最悪の場合体を壊して命を落としてしまうケースも珍しくありません。

特に過労死などは、いまだに我が国で減る兆候すらありませんし。

 

特に肉体労働系の仕事ですと、思い重量物を扱ったりして危険ですからね。

ふらっと倒れこんだりしたら、それイコール死ぬという状況に置かれている方も珍しくないと思います。

建築系の仕事ですと、鳶職などは落ちたら死にますからね…。

今は他にも仕事はたくさんある

あとはそもそも今は有効求人倍率も高いですし、他にも仕事はたくさんある傾向にあります。

なので、そんな体を壊しそうなほどこき使ってくるような会社にしがみつく必要なんてなくなってきているんです。

 

今は正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますし。

日本人の平均年齢も46歳を超えてきているため、30代40代程度でも相対的に若手扱いで採用されやすくなってきています。

肉体労働系の仕事は売り手市場で転職しやすい

肉体労働系の仕事は今は若者はやりたがらない傾向にあります。

  • 土木
  • 建築
  • 製造業
  • 介護職
  • トラックドライバー

これらのブルーカラー系の仕事というのは、若者に不人気で業界によっては有効求人倍率10倍近いものもあります。

つまりは肉体労働系の仕事ほど売り手市場で転職がかなりしやすいんですね。

 

ぶっちゃけこういった人手不足の業種に関しては割と40代ぐらいでも正社員で採用されやすかったりします。

まぁ肉体労働系の業界だったとしても会社によってキツさは全然違ってきますからね。

もう少しマシな肉体労働系の仕事を探すのも良いかもしれません。

会社を辞めてもとりあえず失業保険が貰える

体を壊す前に肉体労働の仕事を辞めるべき理由としては、社会保険をかけている場合は会社を辞めてもとりあえず失業保険が貰えることです。

ただ自己都合退職ですと、3ヶ月経たないと貰えませんが…。

そんなに働かされている場合は残業時間によって会社都合退職にできる可能性があります。

概ね月45時間以上の残業を3ヶ月連続でしていた場合は、会社都合退職にすることができる可能性があります。

それだとすぐに失業保険の対象になりますね。

⇒失業された方からのご質問(失業後の生活に関する情報)|ハローワーク

 

雇用保険をかけていない方でも職業訓練に通えば、条件を満たすことで月10万円の職業訓練受講給付金がもらえます。

申請すれば一定時間以内でバイトも可能なので、とりあえず収入を確保できるかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

辞めた後の生活はどうする?

肉体労働系の仕事で体を壊しそうであれば、体を壊す前に辞めた方がいいのですが…。

ここで結婚して子供がいるような方ですと、辞めたあと生活がかなり苦しくなるのではないでしょうか?

独身の方であれば、適当にバイトでもすれば生きていくことはできますが…。

肉体労働系の仕事を辞めた後の生き方についてもまとめてみましたので、参考にしてみてください。

また仕事の多い肉体労働を探す

肉体労働系の仕事は、上でも述べたように売り手市場になってきています。

経験がある業界や仕事の方が採用されやすいので、また仕事の多い肉体労働系の仕事を探すというのも手段の一つです。

同じ肉体労働系の仕事でも会社によってキツさは全然違ってきますし、休みの取りやすさも変わってきます。

比較的マシな肉体労働系の仕事を探すのも良いかもしれません。

職業訓練を受けてお金を貰う

あとは上でも少し触れましたが、職業訓練を受けてお金を貰いながら生活するというのも手段の一つです。

社会保険に入っている方の場合は失業保険がもらえますが、肉体労働系の特に土木建築業ですと、国の調査でも社会保険に加入させていない事業所がかなり多いらしく、失業保険がもらえないケースも散見されます。

 

ですが職業訓練を受ければ、社会保険に入っていなかった方でも条件を満たすことで月10万円の職業訓練受講給付金が貰えるんです。

申請すれば一定時間以内でバイトも可能ですし、未経験の分野の知識や資格が身につく可能性があります。

とりあえずこういった所に通ってキャリアチェンジを図るのも良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

未払い残業代がある場合は請求する

あとはそんなに肉体労働で酷使されている場合ですと、サービス残業をさせられている方も多いのではないでしょうか?

特に肉体労働系の仕事ですと、労務管理が適当で残業代が全く出ないなんていうケースも珍しくありません。

 

その場合は残業時間を証明することができれば、退職の際などに未払い残業代を一括で請求することができます。

中には1000万円近い未払い残業代と慰謝料をふんだくれた!という事例もありますし。

まとまったお金が手に入れば、ゆっくりと会社を辞めてから仕事を探すこともできます。

最近はスマホでGPSで労働時間の記録をつけられるアプリなどもありますので、こういったものを使っていくと良いかもしれません。

⇒残業証拠レコーダー

体を壊してからでは遅い!早めの転職を

肉体労働で体を壊すというケースは実際多い傾向にあります。

私も学生の時にスーパーでバイトしていたことがありますが、社員さんの配送の仕事をしていた人が休みなく働かされていて過労で死んでましたからね…。

決して他人事ではないんです。

体を壊すだけならばまだマシですが死ぬ可能性もありますよね…。

 

幸い今は有効求人倍率も高いですし、仕事もたくさんある傾向にあります。

今ならば失業率も低迷していて比較的良い会社にも行きやすくなってきていますので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。