日本で就職したくない!ブラック国家日本で働きたくない時の人生逆転策

 

日本で就職したくない!

そういった悩みをお持ちの方は、今時珍しくないかもしれません。

 

日本は長引く経済低迷により、30年間給料が上がっていません。

1人当たりGDPは韓国にすら抜かれてしまい、GDP世界2位の座を中国に明け渡して久しいです。

その割に日本は労働環境が悪く、過酷な労働条件で働かされるブラック企業があまりにも多いのです。

「日本はサービスを受ける客側でいるなら天国だが、働く側は地獄」というのはよく言われることです。

最近は中国や東南アジアも経済発展しているため、外国人労働者にすら「日本では働きたくない!」と思われ敬遠されてきているようです。

 

しかし日本で就職したくないと言っても、そんなことは可能なのでしょうか?

この記事では、日本で就職したくない時の対処法について解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

日本なんかで就職したくない!と考える人は少なくない

最近はあなたのように、日本なんかで就職したくない!と考える人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

日本の労働市場って、実はそろそろ「売り手市場」に変わりつつあるのでは…
それで政府は「ヤバイ」と焦って、奴隷制紛いの時代錯誤な「外国人労働者受け入れ」みたいな事やろうとしているが、例えば留学生なんかも「卒業しても日本で就職したくない(できない気がする)」と言うのを私も聞いたし…

 

来年就職だからもはや観光のつもりで留学決めたけど、オーストラリア住みたくなってきた、、
ブラック大国日本で就職したくないンゴ〜😭

 

私も日本で就職したくない。
長い時間、職場にいる事を美だと思いこんでいる。
さっさと、家🏠に帰りなさいよー

 

日本のことめちゃくちゃいいこと言う外国人に「日本に住めば?」って聞くと「日本で就職したくない」っていうのガチで草すぎる

 

最近の若者は日本で就職したくないと考え、アメリカやオーストラリアなどにワーホリに行く人も多いようだ
日本のメガバンクに就職してブラック労働するより、アメリカのマクドナルドで週40時間バイトしたほうが稼げるらしいから終わってるよ
最近はグエンさんも日本なんかに来なくなってきているらしい

こんな意見が散見されますね。

 

「他国は給料も高いけど生活費も高いから!」と現実逃避する人も多いですが、節約しようとすれば普通にお金が貯まるようです。

日本で働いてもワーキングプアになる可能性のほうが高いですから、もう海外に出稼ぎに行ったほうが資産形成も早いでしょうね。

そのうえ日本では「稼げないのは自己責任!」なんて言って、国の経済政策の失敗を個人に責任転嫁し、現実逃避している人が多いですからね…。

これからも日本は給料は上がらず、中国やアメリカの一部になってしまうかもしれません。

中国や東南アジアも経済発展!外国人労働者も「日本なんかで働きたくない!」と考える人が急増

「日本人が働かなくても、移民が来てくれるさ!」なんて未だに楽観視している人も多いですが…。

日本に出稼ぎに来てくれていた中国やベトナム、フィリピンなどの人たちも、母国の経済発展に伴い日本に出稼ぎに来る魅力がなくなってきています。

最近は日本の中小企業で働くよりも、母国の都市部や大企業の工場などで働いたほうが稼げるケースも増えていますからね…。

彼ら彼女らは英語は普通に話せるケースが多いので、もっと稼げるアメリカやヨーロッパなどに出稼ぎに行くケースも多いです。

 

最近は猛烈な円安により、日本に出稼ぎに来て円を稼いでも、母国に送金すると大幅に目減りしてしまうのです。

それも相まって、「これでは出稼ぎの意味がない」と母国に帰ってしまう人も増えているようです。

円安 外国人労働者 母国への送金額減少 帰国するケースも|NHK 群馬県のニュース
記録的な円安の影響で、日本で働く外国人の中には母国で暮らす家族への送金額が減るなど厳しい状況に直面する人も出てきています。 このため、日本…

 

海外人材への「どの国で働きたいか」のアンケートでも、日本は世界ワーストレベルでしたからね…。

先進国・日本が「世界で一番安全」でも「外国人が働きたくない」国である“3つの理由” | 文春オンライン
日本は安全な国だけど、収入が低く、ワークライフバランスや子供の学校や学習に対する評価が低い。これは外国人が見る日本の姿なのです。英国・エコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット…

日本人で熱意溢れる社員はわずか6%!日本人も日本で就職したくない

最近はあなたのように、日本で就職したくない!と考え、就職のやる気が出ないという方も実際多いと思います。

米大手ギャラップ社の調査によると、日本人の熱意溢れる社員はわずか6%と世界最低レベルだったようです。

「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査
世論調査や人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップが世界各国の企業を対象に実施した従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)調査によると、日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%しかないことが分かった。米国の32%と比べて大幅に低く、調査した139カ国中132位と最下位クラスだった。企業内に諸問題を生む「周囲に不満をま...

日本人の「勤め先に期待しない」割合も世界最悪レベルだったようで、日本人材の国際競争力もさがっているようです。

日本人の「勤め先に期待しない割合」は世界最悪…経産省が「これはヤバい」と顔面蒼白になった衝撃データ 渾身の提言「未来人材ビジョン」が訴えること
「日本企業の部長の年収は、タイよりも低い」。そんな刺激的な文句の並んだレポートが、今年5月、経済産業省のサイトに掲示された。省内に設置された「未来人材会議」がまとめたもので、結語では「旧来の日本型雇用システムからの転換」を求めている。壮大なレポートの狙いはどこにあるのか。取りまとめた経済産業政策局長の平井裕秀氏に聞いた...

 

みんな生活のためにしぶしぶ日本企業で就職して、生活のために働き続けているだけでしょう。

国はブラック企業を取り締まる気もないようなので、この流れは変わることはないでしょうね。

日本で就職したくないならワーキングホリデーを活用するのも手段の一つ

日本で就職したくない人の場合、ワーキングホリデーを活用して海外で働く人が多いです。

しかし年齢制限があり、国に寄りますが概ね18歳~30歳までしか申請できません。

ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学の事なら日本ワーキングホリデー協会
ワーキングホリデー・留学の事なら日本ワーキングホリデー協会。無料セミナー、毎日開催中!!

 

ワーキングホリデーをしながら就職先の企業を探し、就労ビザに切り替えるのが一般的な流れのようです。

が、最近は国によっては移民排斥運動などもあり、以前より就労ビザが難しくなっているケースも多いようです。

海外の現地法人がある日本企業に就職するのも手

あとは海外の現地法人がある日本企業に就職するという手もあります。

最近の若者は地元志向なため、「海外転勤なんてもってのほか!絶対やりたくない!」という人が多いです。

そんななか「海外行きたいです!行かせてください!」と面接でアピールすれば、使い勝手の良い人材として就職しやすくなるでしょう。

 

ただ、日本法人の企業をベースに給料が決められるため、現地の他の企業と比較して給料が安いケースが多いようですが…。

結局これだと他国で働いているのに、接するのは同じ会社の日本人だけ、というケースが多いようです。

日本の労働慣行がそのまま他国にあるというだけで、日本で働くのとあまり変わらないケースが多いようですね…。

「日本企業の現地法人はやめとけ」と言う人も多いです。

日本で労働環境の良いホワイト企業を探すのも手段の一つ

「日本で就職したくない!」というのは、上で述べたようなブラック企業の可能性が高いからだと思います。

最近は本当にブラック企業が多いですからね…。

ですが、世の中にはブラック企業ばかりでもありません。

日本で就職するのであれば、労働環境が良いホワイト企業の求人を探すのも手段の一つです。

多少給料が低めだったとしても、人間関係がよく適正な労働環境で働けた方が長続きします。

 

他人より少しばかり高い給料を貰ったとしても、ブラックな働き方だと長続きしません。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

日本で就職したくない!とは言いましても、海外に出ていく気が無いなら結局日本で働く羽目になります。

海外に住んでいても、病気になったら医療費が高額で質が低く、結局日本に帰ってくる人も多いですからね…。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

就職活動が上手くいってないなら、職業訓練も検討

或いは、あなたは既に就職活動を行っているのかもしれません。

それで、あまりいい結果が出ていないのではないでしょうか?

  • 「就職活動しているが、箸にも棒にもかからない」
  • 「もう就職できないんじゃないだろうか…?」
  • 「もう諦めて、バイトでもしようかな…?」

などと考えているのであれば、ちょっとやり方を変えて職業訓練校などに通ってみてはどうでしょうか?

 

学生だと無理ですが、無職やフリーター、ニートの方でしたらお勧めです。

職業訓練校は授業料や入学金などもほぼタダか格安で通えますし、テキスト代のみ実費負担みたいな訓練校が多いです。

しかも条件を満たせば、月に10万円の「職業訓練受講給付金」が貰えるのです。

日本で就職したくない!なんて考えてやる気が出ないのであれば、こういったところに通ってみるのも良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

⇒職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

ITエンジニアなどは海外就職しやすい!日本に住みながらテレワークできる企業も増加

日本で働きたくない方の場合、ITエンジニアを目指すのも手段の一つです。

エンジニアなどのIT系の仕事であれば、比較的海外就職などもしやすいです。

日本では「IT土方」なんて言われてバカにされていますが、海外では高度な職業として認知されています。

今はエンジニアは人手不足ですし、かなり仕事に就きやすくなってきていますからね。

 

ITエンジニアなら、ネット環境とパソコンがあればどこでも働ける傾向にあります。

今あなたが見ているこのブログのシステム「ワードプレス」を作ったAutomatic社は、社屋を廃止して完全リモートにしているようです。

エンジニアは全世界でリモートワークをしているようですね。

全社員をテレワーク雇用 「ワードプレス」運営元、Automattic社の革新性
コンサルティング企業、ギャラップの調査(2013年)によると米国のオフィスワーカーの39%が何らかの形で在宅勤務を行っている。また、2005年から2010年の5年間で、その人口は66%増加したとのデータもある。 「2013年にはヤフーCEO

 

海外の先進的なIT企業ならそういった働き方も可能ですので、海外就職したいならこういった仕事を目指してみると良いかもしれません。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

結局は、どこかで働いていかないといけないので…

日本で就職したくないとは言っても、頑張って海外に行って就職しないといけません。

そういった方は増えてはいますが、そこまで思いきれる方は多くはないですね…。

結局「日本で就職したくない!」と言ってる人でも、お金がなくなれば働く羽目になります。

 

まぁ、できるだけ労働環境の良い会社を探していくしかないんじゃないでしょうか?

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

やはり日本の労働環境は基本的に悪い傾向にあります。

ネットで日本の労働環境の悪さや、過労死で死んでいった先輩たちのニュースを見て、「日本なんかで就職したくない!」と考える若者は多いです。

労働基準監督署も人員不足で仕事しないなんて言われていますし、ブラック企業が野放しになっています。

それで稼げるならいいですが、非正規雇用が4割もいて、男性の年収ボリュームゾーンが年収300万円台の状況では、日本で働きたくないと考えるのも当たり前です。

 

しかしそうは言いましても、結局諦めて日本で就職する羽目になる人が多いですね…。

まぁ幸い少子高齢化の影響によって深刻な人手不足に陥っている会社が多いですし、人材は貴重になりつつあります。

ブラックだったらすぐ辞めて転職しても、今は他に仕事なんていくらでもありますからね…。

転職前提で、割り切って日本で働くのも良いのではないでしょうか?

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

ホワイトな会社に就職したいなら今がチャンスですので、今のうちに動いておくとよいでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。