年収100万で生きていける人の特徴!年収100万でも生きていく方法はこれ

 

  • 年収100万もあれば生きていけるでしょ!
  • 年収100万もあれば余裕!

そんな考えをお持ちの方も、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

年収100万円というと貧困層に分類されますが、生きていける人はいます。

私も以前貧乏フリーターをしていた時は、年収120万くらいで保険をかけつつ貯金も確保してましたし、やり方次第だと思います。

まぁ今はバイトでも時給が上がってきているので、フルタイムで働いていれば今どきバイトでももっと稼いでいるとは思いますが…。

この記事では、年収100万で生きていける人の特徴と、年収100万で生きていく方法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

年収100万で生きていける人の特徴は?

年収100万円で生きていける人には、一定の特徴があります。

というか、年収100万円しかないとできることが限られてくるため、行動や性格の特徴も似通ってくる傾向にあります。

年収100万円で生きていける人の特徴をまとめてみましたので、参考にしてください。

極限まで生活費を下げている

年収100万円で生きていける人の特徴として、極限まで生活費を下げていることも挙げられます。

やはり年収100万円では少ないので、生活費を下げる必要があります。

一番は、家賃などの固定費を下げている場合が多いですね。

毎月必ず出ていく固定費を下げられれば、年収100万円でも生きていきやすくなります。

 

我々がなぜあくせく働かなくてはいけないかと言えば、生きていくためにお金がかかるからです。

しかし、人によって毎月必要な生活費は違いますし、生活費が低ければ、そんなにたくさん稼ぐ必要もなくなります。

生活費が低ければ、年収100万円しかなくても、しっかり貯金を確保していくことができます。

家賃が激安な物件に住んでいる

年収100万円で生きていける人の特徴として、家賃が激安な物件に住んでいることも挙げられます。

年収100万円で生きていくためには、一番重要な部分と言えます。

固定費としては、家賃が一番出費の中で大きいからです。

家賃さえ下げられれば、年収が低くても生きていきやすくなります。

 

最近は空き家も増えてきていますし、地方の物件などは入居者も少なく、価格破壊が起きつつあります。

東京でも多摩市などの郊外であれば、家賃二万円台からありますからね…。

食費なんて節約すれば一人月一万円くらいに抑えられますし、あとは家賃さえ下げれば、最低限の衣食住を安く確保できます。

実家で暮らしている

年収100万円で生きていける人の特徴として、実家で暮らしていることも挙げられます。

実家で暮らせるのであれば、必要な生活費はかなり安く抑えることができます。

実家にいくらか入れるにせよ、お金は一人暮らしに比べれば必要ありません。

実家で暮らせるなら、年収100万円でもかなりの部分貯金に回すこともできます。

 

実家が持ち家であれば、親が亡くなれば遅かれ早かれ相続が発生します。

地方の空き家などは買い手もなかなかつかず、住まない場合でも固定資産税がかかるので、負の遺産になってしまいます。

特に独身の場合は、無理に実家を出て一人暮らしをしても無意味なので、実家に住んで活用したほうが合理的です。

独身で家族もいない

年収100万円で生きていける人の特徴として、独身で家族もいないことも挙げられます。

年収100万円となると、やはり結婚は難しいです。

女性であればいいですが、男性は年収300万円以下はガクッと既婚率が下がるので、結婚は難しいでしょう。

共働きでも苦しい水準です。

 

まぁ、独身ならば稼ぎが低くても、別にどうとでも生きていけますね。

かなり無理な節約も可能になってきますので。

物欲がない

年収100万円で生きていける人の特徴として、物欲がないことも挙げられます。

年収100万円では、やはり買えるものも限られてきます。

物欲がない人であれば、お金もあまり必要ないので、年収100万円でも生きていきやすいです。

 

というか、最近は新品で物を買っても、その時点で中古扱いになって価値が下がりますからね…。

工夫すれば、フリマアプリで安く買えたり、SNSでフォロワーを増やせば誰かが買ってくれることもあります。

年収100万で生きていくには?

年収100万円で生きていける人も珍しくはありません。

これからは更に税金や社会保険料も値上がりしていくので、稼ぐことのコスパがどんどん悪くなっていきます。

少ないお金で生活できるスキルは、これからは稼ぐスキルよりも重宝されるでしょうね。

年収100万円で生きていく方法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

生活費を極限まで下げる

年収100万円で生きていく方法として、極限まで生活費を下げることも挙げられます。

年収100万円で生きていくには、多くの生活費をかけられません。

年収100万円でも生活できるよう、出費を削る必要があります。

 

具体的には、

  • 家賃が安い物件に引っ越す
  • 自炊して食費を浮かす
  • スマホの通信回線を見直す
  • 浪費をやめる

などなど。

出費さえ減らせば、年収100万円でも生きていけます。

実家か激安物件に住む

年収100万円で生きていく方法として、実家か激安物件に住むことも挙げられます。

実家に住むのであれば、年収100万円でも正直余裕です。

実家が持ち家の場合は、親が亡くなれば相続が発生するので、実家に住むのは合理的でしょう。

 

或いは、最近は特に地方などは人口減少に伴い、家賃が安い物件が増えてきています。

空き家なども安く借りられるケースが増えているので、できるだけ安い物件を探しましょう。

家賃さえ下げられれば、年収100万円生活のハードルはかなり下がります。

借金やローンは絶対に組まない

年収100万円で生きていく方法として、借金やローンは絶対に組まないことも挙げられます。

借金やローンを組んでしまうと、莫大な金利が上乗せされ、生活費を圧迫します。

とてもではないですが、年収100万円では生活できなくなってしまいます。

借金やローンを組まないと買えないものについては、身の丈に合わない贅沢なものと考え、手持ちのお金の範囲でやりくりしましょう。

交友関係は厳選する

年収100万円で生きていく方法として、交友関係は厳選することも挙げられます。

バカにならないのが、交際費です。

しょっちゅう友達や知人と飲み歩いていては、年収100万円ではとてもたりません。

交友関係は厳選しましょう。

 

特に、年収自慢してマウントを取ってくる人や、年収100万円生活を否定してくる人とは距離を置きましょう。

精神的な安定のためには、合わない人間関係は切るべきです。

年金は免除申請をし、奨学金があれば猶予申請する

年収100万円で生きていく方法として、年金は免除申請をし、奨学金があれば猶予申請することも挙げられます。

年収100万円ならば、国民年金は全額免除になる可能性が高いです。

家族の収入によっても変わってきますが、親族が1人もいない方ですと、年収ベースでは122万円以下、給与所得控除65万円を引いた所得が57万円以下であれば、全額免除になります。

全額免除になった期間も、国庫負担で老後半分年金は貰えます。

⇒保険料を納めることが、経済的に難しいとき|日本年金機構

 

奨学金の返済がある方は、給与所得者の場合は年収300万円以下、自営業の場合は200万円以下で猶予申請が可能です。

最長10年返済を猶予できます。

猶予申請以外にも、最長15年減額返還制度を利用し、返済額を抑えることができます。

年収100万円しかない人は、極力返済を伸ばしていったほうが合理的かもしれませんね…。

本人が死亡した場合は、保証人が申請することで、全額免除になる制度もありますので。

⇒返還期限猶予 | JASSO

年収に反映されない稼ぎを増やす

年収100万円で生きていく方法として、年収に反映されない稼ぎを増やすことも挙げられます。

今の時代は、信用などの無形資産が価値を持つ時代で、年収が低くても、見えない資産がある人はいい暮らしができます。

それ以外にも、年収に反映されない稼ぎや価値もたくさんあります。

 

具体的には、

  • SNSのフォロワーを増やして欲しい物を貰う
  • 家庭菜園をやって食費を浮かす
  • 知り合いの手伝いをして物を貰う
  • リフォームを勉強して安く自宅を改修する

などなど。

これらは年収には反映されませんが、やればお金がなくても生きていけたり、いい暮らしができたりします。

まとめ

年収100万円しかなくても、生きていく方法はあります。

しかしやはり貧しい生活になるのは確かですし、健康を損なうと生活が破綻してしまいます。

今は日本はデフレだからいいですが、デフレ脱却したら今のように安くモノやサービスは享受できなくなりますからね…。

 

一番いいのは、今のうちにもっといい会社に行って、極力楽に年収を高くすることだと思います。

幸い今は人手不足の会社も多く、比較的いい会社にも行きやすくなってきています。

今のうちに、もっと楽して稼げる会社を探すのもいいでしょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代人生逆転
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。