ニートになりたい!仕事辞めてニートになりたい時の対処法

 

  • ニートになりたい!
  • しばらく働かずにゆっくりしたい!

そういった願望をお持ちの方は今のご時世珍しくないかもしれません。

 

特に最近は労働環境の悪いブラック企業も増えてきていますからね。

毎日毎晩連日残業させられていては、そんな風にニートになりたいなんて考えが出てきてしまうのも当たり前です。

特に我が国はバカンスなんてハイカラなものもありませんし、有給休暇もなかなか取れない傾向にありますからね。

そんな状況がありますので、一旦会社を辞めてニートにでもならないと自分の時間が確保できない傾向にあるのです。

 

ですが、ニートになってなってしまって果たして大丈夫なのでしょうか?

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

ニートになりたい社会人は結構多いかも…

最近はあなたのように、ニートになりたいなんて言う歪んだ願望を持っている方も珍しくはないと思います。

最近は本当にブラック企業が多いですし、正社員となると大企業の福利厚生がいいと言われている会社の社員でさえ、休みが全然なかったりしますからね…。

知り合いの大企業勤務の人は年収はかなり高いですが、休みは週一日あるかどうかで休みの日も電話がかかってくるみたいてすからね…。

そんな風に働いていては、いくらお金をたくさん稼いでいたとしてもニートになりたいなんていう考えになってしまうのも当たり前です。

 

実際ネットなどを見てみても、

今はかなり年収は高いんだけど、独身だから金全然使わねえから溜まる一方だよ

お金いらねえからしばらくニートになりたいわ

 

ニートになりたいけど、空白期間がなぁ

そこさえ何とかなれば今すぐにでもニートになるんだけど

日本企業って空白期間について厳しすぎない?

 

ニートになるには思い立てばすぐなれるけどさ、その後どうしたらいいの?

仕事見つからないかもしれないじゃん

他の国にはバカンスとかもあるらしいけどさ、日本にはそんなもんないしな

日本人労働者って控えめに言って地獄じゃねぇ?

こんな意見が散見されますからね…。

 

やはり日本の労働環境の悪さに相当参っている人達は多いようです。

有給も満足に使えないような人が多いですし、長期休みもありませんからね。

あなたのようにニートになりたいなんていう願望が出てきてしまうのも当然かもしれません。

 

すぐニートにはなれるが、空白期間ができてしまうリスクが

あなたのようにニートになりたいという願望を持っている方は、今のご時世珍しくはないと思います。

が、別にニートになること自体は思い立てば今すぐにできます。

会社を辞めるだけですからね。

 

ただ、やはりニートになってしまいますと、空白期間が空いてしまうというネックがあります。

特に我が国の企業は空白期間について過剰に気にする傾向にありますからね。

1度ニートになってしまって空白期間ができてしまうと、なかなか採用されない傾向にあるんです。

ニートだったという人以外でも、出産育児で仕事を休職していたとか休んでいた人でも、辞めてしまった人でも採用されにくい傾向にありますからね。

そんな中ニートなんてやっていたら採用されないの当たり前です。

なかなか厳しいですね…。

 

ニートになるなら貯金は必須!退職後は税金の請求も

あなたのようにニートになりたい方というのは、今のご時世たくさんいるとは思うのですが…。

思ってはいても実際に実行しない人の方が多いです。

なぜかと言えば、退職すると税金や社会保険料の請求が来てしまうからです。

 

退職してニートになってしまうと、

  • 住民税
  • 国民年金
  • 国民健康保険料

の請求が来てしまいます。

これまでは働いていれば自動的に給料から天引きされていましたが、会社を辞めてニートになってしまうと自力で払う必要が出てきます。

ニートになりたいと言っている人は、この点を見逃している方が多いのではないでしょうか?

 

まあ国民年金は失業を理由に免除が可能ですが、国民健康保険と住民税は無理ですね。

住民税なんて前年の所得に応じて税金を支払う義務があるんですから、払わないわけにいきません。

なので、ニートになりたいのであればある程度以上の貯金をしておくことは必ず必要になってきます。

漠然と自分の生活費だけあればいいやと考えているのであれば、ちょっと考えが甘すぎます。

今仮に月10万円で生活できていたとしても、退職後は上で述べたように健康保険や住民税などを自力で払っていかないといけませんからね。

まぁニート2年目以降は前年の所得はないので、税金負担はほぼゼロになります。

が、ニートになりたいのであればニート1年目を乗り切る必要があるんです。

 

溜まった有給を使ってみて、ニート気分を味わう手も

そんな事情がありますので、普通の方にはニートになることはあまりオススメできません。

結局お金がなくなったらまた働き始める羽目になりますからね。

その頃にあなたはもっと年をとっており空白期間も伸びていて、仕事は見つかっても今よりもかなりランクが下がる会社にしか行けない可能性が高いです。

 

なので今の会社にいながらニート気分を味わえればそれで越したことはありません。

具体的には今の会社でたまった有給をまとめて消化してしまったらどうでしょうか?

ニートになりたいなんて考えている真面目なあなたのことですから、有給休暇なんてほとんど使わずに溜まっているでしょうし。

有給休暇を使うことは労働者の権利ですからね。

会社側には時季変更権という繁忙期を避けて有給休暇を取らせる権利はありますが、

有給を拒否するのであれば「いつならば取っていいのか?」という代替案を提示する義務があります。

なので有給休暇を拒むということはできません。

 

まぁ特に最近は募集をかけても人が来ない人手不足の会社が多いので会社もあなたに辞められたら困るはずです。

強引に有休をとってニート気分を満喫するように仕向ければ、会社も飲まざるを得ないと思うんですが。

会社を辞めずにニート気分を満喫できるのであればそれに越したことはありません。

しばらく会社を休んでいれば、ニート期間に飽きて働きたくなってくるかもしれませんし。

 

退職しても失業保険は貰えるので、一時的にやるならアリ

あるいはニートになりたいのであれば、本当にニートになってしまうのも手段の1つです。

幸い雇用保険をかけているのであれば、会社を辞めても失業保険がもらえますからね。

しばらくは無収入になることはありません。

ただ、自己都合退職ですと3ヶ月の待機期間があり、3ヶ月間は貯金で生活しなければなりません。

そして上で述べたように健康保険料や住民税の請求なども考えておく必要はあります。

 

あとは職業訓練校に通うことでも訓練期間中は失業保険が延長してもらえます。

長い訓練ですと半年とか1年ぐらいのものもありますので、しばらく学生気分を満喫することはできるかもしれません。

まぁ結局は社会復帰する羽目になりますが、空白期間は職業訓練を受けていたと言えば空白期間の説明もしやすいですからね。

こうやって1時的にニート気分というか、学生気分を満喫するのが無難な道だと思います。

→ハロートレーニング 厚生労働省(外部サイト)

 

もっとしっかり休める会社に転職すべき

あなたのように、ニートになりたいと考える会社員の方も珍しくはないと思うのですが…。

やはりそういった方というのは、ろくに休めないブラックな会社に勤めている方が多いのではないでしょうか?

特に最近はそういった労働環境の悪いブラック企業に勤めている方が多いんですけど…。

 

探せばしっかり休める会社というのはありますし。

きちんと週二日確実に休めて有給も取れて残業も少ない会社で働き出せば、自分の時間はしっかり確保できます。

そう言った労働環境の良いホワイト企業に勤めていれば、ニートになりたいなんて言う歪んだ考えを持つこともあまりありません。

 

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

仕事が多い今のうちに、しっかり休める会社に転職してしまうのも良いでしょう。

30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

 

まとめ

あなたのようにニートになりたいなんて考えてしまう人の気持ちも分かるのですが…。

やはり一旦ニートになってしまうと空白期間が空いてしまいますし、再就職が厳しくなってきます。

一時的にニートになっても、お金がなくなったらまた働く羽目になりますからね。

そうなった時に今よりも更に年を取っているでしょうし、空白期間が空いていたら転職にも不利になってきますからね。

 

それよりはしっかり休める会社に転職してしまった方がいいと思います。

それならば有給休暇もまとめて取得などもしやすいですし、そうすれば別にニートに出なくてもしっかり休むことができます。

幸い最近は有効求人倍率も高いですし、仕事はたくさんありますからね。

仕事が多い今のうちに、しっかり休める会社に転職してしまうのもいいかもしれません。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。