何の仕事したらいいのかわからない!やりたい仕事を絞る7つの悪魔的手法

 

  • 何の仕事したらいいかわからない!
  • 特にやりたい仕事がない!

そういった悩みをお持ちの方、は今のご時世珍しくないかもしれません。

 

特に今は仕事はたくさんある傾向にありますからね。

ネットでも様々な情報がありますし。

何を根拠に判断して仕事を探していったらいいのか悩んでしまっている方も多いかもしれません。

そこで「この仕事だ!」という風に決めるということは、他の選択肢は排除するということですし。

なかなか覚悟がないと、この仕事がいいという風には決めきれない方も珍しくありません。

 

ただそこで早く仕事を決めないとニートになってしまったり、良いこともありませんからね。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

今は仕事はたくさんある!仕事選びで迷う方は多い!

あなたのようになるの仕事したらいいのかわからないという風に仕事選びで迷ってしまう方というのは、珍しくありません。

今は本当に仕事はたくさんありますからね。

今は有効求人倍率も全国平均で1.5倍を越えていて、正社員の有効求人倍率も一倍を越えてきていますからね。

特に今は少子高齢化による生産年齢人口の減少によって求職者自体も減ってきていますし。

失業率も低迷していて仕事を探している人も入っていますからね。

なので何の仕事をしたらいいかわからないと考えて仕事を探しているあなたのような方は、仕事は正直選び放題なんです。

 

今ならば中高年層でも人手不足教師に絞って仕事を探せば、未経験でも割と正社員で仕事が見つかったりもしますし。

ただ選択肢が多すぎるというのは、なかなか決めきれず何の仕事したらいいのか分からないという状況になりがちです。

ついつい迷ってしまうんですね。

なかなかそういった贅沢な悩みだとは思いますが…。

結構厳しいかもしれませんね。

 

結局今出ている求人から選ぶ羽目になるので、転職サイトなどから探す手も

あなたのように何の仕事をしたらいいのか分からないという方も多いと思いますが…。

結局最終的には今出ている求人から選ぶハメになる訳ですからね。

あれこれと

  • どんな仕事がいいかな?
  • 何の仕事が向いてるかな?
  • どんな仕事をしようかな?

と考えたところで、結局は現実に存在する求人がでている仕事から選んでいく必要がある訳です。

なので、結論を言ってしまえば何の仕事をしたらいいのかわからないなんて悩んでいても時間の無駄です。

結局今ある求人も見て適性がありそうな仕事は見極めていくのが一番ですからね。

 

なので、とりあえず転職サイトなどに登録して今出ている求人を見てみたらどうでしょうか?

そうすればこういった仕事は需要があるんだなこういった仕事は求人が多いなこれならば私にもできそうこれならば長く働いていけそうということも分かりますし。

まぁ本当に実際出てる求人から探した方がいいと思いますよ。

今は仕事はたくさんある訳ですし。

そうやって絞っていったほうが確実ですよね。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業転職なら【リクナビNEXT】

 

何の仕事したらいいのかわからないなら、単純に給料の高い会社を受けてみるのも手

あなたのように何の仕事してないのか分からず悩んでしまう方も珍しくありませんが…。

そういった方の場合は単純に給料の高さで選んでみるというのも手段の1つです。

 

我々がなぜ働くかといえばお金のため生活のためという理由が一番大きいですからね。

お金が沢山あれば、何も大変な思いをしてまで働く必要もありませんし。

とりあえずお金があれば、

  • 家族も養えますし。
  • 好きなものも買えますし。
  • 学校に通ったりして知識を得ることもできますし。
  • 貯金もできますし。

先々の人生の選択肢が広がりやすいんですね。

とりあえず給料の高い仕事であれば、貯金も貯めやすいので貯金を貯めて後で学校に通うとか、しばらくニートするとかそういったこともできますし。

まぁ迷ったら給料の高い仕事を選んでおけば間違いはないと思いますが…。

 

ただ給料の高い仕事になると結構求められるものが多かったりわりときつかったりする可能性もありますが…。

ただ給料の高さはキツさに比例しないという傾向もありますので、結構楽で給料がもらえる仕事もあったりしますが。

 

今はブラックな会社も多すぎるので、転職口コミサイトでリサーチはすべき

あなたのようになんの仕事したらいいのか分からないという方も多いと思いますが…。

そういう方ですと、「とりあえずどこでもいいや」と考えて最終的に闇雲に応募してしまいがちですが…。

最近は本当にブラックな会社も増えてきていますし、人手不足の影響で求人票に嘘を書くような悪質な会社も増えてきていますし。

正直会社なんて入社前はいいことしか言いませんので、油断も隙もありませんからね。

 

なので、これから仕事を探すのであれば、転職口コミサイトなどでリサーチは怠らない方がいいかもしれません。

幸い最近はそういった現役社員や元社員の口コミを見れる転職口コミサイトが流行ってきていますし。

そういったものを見ればホワイトな会社かどうかはよく分かります。

まぁ結局はそういった生の声を聞いてみるのが一番かもしれません。

本当に我が社は素晴らしいと言っている会社であれば、本当に働きやすい会社かもしれませんし。

そういったところから何の仕事をしたらいいのか判断していくのもいいかもしれませんね。

→10万件の企業口コミでブラック企業を回避!【キャリコネ】

 

仕事が長続きしない人は転職しやすい仕事を探してみるという手も

あなたのように何の仕事をしたらいいのか分からないという方も珍しくありませんが…。

そういった方というのは、結構転職している方も多いかもしれません。

仕事が長続きしないという方もいらっしゃいますからね。

 

そういった方の場合は転職しやすい仕事を選んでみるというのも手段の1つですね。

ここで「こういった仕事が向いているかもしれない」という風に絞れたところで、実際に働いてみないと合う仕事かどうかは分かりませんし。

仕事自体には向いていても、人間関係に馴染めずに辞めてしまうなんていうのもよくあるパターンですし。

そう言った時に求人が多かったり転職しやすい仕事であれば、また新たな環境にすぐに行くこともできます。

そういった尺度で仕事を探してみるのもいいかもしれません。

 

まぁ介護士とかの医療福祉系の仕事とか、人手不足と言われてるドライバー系の仕事とかエンジニア系の仕事とか、土木建築の仕事とかそういった仕事ですとかなり転職しやすいですね。

今は有効求人倍率も高止まりしてますが、そういった人手不足業種に限って言えば有効求人倍率5倍から10倍近い仕事もありますし。

 

仕事選びに迷った挙句フリーターになる方も珍しくないが…

あなたのように、何の仕事をしたらいいのかわからないということで仕事が選びに迷う方も珍しくありませんが…。

そういったところで、仕事選びに迷った挙句ニートやフリーターになってしまう方も結構いらっしゃいます。

まぁとりあえず保留にしてしまうパターンですね。

ただやはり一旦ニートやフリーターになって空空白期間が空いてしまうと、仕事探しに不利になってしまうのは確かですし。

だったらなんでもいいからとりあえず仕事についてから考えてみた方がいいような気もしますが。

 

そもそもニートとかは問題外ですが、フリーターは給料が安いですからね。

最低賃金が上がってきたりはしていますが多くの会社はボーナスもありませんし。

職歴としても評価されない傾向にありますし。

比較的若いうちだったら、今なら短期職歴などがあっても転職しやすいので。

色々と経験してチャレンジしていく方がいいかもしれません。

 

とりあえず職業訓練でも受けて猶予期間を作ってみる手も

あなたのように、何の仕事したらいいのか分からないという方も多いと思いますが…。

学生の方ですとありがちな悩みですが、もう社会に出て何年も経つのにそういった悩みを持っている方も珍しくありません。

やはり自分が何をしたいのか?なんてのはよく分からずに生きている人も多いですし。

特に今はてんしょくもしやすいですから、選択肢が多すぎますからね。

既に社会に出てしまっている方の場合はとりあえずお金を稼いでいかないといけませんから、何かしら働く必要が出てきますが…。

 

そういった方の場合はとりあえず職業訓練でも受けてみるのも手段の1つです。

幸い職業訓練を受ければ失業保険が訓練期間中が延長してもらえますし。

失業保険がない方でも条件を満たせば、月10万円の職業訓練受講金がもらえます。

まぁ色々なコースがありますし、とりあえず猶予期間は作ることができますからね。

入学金や授業料はほぼタダで通えますし。

何の仕事したらいいのかわからないのであれば、とりあえずこういった所に通ってみるのもいいかもしれません。

→ハロートレーニング 厚生労働省(外部サイト)

 

今なら比較的良い仕事もたくさんあるので…

あなたのように何の仕事したらいいのか分からない!ということで悩んでしまう方は多いと思いますが…。

やはり今は仕事は多いので、仕事を探すのであれば、今が千載一遇のチャンスですからね。

今は有効求人倍率もバブル期を超える水準にまで回復してきていますし。

正社員の有効求人倍率も一倍を超えていますし。

人口動態的に人手不足が加速していくことは確定していますが、またリーマンショック級の不況が来て1時的に悪化しないとも限りませんし。

今のうちに仕事を探しておくに越したことはありません。

 

まあとりあえずは給料も休みを取りやすいホワイトの会社を探しておけば間違いがないと思いますけど…。

多少興味もない仕事だったとしても、プライベートの時間が充分に確保できればリフレッシュできますし。

趣味の時間も取れますからね。

仕事が多い今のうちに動いておくといいでしょう。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

まとめ

あなたのように何の仕事したらいいのか分からないと悩んでしまう方も珍しくありませんが…。

やはり何でもいいから働いてみないと分からないとは思いますけどね。

今はネットで色々な職業の話が見れたりする時代ですが…。

そういったものを見てもあまり転職経験がなかったり、そんなにたくさんの仕事をしたことがない人ですと、よくわからないような気がしますし。

 

まぁとにかく悩んでいるのであれば、出来るだけ給料の高い仕事を軸に探していくといいと思いますね。

一番いいのは給料が高く休みも取りやすい仕事ですね。

そうすればワークライフバランスも実現されやすいので、多少人間関係が悪かったとしてもプライベートを充実させることができればリフレッシュできますし。

何にしても言えるのは、仕事が多い今のうちに探しておいた方がいいということです。

またリーマンショック級の不況が来たりするとわかりませんし。

特に東京オリンピックが過ぎた辺りからはまた人材市場が悪化していくのではないか?ということも言われていますし。

今のうちになにかしら労働環境のいい会社を見つけておくに越したことはありません。

 

今なんて失業率も低迷してて休職者も少ないのでライバル自体が減ってますからね。

以前では入れなかったような比較的良い会社にもわりと入りやすくなってきてますからね。

結局そういう景気のいい時期に仕事を探すかどうか?でいい会社に入れるかどうかも決まってきてしまいますし。

今のうちに動いておくと良いでしょう。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。