もっとゆっくり働きたい!ゆとりを持って働きたい時の人生逆転策はこれだ!

 

もっとゆっくり働きたい!

そういった望みをお持ちの方は今のご時世、珍しくないかもしれません。

 

特に最近は労働環境の悪いブラック企業が多く、長時間激務で働かされている方も珍しくありませんからね。

あまりに酷い条件で働かされていると「もっとゆっくり働きたい」なんていう願望が出てきてしまうのも当たり前です。

激務でも給料がいいのであれば別ですが、ブラック企業は激務の割に給料も少ないです。

最近はあまりに名ばかり正社員が増えすぎましたからね…。

 

しかし、果たしてゆっくり働くなんて可能なんでしょうか?

もっとゆっくり働きたい時の対処法について解説しましたので、参考にしてください。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

ゆっくり働きたいと考える方は多い

最近はあなたのように、もっとゆっくり働きたいと考えている方は珍しくありません。

ネットやSNSなどを見てみても、

出張2週目が終了。あー疲れたな。生活はもう慣れたし、仕事も少しずつ慣れてきたけど、何より忙しい。もっとゆっくり働きたい。

 

もっとゆっくり働きたいけど動線考えてどうやって早く終わるか考えて生きてるから、ゆっくり時間が過ぎる仕事は向いてないような気がする

 

疲れがーーー
仕事やだなあ。忙しさがすごいしみんなピリピリしてるし
もっとゆっくり働きたい

 

私に大学病院、それも外科病棟は向いてなかった…もっとゆっくり働きたいな

 

もっと、ゆっくり働きたい。十分な休息を挟みながら。

こんな感じの意見が散見されますね。

 

特に最近は技術の進展や社会の変化、スピードが速くなってきており、ゆっくり生きられない状態の方も多いのではないでしょうか?

なかなかあくせく生きてるつもりでも、時代についていくのが精一杯ですからね。

ゆっくり働けない会社が大多数かも…

あなたのように、もっとゆっくり働きたいと考えている人も、今のご時世多いのですが…。

やはりゆっくり働けない会社が大多数だと思います。

特に我が国の企業はブラックな会社が多いですし、特に最近は人手不足に陥っている会社も多いですからね。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

休みを取ることもままならず、毎日毎晩連日残業させられている方も多いのではないでしょうか?

 

まぁ、ゆっくり働くとなるとチンタラ働くようなイメージがありますが、

休みがしっかり取れる労働環境の良いホワイト企業ということでしたら探せばありますよ。

さすがにゆっくり働くとなるとダラダラ時間をかけて働くことになってしまいます。

そうなると会社としてもその分人件費などのコストもかかりますし、効率が悪いのです。

 

ですが、短時間に効率的に働く会社で休みがしっかり取れる会社というのは結構ありますからね。

大多数の会社はゆっくりは働けないと思いますが、しっかり休んでゆとりを持って働いていける会社というのは結構あります。

正社員だと、ゆっくり働くのは難しいかも…

あなたのようにゆっくり働きたいと考えている人も、今のご時世珍しくはないのですが…。

やはり正社員となるとかなり難しいのではないでしょうか?

特に我が国の正社員は、死ぬほど激務で働かされる傾向にあります。

特に最近は非正規雇用の比率が増えてきたこともあり、正社員となるとそう言ったバイトやパートの人たちの尻拭いをさせられることも多いです。

結局ゆっくり働こうと思っても、そういった責任が付いて回りますからね。

 

特に最近はゆっくり働こうと思っても人手不足の会社が多いですからね。

限られたギリギリの人員で回さざるを得ず、ゆっくり働こうと思っても難しいことが多いのです。

最近は募集をかけても正社員でもなかなか人が来ない会社が多いですからね。

そもそも少子高齢化によって生産年齢人口が入ってきているのですから当たり前ですが…。

 

ですがバイトやパートなどの非正規雇用の仕事でしたらゆっくり働くには向いているかもしれません。

向いていると言いますか、責任がそれほどありませんし、時短勤務や週に三日などの働き方も可能になってきます。

まあ世間体が悪かったり、給料が低かったりするのであまりオススメはできませんが…。

  • 本当にゆっくり働きたい!
  • 仕事にコミットする時間を減らしたい!

というのであれば、こうでもするしかありません。

まあ幸い最近は非正規雇用の人でも社会保険ぐらいは入りやすくなってきていますから、前よりは生きやすくなってきているとは思いますが。

ゆとりを持って働きたいなら生活レベルを下げる

あなたのようにゆとりを持って働きたい方というのは、今のご時世多いとは思いますが…。

やはりゆとりを持って働いて休みを多くしてしまうと、当然稼ぎは減ります。

特に最近は正社員でも残業を規制に動いている会社が多いですからね。

特に最近の会社は経費をあげたくないために、基本給を上げない傾向にありますからね。

そうやって残業が減ってしまうと、今の給料よりも確実に減ってしまう可能性が高いです。

 

なのでもっとゆっくり働きたいのであれば、生活レベルを下げる必要が出てくるかもしれません。

少ないお金で生活することができれば、ゆっくり働いても、というかむしろそれほど働かなくても生活していくことは可能です。

生きていくための損益分岐点が下がるということですからね。

そうやって生活レベルを下げることができれば、もっとゆっくり働くライフスタイルを確立することも可能になってくるでしょう。

固定費を見直すのが一番

具体的には固定費を見直すのが一番いいと思います。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 車の維持費
  • 保険の支払い
  • 通信費
  • タバコや酒代

などなど。

毎月必ず出ていく一定のお金を見直すことができれば、生活レベルは劇的に下げることも可能です。

 

ただやはり家族がいる方ですとなかなか難しくなってきますね…。

独身の方でしたら思い立ったら今すぐにでも始められるんですが…。

その点でも家族がいる方ですと、ゆっくり働くライフスタイルを実現することは難しいかもしれませんね。

他の国ならもっとゆとりをもって働ける可能性も

あるいは、我が国の労働環境は基本的にブラックな傾向にあります。

過労死なんていう不名誉な英単語を作り出した生みの親の国ですし、未だに過労死や過労自殺などは減りませんからね。

精神疾患の労災件数などは未だに右肩上がりで増加してきていますし。

これだけ働き方改革などと叫ばれていますが、一向に労働環境が改善される兆しすら見えませんからね。

 

ですが、他の国ならばもっとゆっくり働けるライフスタイルが可能になるかもしれません。

日本で働くだけが全てではありませんし。

海外ですと、

  • 年間1ヶ月以上のバカンスがあったり
  • 1日の労働時間が6時間ぐらいだったり

欧州などは、そういった労働者の権利が日本よりも強い国も結構ありますからね。

まあこういうこと言うと「そういった国は税金の負担が重いだろう」とかなんとか反発してくる声がたくさん出てきますが…。

ですが、確かに日本はこれからさらに衰退していきますから、海外に転職を選択するのも一つの手段です。

 

ITエンジニアなどが比較的海外転職などもしやすいようですが。

ゆっくり働くスローライフな人生をお望みであれば、ここまでする必要が出てくるかもしれません。

仕事で疲れてるなら、一旦会社を辞めてみるという手もあるが

あなたのようにもっとゆっくり働きたいと考えている方は今のご時世たくさんいると思います。

最近は本当にブラックな会社が多いですし、全く休めないような会社もたくさんあります。

からね。

 

そんな会社で働いていては、

  • もっとゆっくり働きたい
  • それほど働かずに暮らしたい
  • ニートになりたい

とかそういった願望が出てきてしまうのも当たり前です。

 

もしかしたらあなたは、ただ単に今の会社で働くことに疲れてしまったのではないでしょうか?

ブラックな会社で働いていたら、「もっとゆっくり働きたい」なんていう願望が出てきてしまうのは当たり前ですけど。

でしたら、一旦仕事を辞めてみるというのも手段の1つです。

幸い社会保険をかけている方であれば、雇用保険から失業給付が出ますからね。

職業訓練でも受けてみるのも手

特に職業訓練校に通いだせば、すぐに失業給付の支給対象になります。

しかも条件を満たせば、職業訓練期間中は失業給付が延長して貰えますのでお得なのです。

長い訓練ですと半年~一年くらいのものもありますし、しばらくは失業給付が貰えると思います。

雇用保険をかけていない方でも、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金が貰えます。

仕事で投げやりになってしまったなら、そうやって一旦仕事から距離をとることも必要かもしれませんね…。 

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

⇒職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

ゆっくり働けるホワイト企業に行きたいなら早めに

あなたのように、もっとゆっくり働きたいという願望を持っている方も今のご時世多いとは思いますが…。

やはりゆっくり働くとなると、今の会社から転職する必要が出てくると思います。

今の会社でゆっくり働けていないのであれば、それが改善されることを期待するのは難しいでしょう。

最近は特に会社が人手不足に陥っていて、それをきっかけに労働環境を改善に取り組む会社も増えてきてはいるのですが…。

やはり頭の固い経営者などが多いですし、労働環境を改善などにはなかなか取り組まない傾向にあります。

 

なので、いっそのこと転職を検討するのも手段の1つです。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、比較的労働環境のいい会社でも転職しやすくなってきているので今がチャンスです。

探せばしっかり有給休暇を取れる会社や、残業がそれほどない会社というのもありますからね。

残業代が出なくなることは覚悟しなくてはいけませんが、そうやって自分のプライベートの時間をしっかり確保した上でゆっくり働きやすい会社というのもあります。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

あなたのように、ゆっくり働きたいという願望を持っている方は多いのですが…。

たいていの会社員は転職などにも及び腰で、そのまま不本意な会社でダラダラ働く傾向にあります。

やはりなかなかゆっくり働く会社なんて探すのは難しいですし、どこにあるのかも分かりませんからね。

 

ただやはり本当にゆっくり働きたいのであれば、勇気を出してチャレンジしていくことが必要だと思います。

ゆっくり働ける会社に行きたいのであれば、今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。