みんな辞めていく職場8つの特徴!取り残される前にこうしなさい!

 

  • 職場でみんな辞めていく!
  • 私もやめた方がいいのかな…?

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近はブラックな会社も多いですし、人手不足に陥ってる会社も多いです。

それでいて有効求人倍率も高く転職がしやすい傾向にあるため、あまりにひどい会社からはどんどんみんな辞めていってしまう傾向にあります。

今はそんなクソな会社にしがみつかなくても他にもいい会社はたくさんありますからね…。

この記事ではみんな辞めていく職場の特徴と、そんな職場で取り残される前にやるべき対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

みんな辞めていく職場の特徴!

そういったみんな辞めていってしまう職場というのは、一定の特徴があると思います。

まあ一言で言えば労働環境の悪いブラック企業ということですが…。

特にこれからは少子高齢化による生産年齢人口の減少によって更に人手不足が加速していくことは人口動態的に確定していますからね。

そういったみんな辞めていってしまう職場は、今急増している人手不足倒産の憂き目に遭い淘汰されていくでしょう。

みんな辞めていく職場の特徴についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

給料が安すぎる

みんな辞めていく職場というのは、給料が安すぎる傾向にあります。

特に我々が何のために働くかというとお金のため生活のためですからね。

実際に会社員に行ったアンケートでも約9割の人がお金のため生活のためだけに働いていると、回答していますし。

 

特に最近は人手不足で1人当たりの負担も増えてきていますし、労働環境の悪いブラック企業も多いです。

それなのに給料が安すぎてはバカバカしくなってみんな辞めていきますよ。

特に今なんて転職もしやすいですからね。

そんなブラックなのにはした金しかくれない会社にしがみつく必要は一つもないんです。

残業代が出ない

みんな辞めていく会社というのは、残業代が出ない傾向にあります。

未だに残業代をほとんど払わずサービス残業させている会社は後を絶ちません。

こういった会社ですと、下手すると正社員なのに時給換算するとフリーター並かそれ以下の時間単価にやるケースも珍しくありません。

下手したら最低賃金を下回る可能性すらありますからね。

マジでわりに合わず馬鹿馬鹿しいのでみんなどんどん辞めていきます。

 

サービス残業するとその分の労働は全くお金にあらず無駄ということですからね。

だったらその時間バイトでも副業でした方がお金になる分いいです。

社会保険すらない

あとはいまだに正社員なのに社会保険すらないという悪質な企業も多いです。

厚生労働省の2014年の調査によれば、約80万社は社会保険加入義務があるにもかかわらず社会保険に加入させていません。

日本の企業数は約400万社ですから、105社に一社は社会保険加入させてないってことですね。

 

特に最近は法律が変わってバイトやパートですら条件を満たせば、社会保険に加入できるようになりました。

概ね従業員数501人以上の企業で月給88000円以上稼いでいれば社会保険加入義務ができました。

この法律ができる前からも正社員の3分の二以上を働く方に関しては社会保険加入義務があります。

社会保険に加入させてくれないと厚生年金にも加入できず、老後がかなり不安です。

みんなどんどん辞めていくのは当たり前です。

正社員なのにボーナスもない

あとは正社員なのにボーナスがないという会社もどんどん辞めていく傾向にあります。

未だに中小零細企業などですと、正社員なのにボーナスが全くない、あるいはあっても数万円程度の寸志だけというケースも珍しくありません。

 

最近は人手不足の影響で、バイトやパートですらボーナスを数万円とか10万円ぐらい支給する会社も増えてきています。

そうやって人材を集めようという企業側の魂胆なわけですが…。

正社員で責任が重い仕事をさせられるのにボーナスがほとんどない場合は、バカバカしくなってみんな辞めていきますよ。

求人票に嘘を書いている

最近は本当にブラックな会社も多く、求人票に嘘を書くという会社も珍しくありません。

私も何回か転職していますが、求人票に明らかな嘘を書いている会社に当たってしまったことがあり、試用期間中に強引に辞めたことがありますからね。

こんな悪質な会社ですとそもそも企業側に誠意がなく、本当に潰れた方が世の中のためです。

当然ながら従業員もバカバカしくなってみんな辞めていきます。

代わりなんていくらでもいる!と考えている

みんな辞めていく職場というのは、人を大切にしない傾向にあります。

正直「代わりなんていくらでもいるんだ!」と考えている傾向にあります。

人が辞めていったとしても、「募集をかければ人なんていくらでもくる」と考えているんですね。

 

ただこの人手不足のご時世では募集をかけてもなかなか人材なんて来ないんですが…。

正社員で募集をかけてもなかなか人が来ないのにいい人材なんて尚更来ません。

昔は団塊世代が大量にいて現役だったので、募集をかければいくらでも来ましたが…。

これからはそうではありませんので、みんな辞めていき人手不足倒産して淘汰されていくでしょう。

募集をかけても人が来ない

みんな辞めていく職場というのは、募集をかけても人が来ない傾向にあります。

最近はブラック企業の情報などがネットで共有される傾向にありますからね。

転職口コミサイトなどに「この会社はブラックです!」と元社員が書き込む傾向にあるんです。

特に最近の若者ほど入社前にそういったブラック企業の情報のチェックは怠らない傾向にありますからね。

 

みんな辞めていく職場というのは、ブラック企業の被害者が多いということですから、当然ながら口コミも多い傾向にあります。

そんなネガティブな口コミを見た休職者はこの会社はやめておこうと募集が出ていても、応募しない傾向にありますね。

→10万件の企業口コミでブラック企業を回避!【キャリコネ】

上層部が人手不足の深刻さを理解していない

職場でみんな辞めていくというのは、企業にとって本当に死活問題です。

働く人がいなくなってしまっては業務や事業の継続が困難になってしまいますからね。

最近は人手不足倒産の件数も右肩上がりで増加してきており決して人事ではないのです。

ですがそういった離職率の高い会社というのは、上層部が頭が悪く人手不足の深刻さを理解していない傾向にあります。

 

  • なんでみんな辞めていくんだ!
  • みんなワガママすぎる!
  • 募集をかければ人はいくらでもくるんだ!
  • まぁ何とかなるだろう…

こんな風な甘い見通しでこれからも事業を継続していく傾向にあります。

結局しわ寄せを食うのは現場で働く人達で、更にみんなやめていく傾向にあります。

みんな辞めていく!どうしたらいいの?

この人手不足のご時世みんなどんどん辞めていき、更に人手不足に拍車がかかっているという状況は珍しくありません。

ただそこであなたも辞めるのであれば良いですが、まだどうしようか決めかねている場合はちょっと考えた方が良いかもしれません。

これからも更にみんな辞めていき状況が悪化していく可能性が高いですからね。

そんな時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

とりあえず派遣を入れる

みんな辞めていった後の穴埋めが大変だと思います。

1人欠けるだけでもこの人で不足のご時世大変なのに、みんな辞めていくとそれまで3人でやっていたような仕事でも1人でやらされたりして、これから更にみんな辞めていく可能性が高いです。

なので、対症療法ではありますがとりあえず派遣さんを入れて凌ぐというのも手段の一つです。

 

割高な派遣料金を払う必要はありますが、人を引き止められないブラック企業は割高な料金を払ってでもその場凌ぎでやっていくしかありません。

ただ会社の管理職や上層部を説得する必要がありますけどね…。

みんな辞めていった後はその場凌ぎでもとりあえず凌ぐしかないんですが、「派遣は高いから嫌だ」なんて文句を言って現場のことも考えずに拒否する会社も少なくありません。

その場合はさっさと辞めた方がいいと思いますね。

なんとか引き留める

あとはなんとか辞めて行く人を引き止めるしかありません。

最近は不当解雇のトラブルよりも辞めさせないトラブルが増えてきているんですが…。

もしかしたらちょっと引きとめればもう少し働いてくれるかもしれませんし。

 

ただ大抵は給料や労働環境に笑不満があって辞めるわけですからね。

給料をあげるよ!とか言って交渉材料を持っていかないとなかなか難しいでしょう。

こういったことは平社員だけでは無理で管理職や会社上層部の判断も必要になってきます。

人手不足の深刻さを理解していないバカな会社ですと、こういったこともせずにどんどんみんな辞めていく傾向にありますね。

労働環境改善に取り組む

なぜみんな辞めていってしまうかというと、一言で言えば労働環境が悪いからです。

  • 人間関係がいい
  • 給料も良い
  • 休みも多い
  • 居心地が良く働きやすい

こんな会社であれば、そんなみんな辞めていく状況にはならないんですよ。

これらの労働環境が満たされていないからバカバカしくなってどんどん辞めていくんです。

特に今は有効求人倍率も高く仕事もたくさんある傾向にありますからね。

 

なので、退職ラッシュを引き止めたいと考えてるのであれば、労働環境を改善に取り組むことは必要でしょう。

まあ一平社員のあなたには無理なので、会議で話し合ったりして会社上層部を動かす必要があると思う思いますが…。

そもそも人手不足の深刻さを理解していない会社ですと、何の対策も取らずにどんどん辞めてく傾向にありますね。

まぁなかなか難しいと思いますね…。

新人にちゃんと教えて定着を図る

みんな辞めていく会社でも、少なからず募集はかけており新人が来ている会社も多いかもしれません。

ただそんなにみんな辞めていくところを見ると、新人も

  • この会社はやばいな…
  • さっさと他に行った方がいいな
  • 試用期間中に辞めておいた方がいいな

と考える傾向にあります。

それにただでさえそんな人手不足の会社ですと、新人に教える余裕もなくどんどん辞めていく傾向にあります。

 

なので、せめて新人にちゃんと仕事教えて定着を図っていく必要があると思います。

それで最初のうちは定時で帰らせてあげたりちゃんと休ませてあげたりして、長く働けるように工夫していく必要があります。

でないと新人も入ってくる側からどんどん辞めていきますからね。

新人に教える労力的なコストもありますし、求人広告を出す費用や手間もかかっているわけで、新人が辞めたら全部ムダになります。

無料で求人を出せるハローワークでも、応募者への対応や入社手続きに労力的時間的コストもかかってきていますからね。

そういったことを考えない会社は新人も定着させようとせずに、どんどんみんな辞めていく傾向にあります。

逃げ遅れると詰む!逃げるなら早めに

正直そんなにみんな辞めていく会社ですと、これから先未来は暗いと思います。

ここは今すぐに会社一丸となって、退職ラッシュに歯止めをかけていくように動く必要があるんですが…。

そもそも人手不足の深刻さを理解していないバカな会社上層部ですと、何もしない傾向にありますし。

辞めていくのは本人の甘えだ!とか現場のせいだ!なんて考えて、更にみんな辞めていく傾向にあります。

まぁそういった危機感のない頭の悪い上層部の方が多いと思いますね…。

 

正直そこで逃げ遅れてしまうと、更に人がいなくなり辞めづらくなっていきます。

逃げるなら早めにしておいた方がいいですね。

幸い今は有効求人倍率も高いですし、仕事もたくさんある傾向にありますからね。

今のうちに動いておいた方がいいでしょう。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。