無断欠勤してしまい電話が怖い!罪悪感できつい時の6つの対処法

 

  • 会社を無断欠勤してしまった!
  • 電話かかってくるのが怖い!

そういった悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

実は私も昔勤めていた会社で無断欠勤してしまったことがありますので、気持ちはとてもよく分かります。

やはり無断欠勤なんてしでかしてしまうと、猛烈に電話がかかってくる可能性が高いですからね。

特に最近は人手不足に陥ってる会社が多いので、あなたが無断欠勤してしまったら、仕事も回らなくなってしまうのかもしれません。

まぁ真面目なあなたが無断欠勤なんてしてしまったということは、かなりのブラック企業なんだと思いますが…。

酷い環境で働かされていると体がついていかず、無断欠勤してしまう場合も多いです。

 

ですが無断欠勤なんてしてしまったら、電話がかかってくるのが怖いですよね。

無断欠勤してしまった時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

無断欠勤すると電話が猛烈にかかってくる傾向に!

あなたのように無断欠勤してしまい、電話が来ないか怖がっている方も珍しくないと思います。

実は私も、求人票にウソが書いてあったブラック企業に入社してしまった時に、無断欠勤して辞めたことがあります。

「話が違うからやめます!」と言ったのに、強引に引き留めてきたことが原因ですが…。

やはり電話は猛烈にかかってきましたね。

まぁ無視しましたけど。

 

無断欠勤なんてしてしまう人というのは、まだ会社に入ってそれほど日が経っていない、試用期間中の方も多いのではないでしょうか?

無断欠勤なんてしてしまうと、労働者側の問題にされがちですが、会社側の問題もあると思いますね。

特に最近は求人票に嘘を書くようなブラック企業が増えてきていますし、そういった会社は奴隷が釣れたと考えて手放さない傾向にあります。

最近はブラック企業も人材獲得が困難になってきていて、無断欠勤なんてしてる社員といえど、辞めさせないように電話を猛烈にかけてくる可能性が高いです。

無断欠勤の電話が怖いなら電源を切っておくという手も

やはり無断欠勤なんてしてしまうと、電話が猛烈にかかってきます。

なので、電話を怖がってしまうのも分かるのですが、無断欠勤の電話が怖いのであれば、電話を切っておくというのも手段の1つです。

特に最近は家の固定回線などは、引いていない人が多いですからね。

だったらスマホの電源を切っておけばそれで済む話です。

 

無断欠勤なんてしてしまう人というのは、そのまま会社を辞めたいと考えている方が多いのではないでしょうか?

だったらそのまま連絡を絶って、会社を辞めるのも良いかもしれません。

特に最近は、非正規の仕事でいいならたくさんありますからね。

だったら尚のこと、電源なんて切っておいて知らんぷりするのがいいかもしれません。

まぁ罪悪感があって心が痛むのであれば、スマホの電源は切って家に置いておき、長期の旅行などに出かけるのも良いと思います。

 

まぁちゃんとしたまともな会社であれば、無断欠勤なんてせずにちゃんとした対応をする必要があると思いますが…。

最近は本当にブラック企業が増えてきていますからね。

辞めさせてくれないブラック企業に対しては、無断欠勤して辞めざるを得ないこともあります。

無断欠勤しても翌日何事も無かったかのように出社する手もあるが…

あなたのように、無断欠勤して電話が怖い方というのも多いと思いますが…。

出来心で無断欠勤してしまったものの、まだそこまで会社を辞める勇気がないという方も多いかもしれません。

やはり仕事がきついと、無断欠勤の1回や2回ぐらいやりたくなってくるものすからね。

 

まだその会社で働き続けたいと考えているのであれば、翌日何事もなかったからように出社するというのも手段の1つです。

結構勇気が必要な手段ですが、私がこれまで勤めていた会社でもそういった方はいましたね。

無断欠勤したのでそのまま辞めるかと思っていたら、翌日には何事もなかったかのように出社してきた人…。

厚顔無恥というかなんというか、人によっては全く悪びれもせずに翌日何食わぬ顔で出勤する人もいます。

また募集をかけるのはめんどくさい!案外そのまま働けることも多い

無断欠勤なんてすると、

  • クビになるぞ!
  • 懲戒解雇になるぞ!

なんて言ってくる人もいますが…。

本人にまだ働く気がある場合は、謝ればそのまま働き続けられるケースも多いです。

 

私がこれまで勤めていた会社でも、無断欠勤した人が翌日以降出社してきて、何事もなかったかのように働き続けたケースは何度か見たことがあります。

上司も注意していましたが、また募集をかけるのも面倒なので、そのまま働いてましたね。

まともな会社だったらクビになる可能性もありますが、会社って案外適当ですよ。

まぁ仕事なんてたくさんあるんですから、あんまり一つの会社にしがみつくこともないとは思いますけどね。

無断欠勤の電話が怖いなら、こちらから言い訳の電話をかける手も

あなたのように無断欠勤してしまい、電話がかかってくるのが怖いという方も多いのですが…。

怖いのであれば、こちらから電話をするというのも手段の1つです。

辞めるつもりであれば、そのまま「辞めます」と言ってもいいですし。

 

ちょっと休みたかっただけであれば、言い訳の電話をするのも良いかもしれません。

例えば、

  • すいません!今起きました!
  • だるいので今日は休みます!
  • 倒れてしまって連絡ができませんでした!

などなど。

 

私も新卒で入った会社がブラックで無断欠勤をしたことがありますが、そうやって言い訳の電話をして働き続けたことがあります。

まぁしばらくしてから結局辞めて転職しましたが…。

まだ会社を辞める覚悟は決まっていない、もう少し働き続けたいというのであれば、やってみるのも良いでしょう。

また翌日から、何事も無かったかのように日常が戻ってくると思います。

無断欠勤が怖いなら今から行って謝る手も

あなたのように無断欠勤してしまい、電話がかかってくるのが怖いという方も多いのですが…。

そんなに怖がってしまうのであれば、無断欠勤やバックレなんてするべきではありません。

私もブラック企業に入社してしまったり、求人票虚偽記載の会社に入社してしまったことがありますが…。

そこで何度も辞めますと言って辞めさせてくれなかったので、無断欠勤でバックレを決行したことはあります。

しかし、やはり罪悪感を感じて思い切れない人ですと、そのまま無断欠勤をして辞めるなんてのはなかなかできない傾向にあります。

良心が咎めたりして自信をなくしてしまう可能性がありますね。

罪悪感を感じる人ですと、難しいかもしれません。

 

まだ働き続けたいつもりであれば、今から行って謝るというのも手段の1つです。

まあ寝坊したとかなんとか適当な理由をつけて謝れば、何とかなると思います。

というかそういった人見たことあります。

本当に寝坊したのかどうかは分かりませんが…。

そうすればこれまで通りの日常が戻ってきますからね。

無断欠勤で仕事を辞めても今なら仕事はたくさんあるので…

あなたのように無断欠勤してしまい、電話がかかってくるのが怖いという方も多いのですが…。

しかし正直、無断欠勤やバックレなんて、案外世の中でたくさん行なわれてますよ。

私も上で述べたように、ブラック企業で働いていて辞めさせてもらえなかった時に、無断欠勤でバックレて辞めたことがあります。

 

私がこれまで勤めてきた会社でも、突然来なくなって無断欠勤で辞めた人と言うのは何人も見たことがあります。

正社員ですと少ない傾向にありますが、バイトやパートですと突然来なくなる人はかなり多いですね。

バイトやパートなどの非正規雇用の仕事ですと、1日で来なくなったり1週間ぐらいで辞めてしまう人はかなり多かったです。

無断欠勤やバックレしたなんて言ったら社会不適合者扱いされますので、あまり言わない傾向にありますが…。

大抵は人間関係の悪さで辞めてしまいますね。

 

まぁ幸い最近は、少子高齢化による生産年齢人口の減少によって、仕事なんていくらでもありますからね。

無断欠勤してしまったのであれば、その後会社に行っても働きづらくなります。

無断欠勤になってしてしまう人は、まだ会社に入って日が浅い人が多いでしょうから、もうやめてしまって他を探すのもいいと思います。

無断欠勤で辞めても懲戒解雇なんてなることは少ないですし、懲戒解雇になっても次の会社に言わなきゃ普通はバレません。

ペナルティーはありますが限定的ですからね。

あまり気にせずに次の会社を探してしまってもいいと思います。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

まとめ

あなたのように、無断欠勤なんてことをしでかしてしまう人は今のご時世珍しくはないと思いますが…。

やはり無断欠勤なんてしてしまうのはかなり労働環境が悪いブラック企業が多いのではないでしょうか?

特に最近は労働環境も悪い人間関係も悪いブラック企業が多くなってきているのですが…。

そんな会社に勤めていたら、無断欠勤なんてこともしたくなるのも当たり前です。

「明日は行こうかな」なんて考えている人も多いかもしれませんが…。

無断欠勤なんてしてしまったのにはそれ相応の理由があるわけで、出社しても問題が解決するわけではありません。

そういった会社は長続きせず、遅かれ早かれ辞めてしまう人が多いです。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も多い傾向にありますからね。

無断欠勤したくなるほどひどい会社であれば早めに辞めてしまって、もっと他にマシな会社を探した方がいいかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。