無断欠勤した次の日はどうする?出社がきまずい時の対処法を8つ教えるよ!

 

  • 無断欠勤してしまった!
  • 次の日どうしよう!

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

最近はブラックな会社も増えてきていますから、耐えきれずに無断欠勤してしまうなんていうケースも珍しくないと思います。

私も無断欠勤してしまったことがありますし、そのまま辞めたり何とか出勤したりしたこともありますし。

ただやはり笑無断欠勤なんてしてしまった次の日は出社が気まずいですし、そのまま辞めてしまおうかなと考えている人も多いかもしれません。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

無断欠勤の次の日は出社がきまずい!どうする?

やはり無断欠勤なんてしでかしてしまうと、次の日は出社が気まずい傾向にあります。

というか無断欠勤なんてした時点でもう半辞める覚悟は決まっている人も珍しくないですが…。

そこまでの覚悟もなくなんとなく会社に行きたくないから無断欠勤してしまった方もいると思います。

その後の対処法についてまとめてみました。

 

何事も無かったかのように出社する

無断欠勤してしまった人でもなんとなく仕事に行きたくないというだけでやってしまった人もいるかもしれません。

まだ会社を辞める覚悟もなく、なんとなくやってしまったという方も多いかもしれません。

そういった方の場合は次の日何事も無かったかのように出社するという手もあります。

これをやっている人は実際見たことがありますし、このぐらいの無神経さというか厚顔無恥さがあった方が今の世知辛い世の中生きやすいかもしれません。

まぁ結構度胸が必要ですし、色々言われるとは思いますが…。

まだその会社で初泣き続けたいのであれば、こういった手段をとるのも良いでしょう。

 

次の日も無断欠勤する

あるいは1日無断欠勤してしまったのですから、1日でも2日でも同じことだと思います。

なので、次の日も無断欠勤してしまうというのも手段の一つです。

ただ1日だけの無断欠勤であれば、翌日出社すればお咎めなしで怒られるだけで済む可能性がありますが…。

さすがに2日も無断欠勤したとなるとあいつはもう来ないなと思われて黙ってクビになる可能性が高いです。

まぁそのまま辞めたいのであれば、フェードアウトするという手もありますが…。

2日も無断欠勤したらさすがに連絡が来るような気がします。

 

クビになっただろうから次の仕事を探す

そもそも無断欠勤になって社会人としてあるまじき行為です。

こんなの1日やっただけでもうあいつはダメだと見限られてクビになってしまった可能性が高いと思います。

なので、もう前の会社のことは切り捨てて次の仕事を探すというのも手段の一つです。

幸い最近は仕事がたくさんある傾向にありますので、新しい仕事も見つけやすい傾向にあります。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

退職届を郵送して辞める

そもそも無断欠勤なんてしてしまったということは、もう会社を辞める覚悟がある程度決まっている方が多いと思います。

もう辞めるのであれば、とりあえず会社に辞めるということを伝えるべきです。

そうすれば会社も退職の手続きに入りますし。

まだ入ったばかりで社会保険などにも加入していないのであればいいですが、加入している場合は退職の手続きをしないと給料がないのに社会保険料だけは発生し続けて請求が来てしまいますからね。

 

とりあえず退職届を郵送してやめましょう。

保険証や社員証会社の備品などもついでに送りましょう。

 

とりあえず電話して謝る

あとはまだその会社で働き続けたいのであれば、とりあえず無断欠勤してしまったことを謝った方が良いかもしれません。

とりあえず電話してみて謝ってみるというのも手段の一つです。

厳しい会社ですと無断欠勤なんてしてしまうと、その場でクビになってしまう可能性が高いと思いますが…。

幸い最近は人手不足に陥っている会社が多いですからね。

募集をかけてもなかなか人が来ない会社も多いため、そのまま働いてくれるのであれば、無断欠勤してしまった人材といえど働いてくれる方がいいと考える可能性も高いです。

 

退職代行業者に頼んで辞める

無断欠勤してしまった場合でも会社に退職の意思は告げたほうがいいです。

会社としてももうそのまま辞めるんだろうなとは薄々思っていつつも、もしかしたら明日来るかもしれないなんて考えていて非常に曖昧な感じです。

まだ退職の手続きに入っていない可能性も高いですね。

ただ自分で退職の意思を伝えるのは度胸がないという方も多いかもしれませんが…。

 

そういった方の場合は退職代行業者を使ってみるのも手段の一つです。

最近は退職を代わりに伝えてくれるという退職代行業者が増えてきています。

お値段は数万円程度で利用でき残った有給休暇の消化の対応も可能なようです。

→そろそろ会社辞めませんか? | 退職代行なら、EXIT

 

今からでも出社する(まだ昼の場合)

あとは無断欠勤したが次の日どうしたらいいか気になっている方の場合、無断欠勤したのはまだ今日の可能性が高いですよね。

それならば今からでも出社するというのも手段の一つです。

まだお昼だったり夕方になる前ぐらいであれば、今からは出社してもギリギリ猛烈に寝坊したということにすればなんとかごまかせるかもしれませんし。

これで何とか出社すればこれまで通りの日常が戻ってくるでしょう。

 

社員が家に来る恐れがあるので旅行へ行く

そもそも無断欠勤なんてしでかしてしまうと、社員が家に押し寄せてくる可能性があります。

特に最近は人手不足に陥ってる会社も多いので、無断欠勤なんてするような人材でもいなくなったら困るケースが多いですからね。

最近本当に募集をかけても人が来ない会社が増えてきているんです。

なので、社員と家で鉢合わせしたくないのであれば、家にいない方が良いかもしれません。

そのまま辞めるつもりであれば、いっそのこと旅行にでも行ってしまうという手もありますね。

まあ出先で退職届の郵送などはした方がいいですが、いっそこのぐらいやった方が吹っ切れるかもしれません。

 

辞めるつもりなら早めの転職活動を

無断欠勤になってしてしまう人というのは、やはり会社を辞める覚悟がある程度以上に決まっている方が多いと思います。

無断欠勤イコールクビという感じな会社が多いですし。

そのぐらいの覚悟がないと無断欠勤になってしませんからね。

まぁ辞めるつもりであれば、退職届を郵送するなどして退職の意思はちゃんと告げるべきです。

 

まぁ辞めるなら辞めるで早めに次の会社を見つけることですね。

幸い今は仕事はたくさんある傾向にありますので、その会社よりもマシな会社にも生きやすい傾向にあります。

今のうちに無断欠勤なんて考えもつかないようないい会社に転職してしまった方がいいと思います。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。