【人が来ない】後任がいないから辞められない!即刻辞めて転職する7の人生戦略

 

  • 後任がいないから仕事を辞められない!
  • 後任に引き継ぎするまで辞めるなと言われた…

そういった方は今の御時世珍しくないかもしれません。

 

特に最近は少子高齢化による生産年齢人口の減少により、人手不足に陥っている会社が多いです。

ギリギリの人員で回していて、1人が欠けただけで業務が成り立たなくなってしまうという会社も多いでしょう。

そういった状況ですと、必然的に「後任がいない辞められない!」と言う状況になってしまいます。

最近は募集をかけてもなかなか人が来ない会社も多いですからね…。

 

ですがそんな状況では、いつまでたっても辞められません。

後任がいなくて辞められない時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

依然として人手不足トレンド!後任がいないと辞められない会社も多い

あなたのように、後任が居ないから辞められないという方は多いです。

帝国データバンクが2021年に4月に行なった調査でも、約4割の企業が「正社員が足りていない」と回答しています。

最近は少子高齢化によって生産年齢人口が減少してきており、深刻な人手不足に落ちっている会社が多いのです。

そんな中なんとか企業活動を維持していくためには、辞める社員についてはちゃんと後任を用意して引き継ぎしてから辞めさせないと回らなくなってしまいますからね。

 

まぁそうは言いましてもそういった人材マネジメントをするのは会社の責任です。

我々労働者に後任に引き継ぎをする義務などありませんからね。

発展途上国も経済発展!給料が安く労働環境も悪い日本には外国人労働者も来ない傾向に

ちなみにこういう人手不足の話になると「移民を増やせばいい!」なんてことを言う人も多いですが、最近はなかなか移民も集まらなくなってきています。

近年は中国や東南アジアも経済発展して給料が上がってきているため、日本に出稼ぎに来るよりも他国で働いたほうが稼げるようになりつつあるため、なかなか外国人労働者も来なくなってきています。

今は最低賃金の低い日本の田舎よりも、中国や東南アジアの都市部で働いたほうが稼げたりしますからね…。

わざわざ落ち目の日本語を覚えるのもコスパが悪いため、なかなか人が来なくなってきているのです。

ただ辞めさせないのは違法!民法では二週間で退職できる

後任がいないからやめられない!というのはよくあるパターンですが…。

そこで辞めさせないというのは違法です。

最近は解雇やリストラのトラブルなどよりも、そういった辞めさせないトラブルの相談がかなり増えているようですが…。

 

民法では2週間前に退職の意思を告げれば良いとされています。

まぁさすがに2週間では会社は代わりの人材を用意できないかもしれませんが…。

まぁせいぜい1ヶ月前とか二か月前とか、できれば三か月前ぐらいに言えばあとは会社の責任でしょう。

さすがに3ヶ月前に言って後任の人材を用意できないのは、会社の自己責任だと思いますし。

 

そこで後任の人材が定着するかどうかなんて、完全に会社の労働環境が次第で変わってきますし。

あなたの責任ではありませんからね。

本当に後任の人材が来るまで、しかも定着するまでやめられないとなったら、本当にいつまでたってもやめられませんよ。

早く転職先を見つけてしまい「次が決まったので辞めます」という手も

あなたのように後任がいないからやめられないという状況に陥っている方も珍しくないと思いますが…。

そういった方の場合は気にせずに早く転職先を見つけてしまいましょう。

次の仕事さえ見つけてしまえば、

  • 次が決まったので辞めます!
  • 何日から次の会社で働くことになりましたので、もうやめます!
  • 何日以降は出社しませんから、そのつもりで!
  • 早く後任の人材を手配した方がいいですよ!
  • こなければ派遣さんでを頼ったらどうですか!?

とりあえずこういった風に言って突き放すのもいいと思います。

 

とにかく次の仕事さえ見つかっていればそういった風に止められるんです。

次の仕事が決まっていれば会社としても引き留めづらいですし、そこで辞退してしまったら先方にも迷惑がかかってしまいますからね。

次の会社が決まっているのであれば、変な辞め方をしても仕事は確保してある訳ですから、別に構いませんし。

幸い今は有効求人倍率も高く、正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますからね。

今のうちに早く転職活動をして次の会社を見つけてしまいましょう。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

後任がいなくて辞めさせてくれない場合、退職代行業者を使う手も

あなたのように後任がいなくて辞めさせてくれないという状況に陥っている方は今本当に増えてきています。

今は本当に人手不足に陥っている会社が多いですし。

まあ就職氷河期やリーマンショック後の頃の仕事が見つからない時期には散々労働者をいじめてきましたから、自業自得ですけどね。

あの時はリストラしたり新卒を無慈悲にバンバン落としたりして好き放題やってきましたからね。

正直ざまぁないですね。

 

もし後任がいなくて辞めさせてくれない場合は、今流行りの退職代行業者を使うというのも手段の一つです。

こういった業者を使えば3万円とか5万円ぐらい払えば最短即日で退職が可能です。

希望次第で残った有給休暇の消化も交渉してくれるようですし。

とりあえずこういったものを使って退職する方が最近は増えてきているようです。

最近は本当に後任がいないからいつまでたってもやめられないと言う人も増えてきていますからね。

正直そんな会社はさっさと辞めて今ならもっといい会社はたくさんありますので、こういった手段を使ってでもやめた方が良いかもしれません。

→そろそろ会社辞めませんか? | 退職代行なら、EXIT

ブラックな会社だと、後任の人材が来てもすぐ辞めていく可能性も…

最近はあなたのように、後任がいないからやめられないと言う状況に陥っている方も珍しくはないと思いますが…。

会社側は、一応後任の人材募集はしているのかもしれません。

最近は待遇の悪い中小零細企業などですと、正社員で募集をかけても全然応募がないケースも増えてきていますが…。

 

しかしそこで仮に後任の人材が来たとしても、定着するかどうかは別問題です。

特に最近はブラック企業も増えていますし、新人が来てもすぐに辞めていくことが多いです。

後任が居ないから辞められない!なんていう状況に陥っているあなたのような会社ですと、かなり労働環境の悪いブラック企業なんだと思います。

最近はそういったブラックな会社は人材が来ませんし、来ても定着しない傾向にあります。

後任が来ても辞めたら、いつまで経っても辞められなくなる

つまりは後任の人材が来たとしてもすぐに辞められてしまい、辞めさせてくれない可能性が高いんですね。

なので、後任の人材が来て定着するまで待ってたらいつまでたってもやめられません。

そんなの会社が労働環境を良くしないことが原因で会社側の自己責任ですからね。

あなたのような平社員に労働環境を整備する義務などありませんし、正直無理です。

上で述べたように強引に辞めたりして、早く転職していった方がいいです。

後任がいなくても、とりあえず派遣でも入れればいいのでは?

あなたのように後任がいなくてやめられないという方も多いとは思いますが…。

後任が居ない場合は派遣さんでも入れればいいのではないでしょうか?

派遣会社にお金を払えばすぐに代わりの人をよこしてくれると思いますよ。

 

まぁ会社としては結構お金がかかりますけど。

そんなのこれまでちゃんと労働環境を整備したり人材の定着を図ってこなかった会社側の自己責任ですし。

別にあなたが今即日で退職したとしてもこういった手段が取れる訳です。

 

やはり人材に長く働いてもらうためには、会社側も労働環境を整備したり給料を上げたりと色々な努力が必要になってくるんです。

それを怠っているのに「後任が居ないから辞めさせない」と言うのは通らない話ですよ。

そういった頭の悪い会社は派遣会社にいても高い金を払ってとりあえずその場凌ぎでやっていくしかないんです。

まぁとりあえずあなたが辞めてもこういった手段で会社はとりあえずなんとかなりますので、気にせず辞めていいと思います。

この人手不足のご時世、後任に引き継ぎしてから円満退職しようとするといつまでも辞められないので…

あなたのように後任がいないからやめられないと言う状況に陥っている方も珍しくないと思いますが…。

今本当に人手不足に陥っている会社が多いですからね。

正社員で募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いです。

そんなご時勢で「後任に引き継ぎしてから円満退職しよう」なんて眠たいことを言っていては、いつまでたってもやめられません。

 

私も何回か転職していますが、そういった状況に陥って1年以上ダラダラ働き続けている方を見てきました。

正直ばかじゃないかと思いましたし、そこで辞めなければ足元を見られるだけです。

さっさと転職先を見つけて辞めるべきですね。

最近は本当に人手不足で倒産する会社も増えてきていますし。

労働環境も改善せず給料もあげないブラックな会社は、従業員にそっぽを向かれて倒産していってしまう運命なんです。

 

まぁ今は他にも仕事はたくさんありますので、早く次を見つけて辞めることですね。

そうすれば「次が見つかったから辞めます!」と強引に辞めることができます。

次の仕事が見つかっていれば、強引に変な辞め方をしても何の問題もありませんからね。

今のうちに早く次の会社を見つけてしまいましょう。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

まとめ

あなたのように後任がいないからやめられないという状況に陥ってる方も珍しくないと思いますが…。

やはりそこで後任が来て定着するまで待っていたらいつまでたってもやめられませんよ。

そんなブラックな会社ですと、仮に新人が来たとしても定着しない可能性が高いですし。

 

今は本当に仕事なんていくらでもある傾向にありますからね。

「この会社やべえな」と思ったらさっさと辞めていってしまう傾向にあるんです。

試用期間中にさっさとやめておけば、別に職歴に書かなくても済みますからね。

仮に社会保険に入れられてしまった場合でも、最近は法律が変わってバイトすら社会保険ぐらいは入れるようになりましたからね。

バイトをすぐ辞めたと言う体にすれば、別にそれ以上追及されない傾向にあります。

 

まぁとにかく早く転職先を見つけて、次の会社が決まったから辞めますというふうにやめるべきです。

そうすれば会社もそれ以上は追求できない傾向にありますからね。

今は転職も一般的になってきており、昔に比べて仕事も全体的に多い傾向にあります。

一日でも若い今のうちに、動いておいた方がいいでしょう。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。