感情を殺して働く人10の特徴!自分を騙し続けるのは無理だから転職すべき!

 

  • 感情を殺して働いてる!
  • 仕事がキツすぎる!

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近はストレス社会と言われていますし、うつ病などの精神疾患の労災件数も右肩上がりに増えてきていますからね。

働き方改革だとかなんとか言われていますが、ブラック企業や過労死は一向に減る兆候がありませんし。

そんな中でも働いてお金を稼がなければ生活していくことができないため、理不尽な環境でも漢字を殺し働いている人も多いのではないでしょうか?

この記事では感情を殺して働いている人の特徴と対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

ストレス社会!感情を殺して働いてしまう人の特徴は?

今は本当にストレス社会といわれて久しいです。

うつ病などになる人も右肩上がりで急増してきていますからね。

きつくてもお金のためには働かざるを得ません。

感情を殺して心を鬼にしてでも生きていくためには働かないといけないんですね。

感情を殺し働いてしまう特徴についてまとめてみました。

 

感情なんていらない!と考えている

感情を殺して働いてしまう人は、感情なんていらないと考えているケースが多いです。

なぜ我々人間が生きづらさを感じたりするかと言えば感情があるからですからね。

感情がなければ悲しいことや辛いことを感じずに済みますし、淡々と仕事をしたり生きていくことができます。

特に仕事をする上では感情は邪魔になることが多いですからね。

 

全ての感情を無くし捨てたいとすら考えている

感情を殺して働いている人は、上でも述べたように感情なんていらないと考えているケースが多いですが…。

あまりに追い詰められている人ですと、もうすべての感情をなくしてしまいたいとすら考えているケースも多いです。

感情を捨てたいなんて考えている人はかなり多いですし、ネットのキーワードの検索数を見てもかなり検索している人は多いですね…。

やはりみんなきつい環境で働かされていて感情に振り回され辛い毎日を送っている人が多いんでしょう。

 

自分を抑え殺して生きてきた

感情を殺し働いている人は何も今に始まった事ではありません。

これまでも自分を抑えて自分を殺して生きてきた人が多いと思います。

家庭環境が悪かったり交友関係などに恵まれなかった人ですと、そういった風に生きてきた人は多いと思います。

結局そうやって自分を殺して生きてこなければ生きられなかったということができますね。

あなたのような方は人生にはあまりポジティブな感想を抱いていない人が多いでしょう。

 

新しい職場にもすぐ適応できる

感情を殺して働く人は悪い面ばかりではありません。

感情や自分自身を殺して、他人や社会に適応していくことができます。

つまりは新しい職場にも割とすぐに適応していくことができるんですね。

 

感情を殺してでも働くということは、嫌だとか辛いとか思っても、黙ってやる意志や根性を持っているということもできますし。

うるさいことは言わずに新たな環境の辛い仕事にもちゃんと適応していくことができるんです。

ここで感情を殺さずに我が強い人ですと、新しい環境にも仕事にも馴染めずに早く辞めていってしまう傾向にあります。

 

案外自分のことが好きなケースも

感情を殺して働く人は案外適応力が高い傾向にあります。

なので、案外そういった適応力のある自分のことが好きなケースも珍しくありません。

 

一見感情を殺して働くなんて、自分のことが嫌いと思いがちですが…。

なぜ感情を殺しているかといえば、生存戦略のために無意識にやっているわけです。

それが成功してなんとか生きられているということは、案外うまくやっているということですからね。

感情を殺して働くのはきついですが、生き延びるという目的は非常にうまく達成しているため、そういった面については案外自分のことを誇っていたりします。

 

家族のために働いており辞められない

感情を殺している人は自分以外の誰かの為に働いているケースが多いです。

つまりは家族のためですね。

これが独身で自分1人の食い扶持さえ稼げばいいというのであれば、すぐに辞めてバイトでもして生きていくことも十分に可能です。

ただ家族がいたり住宅ローンを組んでいたりすると、感情を殺してでも今の会社にしがみつかざるを得ません。

 

貯金がなく今の会社にしがみつかざるを得ない

あとはそもそも貯金がなく、感情を殺してでも今の会社で働かざるを得ないというケースも珍しくありません。

すぐに次の転職先が見つかればいいですが、年齢的に難しい方も多いでしょうし。

会社を辞めても失業保険は貰えますが、自己都合退職ですと3ヶ月間の待機期間がありますからね。

貯金もなく辞めてしまうと路頭に迷ってしまい、すぐにまた仕事を見つけざるを得なくなってしまうんです。

 

プライドが低い

感情を殺してまで働いているということはプライドが低い方が多いです。

自分なんてと自分を卑下していたり自信がなかったりしますが、それは悪いことばかりではありません。

プライドが高いと周りと衝突したりなかなか行動できなかったりします。

 

ただ嫌な職場で嫌な人とでも感情を殺してまでうまくやっていこうとするため、必然的にプライドは低いです。

今の時代プライドなんて低い方が、周りと適応して生きていき易いに決まっていますからね。

 

自分より家族や仲間を優先してしまう

感情を殺してまで働くのは、家族や仲間など自分以外の誰かの為のことが多いです。

人間自分のためだけではなかなか頑張りませんからね。

なので、感情を殺してでも家族や仲間の事を優先してしまう傾向にあるんです。

こういった人は自分が例え死んだとしても、家族などのためになるのであれば良いと考えていますからね。

 

職場の人間関係が悪すぎる

そもそも感情を殺してしまうのは職場の人間関係が悪すぎることが原因だったりします。

退職の際の一番の原因になる可能性があるのが人間関係の悪さですからね。

多少給料が低かったとしても人間関係がいい会社であれば、長続きする傾向にありますし。

もっと快活に働ける傾向にあります。

本人の問題ではなく結局こういった環境の問題であることが多いですね。

 

自分を騙すのは長続きしない!早めの転職を

最近は本当にストレス社会と言われていますので、自分の感情を押し殺してまで働いている方は多いと思います。

そういった会社でも働いてお金を稼がないと生活していくことができませんからね。

ですがやはりそんな自分を騙してまで働くのは長続きしません。

うつ病になってしまう可能性もありますし、ある日突然嫌になって投げ出してしまうケースも珍しくありませんし。

 

幸い今は有効求人倍率も高く転職もしやすくなってきています。

あまりに感情を押し殺して働くのは長続きしないと思いますので、今のうちにもっといい環境に移っておくのも良いかもしれません。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。