契約社員はやめたほうがいい理由!フリーターと同じだから早く正社員になろう

 

  • 契約社員だけど、やめたほうがいいかな…?
  • 非正規雇用だし…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

契約社員となると非正規雇用ですから、やはり正社員に比べて給料も保証も少なくなる傾向にあります。

「社員」と名前が付くからやっている人も多いかもしれませんが、正直ただのフリーターという感じは否めませんからね…。

契約社員というのはかなり中途半端な存在であることは否定できず、あまりお勧めできる働き方ではありません。

 

この記事では、契約社員はやめたほうがいい理由についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

非正規雇用は増加!正社員では雇いたがらず、契約社員を使い捨てする無責任企業も増加!

最近は、契約社員のような非正規雇用の方が急増してきています。

それといいますのも、正社員で雇ってしまうと解雇規制があるからか、おいそれと首にすることができないからですね。

これからは時代の変化するスピードが更に激しくなっていくため、正社員で雇うということ自体が企業にとって大きなリスクになってきているのです。

 

しかし、そんなのは企業側の都合です。

最近では給料が安く雇用も安定していないので結婚もできず、苦しい立場で働かざるを得ない人たちが増えています。

就職氷河期世代などは安い給料でこき使われ、満足に消費するお金を貰っていませんので、充分に経済を回すことができず、時世代の再生産も満足に行えない状態です。

契約社員なんかで企業が使い捨てしようとするのは、責任をとりたがらない企業のワガママだと言えるでしょう。

契約社員は絶対にやめたほうがいい理由!悪いことは言わないから、契約社員だけはやめとけ!

やはり契約社員だけはやめたほうがいいと言わざるを得ません。

私も契約社員で働いた経験がありますし、周りにも契約社員の方は何人かいますが、あまり幸せそうに働いている人は見たことがありません。

大抵は正社員との待遇差に理不尽を感じ、その割にバイトやパートさんよりは少しマシな待遇だからか、仕事を押し付けられたりして損をしていたりしますし。

契約社員だけは絶対にやめたほうがいい理由についてまとめてみましたので、参考にしてください。

正社員より待遇が悪いのに、正社員と同じ仕事と責任を押し付けられ使い捨てされるから

契約社員だけは辞めたほうがいい理由として、正社員より待遇が悪いのに、正社員と同じ仕事と責任を押し付けられ使い捨てされるからということも挙げられます。

契約社員とはいえ、実態は正社員と全く同じ仕事を押し付けられている人も多いと思います。

それどころか、正社員のほうが立場が上の場合が多く、仕事をしない正社員に責任と仕事を押し付けられ、むしろ正社員よりも働いている契約社員の方も珍しくありません。

 

まぁこういうことを言うと「最後に責任をとるのは正社員なんだから!」なんて寝言を言う人もいますが、正社員だからといって責任なんてとりませんよ。

管理職であれば別ですが、ヒラの正社員なんて責任がとれるほど権力はありませんし、別に正社員だからって責任なんてありませんよ。

私も正社員では何社も働いてきましたが、責任があるようで別に責任なんてありません。

それでいて契約社員よりも高い給料が貰えるため、働くのであれば絶対に正社員のほうがいいのです。

上からも下からも「社員なんだから」と言われ、コキ使われ搾取されるから

契約社員だけは辞めたほうがいい理由として、上からも下からも「社員なんだから」と言われ、コキ使われ搾取されるからということも挙げられます。

契約社員というのはとても中途半端な立場であり、上から押さえつけられ下からは突き上げられる損なポジションです。

上には管理職ですらないヒラの正社員がいますし、下にはバイトやパートさんがいます。

 

給料は正社員よりも低いにも関わらず、なにかにつけて「社員なんだから!」と言われ、仕事と責任を押し付けられる傾向にあります。

こんな中間管理職的悩みは、本来そこそこの給料を貰っている管理職だからこそ耐えられるものです。

時給換算すると都会のフリーター並みの時間単価になるような契約社員は、こんな嫌な思いをする必要はありません。

いくら頑張っても正社員になれる可能性は極めて低いから ※特に志望者がいくらでも来る大企業は絶望的

契約社員だけは辞めたほうがいい理由として、いくら頑張っても正社員になれる可能性は極めて低いからということも挙げられます。

契約社員となると、「頑張ればいつか正社員になれるかもしれない」と淡い期待を抱いている方も多いかもしれません。

しかし私の周りにも契約社員の方はいらっしゃいますが、正社員になれた人なんてほとんどいません。

企業にとっては契約社員という安くいつでもクビを切れる立場で働かせた方が都合がいいため、正社員とかにはしません。

 

特に、待遇が良く希望者が殺到する大企業などは絶望的です。

私の周りにも中小零細企業では契約社員から正社員になれたり、派遣から正社員に引き抜かれたような人はいます。

小さい企業ではあまりいい人材も来ませんしすぐに辞めてしまいますから、そうしたほうが期待値が高いんですね。

ですが大企業では優秀な人材がどんどん応募してくるため、わざわざ契約社員を正社員にするメリットなどありません。

契約社員=ただのフリーター!職歴はマイナスにしかならないから

契約社員だけは辞めたほうがいい理由として、契約社員はただのフリーターであり、職歴はマイナスにしかならないからということも挙げられます。

契約社員なんてカッコつけた名前ではありますが、結局は非正規雇用ですから、要はただのフリーターです。

「社員」と名前が付いているから…と自分を誤魔化している人が多いと思いますが、契約社員の方はただのフリーターであるという事実から目をそらさないほうがいいかと思います。

結局、安く都合よく使われているだけですからね。

 

フリーターの職歴なんて、正直マイナスにしかなりません。

まぁニートよりはマシですが、職歴として堂々と書けるかと言われると微妙ですし、「フリーターは職歴にならない!」なんてことも世間では言われていますからね…。

ただ、正社員で働いていたことにしてもバレる可能性は低め

ただ、ぶっちゃけていうと契約社員で働いていた職歴を正社員と偽っても、バレる可能性は低いです。

今は個人情報保護法により、本人の同意がない前職調査は違法になりましたからね。

というか仮に今の職場や前の職場に電話をかけられたとしても、普通は在籍しているかor在籍していたかの確認しかしないですし、雇用形態を訪ねるようなアヤシイ電話がかかってきたら、まともな企業は詐欺だと判断して普通教えません。

年金手帳などの社会保険履歴に、雇用形態が記録されている…なんてこともありませんからね。

 

というか契約社員や正社員なんて、企業側が勝手に差別しているだけで、法的に明確な定義などありません。

法的には、雇用期間の定めがあるかないか、くらいのざっくりした分類しかなく、正社員や契約社員なんて法律では書いてすらありません。

契約社員だからといって雇用期間の定めありの有期雇用とも限らず、最近は人件費をケチるために無期雇用契約社員なんていう理解不能な雇用形態も増えてきていますし、もうやりたい放題になっています。

いくら頑張っていても、不況が来れば真っ先にクビを切られるから

契約社員だけは辞めたほうがいい理由として、いくら頑張っていても、不況が来れば真っ先にクビを切られるからということも挙げられます。

契約社員は大抵雇用期間がありますが、不況が来れば契約満了を待たずに速攻でクビを切られることが多いです。

まぁ正当な理由なく解雇することは非正規雇用でも違法なのですが、社会通念的に「不況が来たら非正規から切られるのは仕方ない」という風潮があるからか、あまり企業側と戦おうという人は少ないですね。

 

勘違いしている人が多いですが、正社員だから解雇規制があるわけではなく、人を雇うということ自体、違法な解雇は通常できないのです。

そもそも正社員自体、法的に定義されているわけではありませんからね。

大企業などは組合が強いから正社員が解雇されにくいだけで、中小零細企業の正社員なんて未だに社長の一存で不当解雇されたりしますし。

まぁ契約社員の首が切られやすいことは確実ですから、そんな不安定な立場で働くことはお勧めしません。

選ばなければ正社員の仕事なんてたくさんあるから

契約社員だけは辞めたほうがいい理由として、選ばなければ正社員の仕事なんてたくさんあるからということも挙げられます。

契約社員をしている人というのは、「仕事があるだけありがたい」みたいに卑屈な考えになっている人が多いと思います。

ですが、今は別に正社員の仕事も普通にありますよ。

特にあまり人気のない業界であれば、割と中高年以上の年代の方でも正社員になれていたりしますし。

 

やはり契約社員では腰を据えて長く働いていくことは難しいですから、早めに正社員の仕事を探しておくことをお勧めします。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

非正規やるなら責任少ないバイトやパートのほうがマシ!一番損する立場の契約社員だけは絶対にやめとけ!

契約社員は絶対にやめたほうがいい理由についてまとめてきました。

やはり契約社員なんて中途半端な一番損をする立場ですから、やめたほうがいいと思います。

人件費をケチりたい企業は、契約社員みたいな中途半端な立場を作って組織内でヒエラルキーを作り、過酷な環境で働く正社員に「契約社員よりはマシだな」と思わせて、人材の定着を図っているのです。

契約社員なんてするなら、まだバイトやパートなどの責任が少ない立場のほうがマシですね。

 

まぁ一日でも若ければいい会社の正社員になれる可能性が高いので、今のうちに動いておいた方がいいでしょう。

不況が来たら、契約社員なんて真っ先にクビを切られてしまいますので…。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代フリーター
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。