【助けて!】上司が退職届を受け取ってくれないの!突きつけて秒速で辞める対処法

 

  • 上司が退職届を受け取ってくれない!
  • これじゃ辞められないじゃん!

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近は人手不足に陥っている会社が多いですからね。

恐らくあなたに辞められたら困るので退職届を受け取らないのでしょう。

大企業や優良企業であればまだまだ買い手市場ではありますが、住所零細企業ですと、最近は募集をかけても全然人が来ないなんていうケースもザラにありますからね。

退職を妨害するために退職届を受け取らないというのは、よくあるパターンです。

 

ただあなたとしてもさっさとやめて他の会社に行きたいのだと思います。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

人手不足の影響で退職させないトラブルは増加!

あなたのように上司が退職届を受け取ってくれないというトラブルは珍しいものではありません。

と言いますか、最近はあまりにも人手不足で、解雇のトラブルよりも辞めさせないトラブルが増えてきているんです。

帝国データバンクの2018年の調査によれば、半数以上の企業が正社員が足りていないと回答していますし。

従業員全体についても6割以上の企業が人手不足を感じていると、回答しているというデータもあります。

今はなかなか人が辞めた穴を埋めるために募集をかけても人が来ない会社が多いんですね。

 

そこで退職届を受け取ってあなたを辞めさせてしまうと、その穴を埋めるのは容易なことではありません。

人が来てくれても長続きするかは分かりませんし。

あなたよりも有能な人材であるという保証はありません。

特に上司などの管理職はそういった人手不足を何とかしろと更に上の経営陣にプレッシャーをかけられているでしょうし。

必然的に退職届を受け取らないという退職妨害という手段に出てしまうというケースも珍しくないんです。

 

強引に上司の机の上に置いて立ち去る手も

上司が退職届を受け取らないとは言いましても、強引に渡してしまえばいいと思います。

そもそも退職届を受け取ろうが受け取るまいが、退職の意志さえ伝えることが出来れば口頭でも構いませんからね。

ただまぁ何とかして退職届を上司に渡したいのだと思います。

 

なので、強引に上司の机の上に退職届を置いて立ち去るというのも手段の一つです。

できれば上司がまだ出社していない早朝とか上司が帰った後とかだと良いかもしれません。

上司が机にいたら置いて立ち去る前に文句を言われてしまいますからね。

ただそういった退職届は受け取らないという退職妨害をしてくるような上司ですと、退職届を破いてなかったことにしてしまう可能性もあります。

念のためコピーを作っておいたり、予備の退職届を用意しておいた方が良いかもしれません。

 

早く転職先を見つけてしまい、一方的に退職日を告げてしまう手も

あとは退職届を受け取らなくても辞めざるを得ない状況を作ればいいと思います。

つまりはあなたが早く転職活動をして転職先を見つけてしまえばいいんです。

そうすれば一方的に退職日を告げることができますからね。

最近はどこの会社も人手不足に陥ってきていますので、すぐにでも来て欲しいという会社も多いです。

あまり入社日は先に延ばせませんので、そこで内定を辞退したら先方にも迷惑がかかりますし。

あなたの覚悟も決まるでしょう。

 

幸い今は有効求人倍率も高く仕事もたくさんありますからね。

先に転職先を見つけてしまって転職先が決まったので何日で辞めますと、一方的に言えばいいでしょう。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

内容証明郵便で退職届を送りつけ、二週間後出社拒否する手も

あとは直接上司に退職届を渡す必要はないと思います。

つまりは会社に退職届を送りつければいいんです。

ただこうやって郵送で退職届を送りつけると「そんなもん届いてないよ」とシラを切られる可能性があります。

そういった時に役立つのが内容証明郵便です。

 

これは贈る退職届を三つ用意して、

  • 一つは会社に送る用
  • もう一つは自分の控え
  • もう一つは郵便局に控え

として保管するという方法です。

控えが存在していますので、確実に送ったということを証明することができます。

 

そして民法では退職の2週間前に退職の意思を告げれば良いとされています。

退職届を送りつけて2週間後に出社拒否すればいいでしょう。

こうすれば全く合法的に辞められます。

退職届を受け取ってくれすどうしてもやめられなさそうであれば、このぐらいやってしまうのも良いかもしれません。

 

確実に辞めるつもりなら労基署も動きやすい

最近は退職届を受け取らないという辞めさせないトラブルが増えてきています。

なので、労働基準監督署にもそういったトラブルの相談が多く寄せられているようですが…。

もう既に確実に辞めるつもりなのですから、労働基準監督署も動いてくれやすい傾向にあります。

これがまだ働き続けるつもりのトラブルですと、会社と揉めて穏便に事を進めなくてはいけないので面倒なのですが…。

既に辞めるつもりであれば、会社と揉めても特に問題はありませんので、労基署も動きやすいんです。

 

なので、1度相談に行ってみるのも良いかもしれません。

ただできれば証拠があった方がいいですね。

上司にメールで辞めたいですという相談をして、辞めさせないというやり取りがあるようであれば、それを見せれば証拠として使えますので、証拠も一緒に持って行った方がいいでしょう。

 

禁断のバックレを行う手もあるが…

あとはどうしてもやめさせてくれない場合、強引に確実に止められる手段があります。

それはバックレという手段で、もう会社に行かないという手段です。

まぁ退職の手続きなどで確実にもめますので、おすすめできる手段ではありませんが、確実に辞めることはできます。

私も正社員ではありませんが派遣の仕事などでバックレて辞めたことはありますし。

 

まぁ社会人としてさすがにどうかと思いますから、事前の予告はしておいた方が良いかもしれません。

退職届を受け取ってくれないんですから、口頭で言うしかありませんからね。

  • 何日付けでもうやめますからね!
  • それ以降は絶対に出社しませんからね!
  • これは合法ですし文句を言われる筋合いはありません!
  • 民法では2週間前に退職の意思を告げればやめられるんです!

このぐらい報告して予定の期日が過ぎたら出社拒否しましょう。

できれば証拠があった方がいいので録画や録音もしておいた方がいいと思いますが…。

 

退職代行業者に依頼するのも手

最近はあなたのように調子が退職届を受け取ってくれないというようなトラブルに見舞われる方も増えているんですよ。

そういった方の為に増えてきているビジネスが退職代行業者です。

これはあなたの代わりに会社に退職を一方的に告げてくれるというものです。

 

退職の書類を送ってもらうように伝えてくれるようですし。

即日退職も可能です。

お値段は3万円から5万円ぐらい払えば辞められるようです。

まあどうしてもやめられないのであれば、こういったサービスを使っていくしかないでしょうね。

→そろそろ会社辞めませんか? | 退職代行なら、EXIT

 

退職届を受け取らなくても関係ない!早く辞めよう

後もうそもそも上司が退職届を受け取らなくても関係ありません。

上でも述べたようにとにかく退職日だけ告げて、それ以降は出社拒否してしまえばいいんです。

ただ辞めたら次の会社を見つけなくてはいけませんから、早めに転職活動をして次の会社を見つけるべきですが…。

 

幸い今は有効求人倍率も高く仕事はたくさんありますからね。

早めに転職活動をして次の会社を見つけてしまいましょう。

そしてその後に転職先が決まったので何日で辞めますと、一方的に言えばいいんです。

聞かないふりをしても知りません。

あなたがいなくなった後のことは残された人達が考えるでしょう。

そこまで面倒見切れませんし、不満があるから退職届を出して辞めようと考えた訳ですからね。

仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

まとめ

最近は本当に辞めさせないというトラブルが増えてきています。

なので、上司が退職届を受け取ってくれないというのもよくある悩みではあるんですが…。

別に退職届を出さないと辞められないという決まりがあるわけではありませんし。

退職の意思を継げるのは口頭でもべつに構わないんです。

もう確実に辞めるつもりなのですから、何日で辞めますと、一方的に告げればよいでしょう。

 

あとは辞めた後の話です。

仕事を辞めたら次の仕事を見つけなくてはいけませんし。

幸い今は仕事はたくさんありますので、今のうちに次の会社を探してしまった方がいいでしょう。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の転職活動
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。