自分だけ残業させられる人8の特徴!不公平な時の3つの対処法を教えるよ!

 

  • 自分だけ残業させられてしまう!
  • 不公平すぎる!

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近は理不尽なブラック企業も急増しており、特定の人が残業を押し付けられてしまうケースは珍しくありません。

こんなページを見ているあなたのような有能な方ほど、無能な人間の尻拭いをさせられてしまう傾向にもありますからね…。

そういった職場は有能な人ほど真面目に働くのがバカバカしくなってきてしまい、離職率も高くなる傾向にあります。

 

ただそんな状況ですと、かなり不公平で不満が溜まっているかもしれませんが…。

この記事では、自分だけ残業させられる人の特徴と対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

自分だけ残業を押し付けられてしまう人の特徴は?

自分だけ残業させられてしまう人というのは、やはり独特の特徴があると思います。

立ち回りがうまい人であれば、自分だけ仕事を押し付けられるなんていう状況にもなりませんし。

要領が悪かったり、何かあなたに原因があるケースも珍しくありません。

職場に問題があるケースも多いのでなんとも言えませんが、自分に問題がある場合なら行動を変えるだけで改善する可能性がありますので、まずは自分のことを振り返ってみましょう。

自分だけ残業を押し付けられてしまう人の特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

仕事が遅い

自分だけ残業を押し付けられるというか、そもそも仕事が終わっていないのではないでしょうか?

仕事が遅い人ですと、必然的に仕事が溜まってしまう傾向にあります。

自分だけ残業しないとそもそも終わらないんですね。

 

これが自分以外の人間はみんな仕事ができる優秀な場合、かなり浮いてしまいます。

結果的に自分だけ残業なんていう状況になり、社内では無能のレッテルを貼られてしまうケースも珍しくありません。

仕事量が不公平で差がある

そもそも仕事量が不公平で差があるという可能性もあります。

あなただけ仕事量が多くて、残業しないと終わらない量の仕事をさせられているのではないでしょうか?

パワハラや嫌がらせで特定の人間にだけ仕事を集中させるというケースは珍しくありませんし。

 

あるいはたまたまなんとなく割り振られた仕事が、あなただけ多すぎた可能性もあります。

こういった場合は堂々と抗議した方が良いかもしれませんね。

仕事量がおかしいほど多い

あとはそもそも全体の仕事量がキャパシティを超えているほどおかしい量の可能性もあります。

それでいて他の人はさっさと帰りたいため、あなたに仕事を押し付けてきているのではないでしょうか?

 

特に最近はギリギリの人員で回している会社が多く、1人あたりの業務量も増えてきていますからね。

全体の仕事量はそもそもおかしいほど多いのかもしれません。

それでいて断れない人ですと、仕事を押し付けられてしまう傾向にありますからね。

能力不足で残業せざるを得ない

そもそも能力不足で残業せざるを得ない状況に陥っていることも考えられます。

仕事が終わっていれば早く帰れますが、終わっていないとどうしようもありませんからね。

やっつけ仕事でも良いのであれば早めにこなしていくこともできるかもしれませんが、そうもいかないでしょうし。

最近は働き方改革で残業減らせなんてことも言われていますが、結果的に能力が不足している人は終わらせることができずに自らサービス残業を進んでやっている人も多いです。

頼まれたら断れない

自分だけ残業させられるケースの原因として一番に考えられるのは、頼まれたら断れないパターンです。

こういったお人好しな人は、他の人が仕事を押しつけてきてもなかなか断れない傾向にありますからね。

 

他人の顔色を伺ってしまう人ですと、当然ながら断れない状況になってしまいます。

自分の仕事すら終わらないのに人の仕事まで引き受けてしまっていては、当然終わるはずがありません。

あなただけ残業ということになってしまうんです。

パワハラされやすい

自分だけ残業させられる状況は、そもそもパワハラをされていると考えることもできます。

性格が暗かったり気弱な人ほどいじめやパワハラのターゲットになりやすいです。

 

特に最近はストレス社会ともいわれていますし、ブラック企業も増えてきていますからね。

社内でストレスのはけ口にさせられて仕事を押し付けられているのではないでしょうか?

普通に考えたら1人だけ残業させられるなんて、いじめやパワハラ以外の何者でもありませんからね。

新入社員で体よく使われている

あとは若者ほど仕事押し付けられたり雑用を押し付けられてしまう傾向にあります。

新入社員だったり1人だけ若い社員なのではないでしょうか?

若い人ほど体力があるからとか、何かしら理由をつけて体良く使われてしまう傾向にあります。

たまには怒ったり反論したり断ることも必要だと思いますね。

労働環境が悪すぎるブラック企業で働いている

そもそも自分だけ残業させられるなんていうのは労働環境の悪いブラック企業だと思います。

あるいは人間関係が悪い場合も考えられます。

 

労働環境のいいホワイト企業であれば、自分だけ残業させられるなんていうことにはなかなかなりませんし。

能力が低い場合は他の能力が高い人に優先的に仕事をしてもらったりして、平等にみんなで定時で帰れるように仕事が割り振られますし。

そういったことをしないブラック企業に勤めているのかもしれません。

自分だけ残業なんてなると無能扱いされることが多いですが、こういった環境の問題もあると思います。

自分だけ残業させられてしまう時の対処法!

やはり自分だけ残業なんてさせられていたら不公平ですし、いつになっても帰れずに1人だけブラック企業で働いているようなものです。

そんな状況では長続きしないでしょうし、過労死の危険性もあります。

自分だけ残業させられてしまう時の対処法についてまとめてみました。

他の同僚も道連れにする

やはり自分だけ残業させられるなんていうのは不公平です。

かなり鬱憤が溜まっているのではないでしょうか?

なので、他の同僚も道連れにするというのも手段の一つです。

 

何かしら理由をつけて強引に仕事を押し付けてしまいましょう。

まぁとりあえず「なんで私だけ残業をしないといけないんですか!?」みたいに社内で騒ぎ出せば、割り振りを変えるきっかけになると思うんですけど。

基本自分だけ仕事を押し付けられて残業するような状況になるのは、なかなかこういったことを言い出せない気弱な人が多いと思います。

ただここで声を上げないことにはこのままずっと仕事を押し付けられたままです。

勇気を出してキレるぐらいの勢いで、仕事を他の同僚に押し付けて道連れにしましょう。

強引にさっさと帰る

あとはもう強引にさっさと帰ってしまうというのも手段の一つです。

そもそも法的には1日8時間、週40時間以上の労働は禁止されています(労働基準法第32条)。

 

それ以上残業させる場合は36協定というものを労使合意の上で締結して、労働基準監督署に申し出なければいけません。

ですが厚生労働省の調査によると、半数以上の中小企業は36協定の締結すらしておらず従業員を違法に残業させているのです。

そういったことを持ち出して、もう時間になったらさっさと帰ってしまえば良いのではないでしょうか?

自分だけ残業なんて理不尽なので、転職を検討する

そもそも自分だけ残業なんてさせられるというのは、かなりブラックな会社だと思います。

人間関係も悪いでしょうし。

特定の人に仕事を押し付けるダメな風潮が出来上がっていると言えます。

そんな会社にしがみつく必要なんてひとつもありません。

 

最近は転職も一般的になってきており、もっとマシな環境にも移りやすくなってきています。

一日でも若いうちに、もっと公平に仕事を割り振っている会社に転職してしまうのが良いかもしれません。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

まとめ

やはり自分だけ残業させられるなんていうのは理不尽です。

労働環境の悪いブラック企業では、あなたのように有能で真面目な人ほど仕事を押し付けられてしまう傾向にあります。

まあそもそもそんな会社は人がどんどん辞めていき、長くはないかもしれませんが…。

 

最近は転職も一般的になってきていますので、今のうちにもっと働きやすい良い会社に移ってしまった方がいいと思います。

あなただけ残業を押し付けられるなんて本当に理不尽ですし、かなりブラックな会社なんだと思います。

そんな会社は長続きしませんので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。