一生派遣でいい人の生存戦略!これをやれば一生派遣でも一つも問題ない

 

  • もう一生派遣でいいや
  • 正社員になったら大変だし…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

派遣となると雇用も安定しない傾向にあり、給料も低い傾向にはあります。

しかし、かといって絶対に正社員が良いのか?というと、決してそんなことはありません。

私は正社員も派遣の職歴もありますが、正直会社によります。

中小零細の、吹けば飛ぶような会社で正社員をしていたところで雇用なんて安定しませんし、サービス残業も多いので派遣のほうが年収が高いケースも多いです。

しかし、果たして一生派遣でいられるのか?という問題がありますが…。

 

一生派遣でいい人の生存戦略についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒約8割が非公開求人!ホワイト企業転職なら【マイナビエージェント】

一生派遣でいい人の生存戦略はこれ!

 

一生派遣で行くなら金は使うな!生活レベルを極限まで下げて経済を回さない

一生派遣でいい人の生存戦略として、生活レベルを極限まで下げて金を使わないことが挙げられます。

派遣となるとやはり雇用が安定していませんし、給料も低い傾向にあります。

しかし派遣が不安定なんてことはやる前から誰でも分かることですから、慎ましく暮らして備えをし、対策を取るのであれば何の問題もありません。

派遣が不安定なんて、今のご時世小学生でも知ってますから、今更言われても「当たり前だろ」としか思いません。

 

特に住居費や通信費などの、毎月必ず出ていく固定費を削減すると効果的です。

自炊をすれば月の食費なんて1万円以下に抑えられますし(経験済み)、業務スーパーなどの格安食材を使えば、タンパク質や野菜などもしっかり摂った上で食費を最低限にできます。

反面、最近は安価なサブスクリプションサービスなども充実してきており、安い金額で娯楽には事欠かなくなってきています。

むしろお金がたくさんあったからといって楽しめるとも限らず、今ほど少ないお金で楽しく生きられる時代はないと思います。

経済が回らなければ困るのは社会だが、派遣には関係ないから気にしなくていい

「一生派遣でいい」なんて言うと世間では叩かれる傾向にありますが、むしろ困るのは本人よりも社会や企業の方だと思いますね。

派遣でお金を使わない生活をしても、今のご時世安価に楽しく暮らせますが、経済が回らなくなると税収も下がり企業の業績も下がっていきます。

まぁ正社員で雇わない企業や社会側の自己責任ですから、派遣のあなたには全く関係ありませんね。

気にせず慎ましく暮らし、経済を回さないようにお金を使わず、お金をかけない範囲で楽しく生きられるように工夫すればいいでしょう。

複数の派遣会社に登録し、中高年や高齢者でも雇ってくれる派遣会社をキープしておく

一生派遣でいい人の生存戦略として、複数の派遣会社に登録しておくことも挙げられます。

一生派遣でいいなんて言うと「中高年や高齢者になったら派遣なんて見つからないぞ!」なんて言ってくる人も多いです。

しかし最近は中高年や高齢者でも雇ってくれる派遣会社も増えてきていますし、正直会社によるとしか言えません。

一生派遣でもやっていけるように、複数の派遣会社に登録しておくといいでしょう。

派遣が無理ならバイトやパートも探す

一生派遣でいい人の生存戦略として、派遣が無理ならバイトやパートの仕事も探すことが挙げられます。

一生派遣で行くと言っても、派遣の仕事が見つからない時期も出てくるかもしれません。

人生長いですから、いつ何が起こるかわかりませんからね…。

 

派遣が見つからない時は、バイトやパートなどの仕事も探すようにしましょう。

幸いこれからも人口動態的に人手不足が加速していくことは確定していますので、バイトやパートなどの非正規雇用なら仕事は見つかるでしょう。

特にこれからは時代の変化も早くなっていくため、割高な正社員のほうが不要になっていく可能性が高く、非正規で転々とできるならなんとか時代に対応して生きやすいかもしれません。

「一生派遣なんてムリ!中高年になったらホームレスだよ?」なんて言ってくる連中とは関わらないようにする

一生派遣でいい人の生存戦略として、「一生派遣なんてムリ!」なんて言う人たちとは関わらないようにすることも挙げられます。

「一生派遣でいいや」なんて言うと、世間では

  • 40代50代になっても同じことが言えるかな?
  • 中高年になったらホームレスだぞ!
  • 昔フリーターをもてはやしていた風潮に騙された奴の末路は悲惨だぞ
  • 老後は路上で野垂れ死にだぞ!

こんなことを言われる傾向にあります。

派遣やフリーター関連の話題となると、これらのフレーズはテンプレかbotのように同じことしか言われない傾向にありますね(笑)。

 

ですが派遣と言っても単に雇用が不安定な傾向にあり、給料が正社員に比べて低めというだけですから、対策を取っておけば特に問題ありません。

むしろこういったネガティブなことしか言わない連中と、いかに関わらずに心穏やかに生きるか?ということのほうが遥かに重要です。

こういう連中は「派遣は負け組だから叩いていい」なんて歪んだ考えを持っていることが多く、関わっても嫌な思いをするだけで、あなたにメリットなど一つもありません。

実家が持ち家なら、親の死後相続が発生!住んで活用できるようにしておく

一生派遣でいい人の生存戦略として、実家が持ち家なら後々活用できるようにしておくことも挙げられます。

実家が賃貸ならば関係ありませんが、持ち家の場合は、親の死後実家の相続が発生します。

特に最近は地方は過疎化で買い手がつかないため、心当たりがある方は、住んで活用できるようにしておくのもいいかもしれません。

不動産については相続放棄しても管理義務が相変わらず発生し続けるため(民法940条)、経済力の乏しい派遣の方は対策をとったほうがいいでしょう。

もし自力でリフォームしたり安く住めるのであれば、雇用不安定な派遣でも生きやすくなりますからね。

 

「ワーキングプアの派遣は相続税払えないから、老後はホームレスだな!」なんて言ってくる世間知らずもいますが、相続税は3000万円の基礎控除があり、相続人一人当たり600万円の控除があるため、最低でも3600万円以下の相続財産であれば相続税はかかりません。

現状、相続が発生した人の中で相続税を払う対象になった人と言うのは年間10%前後しかいないため、高額な不動産や金融資産がない家庭であれば全く関係ない話です。

何かあれば躊躇なく生活保護を頼れるように対策しておく

一生派遣でいい人の生存戦略として、何かあれば躊躇なく生活保護を頼れるように対策しておくことも挙げられます。

派遣は雇用が不安定な傾向にありますし、給料も正社員に比べて低い場合が多いため、生活が困窮してしまう可能性が正社員より高いとは言えると思います。

しかし日本には生活保護制度があるため、困窮しても最低限の生活は保障されるようになっています。

 

こういうことを言うと「生活保護なんて簡単に貰えない!」なんて言って諦めさせようとしてくる連中が必ず湧いてきますが、本来生活保護なんて条件さえ満たしていれば紙一枚出すだけで誰でも貰えるものです。

1人で役所に申請に行っても、窓口にいる非正規職員に水際作戦で追い返されるのがオチですから、最近は生活保護申請の同行や代行をしてくれる司法書士や行政書士に頼んだり、貧困問題に取り組むNPO団体などに頼むのが主流になってきています。

「生活保護 代行」「生活保護 同行」などのキーワードで検索すれば、関連情報がたくさんヒットします。

いざという時は躊躇なく生活保護に頼れるよう、情報収集をしておくと安心です。

⇒あなたも使える生活保護パンフレット – 日本弁護士連合会(PDF)

⇒自立生活サポートセンター・もやい |相談受付

生活保護が無理なら最後のセーフティーネット刑務所という手も

ただ、どうしても条件を満たせずに生活保護が無理!というケースもあるでしょう。

しかし生活保護が無理でも、最後のセーフティーネットである刑務所もあるので安心です。

刑務所ならば要介護になっても他の受刑者が介護してくれますので、老後やばい派遣の方については、いざとなったら割り切って刑務所を目指したほうが期待値が高いかもしれません(笑)。

罪が重い割に他人様を傷つけないニセ札コピーなどは、刑務所を目指す場合はコスパがいいかもしれません。※犯罪なので絶対にやめてください

調べたところ、刑務所収監中でも年金は振り込まれ続けるうえ、収入がないので現役世代でも免除申請できるようなので(全額免除でも国庫負担で老後半分は貰える)、中高年や老後ヤバくなったら一時的に刑務所に避難する…という風にも使えるのかもしれません。

 

まぁ結局、生きている以上人生は続いていくわけで、「派遣は自己責任!」なんて切り捨てても、その後なんとか生きていかないといけないわけですよ。

一生派遣でいくつもりであれば、このくらいの覚悟をしておくのもいいかもしれません。

副業をしてリスクヘッジしておく

一生派遣でいい人の生存戦略として、副業をしてリスクヘッジをしておくことも挙げられます。

派遣となるといつクビを切られるかわかりませんので、収入源の分散は極めて重要です。

最近は正社員でもどうなるかわからないため、副業に取り組む方が増えてきていますからね。

派遣となれば雇用が安定していませんので、猶更必要です。

 

クラウドソーシングサイトなどは、手軽に副業を始められるのでお勧めです。

→月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

まとめ

一生派遣でいい人の生存戦略についてまとめてきました。

まぁ一生派遣でいいなんて言うと「老後ホームレスだな!」なんて言われる傾向にありますが、慎ましく暮らして対策をしていくのであれば、特に問題はありません。

むしろ「正社員だから安泰!」なんて考えて、無計画に散財している人の方がヤバイと思いますけどね…。

派遣が不安定なのはやる前から誰でも分かることですから、対策さえしていけば問題になりません。

慎ましく暮らせば毎月必要なお金も少なくなりますし、そうなればたとえどん底まで落ちても、這い上がるのは比較的容易ですからね。

 

まぁあとは、派遣にこだわらずに良い会社を探すことですね。

最近は正社員の仕事も結構あるので、派遣にこだわらずに仕事を探してみるといいかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代派遣社員
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。