飲食店正社員がバックレたい!すぐ確実に辞める8つの撤退戦略はこれだ!

 

  • 飲食店正社員だけどバックレたい!
  • 辞めさせてくれないから早くやめたい!

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

私も以前飲食店でバイトで働いていたことがあるのでわかりますが、社員の人は休みもなく死ぬほど働かされていましたね。

飲食店なんて他の業界に比べて相当ブラックだと言われていますから、辞めたくても辞めさせてくれないケースが多いです。

バックレなんて社会人にあるまじき行為であるのは確かですが、バックれる勢いじゃないと辞められない傾向にあるのは確かです。

私もバイトですら全然辞めさせてくれずに強引に辞めた経緯がありますからね。

世間知らずの人達は「バックではNG」なんて言いますが、そんなこと言ってたら辞められません。

この記事では飲食店正社員でバックれたい方がすぐ確実に辞めるための方法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

飲食店正社員だけどバックレたい!確実な方法は?

飲食店正社員の方で辞めたいと思いましても、最近は人手不足の影響でなかなかやめることができません。

特に飲食店なんていかにブラックか世間でも知られている傾向にありますし、なかなか人なんて来ませんからね。

そこで辞めたいと言い出したところで、辞めさせてくれないケースが多いです。

必然的にバックレも選択肢の一つとして入ってくる訳ですね。

ただバックレもいいですが、他にも確実に辞める手段というのもありますし。

なんとか確実なやめる方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

退職二週間前に退職届を出しておく

仕事をバックれるのもいいですが、一応一言辞めますと一言言っておいた方がいいです。

ないとは思いますが、損害賠償請求するぞなんてことを言ってくる可能性もありますし。

まあ損害賠償なんて余程の事がない限り取れませんので、過剰に気にする必要はないのですが、正攻法で辞めるのに越したことはありません。

 

幸い民法では2週間前に退職の意思を告げればいいとされています。

なので、退職2週間前にとりあえず退職届は出しておきましょう。

そうすれば一応合法的に辞めるという形になりますし、話がこじれた時に不利にならずに進みますからね。

バックれるのもいいですが一応最終通告として出しておきましょう。

内容証明郵便で退職届を送っておく

ですが飲食業界なんて他の業界に比べて猛烈にブラックなことが多いです。

過労死を何人も出していますし、理不尽が当然のようにまかり通っている業界ですからね。

退職届を出したところで、その場で破り捨てられたり退職は認めないなんて言われる可能性も高いです。

 

その場合は内容証明郵便で退職届を会社に送りつけましょう。

チェーン店であれば、本社に送ってもいいですし。

郵便局で送ることができるのですが、会社に送る用と自分の保管用と郵便局保管用の三通作成します。

普通に郵便で送ると届いてないとか捨ててしまったなんて言い訳をされる可能性がありますが、郵便局とこちらに証拠が残っているため言い逃れが出来ないんです。

辞めさせてくれないブラック企業に対して退職届を送りつけるときによく使われる手段です。

退職日が来たら出社しない

上で述べたように、とりあえず退職届だけは何らかの形で提出した方がいいです。

ただそこはキングオブブラック業界と言われる飲食業界です。

退職は認めない!なんて言われる可能性も高いですね。

 

なので、とにかく退職届に書いた退職日が来たら出社しないようにしましょう。

退職の意思は既に伝えているわけですから、法的には退職日が来たらもう会社は辞めたことになっているんです。

それ以降は出社しなくて構いません。

バックレてしまいましょう。

どうしても辞められないならバックレを決行

上で述べたように、何とかしてバックレなんてせずに正攻法で辞められるのであれば、それに越したことはないんですが…。

飲食店は本当にブラックな業界で底の知れない理不尽な会社が多いので、なんとしても働かせようとしてくるケースも珍しくありません。

退職日以降出社しないという手段を使ったところで、家にまで押しかけてきたりする可能性もあります

 

どうしてもやめられない場合は、本当にバックレを決行してしましょう。

できればしばらくほとぼりが冷めるまで、遠方に旅行にでも行っておいた方がいいでしょうね。

今は飲食業界なんてブラックぶりが世間に知れ渡ってしまっているため、募集をかけてもなかなか人なんて来ませんからね。

あなたに辞められたら猛烈に困るでしょうから、家まで押しかけてくる可能性が高いです。

単にバックれるだけではなく物理的に家や会社から距離を取っておいた方が良いかもしれません。

本当に飲食業界はブラックな企業が多すぎますからね。

退職代行業者に頼むという手も

あるいは業者に頼んで退職するというのも手段の一つです。

最近は人手不足の影響で辞めたくても会社を辞めさせてもらえないというトラブルが増えてきています。

そのため退職代行業者という業者も増えてきているんです。

 

値段は概ね3万円から5万円ぐらいで即日退職が可能です。

業者によってはたまった有給休暇の消化に対応してくれたりします。

もちろん退職の書類も送ってもらうように会社に言ってもらうことができます。

その後の転職のサポートもしてくれる会社もあるようですね。

飲食業界は本当にブラック企業が多いので、辞めさせないとか言われたり転職を妨害される可能性もあります。

こういったプロの業者に依頼してやめた方が無難かもしれません。

→そろそろ会社辞めませんか? | 退職代行なら、EXIT

辞めさせてくれない場合労働基準監督署に相談する

なんとかバックレたりして辞めることができるのであれば良いのですが、飲食業界は本当にブラックですので、本当に何をやって来るか分かりません。

意地でも辞めさせないために転職を妨害してきたり、家に押しかけてきたりする可能性も高いです。

 

あまりに辞めさせてくれない場合は、労働基準監督署に相談するというのも手段の一つです。

労働基準監督署は仕事をしないとは言われていますが、もう辞める覚悟が決まっているのであれば、労働基準監督署もかなり大胆に積極的に動くことができます。

そのまま働きたい感じですと、穏便に行かなくてはいけないのでなかなか動けない傾向にはありますが…。

辞めさせないというのはそもそも違法ですし悪質過ぎますので、すぐに動いてくれる可能性が高いです。

外部の労働組合に相談する手も

あとは労働基準監督署よりも外部の労働組合に相談するというのも手段の一つです。

最近は小さい会社が多いこともあり、そもそも会社に労働組合がないというケースが多いですからね。

最近は1人でも加入できるユニオン系の労働組合も増えてきているんです。

最近はこういった所に相談した方が積極的に動いてくれる印象ですね。

 

特に最近は不当解雇のトラブルよりも、辞めさせないトラブルが増えてきており、あなたのような方は珍しくありません。

1度相談してみるのも良いかもしれませんね。

バックれるのはその後でも遅くはありません。

→相談受付|ブラック企業ユニオン

早めに次の会社を見つける

飲食店の正社員の仕事をバックれるのはいいですが、バックレて辞めた後は何とか次の仕事を探さないといけません。

恐らく辞めますと言った時に「次の会社は決まっているのか!?」と強引に引き止めてくると思いますし。

次の会社が見つかっているのであれば、会社もなんとも引き止めようがありませんからね。

幸い今は有効求人倍率も高いですし、正社員の仕事も多い傾向にあります。

早めに転職活動を始めて次の会社を見つけてしまいましょう。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

飲食は人手不足で引き留めがしつこい!早めの転職を

飲食店の正社員の仕事をバックレたいなんて言うと、世間的には

  • バックレは社会人としてありえない!
  • バックレはNG!

なんてことを言ってきたりしますね。

実際ネットで検索してみると、そういったクソサイトがたくさん出てきますよ。

多分飲食店で働いたことがないような世間知らずの糞ライターが書いてるんだと思いますが…。

私は実際飲食店って何社か働いたことがありますので分かりますが、本当に飲食はブラックで人手不足ですので、引き止めがしつこいんですよ。

バックれでもしないとやめられないと思います。

バイトならば気楽に辞められますが、正社員となると次の人間が来るまではいろ!と引き止められますし。

これだけ飲食業界のブラックぶりが知れ渡っている今の世の中なかなか人は来ませんし、来てもブラックすぎて長続きしません。

いつまでも辞められないんですね。

 

まぁ今は仕事は多い傾向にありますので、さっさとバックれてでも強引に辞めてしまって、次の会社を探した方がいいでしょう。

今ならばもっとマシな業界にも行ける可能性があります。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。