人手不足なのに不採用になる人5つの特徴!受かりたいならこれをやろう

 

  • 人手不足なのに不採用になってしまった!
  • 人手不足って嘘なんじゃないの!
  • 人手不足なんて大嘘!俺は落ちたぞ!

そんな悩みをお持ちの方も、今のご時世珍しくないと思います。

 

最近世の中でやたら人手不足と騒がれていますが、あなたのように不採用になってしまう方も多いです。

まぁ確かに、ブラックな業界が主に人手不足というだけで、大企業や有名企業などは依然として買い手市場とも言われています。

「人手不足なんて嘘じゃん!」なんて言いたくなってしまう気持ちもわかります。

しかし実際に人手不足感を感じている企業は多いのも現状です。

帝国データバンクの2022年8月の調査によると、49.3%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に旅館ホテル業では72.8%と深刻な人手不足となっています。

 

ですが採用されなければ働けませんし、生活していくことができませn。

この記事では、人手不足なのに不採用になってしまう人の特徴と、受かるための方法について紹介します。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

miidas

人手不足なのに不採用になってしまう人は多い

最近はあなたのように、人手不足なのに不採用になってしまう人は珍しくありません。

ネットやSNSを見てみても、

本当に人手不足なの?

不採用の連続で心が折れそうだよ…。

経験者や若者ばかり求めてるから人手不足になってるんじゃないの?

 

人手不足業界っていうけど普通に落ちましたよ(^-^;

カラ求人ってやつですかね…。

もう正社員は諦めてバイト探してます。

 

最近40代未経験、業界の勉強もしてないけど雇ってくださいっていうエンジニア希望が多い(・_・;)

ネットでは「未経験でもエンジニアになれます!」っていう変なサイトが多いから勘違いしてるのかな。

残念だが社会人になってから全然勉強しなくなったような人が勤まる業界ではないよ…。

人手不足なのは事実だけどやる気の無い人を雇ったら更に大変になっちゃうので。

 

人手不足って言ってもブランクがあると普通に不採用になるね。

俺は5年ニート期間があったけど、前職水増しして詐称したら普通に受かって正社員で働けてるよ。

中小企業なんていちいち調べないからバレない。

適当に見栄え良くしないと、企業側は選り好みしてるから人手不足でも採用されない。

こんな意見が散見されますね。

人手不足と言っても、経験がなかったりブランクがあるとなかなか採用されないことが多いようです。

人手不足なのに不採用になる人の特徴は?

人手不足なのに不採用になってしまう人というのは、珍しくありません。

最近はそんなことがあるからか、 人手不足じゃなくて奴隷不足! 人手不足なんてウソ! なんていう人も多いですね…。

ですが仕事が多い傾向にあるのは確かですし、有効求人倍率も実際高い水準で推移しています。

人手不足なのに不採用になってしまう人の特徴を紹介しますので、参考にしてみてください。

miidas

身の丈に合わない会社ばかり受けている

人手不足なのに不採用になってしまう人の特徴としては、身の丈に合わない会社ばかり受けていることが挙げられます。

中小企業を中心に今は深刻な人手不足に陥ってきてはいますが、大企業や有名企業は依然として買い手市場です。

目立ったスキルや技術がある人であれば別ですが、そうではない人が倍率の高い人気企業を受けても、まず受からないのが現状です。

 

中には

  • 中小企業には入りたくない!
  • せっかく良い大学を出たんだから!

なんて言って、やたら大企業に固執する人も多いですが…。

あまり高望みしすぎるとマッチングせず、何年も婚活してるのにいつまでも結婚できない人みたいになってしまいます。

年齢と実務経験が条件に合わない

あとはそもそも、年齢や実務経験などの条件で、企業側に弾かれている可能性もあります。

いくら年齢不問、経験不問で募集をかけていても、やはり若くてそこそこ経験のある人材がほしいところですからね…。

他に受けている人がいなければ受かる可能性は高いですが、他にもっと良い人材が受けていれば当然落ちます。

まぁこれだけ人手不足と騒がれてるんだから、採用しろよとは思いますが…。

まだまだ不況の時の買い手市場の感覚が抜けきらず、年齢や実務経験不足で落とす会社も多いですね…。

miidas

履歴書、職務経歴書の見栄えが悪い

何気に多いのが、履歴書や職務経歴書の見栄えが悪いケースです。

どんなに良い人材だったとしても、最初に企業とあなたが接触するのは履歴書と職務経歴書です。

字が汚かったり、良さそうな人材に見えなければ、当然ながら採用は見送られてしまいます。

書類選考を通過しないことには、面接にすら進めません。

これについては、なかなか本人は気付かなかったりするんですよね…。

「伝わればなんでもいいだろ」みたいに格好を気にしない人ですと、気付かずにいつまでも落ち続けます。

数えるほどの会社しか受けていない

あとはそもそも、数えるほどの会社しか受けていないケースも珍しくありません。

いくら人手不足のご時世とはいえ、両手で数えられる程度の会社しか受けていないのであれば、受かる可能性は当然下がってしまいます。

特に目立ったスキルや技術がある人であれば良いですが、そうでもないのであれば受かる可能性は当然下がります。

その上履歴書や職務経歴書の見栄えも悪いと、採用される可能性はあまり高くないでしょう。

それで採用されるためには、必然的に受ける会社の母数を増やしていく必要があるわけです。

 

まぁ「人手不足なのに不採用!」なんて言うのであれば、最低でも100社くらいは面接を受けてから言った方がいいような気がしますが…。

そんなに面接に進めないのであれば、もっと履歴書と職務経歴書を見栄えよく編集する必要があると思いますし。

miidas

一人で仕事を探しており欠点に気付けない

何気に致命的なのが、一人だけで仕事探しをしており、欠点に気付けないケースです。

一人で仕事を探していると、

  • 履歴書と職務経歴書の見栄えが悪い
  • 面接で無意識に無礼な振る舞いをしている
  • 会社が望む人間に見えていない

こういった点になかなか気付けなかったりします。

 

他人の客観的意見を貰うことができれば、

  • どこがダメなのか?
  • なぜ人手不足なのに不採用になるのか?

こんなのは割と一目瞭然だったりするんですけどね…。

他人の辛口なアドバイスを貰うのは心が抉られますが、確実にその後の行動は良い方向に変わってきます。

人手不足なのに不採用になる人が早く仕事を見つけるには?

人手不足なのに不採用になってしまうと、かなり凹んでしまう方が多いと思います。

「人手不足なのに不採用なんて終わってるだろ」暗いに言われていたりしますからね…。

なんとか採用されるための方法について紹介しますので、参考にしてみてください。

miidas

もっと数を受ける

今は人手不足のご時世なのは確かですから、もっと受ける会社の数を増やしましょう。

数打ちゃ当たるではないですが、仕事探しの面では確実にそれはあります。

私は何度も転職していますが、「転職する!」と決めたら一気に10社くらいは応募して、ダメならまた10社応募…みたいにして受けてましたね。

1~2社しか受けないと不採用が連続することが多いですし、10社以上など単位を二桁にして受けていけば高確率で受かります。

これやると流石にどこかは受かるので、面接を受けるのは大変ですが入社企業を選びやすくなります。

 

まぁこの人手不足のご時世、100社や200社も受けなくても、中小企業ならどこかしら受かるとは思いますが。

数を受けないことにはどうしようもありませんので、もっと受ける数を増やしましょう。

この国に存在する全ての会社に不採用にされるなんてことはまずありえませんので、まだあなたを必要としている会社に出会っていないだけです。

ガチで人が足りない会社は本当に手を上げるだけで受かったりしますし、そのくらいマジで人が来ない会社も珍しくありません。

応募書類や面接の対策をキャリアコンサルタントに相談する

あとはやはり、この人手不足のご時世で不採用になってしまうというのは、何かしら致命的な欠点があるケースが多いと思います。

一番は上で述べたような、応募書類の見栄えが悪いことですね。

あとは面接で無意識に無礼な振る舞いをしていたり、熱意が感じられないとか。

ただ一人で仕事探しをしていると、そういった欠点になかなか気付くことができません。

 

なので、プロのキャリアコンサルタントに相談してみるというのも手段の一つです。

無料で相談できる機関としては、サポステやジョブカフェなどがあります。

私も以前フリーターから就職活動していた時はお世話になりました。

こういったところのキャリアコンサルタントに相談して欠点を客観的に矯正してもらえば、さすがにどこにも受からないなんてことはまずありえないと思うんですが。

無料で利用できますので、気楽に相談に行ってみましょう。

→各地のジョブカフェ(METI/経済産業省)

→日本全国のサポステ一覧 | サポステ[地域若者サポートステーション]

miidas

転職エージェントに相談してみる

あとは良い会社に入りたいのであれば、転職エージェントに相談してみるというのも手段の一つです。

エージェントも履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などもしてくれます。

その上、エージェント経由で仕事を探した方が、一般的なルートで仕事を探すよりも良い求人が多い傾向にあります。

 

エージェントが扱う非公開求人は、企業側が少なくないお金を払って利用しています。

結果的に資金力のある良い会社が多く、労働環境の良い会社の可能性が高いわけですね。

人手不足で不採用になってしまっていることも含めて、一度相談に行ってみると良いかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

今ならやり方さえ間違えなければ受かる!誰かに相談してみよう

人手不足なのに不採用になってしまう人というのも、今のご時世珍しくはないと思いますが…。

人手不足なのは確かですし、それでも不採用になってしまうのは何かしら原因があります。

身の丈に合った会社を受け、ちゃんとした対応がとれているのであれば、今のご時世そう何社も不採用になるというのはそこまでありません。

 

まぁ幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年8月の調査によると、49.3%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に旅館ホテル業では72.8%と深刻な人手不足となっています。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【LIBZ】

リモートワークやフレックスなど、新しい働き方を取り入れている企業求人専門の転職サイト。

家や旅行先で自由に働きたい!という夢を持っている方には特におすすめです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の転職活動
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。