【悪いけど…】引き継ぎ中だけど辞めたい!即刻辞めて新天地へ移る7の撤退戦略

 

  • 引き継ぎ中だけど辞めたい!
  • 引き継ぎしてくれてるけどこの仕事には向いてない…
  • というか条件が違ったし辞めたい…

そういった悩みをお持ちの方は今の御時世珍しくないかもしれません。

 

最近は特に人手不足の影響でギリギリの人員で回している会社が多いですからね。

なかなか1人抜けただけで業務が回らなくなってしまう会社が多いんです。

そうなると引き継ぎの人材に対する責任は重くなってくる訳ですが…。

そうは言いましても仕事には向き不向きもありますからね。

引き継ぎ中だろうが何だろうが辞めたいと考えるのは自然です。

私も引き継ぎ中の使用期間中に辞めたことはありますし。

 

というか最近は求人票に嘘を書いてでも人を集めようなんて考えるブラックな会社も増えてきていますからね…(経験済み)。

そうなると当然試用期間中にさっさと辞めておいた方がいいです。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

退職する社員が引き継ぎをしてくれるものの、合わずに辞めたいと考える方は多い!

最近はあなたのように引き継ぎ中だけど辞めたいと考える方は珍しくありません。

やはり仕事には向き不向きはありますからね。

会社なんて入社前はいいことしか言わない傾向にありますし。

都合の悪い点は隠す傾向にありますからね。

 

特にハローワークなどの求人に顕著ですが、求人票に堂々と嘘を書いているケースも散見されますし。

私もハローワーク経由で何件か仕事を探したことがありますが、本当に嘘が書いてあったケースは多いですよ。

そうなると引き継ぎ中だろうが何だろうがさっさと辞めたいと考えてしまいがちです。

 

まあそうではなくても入ってみないとわからないこともありますからね。

結局そこで辞めないと引き継ぎしてくれてる社員は引き継ぎが終わったらさっさと辞めてしまい、あなたが辞められない状況になってしまいますし。

辞めるのであれば、早い方がいいと思います。

 

試用期間なら職歴に書かず済む可能性もあるので、引き継ぎ中だろうが早めに辞めた方が良いかも…

あなたのように引き継ぎ中で辞めたいと考える方は珍しくないと思いますが…。

辞めるなら早い方がいいと思います。

特に試用期間中であれば、職歴に書かずに済む可能性もあります。

 

まあ厳密に言うと「職歴詐称だから書け」と言われる傾向にありますが…。

この辺は人によって見解が分かれていまして、私もハローワークのキャリアコンサルタントやジョブカフェのキャリアコンサルタントなどに「3ヶ月以内の職歴なら自己責任で書かなくても良いかもね」ということは言われたことがありますし。

まぁ付け加えれば、「聞かれたら答えればよい」という感じです。

私は書いたことはありません。

まだ社会保険に入ってなければバレる可能性は低い!既に入っていても誤魔化せる

というか我が国で職歴を辿る手段というのは、社会保険の履歴ぐらいしかありませんからね。

正社員イコール社会保険に加入というわけではなく、最近は法律が変わってバイトすら社会保険ぐらいは入りやすくなってきましたし。

反面、厚生労働省の2014年の調査では、社会保険加入義務があるにも関わらず、違法に加入させていない悪質な事業所が約80万社もあるようです(日本の会社数は約400万社)。

正社員でも社会保険に違法に加入させてもらえない人も結構いるので、社会保険履歴だけでは正社員だったかバイトだったかなんてわかりません。

別に社会保険に入っていた職歴については、「就職活動の繋ぎでバイトをしていて社会保険に入れられたが、正社員の仕事が見つかったので辞めた」と言う体にすれば、別に何の問題ありません。

バイトであれば前職調査なんてほぼしませんし、そもそも試用期間中はバイト扱いだったり、それどころか中小零細企業などは雇用契約書すら交わさない会社もかなり多いですからね。

 

なので、引き継ぎ中だろうが別に気にせず早めにやめた方がいいと思います。

引き継ぎを一生懸命してくれている人には申し訳ないですが、そんなこと気にしてたら辞められませんし。

そこで早く辞めないとは引き継ぎしてくれてる社員がさっさと辞めてしまい、あなたが辞められなくなってしまいますからね。

入ったばかりなら「入社前に受けてた会社から遅い内定通知がきた」みたいな体で早く辞める手も

あなたのように引き継ぎ中に辞めたいと考える方も多いのですが…。

そういった方はまだ会社に入ったばかりなのだと思います。

そういった場合は割と辞める言い訳は使いやすいと思いますね。

一番使いやすいのは「入社前に受けていた会社から遅い内定通知が来たので、そちらに入社するので辞めます」と言う手段です。

 

まぁ色々言われる覚悟は必要ですが…。

  • 自分勝手だ!
  • もう引き継ぎしてるんだから!
  • 無責任だ!

とか色々と言われるとは思いますが…。

そういった風に言えばさっさと強引に辞められますからね。

 

まだ入ったばっかりであれば、引き継ぎもありませんし。

まあ何かしらこういった理由がつけられれば辞めやすいと思います。

私は入社した会社があまりに話が違ったので、こういった理由をつけて翌日に辞めたことがあります。

まぁ本当に合わない会社で辞めさせてくれなさそうであれば、このぐらいってやめた方がいいと思います。

ただ引き継ぎ中で辞めると猛烈に引き留められる可能性も…

引き継ぎ中に辞めたいと考えるのはよくあるパターンですが…。

やはり引き継ぎ中に辞めようとすると猛烈に引き止められる可能性が高いです。

特に最近は人手不足に陥っている会社が多いですし。

募集をかけてもなかなか人が来ない会社が増えてきていますから、尚更です。

  • もう引き継ぎしてるんだぞ!
  • お前が辞めたら俺が辞められないじゃん!
  • 無責任だぞ!
  • 社会人としてどうなの!?

などなど。

まぁ色々と言ってくると思いますよ。

 

まぁそんなこと言いましても合わない仕事なんだから仕方ないじゃないですか。

引き継ぎ中に辞めたいと思ってるということは、多分結構ブラックな会社なんだと思いますし。

最初の話とはちょっと違った点があったりもするのではないでしょうか?

そこで長く続けてしまうと、結局割を食うのはあなたですし。

静止を振り切って強引に辞めた方がいいかと思われます。

まぁ試用期間中であれば、変なやめ方しても別に大したダメージはありませんし。

引き継ぎ中であまりに辞められない場合、退職代行業者を使う手も

あなたのように引き継ぎ中で辞めたいと考える方は多いですが…。

やはりそこで猛烈に引き止められる可能性は高いです。

最近は解雇やリストラのトラブルよりも辞めさせないトラブルが増えてきていますからね。

 

あまりにやめられない場合は、最近流行りの退職代行業者を使うと言うのも手段の一つです。

最近はこういった退職を代わりに会社に告げてくれると言うサービスが増えてきていまして、3万円とか5万円ぐらい払えば最短即日で辞めることができます。

退職の書類一式も送るように会社に伝えてくれるようですが。

まあ引き継ぎ中であればまだ試用期間中の方が多いでしょうから、別に退職の書類なんて必要ないケースが多いですけどね。

どうせ失業保険も貰えませんし。

まぁこういった所に払うお金ももったいないので、私だったら強引に辞めたり最悪バックレたりして辞めると思いますけど…。

→そろそろ会社辞めませんか? | 退職代行なら、EXIT

引き継ぎ中に辞めるのは結構よくあること!あまり気にしない方が良いかも…

あなたのように引き継ぎ中に辞めたいと考える方は多いと思いますが…。

正直引継ぎ中に辞めるというのは、結構よくあることですよ。

私も試用期間中で辞めたことは何回かありますし。

何回かというかバイトも含めれば結構あります。

私も何回か転職していますが、その時に引き継ぎしてるのにさっさと辞めていってしまった人はたくさんいますし。

正社員でも結構いますし。

特にバイトやパート契約社員などの非正規雇用の仕事であれば、割と気楽に辞めていってしまう人が多いです。

 

そんなに気にしなくていいと思いますよ。

特に日本人なんて真面目でお人好しな人が多いので、そこで罪悪感を感じてしまう人も多いです。

まぁ確かに倫理的に考えればどうかと思いますけど、そんなことを言っても最近はブラック企業も多いですし。

労働環境の悪い会社も多いですし。

合わない会社だったらさっさと辞めて良い会社を探した方が期待値が高いですからね。

あんまり気にせずもっと良い会社を探し行った方がいいと思います。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

引き継ぎ中に既に辞めたいなら早く辞めないと辞められなくなるので…

あなたのように引き継ぎ中に辞めたいと考える方も多いと思いますが…。

そこで早く止めておかないと辞められなくなってしまう可能性が高いです。

引き継ぎしているということは、引き継ぎしてくれている社員はあなたの引き継ぎが終わったら辞める予定ということですし。

 

そこでダラダラ引き継ぎが終わるまで働いてしまったら、やめられなくなってしまいますからね。

「辞めたい」と言っても確実に「後任の人材に引き継ぎするまでいろ!」と言われると思います。

最近は特に人手不足でギリギリの人員で回している会社が多いですが1人欠けただけで業務に支障が出る会社も多いですからね。

まあそもそもそんな脆弱な人員体制で回している会社側の自己責任だと思いますけど…。

 

まぁ気にせずやめればいいと思いますよ。

今は仕事はたくさんある訳ですし、比較的良い会社にも行きやすくなってきていますからね。

できるだけ強引にさっさと辞めて早く次の会社を見つけることです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

まとめ

あなたのように引き継ぎ中に辞めたいと考える方も多いですが…。

やはりそこで辞めたいと考えているということは長続きしない可能性が高いですし。

辞めるなら引き継ぎしてくれている社員がいるうちにやめるべきです。

 

そこで辞めたら一時的に色々と文句を言われたりするかもしれませんが、会社はすぐに新たな人材を入れる為に人を手配すると思いますし。

とりあえずその社員がすぐに辞めなければいけない状況でも、とりあえず派遣さんを入れたりして対応させることも可能じゃないですか。

別にあなたがいないならいないで、会社側は対応を考えますよ。

あなたは引き継ぎ中の新人に過ぎない訳ですし。

別にあなたがいなくなっても会社は大しては困りません。

 

まぁ今は仕事はたくさんありますので、今のうちにもっと良い会社を探しておいた方がいいと思いますよ。

今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし、気にせず辞めてもっと良い会社を探した方がいいでしょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。