日本企業は奴隷不足?奴隷労働が人手不足なだけ?

 

  • 日本企業は奴隷不足!
  • 人手不足じゃなくて、奴隷不足だろ!

そういった考えをお持ちの方は御時世珍しくないと思います。

 

最近は盛んに人手不足が叫ばれていますが、良い会社の求人となると少ない傾向にありますからね。

介護職や飲食業などの低賃金の仕事であれば求人は豊富にある傾向にありますが…。

やはり家族を養えるほどの収入を期待できるような仕事はかなり少ないのが現状です。

 

果たして実際奴隷不足なのでしょうか?

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

人手不足ではなく、奴隷不足と感じる人は多い

最近はあなたのように「人手不足ではなく、奴隷不足じゃないか!」と憤りを感じる方も珍しくありません。

確かにハローワークなどに出ている求人を見てみると、低賃金な仕事が多いですからね。

独身であればまだいいですが、家族を養うほどの収入の仕事となるとかなり少ないのが現状です。

 

実際にネットなどを見てみても、

今人手不足とか言われてるけど奴隷不足だろ!

ハローワークに行っても手取り十五万もいかないような仕事が多いぞ!

企業が人件費をケチりすぎなんだよ!

 

今仕事探してるけど、給料低いのしかないよ…

下手したら学生のバイトの方がまだ稼げるかもしれない

というか最近の会社はかなりケチだから、時給換算すると正社員でもバイトレベルだったりするからね…

これじゃ奴隷不足だよ

 

今って人手不足じゃなくて奴隷不足じゃない?

飲食とか介護とかドライバーとか、低賃金で重労働だったりきつい仕事の人手が足りてないだけだろ!

こんな感じの意見が散見されますからね…。

 

確かにキツイ分のお金をちゃんと払ってくれる会社ばかりであれば良いのですが…。

最近の会社は本当にケチですからね。

人件費=コストとしか考えていないような会社も多いですし。

そんな会社ばかりになったので、「奴隷を募集している会社ばかりだ!」と批判されるのも当たり前だと思いますね…。

 

確かに不人気業界だけ異常に高い有効求人倍率!

あなたのように人手不足ではなく、奴隷不足だと感じてしまう人が多いのも当然かもしれません。

それといいますのも、確かに有効求人倍率を見てみると不人気業界だけは異常に高かったりします。

例えば、

  • 介護業界
  • タクシー業界
  • 運送業界
  • 土木業界
  • 建築業界
  • 宿泊業界
  • 外食業界

などなど。

 

基本的に低賃金で重労働な仕事が多いです。

実際これらの仕事は、過労死なども結構出ていたりしますからね…。

特に外食業界などは不況の昔でも人手不足でしたが、どこにでもあるような大手チェーン店でも、過労死などが起きていたりしますし…。

これでは「日本企業は人手不足じゃなくて奴隷不足!」と言われても文句言えません。

 

低賃金で働く外国人を活用する企業も増加!

あなたが「日本企業は奴隷不足」だと感じてしまうのも当たり前かもしれません。

最近はそういった低賃金重労働の仕事は日本人がやりたがらず、外国人労働者を活用している例が増えてきていますからね。

振り返ってみれば、日本は移民反対派の国だったにも関わらず、既に世界第四位の移民大国になっています。

 

外国人実習生や外国人労働者を人手不足で受け入れ続けた結果、そうなってきているのです。

特にこれから更に少子高齢化で、労働人口が減っていくことが確定していますからね。

さらなる外国人労働者の受け入れを、経団連は国に求めていますし。

外国人労働者は年々増加をし続け、過去最多を更新してしまいますし、これからさらに増えていくことが予想されます。

 

発展途上国の人にとっては、まだまだ日本で働けば相当稼げますからね。

中国や東南アジアなども経済発展してきていますが、まだまだ日本には及ばないことが多いです。

結局そういった低賃金の労働者を活用している以上、奴隷不足と批判されても仕方ないと思います。

 

ただ、全体的に人手不足なのは事実!

そんな状況がありますので、あなたのように日本企業は人手不足じゃなくて奴隷不足!と言いたくなるのもわかるのです。

が、確かに全体的に人手不足であるは事実ですよ。

上で述べたような不人気業界だけに限らず、全体的に人手不足になってきていますし。

中には「仕事が多いのは、求人の多い都会だけだ」なんて言う人もいますが、田舎でもちゃっかり、有効求人倍率は上昇しています。

 

そもそもデータを見れば明らかなのですが、少子高齢化により労働人口は生産年齢人口自体が減少してきていますからね。

若者が減って働く人が減れば、人手不足になるのは当たり前です。

失業率も過去最低を更新していますし、求職者自体も減ってきていますからね。

相対的にライバルは減ってきていますので、いい会社に入る入れる可能性が上がってきているのもまた事実です。

「日本企業は奴隷不足!」なんて偏った見方面のみを見ていては、いい会社に行けるチャンスを見逃してしまいます。

 

逆に言えば、不人気業界ならかなり採用されやすいのは確かな事実

あなたのように「日本企業は奴隷不足!」と言いたくなる気持ちもわかるのですが…。

逆に言えば、奴隷を募集している不人気業界であれば、これまでより数層倍就職がしやすいということです。

労働人口も減ってるので、労働意欲のある人にとっては選択肢が増えていて、悪いことだとはとても思えません。

 

考えてもみれば就職氷河期やリーマンショック後の辺りは本当に仕事がありませんでしたからね。

当時転職活動をしていたのでわかりますが、かなり受かりにくかったです。

バイトもかなり落とされていた人が多かったですね。

そんな就職氷河期に比べれば、奴隷不足とはいえ仕事にかなり受かりやすくなってきている今は相当マシな部類だと思うんですが…。

 

奴隷不足なんて言ってるのは、単に企業を批判したいだけの人が多いんじゃないでしょうか?

まあ、奴隷不足と言いたくなる気持ちもわかるのですが、今は本当に中高年やフリーターの方でも正社員になりやすくなってきていますからね。

最近私の周りの中高年フリーターの方でも、正社員になっていたりしますし。

日本企業は奴隷不足!と言っている人達はそういった恩恵にあずかっている人がいることを忘れてはならないと思います。

まぁブラックな業界の正社員であることは確かですが…。

 

この人手不足なのに採用されないのは、本人に問題があるかも…

日本企業は奴隷不足と言いたくなる気持ちもわかりますが…。

そういう風に言っている方は、この人手不足なのに採用されない人が多いのではないでしょうか?

実際、

  • この人手不足なのにも関わらず全く受からない
  • バイトすら受からない
  • 書類の段階で落ちる

こういった方は実際かなりいらっしゃいます。

 

ですが、さすがに今受からないというのは本人に問題があるケースが多いのではないでしょうか?

だって最近はあまりの人手不足で、定年後の高齢者すらフルタイムパートくらいは見つかってますし。

最近私の実家の近所の四十代まで引きこもってたような人ですら、ちょっと前にパートで働き始めましたからね。

さすがに人手人手不足じゃなくて奴隷不足と言いたくなる気持ちは分かりますが、今受からないって相当やばいと思います。

 

まあいい会社ばかり狙っていたらなかなか受からなかったりするんですが、それにしても昔よりはかなり受かりやすくなってきています。

だって少子高齢化で労働人口が減ってきていて、失業率も低く求職者が減ってきているんですから。

本人に問題がある場合は、なかなか本人は気付けなかったりしますので、誰か他人の力を借りた方がいいかもしれません。

転職エージェントなどを使えば仕事も紹介してくれますし、仕事探しのアドバイスなどもしてくれます。

日本企業は人手不足じゃなくて奴隷不足!なんて言って腐っていても何も始まりませんので、

そういった手段を使って仕事を探していくと良いでしょう。

30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

 

まとめ

確かに今の日本の状況を見ると、人手不足というよりは奴隷不足!と言いたくなる気持ちもわかります。

低賃金の仕事が多いですし、なかなか家族を養うほどの収入となると難しいことも多いですからね。

ですがそんなの昔から同じで、就職氷河期とかリーマンショック後の辺りも仕事が見つかりにくかったですからね。

 

そういった時期に比べれば、いくら奴隷不足とはいえ仕事が見つかりやすい今はかなり労働者にとって都合が良いのではないでしょうか?

失業率も低いですし、求職者自体が少なくなってきていますので、会社に入りやすくなってきているのは事実ですからね。

まぁあまり奴隷不足だとか、他人や企業を批判せずに、いい会社に入る努力をしていった方がいいのではないでしょうか?

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。