就職は懲役40年と言われる理由!40年も働きたくない場合の対処法はこれ

 

  • 就職って懲役40年だろ…
  • 40年も働きたくない!

そんな悩みをお持ちの方も、今のご時世多いと思います。

 

最近は定年延長の流れで、懲役40年どころか、懲役50年なんてことも言われていますが…。

特に最近は人手不足のブラック企業も多いですし、以前に比べて一人当たりの業務量も、増大している傾向にあります。

平日は仕事だけで疲れて何もできず、休日も寝ているだけ…なんて人は多いですからね。

就職は懲役40年、なんて言いたくなる気持ちもわかります。

まぁ、「刑務所の囚人のほうが、社畜よりもまだマシな生活をしている」なんて説もありますが…。

 

この記事では、就職が懲役40年と言われてしまう理由と、40年も働きたくない時の対処法についてまとめてみました。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

就職が懲役40年と言われてしまう理由は?

特に、新卒で就職する若者に対して、「懲役40年だなw」なんていう、煽りに使われる傾向にあります。

賛否両論ではありますが、ブラック企業に勤めている人も多いので、肯定する意見も多いですね…。

就職が懲役40年と言われてしまう理由をまとめてみましたので、参考にしてください。

日本の労働環境が悪すぎる

就職が懲役40年と言われてしまう理由として、日本の労働環境が悪すぎることも挙げられます。

特に最近は労働環境の悪いブラック企業も多く、過労死は認定されていないものも含めて、年間一万件以上あるのではないか?と言われています。

精神疾患の労災件数は、近年右肩上がりで急増しています。

 

特に、日本の労働時間は、まだまだ長いと言われています。

非正規雇用が増えたことで、日本人全体の労働時間は減少傾向ですが、正社員に限ってみると、ほぼ変わっていません。

OECDの調査では、日本人男性正社員の労働時間は、フランス人男性のほぼ二倍で世界一長時間労働、というデータもありました。

働き方改革とは無縁な、人手不足の中小企業では、労働時間はむしろ増えているケースも多いです。

人手不足で残業、休日出勤も多い

就職が懲役40年と言われてしまう理由として、人手不足で残業、休日出勤が多いことも挙げられます。

特に最近は、少子高齢化による人手不足で、1人当たりの業務量が増大している傾向にあります。

人手不足で業務が終わらなければ、必然的に残業や、休日出勤で対応せざるを得ません。

 

最近は働き方改革なんて言われていますが、入社希望者が殺到している大企業だけの話です。

人手不足の中小零細企業では、人が来ないので更に残業や休日出勤が増えているケースも多いです。

最近は、大企業が働き方改革を進めるために、下請けに仕事を押し付けるケースも増えてきています。

途中で辞めてしばらく休むことが難しい

就職が懲役40年と言われてしまう理由として、途中で辞めてしばらく休むことが難しいことも挙げられます。

人生は長いので、途中で数年程度休んで、また働きだすことができれば、もっと生きやすくなるでしょう。

ですが日本企業は特に、ブランクのある人材を嫌う傾向にあります。

ブランクがある人材は、この人手不足のご時世でも、書類の段階で落とされてしまう可能性が高いのです。

 

特に今は人生100年時代なんてことも言われているのですから、もっと気長に働いていくようにしたほうがいいと思うのですが…。

必然的に、40年、定年延長や年金受給開始年齢が後ろ倒しになれば、50年は働く必要があります。

懲役40年なんて言われても、仕方ないでしょう。

日本にはバカンスがない

就職が懲役40年と言われてしまう理由として、日本にはバカンスがないことも挙げられます。

労働環境の良い西洋の国では、年間1~2か月程度のバカンスがあり、仕事から離れてリフレッシュすることができます。

ですが日本はバカンスなんてハイカラなものはありませんし、有給休暇取得率も先進国中最低です。

日本では、お盆休みや年末年始の休暇も、せいぜい5日や一週間程度の企業が多いです。

 

ただ日本は祝日は多いので、年間休日で見れば、そこそこ休んでいる人も多いです。

ですが人手不足の会社となると、休日出勤も頻繁にある傾向にあり、祝日でも関係なく出勤させられてしまいます。

懲役40年は嫌!40年も働きたくない時の対処法は?

社会人生活は長すぎますので、懲役40年と言いたくなる気持ちも分かります。

特にこれからは、定年延長や、年金受給開始年齢の後ろ倒しが予想されていますし、人生100年時代なんてことも言われています。

40年も働きたくない!と考えている方も多いのではないでしょうか?

懲役40年は嫌、40年も働きたくない時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

若いうちに金を貯めてセミリタイアを目指す

40年も働きたくない時の対処法として、若いうちに金を貯めてセミリタイアを目指すことも挙げられます。

セミリタイアとは、まとまった資産を作り節約生活をして、たまにバイト程度で働きつつ収支トントンか、資産を取り崩して生きていくライフスタイルです。

懲役40年から脱獄するには、結局は資産を作って、働く必要がない身分になるしかありません。

 

しかし、セミリタイアに必要な資産は、必要な生活費によって変わってきます。

節約ガチ勢ですと、月三万円程度で一人暮らしまでしている人もいますので、そういったローコスト生活ができる人であれば、そこまで大量の資産は必要ないでしょう。

幸い、これからも人手不足で、バイトくらいであれば見つかる傾向にあります。

資産を作り、節約生活を極めれば、懲役40年から脱獄できるでしょう。

転職しやすい仕事に就き、働いたり働かなかったりする

40年も働きたくない時の対処法として、転職しやすい仕事に就き、働いたり働かなかったりすることも挙げられます。

仕事の見つかりやすさは、需要と供給で決まります。

需要が多い割に、やりたがる人が少ない、供給の少ない仕事であれば、中高年だったりブランクがある人材でも、簡単に仕事を見つけることができます。

慢性的な人手不足に陥っている仕事であれば、働いたり働かなかったりすることも可能です。

 

特に人手不足に陥っている介護職員などは、経験と資格さえあれば、多少ブランクがあっても、何の問題もなく採用されます。

というか、別に未経験の中高年以上の年代の方でも、やる気さえあれば採用されます。

私の周りにも、介護の夜勤専属で稼ぎ、貯金が貯まったらしばらくニート生活をする…というライフスタイルを送っている人もいます。

しばらく働けば失業保険も貰えるため、節約すればしばらく働かずに休むことが可能です。

 

特に東京などの都市部では、介護職員の人手不足が深刻なため、派遣の時給も高騰してきています。

派遣ならば、仕事が速攻で見つかりますし、嫌になったら契約満了を理由に逃げやすい傾向にあります。

懲役40年から脱獄したいのであれば、こういった転職が容易で、会社員とニートを行き来しやすい仕事を選びましょう。

⇒介護資格が0円で取得可能!未経験からの介護職なら【かいご畑】

生活費を極限まで下げ、バイトでも余裕で生活できるようにする

40年も働きたくない時の対処法として、生活費を極限まで下げ、バイトでも余裕で生活できるようにすることも挙げられます。

これもセミリタイアのようなものですが、毎月必要な生活費は、その人によって変わってきます。

独身で家族にお金がかからず、実家で暮らしているような人であれば、月数万円程度でも余裕で生活可能でしょう。

毎日あくせく働かなくても、バイト程度でたまに働けば、充分生活していくことができるんですね。

節約を極限まで極めている人は、月三万円程度で一人暮らししている人もいます。

 

最近はネットなどでも、手軽にお金が稼ぎやすくなってきています。

月数万円程度であれば、外にバイトに出なくても、稼ぐことは可能です。

生活費さえかからなくなれば、40年も馬車馬のように働かなくても、生きていくことができるのです。

今のうちに休みの多い良い会社に転職する

40年も働きたくない時の対処法として、今のうちに休みの多い良い会社に転職することも挙げられます。

懲役40年とか、40年も働きたくないと考えてしまうのは、休みが少ないブラック企業に勤めているからではないでしょうか?

ブラック企業というほどではなくても、休みが少なく、労働環境が悪めな会社も多いです。

特に休みが少なめな会社ですと、40年も働くのは、とてもきついです。

 

幸い今は有効求人倍率も高いですし、転職もしやすくなってきています。

仕事が多い今のうちに、休みの多い、良い会社に転職してしまうと良いでしょう。

⇒約8割が非公開求人!ホワイト企業転職なら【マイナビエージェント】

まとめ

特に労働環境の悪い会社で働いている人ほど、懲役40年に近い状況になってしまいます。

最近は人手不足の会社も多いので、働き方改革とは無縁で、死ぬほど働かされている人も多いですからね…。

他人よりも少しばかり高い給料がもらえたところで、懲役40年と言えるほど働かされていては、使う暇もなく、仕事だけの人生になってしまいます。

 

まぁ今は仕事も多いですし、転職もしやすくなってきています。

仕事が多い今のうちに、もっと休みの多い、労働環境の良い会社に移ってしまった方が良いでしょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。