懲戒解雇でその後再就職する10の方法!これをやれば問題ないぞ!

 

  • 懲戒解雇されてしまった!
  • その後再就職する方法が知りたい!

そういった悩みをお持ちの方も今のご時世珍しくないと思います。

 

世間一般的には懲戒解雇されたなんてなったら「二度と再就職できないぞ!」なんて言われていたりします。

あなたに過失があった場合は社会的な制裁を受けるということですので、仕方ないとは思いますが…。

最近はブラックな会社も増えてきており、不当に懲戒解雇されたなんて言う事例も増えてきています。

正社員は解雇規制があるから!とは言いますが、ブラックな中小零細企業なんて未だに不当解雇が横行してたりしますからね。

 

しかし客観的に見たら、懲戒解雇なんて言ったら貴方に重大な責任があるとみなされてしまうのが現状です。

ですがやり方次第でその後再就職することは十分に可能ですし、働かないと生活していくことができませんからね。

この記事では、懲戒解雇されてしまった後に再就職したい時の対処法についてまとめてみました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

miidas

懲戒解雇されてしまう人は少なくない

最近はあなたのように、懲戒解雇されてしまう人は少なくありません。

懲戒解雇なんて労働者側の責任にされることが多いですが、結構「不当な懲戒解雇だ!」ってことで労働審判などで争われたりしていますからね…。

ネットで検索すると「懲戒解雇なんて自己責任!」なんて論調が強いですが、なぜ企業側に問題がある可能性を考慮しないのか?本当に不思議です。

みんな思考停止で自己責任と言いたいだけなんだと思いますけどね。

 

ネットやSNSを見てみても、

この求人広告に応募する人がいるとは思えないし、いずれ労基が改善命令を出すでしょうから、まあ放置プレイでよろしいかと。(^o^)
でも、前科のある人や懲戒解雇された人でも雇う介護施設が名古屋に実在するんです。もしかしてここも…

 

主人が会社に出してしまった負債に対しての損害賠償を請求されてます
当時主人は懲戒解雇になり社会的制裁を受け、その後亡くなったのですが…
私も余裕ないので法テラスに相談に行きます

 

ある日突然に会社を懲戒解雇された。
不当解雇だと労働基準局へ行っても、会社が来て欲しくないって言ってるからねーと呑気な返事。
何故こんな事が起きるの?
前社長が亡くなって、後を引き継いだのが入社以来嫌がらせをしてきた男。
自分が嫌いな社員を追い出すなんてありえない!
#行政訴訟

 

おとといの団交。大卒の新卒社員が「働きぶりがわるい」と退職勧奨を受け、それを拒否したら、あれこれと過去の事実を羅列して懲戒解雇された。会社の就業規則に従っても懲戒解雇はできないし、そもそも不当解雇だと組合側は主張。会社側は反論不能。正社員でもほんとうに簡単に解雇されている。

 

社長の奥さんが気に入らないという理由だけで懲戒解雇された社員がいます、当然不当解雇ですが相手は会社を支配している社長の奥さんです、皆あちらに有利な発言をするので勝ち目は無いので泣き寝入りするほかありません

調べると、ブラック企業に入ってしまったばかりに酷い扱いを受け、終いには懲戒解雇でポイ捨てされた…なんて事例も多いです。

理由も知らないのに懲戒解雇された人を思考停止で自己責任と叩くのは頭が悪すぎますから、やめたほうがいいですね。

懲戒解雇された!その後再就職なんてできるの?

懲戒解雇なんてされてしまったということは余程のことをしでかしてしまったのかもしれませんが…。

ブラックな会社ですと、不当に懲戒解雇されるなんていう事例もありますからね。

まぁどのような形で懲戒解雇されたのか分かりませんが、働かないと生きていけないので何とか再就職する必要があります。

無難に再就職する方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

miidas

懲戒解雇されたことは言わない

どのような形で懲戒解雇されたにしても、懲戒開講されたなんて言ったらまず書類の段階で落ちてしまいます。

面接で言っても落ちてしまうでしょう。

こういうのネットで検索すると「隠すと職歴詐称になりかねないから、絶対に真実を言え!」なんて他人事でが書いてあったりしますが…。

懲戒解雇されたらことなんて正直に言ったら100%落ちますよ。

 

なので、懲戒解雇されたことは言わないようにしましょう。

まぁ履歴書などに書かずに面接で自分から言わなければバレる可能性は低いです。

まぁ面接で聞かれて嘘をついたら職歴詐称などになる可能性はありますが、「前職は懲戒解雇ですか?」なんて聞かれませんので、適当な退職理由を言っておけば問題ありません。

「バレたらまた懲戒解雇されますよ!正直に言いましょう」なんて書くサイトが多いが…

検索すると

  • 懲戒解雇を隠すのはNG!
  • バレたらまた懲戒解雇になる可能性が!
  • 正直に書いたほうが無難!
  • 受け入れてくれる会社を探しましょう!
  • まずはエージェントに相談しようね(アフィリリンク

みたいなクソサイトが多いですが…。

 

ぶっちゃけエージェントも仕事が見つかる可能性が低い人に時間を使いたくないので、登録したものの放置されることが多いです。

懲戒解雇なんてされたことがある人自体が少ないですから、そんなサイトの記事を書いているライターも無難でテキトーなことしか言えません。

まぁ普通、懲戒解雇された人材なんて書類の時点で落としますし、「こんなこと正直に書いちゃう人なんて、本音と建前が分かってなさそうだから常識がなさそう」なんて理由で私なら落とす気がします。

懲戒解雇されたなんて書いたらスタートラインにすら立てませんから、適当にウソではない退職理由を言っておけばそれが一番無難です。

miidas

離職票を再就職先の会社に提出しなければバレない

そもそも懲戒解雇というのは、デメリットとしては離職票に重責解雇と記載される程度のことです。

つまりは離職票を再就職先の会社に提出しなければまずバレません。

普通離職票なんて再就職先の会社に提出しませんからね。

まぁ中にはこう言った懲戒解雇対策として、離職票のコピーを提出させるような会社も中にはあるようですが、少数派です。

離職票は会社を辞めたら失業保険の手続きのためにハローワークに提出しますが、原本はハローワークにあるので言えば一応返却はしてもらえますからね。

賞罰欄のない履歴書を使う

あとは懲戒解雇されたことをどこで伝えるかと言えば、履歴書の賞罰欄です。

ここで何か特別な賞を貰ったとか、刑務所に入っていたとかはここに記載しなければいけません。

懲戒解雇も当然ここに記載します。

ただ、賞罰欄のある履歴書で書かないと職歴詐称になる可能性がありますが、世の中には賞罰欄がない履歴書というのも存在します。

百均の履歴書なんかは項目が少なかったりしてないケースが多いですね。

 

というか最近は若い人ほど「賞罰ってナニ?」と意味すら知らない人が増えているようで、それに合わせて賞罰欄がない履歴書も増えているようです。

そもそも最近はPCで作成した履歴書を印刷して使ったり、Web応募するケースも増えていますから、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

賞罰欄がないのであれば、懲戒解雇の履歴があってもそもそも書きようがありませんので、書かなくても何の問題もありません。

聞かれたら答えればいいですし、「懲戒解雇されたんですか?」なんて聞かれないでしょうから、問題ありません。

miidas

前職の退職理由は適当に嘘ではないことを言う

再就職をするにあたっては、前職の会社を何故辞めたのかということを伝えなければなりません。

ただ正直に「懲戒解雇されました!」なんてことを言う訳に行きません。

まぁ嘘をつくと職歴詐称になる可能性はありますが、適当に嘘ではない退職理由を言っておけばいいでしょう。

 

大抵どんな会社員も自分の会社に不満の10個や20個あるものですし。

適当にスキルアップのためとか、人間関係が悪すぎたとか言っておけばいいでしょう。

嘘ではないでしょうからね。

派遣の仕事などをして前職をロンダリングする

あとは懲戒解雇されたことを隠しても、履歴書にその会社の名前が書いてあると前職調査をされるリスクもあります。

ただ大抵調べるのは直近の前職の会社だけのことが多いです。

さすがに履歴書に書いてある会社名全部電話して調べるのは大変ですし、興信所への依頼でもなければそこまでしません。

あまりに何年も前の会社ですと、問い合わせても当時のあなたを知っている担当者がいなかったり、窓口の人間が変わっていたりして対応も変わってきますからね。

 

つまりは直近の前職を他の会社名にしてロンダリングすることができれば、前職調査をされても懲戒解雇がバレる可能性は下げることができます。

なので、採用されやすい派遣の仕事でも1年とか半年ぐらいやって職歴をロンダリングするのも良いかもしれません。

あまり長く続けてしまうと、ただのフリーター歴になってしまい再就職に不利になってしまいますが…。

「派遣バイトしながら転職活動してました」というなら別に普通ですし、ダラダラ失業保険貰ってた人よりは好印象でしょう。

懲戒解雇がバレることのデメリットの方がでかいので、このぐらいやって安全策を取るのもいいでしょう。

miidas

信用が殊更必要な職業は避ける

懲戒解雇された後再就職するには懲戒解雇を隠す必要がありますが…。

あまりうるさい会社ですと、しつこく前職調査をする会社も存在します。

今は個人情報を保護法によって前職調査は違法になったのですが…。

特に信用が殊更重要視される職業ですと、採用試験を受ける前に前職調査に遠いさせる書類にサインさせられることもあります。

そういったものを用意している会社ならばまだ良心的で、黙って前職調査をするような会社も後を絶ちませんね。

 

よく言われているのは

  • 金融業
  • 警備業
  • 公務員
  • 一部の大企業

こういった職業ですと、信用が重視されるためしつこく前職調査をするケースが多いようです。

まぁ懲戒解雇なんてされた人ですと、再就職先はハローワークに出ているような中小零細企業が多いでしょうから、あまり気にする必要もないかもしれません。

前職調査する会社に当たったら諦める

懲戒解雇をなんとかバレないように隠して再就職することは可能だとは思いますが…。

会社にも色々ありますので、しつこく前職調査をするような会社に当たってしまう可能性も十分考えられます。

これについては前職調査する会社に当たったら諦めるしかないでしょう。

会社なんて星の数ほどありますし、今は人手不足の影響で刑務所に入っている前科者ですら刑務所で合同企業説明会を開いたりして、採用しようとしている企業も増えてきていますからね。

人の過去を詮索して、それだけで人格を判断するようなねちっこい会社は、こちらから願い下げしたほうがいいでしょう。

 

なんかネットを見ると

  • 職歴詐称がバレてクビになった
  • 懲戒解雇隠して入社してバレてクビになった

なんて言う事例が出ていたりしますが、運が悪ければそうなる可能性はありますよそれは。

ですが仕事なんて他にもあるんですから、さっさと新しい仕事を探せばいいんです。

真面目に働いている社員であれば、この人手不足のご時世、バレてもなかなかクビにはならないでしょう。

miidas

できるだけ遠い場所で仕事を探す

懲戒解雇されたことを隠して再就職しても、どうしてもバレる可能性は否定できません。

なんとか採用されることができても、途中で取引先の人間が知り合いだったり前の会社の人間だったりしたりする可能性は否定できませんし。

後からかつての同僚が入社してくる可能性も否定できません。

 

なので、できれば遠い場所で仕事を探した方が良いかもしれません。

そうすればあなたを知っている人間に遭遇する可能性をかなり下げることができます。

前職と同じ業界で再就職は諦める

懲戒解雇されてしまったのであれば、前職と同じ業界で再就職することは諦めた方が賢明かもしれません。

特に上で述べたような信用性が重視される業界についていた場合は、そもそも業界自体が狭かったり認可制の業界だったりして結構横の繋がりがあったりします。

前職調査をされるケースが多いですね。

 

まあこれは業界によっても変わってきますけどね。

介護業界みたいな明らかに人手不足の業界ですと、マジで誰でもウェルカムなので、前科者でも普通に採用されたりします

というか最近は再犯防止のために刑務所内の職業訓練も強化されており、特に求人の多い介護系のコースは就職率が高いようですね…。

⇒介護資格を0円で取得!未経験からの高時給介護求人なら【かいご畑】

miidas

自営業になる

あとはそもそも再就職しようとするから懲戒解雇隠す可能性が出てくる訳で、自営業であれば何の問題もありません。

あなたが自分の雇い主ですしあなたが社長ですからね。

なので、いっそのこと自営業になるというのも手段の一つです。

 

幸い最近はネットでも手軽にお金を稼げる手段が増えてきていますし。

クラウドソーシングなどであれば、未経験でもライターの仕事ぐらいは受けられますし。

会社員並みとかそれ以上、あるいは月収100万円以上稼いで法人化しているような方もいらっしゃいます。

懲戒解雇されてあなたも痛感したでしょうが、雇われ人というのはしがらみも多いですし、過去を一々詮索する傾向にあります。

まぁ最初はすぐには稼げないかもしれませんが、少しずつこういった方向で稼ぐ方向で考えるのも良いかもしれません。

⇒月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】


今なら仕事多いので再就職の可能性は高い!

懲戒解雇されてしまったなんてなるとかなり落ち込んでいるかもしれませんが…。

まぁ幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

懲戒解雇されたことをバカ正直に書類に書いてしまったら100%書類で落ちてしまうとは思いますが…。

ガチで人手不足で倒産寸前のような会社ですと、それでも雇いたいという会社はあるかもしれませんし。

今はあまりの人手不足で、現場作業系の仕事であれば刑務所内で合同企業説明会を開いて人材確保しようとする会社があるほど、人がいなくなってきたりもしますからね。

 

まぁ今ならば要領よくやれば以前の会社よりも良いホワイト企業に入れる可能性すらあります。

帝国データバンクの2022年8月の調査によると、49.3%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に旅館ホテル業では72.8%と深刻な人手不足となっています。

そのぐらい仕事は増えてきていますからね。

懲戒解雇されてしまったなんてなるとかなり落ち込んでいるかもしれませんが、めげずに再就職を目指していきましょう。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【LIBZ】

リモートワークやフレックスなど、新しい働き方を取り入れている企業求人専門の転職サイト。

家や旅行先で自由に働きたい!という夢を持っている方には特におすすめです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。