朝になると仕事行きたくない!出社がイヤで布団から出たくない時の対処法

 

  • 朝になると仕事行きたくない!
  • 朝だるくて布団で寝てたい…

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないかもしれません。

 

特に最近は労働環境も人間関係も悪いブラック企業も増えてきているため、あなたのような悩みを持つ方は少なくありません。

最近は仕事が原因で病んでしまう人も多いため、精神疾患の労災件数も右肩上がりで急増しています。

厚生労働省が発表した2021年労災補償状況によると、仕事のストレスによる精神障害の労災認定件数は629件と過去最多になっています。

大抵は黙って泣き寝入りして辞めていくため、氷山の一角と言われていますね。

最近のブラック企業は本当に底が知れないほど酷いですから、会社に行きたくなくなるのも当たり前です。

 

しかし仕事をしないと生活していくことができませんから、なんとかする必要があるかもしれません。

この記事では、朝になると仕事に行きたくない時の対処法について解説しました。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

朝になると仕事に行きたくないと感じる人は多い!

最近はあなたのように、朝になると仕事に行きたくないと感じる人は多いです。

ネットやSNSを見てみても、

最近な、朝になると、仕事行きたくないってグズる自分に、困ってんの、すぐ起きればなんてこと無いと思うんやけどな

 

朝になると仕事行きたくない病発するの本当やめたい…
毎朝吐くし…

 

朝になると、仕事行きたくない衝動にかられるのは、うちだけ?
あいつがいるとまじで、吐きそう行きたくない・・・

 

夜になると落ち着いて明日は仕事行こうと思うのだけど朝になると仕事行きたくないってなってる。

 

朝になると
仕事行きたくないなってなる
今日は布団の上でいたいってなる
朝がキライ

こんな意見が散見されますね。

最近は本当に酷いブラック企業が多いため、会社に行きたいと考える人を探すほうが難しいでしょう。

朝は体が起きてない!仕事に行きたくないのも当たり前

あなたのように、朝になると仕事に行きたくないと感じる方も珍しくありません。

ブラック企業など会社側に問題があるケースもありますが、単に朝だから仕事に行きたくないと感じているだけかもしれません。

朝はまだ体が起きていませんし、リラックスする副交感神経から、活動を司る交感神経に切り替えなければならないため、自律神経の切り替えがしんどいのです。

かといって、夜の間ずっと交感神経が働いていたら寝られませんので、なんとか自律神経を切り替えて生きていかなければならないのです。

「昼や夜はそこまで仕事に行きたくないわけではないが、朝になると行きたくない」となる原因は、ほぼこれで説明がつくと思います。

朝の日課を作り、スムーズに体を起こすしかないかも

しかしこれは毎日のことですから、毎日そんな苦痛に感じていたら生きること自体がイヤになってしまいかねません。

なんとか毎朝の日課を作って、スムーズに自律神経を切り替えていくしかないでしょうね。

人間は習慣の生き物なので、「朝目覚めたらこれをやる」というのを機械的に条件づけて行動していけば、慣れればそれをやらないと気が済まなくなります。

まぁ朝起きたらすぐに顔を洗うとか、窓やカーテンを開けて空気を入れ替えたり日光を浴びるとか、そういう自律神経を切り替えるスイッチを作っておくしかないでしょう。

あまりに仕事に行きたくないなら、いっそ今日は休んでしまうのも手

ですが社会人生活は長いですし、朝仕事行きたくないなんて日も結構あったりします。

特に労働環境や人間関係の悪いブラック企業ですと尚更だと思います。

なのでいっそ今日は休んでしまうというのも手段の1つです。

仕事に行きたくないんですから、たまには休んでしまっても良いのではないでしょうか?

 

こんなページを見ている人は、どうせ有給休暇も貯まっている人が多いでしょう。

たまには休んでも罰は当たらないと思います。

「仕事行きたくないのは甘え!」なんていう世間の声は無視!人生は長期戦なのでたまには要領よく休もう

しかしこんなことを言い出すと、世間の人たちは

  • 社会人なんだからそんな理由で休むのはあり得ない!
  • そんな理由で休むのは甘え!
  • 朝仕事行きたくないのはみんな同じ!

なんて意識の高いことを言ってくる傾向にありますが、こんな何の役にも立たない言説を真に受けていたら精神を病んでしまいます。

社会人生活なんて長いんですし、たまには要領よく休んでいかないとやってられませんよ。

 

特にこれからは「人生100年時代」なんて恐ろしいことも言われていますし、年金も貰えるか怪しいです。

これからは「死ぬまで働く時代」なんてことも言われているため、人生は長期戦です。

昔は「人生50年」なんて言われていたので、もっと短く考えていれば良かったのですが…。

医療の発達で寿命が延びてしまっているため、もっと長い目で見ていくしかありません。

長い人生の1日や2日休んでも誤差にもなりませんので、今日のところは休んでしまいましょう。

体と頭を起こすため、朝風呂に入る手も

朝になると仕事が行きたくないというのは私も同じです。

やはりリラックスする副交感神経から交感神経に切り替わるタイミングでは、なかなかうまくいかなかったりしますからね。

苦痛なく会社に行くためには、とにかく身体と頭を起こす必要があります。

それには交換神経を働かせる必要があるんですね。

 

そのために一番いいのは朝風呂に入るというのも手段1つですね。

風呂に入ると交感神経が刺激されますからね。

朝スーパー銭湯に行って、サウナと水風呂に入ってから出勤する人たちも

自律神経を整えるためには、サウナと水風呂に入るという手もあります。

最近はサウナブームもあり、毎朝スーパー銭湯などに通って、サウナと水風呂に入ってから出勤する人たちもいるようです。

そうすると完全に頭と体が目覚めますし、シャキッとしますからね。

大抵は早朝割引などがあったり、回数券や月額使い放題プランなどがあるケースもあるので、比較的安く通えます。

 

私も以前近所のスーパー銭湯に毎朝通ってから出勤していたことがありますが、人生が変わったレベルで午前中のパフォーマンスが良かったです。

ただ入浴は体力を使うからか、午後からはバテてしまうこともありましたが…。

まぁ午前中なんて眠くてやる気が出ない人が多いでしょうから、ピークを午後に持っていくか?午前中に持っていくか?の違いだけかもしれません。

こういった手段で朝対策をしていくのも良いでしょう。

交感神経を刺激するため、早起きして運動する手も

朝になると仕事が行きたくないという気持ちはわかるのですが…。

やはりそれは頭と体が起きていないからだと思います。

なので頭と体を起こして交感神経を働かせるためにも、早起きして運動するのも手段の1つです。

最近はそういった朝活をする人も増えてきていますからね。

 

まぁ早朝から激しい運動をするのは、体に負荷がかかってあまり良くはないのですが、

  • 散歩
  • 軽いジョギング
  • サイクリング

このぐらいだったらやってる人は結構います。

適度に体を動かすことで頭と体が目覚めることができるんです。

 

普通に社会人生活をしていたら、遅くまで残業してなかなか仕事終わりに運動する機会などありませんからね。

何より仕事終わりは疲れていますし、それよりは疲れてたら寝てしまい早朝起きて運動する方が体力も回復しています。

頭と体も起きていれば、朝仕事行きたくないなんていう気持ちも湧いてきませんからね。

朝になると仕事行きたくないのは、うつ病の可能性も…

あなたのように朝になると仕事に行きたくないという方も珍しくはないのですが。

正直字面だけ見たら、「朝になると仕事行きたくない」なんてかなりうつ病っぽいんですが…。

っていうか心療内科などを受診して、

  • 朝になると仕事行きたくありません
  • 朝になると憂鬱なんです
  • 朝会社に行くことを考えると死にたくなります

こんな風に言ったら、医者によっては普通に鬱病認定されて薬を出されるような気がしますが…。

 

まぁ割と日本の精神科医は、カジュアルにうつ病認定して薬を出したりしますね。

それで認定されれば、

  • 診断書を盾に休職をすることもできる
  • 休むこともできる
  • 病気のせいにできれば安心する

などのメリットもあります。

まぁ抗不安薬などの薬ぐらいだったらくれると思うんですが。

あまりに朝行きたくなくて憂鬱で精神的にきついようであれば、行ってみるのも良いかもしれません。

あまりに苦痛な会社なら、早めに転職も検討

あなたのように、朝になると仕事に行きたくないという方も今のご時世珍しくはないのですが…。

やはりそんな思いを抱えながら毎日、あと何十年も定年まで働いていくのは厳しいのではないでしょうか?

これからは「人生100年時代」なんて恐ろしいことも言われていますし、仕事と付き合っていく時間が以前よりも長くなっているわけですからね…。

そんななか、朝になると仕事が行きたくないなんて思いを抱えながら、定年まで働くのはかなり厳しいと思います。

 

あまりにきついようであれば、早めに転職を検討するのも手段の一つです。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

やはり「朝になると仕事行きたくない」なんて、字面だけ見るとうつ病っぽいですし、かなり心身共に疲れているのではないでしょうか?

特に最近は労働環境の悪いブラック企業も多いですし、人手不足の企業も多いため、一人あたりの業務量も増加してきている会社が多いです。

毎日毎晩残業なんてさせられて行ったら精神的に疲弊してきてしまいます。

体も疲れていますと、会社に行くのが憂鬱で朝になると仕事行きたくないなんて状態にもなりがちなんですね。

 

まぁ幸い今は仕事は多いので、あまりにきついようであれば今のうちに転職を検討してしまった方が良いかもしれません。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。