30代がうつ病になったら仕事はどうする?今後の生活が不安な場合の対処法

 

  • うつ病になってしまった!
  • これ仕事続けられないんじゃないの?どうしよう

最近はそういった悩みをお持ちの方も増えているかもしれません。

 

「うつ病は誰でもなる可能性がある病気」と言われていますが、確かにうつ病の患者は増えています。

右肩上がりで増え続け、精神疾患の労災件数も年々過去最高を更新していますからね。

なかなか精神的に厳しい方が増えているのです。

 

ですが本当にうつ病になってしまうと…。

なかなかどうしたらいいのかわかりませんよね。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

精神疾患の労災件数は過去最高!仕事が原因のうつ病も増加!

正直申し上げまして、あなたのように仕事が原因でうつ病になってしまう人というのは増えています。

うつ病患者は平成8年には約218万人でしたが、平成23年には約320万人と、1.5倍以上に急増しています。

それ以外にも仕事が原因でうつ病になる人も増加し、2016年には精神疾患による労災認定件数が約498件と、過去最高を記録しています。

これは認定されただけの数で、精神疾患の労災申請も1586人と過去最高になっています。

 

日本人は我慢強いですから、実際はこんなの泣き寝入りしている人が相当な数に上るでしょう。

実際はもっとたくさんいると思いますね…。

最近は人を人とも扱わないような、悪質なブラック企業が増えているのです。

大企業や公務員でも例外ではありませんし、パワハラなどを行う会社は企業規模問わずどこにでもあります。

 

うつ病は放置すると最悪死ぬ可能性も

うつ病というのは「死に至る病」とも言われており、放置しておくと最悪死にかねない病気です。

毎日何回も希死念慮が出てしまい、本当に死んでしまう人もいます。

私の知り合いや近所の人でも、実際うつ病から死んでしまった人いますからね…。

他人事ではないのです。

 

最近は人手不足の会社も多いので

  • 「うつ病くらいで休めない」
  • 「というか休ませてくれない」
  • 「休職するなら辞めろと言われる」

こんな会社が増えていますが…。

ストレス源は会社なのですから、そのまま働き続けたら更に悪化してしまうでしょう。

療養に専念するか、環境を変えることも必要かもしれません。

 

ただ、精神科の医師は薬しか出さない人も多いので…

ですがうつ病の時に頼りになるべき精神科の医師も、最近はあまり腕がいい人がいないみたいなんですよね…。

こんなの滅多なことは言えませんが、

  • 「薬だけ出しておけばいい」
  • 「というかそれが一番有効な対処法だし」
  • 「人の内面なんてよくわからないし…」

こんな感じで、薬しか出さないような医者もおおいようです。

なんか書籍とかだと「精神科医が人を見抜く20のテクニック」みたいな本が売ってたりしますが、そんな凄い人はごく一部だと思いますよ…。

うつ病の患者なんて年々増えてるんですから、そんなにじっくり一人に向き合えません。

 

結果、薬を出すべきではない人にまで薬を出してしまい、副作用で悪化してる人までいるようですからね。

うつ病の薬なんて中枢神経に作用する、いわば麻薬と同じですから、当然大きな副作用があるのです。

すぐに薬を勧めてくるような医者を頼るのは、ちょっと考えた方がいいかもしれません。

数は少ないですが、認知行動療法やカウンセリングを用いて症状を和らげてくれるような医者を捜した方がいいでしょう。

ただ本当にそういう腕のいい医者は少ないみたいですが…。

ですが薬なんて対症療法に過ぎませんから、そうやって患者の内面に働きかけるか、環境を変えるしか根本的解決策はありません。

 

とりあえず退職して傷病手当や失業給付で生活もアリ

とりあえず今の会社がイヤすぎて辞めたいのであれば、とりあえず退職してしまうのもいいと思います。

うつ病であれば、申請すれば健康保険から傷病手当金が貰えるはずです。

社会保険に入っていないとだめですが…。

 

或いは雇用保険をかけているのであれば、失業給付をもらいながら生活するのもいいと思います。

傷病手当金と併用はできませんが、とりあえずは今の給料の約6割くらいは貰えます。

自己都合退職ですと三ヶ月の待機期間がありますが、うつ病が退職理由ならば「特定受給資格者」という扱いになり、すぐに失業給付の対象になります。

 

あとは職業訓練を受けることでも自己都合の待機期間がはずれます。

それに職業訓練を受けている間は、失業給付の期間が延長して貰えます。

長い訓練だと半年とか一年以上のものもありますから、当面は収入を確保できると思います。

とりあえずそんな感じでなんとか収入を確保する方法はありますから、うつ病になるほどきついのであれば退職してしまうのもいいかもしれません。

→ハロートレーニング 厚生労働省(外部サイト)

 

在宅で働いてみるのも手段の一つ

或いはもううつ病になってしまったような人ですと、

  • 「外で働くのが怖い!」
  • 「もう会社員はこりごり!」

って人もいるかもしれません。

実際そうやって働くことがトラウマになってしまい、長期ニートになってしまう人も多いのですが…。

 

でしたら、在宅で働いてみるというのもいいかもしれません。

最近はネットの発達で手軽にネットで稼げるようになってきていますからね。

「クラウドソーシングサイト」などを使えば、素人でも手軽に仕事を請けられるようになってきてますから。

実際、外で働けない子育て中の主婦や、あなたのようにうつ病になってしまった人が在宅で働くというのはよくあるパターンです。

これで会社員以上に稼いで独立してる人もいますからね。

これを機に、こういった道に進んでみるのも手段の一つです。

→月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

 

今は最悪非正規でも生きられるので、あんまり気負わないように

うつ病になってしまったというのは、大変つらいと思います。

うつ病になってしまったのを機にキャリアも壊れ、社会復帰できなくなってしまう人も多いですし。

うつ病などの精神疾患になってしまうと、会社を辞めさせられる、みたいなケースも珍しくはありません。

 

ですが幸い今は有効求人倍率も高いですし、仕事はいくらでもあります。

少子高齢化や団塊世代の大量退職により、そもそもの労働人口自体が減ってきているのです。

正社員の有効求人倍率も1倍を越えていますからね。

非正規でもいいならそれこそ大量にありますし、現状でも定年後の高齢者をフルタイムで働かせないと、社会が回らなくなってきていますからね。

今はあまりの人手不足で、40代までひきこもってたような人でも非正規の仕事くらいは見つかっています。

そのくらい今の少子高齢化や人手不足はやばいんです。

日本人の平均年齢も46歳越えましたし。

 

別にうつ病になって多少ブランクが空いたくらいでは、正社員は難しくなるかもしれませんが非正規の仕事なら見つかります。

最近は法律が変わって、条件を満たせばバイトすら社会保険くらいは入れるようになってきていますからね。

最低賃金も上がってきていますし、東京ならバイトの高校生ですら時給1000円くらいは貰っています。

とりあえずは非正規でも月20万とか30万くらいなら頑張れば稼げる時代ですから、「最悪非正規でも生きて行ければいいや」くらいに気楽に考えた方がいいかもしれません。

 

うつ病になる人って真面目で危機感もって暮らしてる人が多いと思いますけど、あんまり気負いすぎるから潰れるのかもしれません。

そうやって退路を確保し、もっとテキトーに生きていったほうがいいと思います。

仕事なんて金稼げりゃなんでもいいですからね。

 

まとめ

うつ病になってしまったのはつらいと思います。

とりあえずは休んでストレス源から距離を置くか、環境を変えてくしかないと思いますね…。

こういう時「うつ病の時は、人生の重要な決断を下すな」とか言われますけど、残念ですが休職したり保留にできるような会社ばかりじゃないんですよ。

わが国の労働者の権利や社会保障は、まだまだ未発達ですし。

 

まぁ幸い今は仕事だけはたくさんありますし求職者も減ってますから、労働者自体が貴重になってきてます。

別に数年くらい療養に専念したところで、なんとか仕事は見つかるでしょう。

とりあえずはうつ病をなんとかすることに専念したほうがいいと思います。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。