うつ病で無職ニート!療養中で社会復帰が不安な場合の人生逆転策はこれだ!

 

  • うつ病で無職ニート!
  • お先真っ暗だ…どうしよう

今のご時世、そういった悩みをお持ちの方も珍しくありません。

 

特に最近は労働環境の悪いブラック企業が増えているため、あなたのように精神を病んでしまう方は珍しくありません。

最近は中高年ひきこもりが社会問題になっていますが、その原因は「退職」が一番多く、以前は正社員でバリバリ働いていた人が多いようです(内閣府調査より)。

今は働き盛りの年代のうつ病患者も多く、精神疾患の労災件数も右肩上がりで急増しています。

そうなると退職を余儀なくされてしまうケースも多いですし、あなたのように30代うつ病無職という方も決して珍しくはないのです。

 

しかしずっとそのままというわけにもいきませんし、そんなに資金的に余裕がある人ばかりでもないでしょう。

この記事では、うつ病無職ニートで社会復帰が不安な時の対処法について紹介しますので、参考にしてください。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

うつ病で無職ニートの方は珍しくない

最近はあなたのように、うつ病で無職ニートをしている方は珍しくありません。

ネットやSNSなどを見てみても、

こんな意見が散見されますね。

特に現代はストレス社会と言われているため、それまで正社員でバリバリ働いていた人でも精神を病んでしまい、働けなくなってしまうケースも珍しくありません。

うつ病患者は年々急増!精神疾患の労災は右肩上がり

あなたのように働き盛りでうつ病になり、無職ニートになってしまう方は珍しくありません。

厚生労働省が発表した2021年労災補償状況によると、仕事のストレスによる精神障害の労災認定件数は629件と過去最多になっています。

こういうのは申請せずにそのまま辞めていく人も多いですから、氷山の一角と言われています。

 

特に最近は人手不足や人件費削減のために、一人当たりの業務量が増加している職場が多いです。

結果的に仕事を一人で抱え込むことになり、残業が多く病んでしまう…というパターンが多いと思います。

そういった職場ですと当然ピリピリしてますから、人間関係も悪い傾向にあります。

うつ病で無職ニート!社会復帰が不安な場合の対処法は?

今は傷病手当金や失業保険、あとは貯金などで暮らしている方が多いかもしれません。

しかしいつかは底を尽くでしょうし、働かないと生活していくことができません。

社会復帰は怖いかもしれませんが、なんとか動いていく必要がありますね…。

うつ病無職ニートで社会復帰が不安な時の対処法を解説しますので、参考にしてください。

元気がある日は少しずつでも外に出てみる

やはりうつ病ですと、気分が沈んでやる気も出ない傾向にあります。

だから家にこもってしまっている人も多いと思いますが…。

やはり家にずっといると運動不足になりますし、日光にも当たりません。

 

日光に当たらないとセロトニンが出なかったり、ビタミンDが体内で生成されず、余計に心身共に不調が出てきます。

運動不足も、様々な心身の不調をきたしますし、気分も沈みます。

なので調子のいい日は、少しでも外に出て体を動かした方がいいと思います。

 

精神科医の中には、「30分のウォーキングは、抗うつ剤一本に匹敵する」という説を唱えている人もいるくらいです。

そのくらい外に出て運動すると、気分が良くなるんですね。

まぁうつ病の薬を飲んでいるとはいえ、所詮対症療法に過ぎないですから…。

結局は薬で少しでも動けるようにし、生活習慣を変えていって社会復帰を目指していく必要があります。

社会復帰するなら、給料が安くても働きやすい会社を探す

うつ病になってしまったような方ですと、前職はかなりきつい仕事だったのでしょうか?

無職ニートになっているということは、次の会社を決めてから辞める気力もなく、半ば勢いで辞めてしまったのかもしれませんが…。

そういったうつ病から社会復帰を目指す場合、あまりきつい会社ですと当然長続きしません。

 

なので残業が少なめで働きやすい会社を探していったほうがいいでしょう。

給料が高くて残業も少ない会社が一番いいですが、そんな会社はほとんどありません。

元うつ病となると採用もされにくいでしょうし。

 

ですが給料が低めでもいいのであれば、働きやすい会社は割とあります。

給料安いと辞めてしまう人が多いので、案外あるんですね。

「そろそろ社会復帰しなきゃな…」というほどまでに回復してきているのであれば、そういった働きやすい会社を探していったほうがいいかもしれません。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

外で働くのが難しそうであれば、ネットで稼いでみる手も

或いはうつ病無職ニートの方ですと、もう働くことがトラウマになっている方もいるかもしれません。

無職ニートという時点で結構世間的には厳しい目で見られますが、そうなってもいいから辞めたかったということなのでしょう。

 

でしたら、在宅ワークなども検討してみたほうがいいかもしれません。

幸い今はネットの発達で、気楽にネットでも稼ぎやすくなってきていますし。

ネット副業初心者にお勧めなのは、ポイントサイトですね。

無料会員登録やアプリダウンロードなどの案件をこなすことで、ポイントが溜まり換金できます。

FX口座作成などの高額案件をこなせば、一時的に数万円~10万円ちかく稼ぐことも可能です。

こちらのポイントサイトなら還元率も高く稼ぎやすく、大手企業が運営しているので安心です。

⇒月5万円稼ぐ人も!最強ポイントサイト【モッピー】

職業訓練で社会復帰のリハビリをするのもアリかも

まだ体が動かないレベルの人だと無理な手段ですが…。

「そろそろ働かなきゃな」くらいまで回復してきている方であれば、この方法がいいかもしれません。

ハローワークで募集されている職業訓練校に通うというのも手段の一つです。

私も一時期失業していた時にお世話になりましたが、入学金や学費はほぼ無料かテキスト代のみみたいな感じで通えます。

 

学校なので朝は8~9時までに登校して、夕方16時くらいには終わります。

規則正しい生活が身につきますし、失業者仲間がたくさんいるので孤独感も解消されます。

失業給付を貰っているのであれば、条件を満たせば訓練期間中は延長して失業給付が貰えます

既に失業保険の給付が終了していたり雇用保険が無い方でも、条件を満たせば月に10万円の職業訓練受講給付金が貰えます。

いきなり仕事を探し始めても体がついていかないと思うので、こういったところでリハビリをしてみるのも良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

⇒職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

まとめ

うつ病無職ニートというあなたのような方も、今は珍しくないと思います。

私の周りにも何人かいますし、中には死んでしまった人もいます。

しかしずっと無職ニートですと生活費も尽きてきますし、実際生活が結構厳しい方も多いかも知れません。

貯金が減っていくのは恐怖ですし、なかなか精神的にもきついですからね…。

 

まぁ社会復帰を考えるほどまでに回復してきているのであれば、今度はできるだけ働きやすい会社を探した方がいいと思います。

給料高くても労働時間長かったり、人間関係悪いと長続きしませんからね…。

それならば給料が多少低くても、できるだけストレスが少なく働きやすい会社を探したほうが長く働けるので、結果的にトータルの収入も多くなる傾向にあります。

一日でも若いほうが転職には有利ですから、少しずつ社会復帰のために動き出してみるのも良いかもしれません。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の転職活動
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。