もう転職活動疲れた!何社受けても受からず途方に暮れている時の人生逆転策はこれだ

 

 

  • もう転職活動疲れた!
  • 人手不足とか言ってるのに全然見つからないじゃんかよ…
  • このまま今のブラック企業で働くしかないのか…

そういった悩みをお持ちの方は今は珍しくないかもしれません。

 

私も何回か転職していますが、働きながら転職活動を行うのはかなり大変です。

時間をなんとか捻出して、無理して転職活動を行っている方も多いのではないでしょうか?

面接は平日にセッティングされることも多いですし、その度に有給を取っていくのも、社内の目があって厳しいかもしれません。

一旦会社を辞めて転職活動すると、空白期間が空いて不利になってしまいますからね…。

 

この記事では、もう転職活動に疲れてしまった時の対処法を解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

転職活動に疲れてしまう人は少なくない

最近はあなたのように、転職活動に疲れ果ててしまう人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

仕事探しは物凄いエネルギーが必要ですから、疲れてしまうのも当たり前かもしれません。

もう転職活動に疲れた時に対処法!これで早めに次を見つけよう

仕事探しなんて本当にすごいエネルギーが必要ですから、思ったように仕事が見つからないと疲れてしまいます。

せっかく時間を使って面接を受けに行ったのに、落ちてしまったらムダな時間になってしまいますからね…。

もう転職活動に疲れてしまった時の対処法を解説しますので、参考にしてください。

焦るのは良くない!足元を見られブラック企業に引っかかるリスクが上がる

転職活動が思うように進まないと、やはり焦ってきます。

  • 「早く転職活動を終えたい!」
  • 「早くしないと転職が難しい年齢になってしまう!」
  • 「俺は今の会社で人生終わりたくない!」

こんな感じで焦ってしまう気持ちは分かります。

 

しかしあまり焦ると足元を見られてしまうリスクが高いですし、ブラック企業に入社してしまうリスクが上がります。

焦ると「受け入れてくれる会社ならどこでもいい!」となってしまい、今の会社よりも待遇の悪い会社に入ってしまいかねませんからね…。

転職で年収が上がる人ばかりではなく、年収が下がる人も多いです。

くれぐれも焦らないようにしましょう。

いっそ会社を辞め、失業保険を貰いながら転職活動するのも手段の1つ

やはり働きながら転職活動を進めていくのは、かなり大変です。

最近は人手不足で残業をたくさんさせられている人も多いでしょうし、なかなか転職活動の時間なんて捻出できないですよね。

休日出勤させられている人も多いでしょう。

 

ある意味賭けですが、一度会社を辞めてから転職活動するというのも手段の1つです。

通常は、会社を辞めて無職になってしまうと転職市場価値が下がってしまうので、次を決めてから辞めるのがセオリーなのですが…。

転職活動に疲れてしまったのであれば、仕方ありません。

二兎を追う者は一兎をも得ず…とも言いますからね。

 

幸い会社を辞めても、雇用保険から失業給付が支給されます。

2020年10月からは自己都合退職の待期期間が原則2か月に短縮されたため、以前よりは早く失業保険を貰うことができます。

職業訓練を受けながら失業保険を延長するのも手段の一つ

あとは職業訓練校に通い出せば、条件を満たせば失業給付が訓練期間中は延長されます。

入学金や授業料はほぼタダ、テキスト代のみ実費負担みたいな訓練校が多いです。

雇用保険をかけていなかった方でも、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金が貰えます。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

⇒職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

 

条件を満たせば、申請すれば一定時間内でバイトをすることも可能なので、ある程度収入を確保しながら通えます。

私も給付金を貰いながらバイトをして転職活動をし、正社員で転職した経験があります。

転職エージェントを使い、面接日程に融通を利かせる

もう使っている方もいるかもしれませんが…。

転職エージェント使えば、面接の日程を調整してくれます。

エージェントや会社次第で、平日の夜や、土曜に面接を入れてくれることもあります。

これはエージェントの力量次第ですが…。

 

エージェント経由の方が、比較的待遇の良い質の高い求人が多い傾向にあります。

最近は人手不足で人材採用したい会社も多いですが、会社側もある程度の質の求職者を集めたいと考えています。

エージェントに頼んだ方が、条件を満たした人だけ面接に送ることができるので、会社としても都合がいいんです。

とはいっても今はあなたを必要としてくれる会社もたくさんあると思いますから、エージェント経由で探したほうがいい会社を見つけやすいかもしれません。

 

働きながらの転職活動は本当に疲れますし、心も折れてしまいます。

使えるものは使ったほうが良いでしょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

今の会社もそこまで悪くない可能性も?転職を考え直すのも手

あるいはこういった可能性もあります。

今は本当に仕事が多いので、いい会社の仕事も見つけやすくなってきてるんですが…。

転職して給料が下がったり、労働環境が悪くなったりする人もいますし、後悔している人も結構多いです。

  • 人間関係はいい
  • 休みは比較的自由に取れる
  • 副業オーケー
  • 残業が少ない

と言うのであれば、そこまで悪くない可能性もあります。

 

これまで疲れるほど転職活動してきてあまりに受からなかったのであれば、今の会社に留まる勇気も必要かもしれません。

転職活動がうまくいっていないということは、客観的に見たらあなたの能力はその会社が求める水準に及ばなかった…ということですし。

諦めて今の会社で働く勇気も必要かもしれません。

年収の高い会社に転職成功したものの、新しい環境に馴染めず適応障害に…というケースも少なくありませんからね。

今の会社は、実はそこまで給料が低くない可能性も?

転職する際の理由として、「給料が安い」というものがあります。

日本人の平均年収は400万円ちょっととか、男性に限れば500万円ちょっと…と言われていますが。

平均というのは、一部のものすごい稼いでいる人たちが引き揚げる傾向にありますから、実態とは結構かけ離れています。

 

実態に近い「中央値」を見ると、会社員の平均年収は約350万円ほどと言われています。

男性に限っても、400万円台前半と言われています。

しかも人口が一極集中している所得の高い東京の人たちが平均を引き上げますから、地方の人だと更に安いです。

正社員が約8割の男性だけのデータでも、年収300万円台の会社員が一番多いですからね(国税庁「民間給与実態構造調査」より)。

そもそも年収400万円以下の会社員は約6割もいて、男性のみでも約4割は年収400万以下です。

 

平均年収のデータの母数の平均を見ると「平均年齢45歳」「平均勤続年数15年」とか小さく書いてあったりするので、勤続年数が短くて若い人であれば、決して低くない可能性もあります。

給与水準の低い地方在住だとそもそも都会に引っ越したりしないと、それ以上年収が上がりにくいケースも多いので、自分の年収が高いのか低いのかは慎重に判断しないといけません。

しかしどう考えても低すぎるなら早く転職しよう

ですが逆にそのぐらいも稼げていないようであれば、さっさと転職してしまった方が良いかもしれません。

そのぐらいの年収帯の仕事であれば、今は有効求人倍率の高まりに伴って、かなり増えてきていますから。

いまどき、薄給と言われている介護職員ですら年収300万円ぐらいは稼げるようになってきていますからね…。

東京ですと人手不足で時給も高騰しているので、派遣ですら時給1500円以上とか時給1700円とか出たりします。

 

年収300万とか400万円の仕事でもいいのであれば、無理に在職中に転職活動しなくてもいいかもしれません。

そのくらいのレベルの求人であれば、一旦無職になっても見つかりますし、職業訓練校を出て就職しても見つかります。

まぁ一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

働きながらの転職活動というのは本当に大変なので、あなたのように疲れてしまう気持ちもわかります。

ですが、今は本当に人手不足の会社が多いので、一旦辞めてからでも別に仕事なんて見つかります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

働きながらの転職活動はかなり大変ですし、焦って変な会社に入社してしまうリスクも上がってしまいます。

 

まぁ幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の転職活動
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。