30代で退職後の過ごし方はどうする?辞めてからダラけないためにはこれをやれ!

 

  • 30代で退職してみたもの…
  • この後の過ごし方はどうしよう?

今のご時世、そんな悩みをお持ちの方は少なくありません。

 

最近は転職も一般的になってきていますし、30代程度で会社を辞める人も多いです。

最近は「30代でFIREしてセミリタイア生活してます!」なんて人も増えていますから、30代で転職せずに退職…という人は少なくありません。

転職先を決めずに「とりあえず一度辞めてゆっくりしよう」なんて考える人も結構いるかもしれません。

特に日本の労働環境は悪い傾向にあるため、退職しないとゆっくりなんてとてもできませんからね…。

 

しかし30代ともなるとその後の生活が心配かもしれません。

この記事では、30代で退職後の過ごし方などを解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

勇んで退職したもののその後どうしよう…?と途方に暮れる方は少なくない

次を見つけてから辞めるのがセオリーですが、無鉄砲に会社を退職してその後どうしよう…?と考える人は少なくないようです。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

 

「資産構築して30代でFIRE!」とか30代で退職後に転職活動に専念するとかなら良いですが…。

闇雲に退職するとその後だらだけてニートやひきこもりになってしまう人も多いため、あまりお勧めはできません。

まぁ労働時間の長いブラック企業勤務だと在職中に転職活動なんてまず無理ですから、仕方ないとは思いますが…。

30代で退職後の過ごし方!これでだらけずに有意義に過ごそう

30代で退職後の過ごし方を調べている人なんて、「しばらくゆっくりしよう」とか考えている人も多いかもしれませんが…。

一度だらけてしまうと動き出すまでにエネルギーが必要ですから、計画的に動いていったほうが良いです。

30代で退職後の過ごし方を解説しますので、参考にしてください。

失業保険の手続きや国民年金、国保の手続きを

30代で退職したら、まず失業保険の手続きをしましょう。

まぁこれからも働く意思のある方が対象ですから、「しばらくニートします!」という人は対象にならないので必要ありませんが…。

少しでも仕事を探す意思があるなら対象になりますし、まぁみんな受けますね。

会社から離職票が届いたら、ハローワークに手続きに行きましょう。

ハローワークインターネットサービス - 雇用保険手続きのご案内

 

あとは無職になると厚生年金から外れて国民年金になり、協会けんぽなどからも脱退して国民健康保険に加入します。

これらは会社から送られてくる健康保険の脱退証明書などを持って、役所で手続きします。

国民年金は失業を理由に免除申請できる可能性がありますので、申請しておいたほうが良いかもしれません。

国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度|日本年金機構 (nenkin.go.jp)

国保も自治体によっては、失業理由によって減免を受けられる可能性がありますので、自治体の窓口やHPで確認したほうが良いでしょう。

住民税の支払いも忘れずに

一番怖いのは住民税ですね。

会社員をしていると給料から天引きされていますが、会社を辞めたらあなたに直接請求が来ます。

所得が高い方だと数十万円単位で一気にお金が出ていく可能性があるので、貯金がないと詰みます。

私が住んでいる自治体ではありませんが、自治体によっては失業を理由に免除や減免制度が使えるケースもあるようなので、お住いの自治体のHPや窓口で確認してみると良いでしょう。

30代で人生が決まる説もあるので、だらけずに動いたほうがいい

30代で退職後ゆっくりしている、ゆっくりしたい方も結構いるかもしれませんが…。

残念ですが、30代で結構人生は決まってしまいます。

「20代で人生決まる」って言う人もいますが、まだ20代程度ならスタートラインですからね。

 

ですが30代になると転職も難しくなってきたり、異業種への転職も難しくなってきます。

社会的にもいい歳した大人とみなされますからね。

まぁ仕事に疲れて一時的に退職して休みたくなる気持ちはわかりますが…。

あんまりブランクが空くと、社会復帰が結構厳しくなります。

それほどダラダラしないうちに、社会復帰しておいたほうが良いかもしれません。

30代で退職後は職業訓練でも受けてみるのもアリ

やはり退職してしまうと、ダラダラしてしまう人が多いです。

会社に勤めていれば、毎日会社に行かなくてはならず、強制的に規則正しい生活が強いられましたが…。

退職して無職になってしまうと、会社に行かなくてもいいですから生活リズムが乱れがちです。

生活が乱れがちな人の場合は、退職後は職業訓練校に通うというのも手段の一つです。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

⇒職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

 

入学金は無料か格安で通えて、テキスト代のみで通える訓練校が多いです。

しかも訓練期間中は条件を満たせば失業給付が延長されますし、雇用保険をかけていなかった人でも条件満たせば月10万円の職業訓練受講給付金が貰えます。

長い訓練なら半年とか一年以上のものもありますので、単に無職するなら職業訓練でも受けた方が良いと思います。

訓練校なんて夕方には終わりますから、自分の時間もたっぷり取れます。

退職後は孤独になってしまいますし、すぐ飽きて持て余す可能性が高いので、どこか通える場所があったほうが良いと思います。

一刻も早く仕事を探したほうが良いかも…

或いはやはり、空白期間が空いてしまうと次の仕事を探す際も不利になります。

企業はブランクの無い、「普通に働き続けている人材」を採用したがる傾向にありますからね。

ましてや20代の若者ならまだしも、30代となると転職の年齢要件に引っかかり出す年齢ですからね。

早めに次の会社を見つけておくに越したことはありません。

 

なので退職後は一刻も早く仕事を探すのがいいと思います。

しかも今なら有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすいですし。

比較的労働環境の良い会社も、見つかりやすくなってきています。

 

なぜ前の会社を辞めたのかわかりませんが、多分ブラックな会社だったからでしょう。

残業が少なく休みも多いホワイト企業であれば、退職後ゆっくりしなくても普段から趣味の時間なども取れますからね。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

退職後は旅行に行きまくるのもアリ

或いは、どうせしばらくしたらまた仕事を探す羽目になると思います。

貯金もたくさんある方も少ないでしょうし、もう30代となると焦りもあるでしょうし。

ですが再就職してしまうと忙しくなり、旅行なども気楽に行けなくなってしまいます。

長期の旅行となると、ほとんど行けなくなると行っても過言ではありません。

 

なので今のうちに、退職後は旅行に行きまくっておくのも手段の一つです。

再就職してしまったら、もう二度と行けない可能性もありますからね。

最近は働き盛りの若者の突然死なども増えていますし、人間いつ死ぬかわかりませんし。

 

それに、「旅行に行きまくっていた」というなら、再就職活動の面接でもウケは悪くないんですよ。

そういった何かしらアクティブに活動していたのであれば、企業側も納得する場合も多いですから。

何もせずダラダラニートしてましたってのが一番まずいです。

何かしらの活動に打ち込んでたなら体力もコミュニケーション能力も落ちないし、企業側も安心しやすいんですね。

グズグズしてると時間はあっという間!計画的に過ごそう

あなたも気付いていると思いますが、30代くらいになると時間が経つのが早いです。

一年があっという間!という感じになっていることに気付いている方も多いのではないでしょうか?

なので30代で退職後どうしよう?と思っていても、悩んでいるだけでどんどん時間が過ぎ去っていきます。

悩んでる間にさっさと転職活動してればもう働き始めてたかもしれませんし、海外旅行の1回や二回くらい行けるかもしれないのに…みたいになりかねません。

 

なので慎重に計画を練るのもいいのですが、あんまりグズグズしてても時間の無駄です。

人生の時間は限られていますし、

  • 「とりあえずやってみる!」
  • 「とりあえずどっか行ってみるかぁ」

こんな感じの気楽な感じでもいいから、何かしら行動を起こしてみることをお勧めします。

走りながら考える感じですかね。

しかし実際何かやりながらのほうが頭も働くし、「こんな仕事を次はしてみたい!」って発想にも繋がりやすいです。

「気付いたらもう40代に!」なんてことにもなりかねませんので、あまりだらけずに動いていったほうが良いでしょう。

まとめ

30代で退職となると、世間的には

  • 「いい歳して何やってんだ!」
  • 「転職活動大丈夫なの?」

なんて言われる傾向にあります。

35歳くらいを境に、受けられる企業も減っていきますからね…。

 

ですが無職期間は貴重なので、やりたいことはできるだけやっておくべきです。

どうせお金がなければまたすぐ仕事を探し始める羽目になりますし、わが国にはバカンスなんていう気の利いたものもありません。

 

まぁ最近は人手不足の会社が多いので、30代程度ならそれほど不利にならず採用される会社も多いです。

そもそも30代程度の若者が減ってますからね…。

良い会社に行くのも今のうちなので、できれば仕事が多い今のうちに仕事を探すべく動いておいたほうが良いかもしれません。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の転職活動
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。