スキルなしで転職したい!何のスキルも資格もない人が転職成功するにはこれをやれ

 

  • スキルなしで転職したい!
  • でも無理かな…

そんな悩みをお持ちの方はいまのご時世珍しくないかもしれません。

 

最近は労働環境の悪いブラック企業が増えてきていますから、あなたのような方も増えてきているかもしれません。

スキルなしで転職となると不利にはなるかもしれませんが、「不利なのは知ってるけど転職したい!」と考える人も多いでしょう。

今の会社がキツすぎて、もう嫌気がさしているのかもしれません。

 

この記事では、スキルなしでも転職したい時の対処法を解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

スキルなしで転職したいと考える人は少なくない

最近はあなたのように、スキルなしで転職したいと考える人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

スキルと言っても、日本は就職というより「就社」と言われており、その会社内で使えるスキルしか身につかないと言われていますからね…。

なかなか難しいかもしれません。

スキルなしで転職したい時の対処法!これをやれば問題ない

スキルなしとはいえ、昔に比べれば今はかなり転職がしやすくなってきています。

少子高齢化により、人手不足に陥っている会社が多いですからね…。

スキルなしで転職したい時の対処法を解説しますので、参考にしてください。

深刻な人手不足!スキルなしでもまだまだ可能性はある

一昔前ですと「35歳転職限界説」みたいなのがあったり、「30代は転職厳しいぞ!」みたいに言われていましたが…。

最近は少子高齢化による労働人口減少で、仕事がかなり見つかりやすくなってきていますからね。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

 

スキルがないといっても、大抵の会社では、その会社内で通用するスキルしか身に付きませんからね。

ある程度仕事が定型化している専門職であれば別ですが…。

特にスキルがないからといって、気にしなくてもいいかもしれません。

 

一番のスキルは若さです。

特に日本は少子高齢化により、2020年には日本人の平均年齢は既に48歳を超えています。

相対的にあなたのような人材が若く、貴重になって来ているのです。

スキルがなくても転職をすることは十分に可能

スキルがないからといってもあまり気にする必要はありません。

大抵はどの会社でも、その会社で通用するスキルしか磨かれていませんからね…。

  • 目立った資格がない
  • アピールできる職歴がない
  • やってきた仕事を簡単に説明できない
  • 色々やらされたのでアピールしにくい

こういった人が大多数ではないでしょうか?

大抵の会社員は上司の指示に従って日々の仕事をこなしてるだけで、色々やらされますからね…。

専門職なら転職はかなりしやすい

特に専門職系の仕事だったら、実務経験だけでアピールしやすいです。

  • 介護士
  • 看護師
  • ドライバー
  • エンジニア
  • 営業職

こういった専門職系の仕事であれば、そこで働いていたというだけでスキルの証明になります。

割と単純作業系の仕事だったり、総合職系の仕事だと、結構スキルをアピールしにくかったりします。

営業職は専門職と言えるのかわかりませんが、営業経験者は転職有利なので、似たようなものだと思います。

 

ですがそれでも、30代程度なら比較的若いので、転職することは十分に可能です。

以前なら30代はロートル扱いでしたが、今はそれ以上にこの国は高齢化しており、相対的に若者扱いされやすいです。

気にせずに転職活動を進めていけばよいでしょう。

スキルなしでもいい会社に行きたいなら今がチャンス!

とはいえこれまでであれば、スキルなしですとなかなか転職が難しかったでしょう。

「スキルなしじゃあ仕事なんて見つからないぞ!」みたいに言われていましたからね…。

ですが上でも述べましたように、最近は労働人口減少に伴い、深刻な人手不足に陥っている会社が多いです。

スキルなしのあなたでも、いい会社に行きたいのであれば今がチャンスなんですね。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

異業種転職を狙うなら、職業訓練校に通うのもあり

或いはスキルに自信がないのであれば、職業訓練校に通うというのも手段の1つです。

雇用保険から財源が出ていますので、授業料は無料か格安、テキスト代のみで通える学校が多いです。

しかも訓練期間中は条件を満たせば失業給付が延長されますので、お金を貰いながら学校に通うことができます。

雇用保険をかけていなかった人でも、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金を貰いながら学校に通うことができます。

 

今は職業訓練校は長いものだと、半年とか1年以上のものもあります。

時間的なモラトリアムができますので、ちょっと社会人生活に疲れて一息つきたいのであれば、行ってみるのもいいかもしれません。

職業訓練校に通えば、空白期間の説明もしやすいですからね。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

⇒職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

若さが一番の資格!スキルがなくても転職は早めに

最近は上で述べたとおり、少子高齢化によって日本人が高齢化してきています。

相対的に30代~40代程度の人員は若手扱いされていて、仕事が見つかりやすくなっているんですよ。

年代別の人口のグラフを見れば分かりますが、20代とか30代の若者は、かなり数が減ってきていますからね。

 

今は目立ったスキルがなくても、転職は十分に可能です。

若さが一番のスキル、資格なので、気にせずに頑張って転職活動していきましょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

最近は転職を考える人も多いですが、やはりスキルがないと及び腰になってしまう人が多いです。

「何のスキルもないのに転職できるのか?」と不安になってきますからね…。

 

まぁ幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の転職活動
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。