30代でリストラされたその後の対処法!リストラを糧に生き抜くにはこれをやろう

 

  • 30代だけどリストラされた…
  • これから先どうしよう…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

最近は大企業でも平気でリストラを行う時代ですから、あなたのような方は珍しくありません。

リストラというと40代50代の中高年以上の話というイメージがありますが、最近は対象年齢が下がってきており、30歳以上の社員にまで対象を広げるケースも出てきました。

「正社員は解雇規制があるから!」なんて楽観視してる人も未だにいますが、組合の強い大企業ですら最近は従業員を守る余裕もなくなってきています。

中小零細企業となると、なおさらリストラされたり不当解雇されるようなケースも多いです。

 

この記事では、30代でリストラされたその後の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代でリストラされたその後の対処法!

30代という若さでリストラされてしまうと、途方に暮れてしまう方が多いと思います。

まだまだ若いとはいえ、年齢制限にひっかかりだす年齢であり、20代に比べて未経験ではかなり厳しくなってきますからね…。

30代でリストラされたその後の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

リストラなら会社都合退職なので、有利に失業保険を貰う

30代でリストラされたその後の対処法として、早く失業保険の申請をすることが挙げられます。

リストラであれば会社都合退職になりますから、自己都合退職に比べて有利に失業保険を貰うことができます。

会社都合退職ならすぐに失業保険の対象になりますし、貰える期間も自己都合退職に比べて長めですからね。

 

ただ、あまり長くダラダラしていると、空白期間が空いてしまい転職に不利になってしまいますが…。

少しはゆっくりしてみるのもいいかもしれません。

職業訓練を受けて、失業保険の期間を延ばしてみるのも手 ※条件あり

30代でリストラされたその後の対処法として、職業訓練を受けて失業保険の期間を延ばすのも手です。

条件がありますが、職業訓練を受ければ、訓練期間中は失業保険を延長して貰える可能性があります。

概ね、職業訓練開始日までに失業保険の受給残日数が一ヶ月以上残っていること、などの条件があります。

このあたりの法律は結構頻繁に変わりますので、ハローワークで聞いて確かめたほうがいいでしょう。

 

ただ、最近は例の新型のアレの影響により失業者が増え、職業訓練校の倍率も高くなってきているようです。

まぁ地区にもよるでしょうから、こういった手段もあるということは頭に入れておいた方がいいでしょう。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

これからもリストラされる可能性があるので、ローンは組まず生活費をできるだけ下げておく

30代でリストラされたその後の対処法として、これからもリストラされる可能性があるので、ローンは組まずに生活費をできるだけ下げておくことも挙げられます。

二度あることは三度あるとも言いますし、今回リストラされたということは、次の会社でもまたリストラされる可能性も大いに考えられます。

特に最近は45歳以上の中高年社員へのリストラや早期退職が吹き荒れていますし、30代となるとすぐに対象の年齢になってしまう可能性が高いです。

しかし仮にリストラされて非正規の身分に落ちてしまったとしても、ローンも組まずに負債ゼロ、生活費も低いと言うのであれば、稼ぎが低くても十分に生活が成り立ちます。

 

特にこれからは更に社会の変化スピードも速くなっていき、会社も従業員を守る余裕がなくなっていくでしょう。

今の稼ぎがずっと続く…なんて言う幻想は早めに捨てておいた方がいいです。

毎月必要なお金が少なくなれば、生活がどう変わっても対応していくことができますので、くれぐれも生活レベルは低く保つようにしておきましょう。

副業に取り組んでリスクヘッジしておく

30代でリストラされたその後の対処法として、副業に取り組んでリスクヘッジしておくことも挙げられます。

これからはいつリストラされるかもわかりませんし、会社も従業員を守る余裕がどんどんなくなっていきます。

会社も従業員に満足な給料を支払うことが難しくなってきたからか、副業を解禁する会社も増えてきていますからね…。

 

幸い最近はネットなどでも稼ぎやすくなってきているため、副業に取り組んでみるのもいいかもしれません。

クラウドソーシングサイトなどを使えば、手軽に副業をすることができます。

→月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

人手不足で仕事に困らない職種を選んでおく

30代でリストラされたその後の対処法として、人手不足で仕事に困らない職種を選んでおくことも挙げられます。

具体的には、介護士や看護師などの医療福祉系の仕事ですね。

今は新型のアレの影響で有効求人倍率が悪化していますが、相変わらず介護士や看護師は誰もやりたがらないため、人手不足です。

介護士は以前私も働いていたことがありますが、普通に50代未経験の人とかでも採用されていましたし、人手不足だからかすぐに正社員になってましたね…。

 

こちらのサービスは派遣ですが、介護の資格を0円で取得することができるのでお勧めです。

⇒介護資格が0円で取得可能!未経験からの介護職なら【かいご畑】

介護施設は、性格の悪い職員や利用者が一人入ってきただけで労働環境が一瞬で劣悪化するため、逃げやすい派遣のほうが働きやすいかもしれません。

早く次の仕事を探す

30代でリストラされたその後の対処法として、早く次の仕事を探すことが挙げられます。

新型のアレの影響で、今は有効求人倍率が低下してきていますが、不況が本格化するのはこれからという意見もあります。

実際、まだまだ不況の影響が表れているのは飲食やサービス業などの最前線だけで、それが波及してくるのにはタイムラグがありますからね…。

 

「今は時期が悪い」とタイミングを見計らっている人も多いと思いますが、来年再来年はもっと悪くなる可能性もあります。

世界恐慌の時も、景気が底を打ったのは数年後と言われていますからね…。

一日でも若い方が転職に有利ですから、早めに動いておくといいでしょう。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

まとめ

30代でリストラされたその後の対処法についてまとめてきました。

これまでは40代50代などの中高年社員がリストラされる中心層でしたが、時代の変化スピードが速くなってくるに従い、年々対象が低年齢化しつつあります。

最近では、「30歳以上の社員に早期退職を募る」なんて会社も出てきています。

時代の変化についていくことができる社員であれば、年齢関係なく会社でも重宝されますが、若くても時代に変化していく気の無い社員は、これからは会社にとってはいらないのでしょう。

 

まぁリストラされてしまったのであれば、切り替えて早く次の仕事を探していくしかありませんね。

一日でも若い方が転職に有利ですから、早めに動いておくといいでしょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の転職活動
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。