30代契約社員だから将来が不安!これからどうすか迷った時の人生戦略はこれだ!

  • 30代なのに契約社員だから将来が不安!
  • これから先どうなっちゃうの!?

そういった悩みをお持ちの方は、今や珍しくもないと思います。

 

契約社員などの非正規雇用は急速に拡大しており、今や全労働者の約4割もいます。

特に最近は日本企業もグローバル競争で負けてきており、企業の寿命も短くなってきている傾向にあります。

正社員で雇うとボーナスも払わないといけないし、なかなかクビにてきないし、契約社員のほうが都合がいいのです。

「30代で契約社員だから将来不安です」なんていうと自己責任なんて言われる傾向にありますが、そもそも企業側が非正規雇用を求めているわけですからね…。

 

しかしやはり将来が不安では、安心して働くこともできないでしょう。

この記事では、30代契約社員で将来が不安な時の対処法について解説しましたので、参考にしてください。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代で契約社員の方は珍しくない

最近はあなたのように、30代で契約社員という方は珍しくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されますね。

 

契約社員と言っても、企業によって待遇はピンキリのようですね。

そこそこ稼いでいたり、実家暮らしなどで生活費が低い方ですと、そこまで将来不安を感じていない人が多い印象でした。

契約社員などの非正規雇用は約4割!

契約社員をはじめとする非正規雇用の方は、今はたくさんいます。

驚くべきことに、その数なんと全労働者の約4割もいます。

非正規雇用のほうが安く使えるし、解雇もしやすいし、都合がいいのです。

 

しかしこれだけ非正規が増えてくると、正社員の地位も危うくなってくる気がします。

日本人はなんだかんだで非正規でも真面目に働いてしまう人が多いため、「正社員っていらなくね?」みたいに考える企業も増えてきているからです。

最近はバイトでも最低賃金が上がってきていたり、バイトでも社会保険に加入させる流れですから、そのぶん正社員にしわよせが来ているケースが多いです。

非正規の待遇改善ぶんを、正社員のサービス残業で賄うケースなども増えているようです。

しかし男性は約8割が正社員

ですが、男性となると非正規雇用はかなり少数派です。

30代ですと、約10%くらいしかいません。

男性労働者全体ですと、約8割は正社員となっていますね。

女性だと4割〜5割くらいはいるんですけどね…。

 

男女平等の世の中とはいえ、まだまだ男性は妻子を養う役割がありますから、30歳くらいまでに就職していってしまう方が多いです。

まぁ介護業界などの人手不足業界なら、50代から参入しても正社員になれたりしますから、30代くらいならまだあきらめることもないかもしれません。

男性の非正規雇用だと独身率が高いですから、気楽にフリーターをしたくても、使いやすいからなんだかんだでシフトを多めに入れられていつの間にか正社員にさせられていた…なんてケースも珍しくありません。

30代契約社員で将来不安な時の対処法!これをやれば問題なし

30代で契約社員となるとやはり給料も低いですし、将来が不安になりがちです。

雇用も正社員に比べて安定していないケースも多いですからね…。

30代契約社員で将来が不安な時の対処法を解説しますので、参考にしてください。

せめて社会保険に入れる会社で契約社員をする

契約社員の方は、せめて社会保険に入れる会社で契約社員をしましょう。

2016年に法律が改正され、従業員数501人以上の事業所で、雇用期間一年以上で週20時間以上、月給88000円以上稼いでいる学生以外の方は、社会保険加入義務ができました。

更に2022年10月からは従業員数101人以上で雇用期間二ヶ月以上の短期労働者にも拡大され、2024年10月からは更に従業員数51人以上の事業所にも拡大されていきます。

2025年からは従業員数制限を撤廃して零細企業にも加入させようという話が出ており、今後は働いていれば誰でも加入できるようになっていくでしょう。

 

まぁ契約社員だと既に入っている方が多いと思いますが、条件を満たしていても違法に加入逃れをしている企業もまだまだ多いですからね。

契約社員でも社会保険に入れば厚生年金がかけられますし、怪我や病気で働けなくなっても最長1年6か月傷病手当金が出たり、正社員と同等の保障が受けられます。

ボーナスや退職金制度がある会社で契約社員をする

30代契約社員で将来が不安な方は、せめてボーナスや退職金制度がある会社で契約社員をしましょう。

最近は人手不足の影響で、契約社員はおろかパートさんにも寸志程度のボーナスを支給したり、退職金制度を設ける会社も増えてきています。

そうしないと人が集まらないですしどんどん辞めていくからですが、あるのとないのとでは大違いです。

 

中小企業退職金共済では、パートさんでも月2000円から退職金がかけられるようになっています。

まぁ正社員でも月五千円程度しか退職金をかけていない会社も多いので、その程度でもあるだけで助かると思います。

契約社員は給料が低い傾向に!生活費を下げておく

30代契約社員で将来が不安な方は、生活費をとにかく下げましょう。

毎月かかる生活費が抑えられれば、給料が低くても暮らしやすくなります。

そもそも契約社員で給料が低いということは、「お前はこれしかお金を使う資格がない」と言われているのと同じですからね。

給料が低いのであれば、それに合わせて慎ましく暮らせばよいのです。

 

あなたのような人が増えたら日本経済は更に内需が縮小し不況から抜け出せませんが、国が非正規化を進めてきたのですから仕方ないでしょう。

日本経済やら日本の将来について考えるのは勝ち組たちに任せて、あなたは自己責任で節約に励み生存を図れば良いのです。

最近は仕事多い!今のうちに正社員を目指す

最近は30代契約社員のあなたのような方も多いのですが…。

正直今は正社員の仕事もたくさんありますので、早めに正社員になっておいたほうが良いと思います。

契約社員なんて、

  • 契約期間が終わればクビを切られる可能性がある
  • 業績が悪化すれば契約期間途中でも切られる可能性がある
  • ボーナスは無いか寸志程度
  • 非正規雇用なので世間体が悪い
  • 給料も安く、上がる見込みなんてほとんど無い

こんな感じでデメリットだらけです。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、仕事も昔に比べて多い傾向にあります。

一日でも若いほうが転職には有利ですから、早めに動いておくと良いかもしれません。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

正社員になることを恐れる必要はない

ですが中には、正社員になることに二の足を踏んでいる契約社員の方も多いかもしれません。

  • 正社員になると責任が重くなるし…
  • 非正規の職歴しかないし…
  • 残業が増えるし…

こんな懸念を持っているから、正社員をこれまで目指さなかった方も多いのではないでしょうか?

フリーターなどの非正規雇用の人が正社員を目指さないケースは結構多いですが、大抵こういった理由を並べますからね…。

 

ですけど今は、比較的労働環境がいい会社でも、人手不足に陥っていることが多いです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

特に最近は少子高齢化による生産年齢人口の減少により、本当に人手不足に陥っている会社が多いですからね。

30代で契約社員だからといって、正社員になることを諦める必要はありません。

独身で結婚したいなら正社員になっておいたほうが良いかも…

残念ですが、男性の場合契約社員などの非正規雇用ですと、結婚もできない傾向にあります…。

女性は無職だろうがフリーターだろうが契約社員だろうが、問題なく結婚できるんですけどね…。

まだまだ男女平等の世の中には程遠いですよ。

 

これは明らかにデータが出ていまして、男性の場合は非正規雇用だと既婚率が無茶苦茶低いです。

年収300万円以下の男性は、有意に既婚率、交際経験率がガクッと低下するというデータもあります。

つまりは非正規雇用で年収300万円もいかないような30代契約社員のあなたは、結婚できない確率が極めて高いです。

結婚したいのであれば、早めに正社員になっておいたほうが良いかもしれません。

まとめ 30代はまだ相対的に若い!早めに転職をしよう

あなたは30代で契約社員ということに劣等感を感じ、人生諦めているかもしれません。

しかし最近は少子高齢化によって、2020年には日本人の平均年齢も48歳を超えてきています。

相対的に30代程度の人材は若者扱いされるようになってきており、まだまだ転職市場では有利な傾向にあります。

これから更に高齢化は進んでいきますから、このトレンドは変わらないでしょうね…。

 

まぁ幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

一日でも若いほうが転職には有利ですから、早めに動いておくと良いかもしれません。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代フリーター
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。