30代なのに契約社員だから将来が不安!これから先どうする?

  • 30代なのに契約社員だから将来が不安!
  • これから先どうなっちゃうの!?

そういった悩みをお持ちの方は、今や珍しくもないと思います。

 

契約社員などの非正規雇用は急速に拡大しており、今や全労働者の約4割もいます。

特に最近は日本企業もグローバル競争で負けてきており、企業の寿命も短くなってきている傾向にあります。

正社員で雇うとボーナスも払わないといけないし、なかなかクビにてきないし、契約社員のほうが都合がいいのです。

「30代で契約社員だから将来不安です」なんていうと自己責任なんて言われる傾向にありますが、そもそも企業側が非正規雇用を求めているわけですからね…。

 

しかしやはり将来が不安では、安心して働くこともできないでしょう。

この記事では、30代契約社員で将来が不安な時の対処法について解説しましたので、参考にしてください。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

miidas

30代で契約社員の方は珍しくない

最近はあなたのように、30代で契約社員という方は珍しくありません。

ネットやSNSを見てみても、

30代契約社員ボーナスなし。

給料低すぎて実家から出られません(~_~;)

かといって田舎過ぎて求人もろくなのないんだよな…。

 

契約社員だけど正社員目指すかはどうだろうな。

もう30代だし、前職の正社員は今よりも給料低かった。

結婚は無理だろうからもう諦めてるね。

 

僕は契約社員ですよ(笑)。

給料は生活費を抜いて全額投資に突っ込んでます!

45歳くらいまでにはFIREするのが夢ですね。

こんな意見が散見されますね。

契約社員と言っても、企業によって待遇はピンキリのようですね。

そこそこ稼いでいたり、実家暮らしなどで生活費が低い方ですと、そこまで将来不安を感じていない人が多い印象でした。

契約社員などの非正規雇用は約4割!

契約社員をはじめとする非正規雇用の方は、今はたくさんいます。

驚くべきことに、その数なんと全労働者の約4割もいます。

非正規雇用のほうが安く使えるし、解雇もしやすいし、都合がいいのです。

 

しかしこれだけ非正規が増えてくると、正社員の地位も危うくなってくる気がします。

日本人はなんだかんだで非正規でも真面目に働いてしまう人が多いため、「正社員っていらなくね?」みたいに考える企業も増えてきているからです。

最近はバイトでも最低賃金が上がってきていたり、バイトでも社会保険に加入させる流れですから、そのぶん正社員にしわよせが来ているケースが多いです。

非正規の待遇改善ぶんを、正社員のサービス残業で賄うケースなども増えているようです。

miidas

しかし男性は約8割が正社員

ですが、男性となると非正規雇用はかなり少数派です。

30代ですと、約10%くらいしかいません。

男性労働者全体ですと、約8割は正社員となっていますね。

女性だと4割〜5割くらいはいるんですけどね…。

 

男女平等の世の中とはいえ、まだまだ男性は妻子を養う役割がありますから、30歳くらいまでに就職していってしまう方が多いです。

まぁ介護業界などの人手不足業界なら、50代から参入しても正社員になれたりしますから、30代くらいならまだあきらめることもないかもしれません。

男性の非正規雇用だと独身率が高いですから、気楽にフリーターをしたくても、使いやすいからなんだかんだでシフトを多めに入れられていつの間にか正社員にさせられていた…なんてケースも珍しくありません。

仕事なんていくらでもある!正社員を目指そう

最近は30代契約社員のあなたのような方も多いのですが…。

正直今は正社員の仕事もたくさんありますので、早めに正社員になっておいたほうが良いと思います。

契約社員なんて、

  • 契約期間が終わればクビを切られる可能性がある
  • 業績が悪化すれば契約期間途中でも切られる可能性がある
  • ボーナスは無いか寸志程度
  • 非正規雇用なので世間体が悪い
  • 給料も安く、上がる見込みなんてほとんど無い

こんな感じでデメリットだらけです。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、仕事も昔に比べて多い傾向にあります。

一日でも若いほうが転職には有利ですから、早めに動いておくと良いかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

miidas

正社員になることを恐れる必要はない

ですが中には、正社員になることに二の足を踏んでいる契約社員の方も多いかもしれません。

  • 正社員になると責任が重くなるし…
  • 非正規の職歴しかないし…
  • 残業が増えるし…

こんな懸念を持っているから、正社員をこれまで目指さなかった方も多いのではないでしょうか?

フリーターなどの非正規雇用の人が正社員を目指さないケースは結構多いですが、大抵こういった理由を並べますからね…。

 

ですけど今は、比較的労働環境がいい会社でも、人手不足に陥っていることが多いです。

帝国データバンクの2022年8月の調査によると、49.3%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に旅館ホテル業では72.8%と深刻な人手不足となっています。

特に最近は少子高齢化による生産年齢人口の減少により、本当に人手不足に陥っている会社が多いですからね。

30代で契約社員だからといって、正社員になることを諦める必要はありません。

男性は非正規雇用だと結婚もできない!

残念ですが、男性の場合契約社員などの非正規雇用ですと、結婚もできない傾向にあります…。

女性は無職だろうがフリーターだろうが契約社員だろうが、問題なく結婚できるんですけどね…。

まだまだ男女平等の世の中には程遠いですよ。

 

これは明らかにデータが出ていまして、男性の場合は非正規雇用だと既婚率が無茶苦茶低いです。

年収300万円以下の男性は、有意に既婚率、交際経験率がガクッと低下するというデータもあります。

つまりは非正規雇用で年収300万円もいかないような30代契約社員のあなたは、結婚できない確率が極めて高いです。

結婚したいのであれば、早めに正社員になっておいたほうが良いかもしれません。

miidas

30代はまだ相対的に若い!早めに転職をしよう

あなたは30代で契約社員ということに劣等感を感じ、人生諦めているかもしれません。

しかし最近は少子高齢化によって、日本人の平均年齢も48歳を超えてきています。

相対的に30代程度の人材は若者扱いされるようになってきており、まだまだ転職市場では有利な傾向にあります。

これから更に高齢化は進んでいきますから、このトレンドは変わらないでしょうね…。

 

一日でも若いほうが転職には有利ですから、早めに動いておくと良いかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

契約社員と言っても企業によって待遇はピンキリなので、給料が高いなら良いかもしれません。

しかし契約社員となると一般的に給料は低い傾向にありますし、ボーナスもなかったり少ないことが多いです。

給料が低いと老後の年金も少なくなってしまいますからね…。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますので、早めに転職を考えたほうが良いかもしれません。

一日でも若いほうが転職には有利ですから、早めに動いておくと良いでしょう。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【LIBZ】

リモートワークやフレックスなど、新しい働き方を取り入れている企業求人専門の転職サイト。

家や旅行先で自由に働きたい!という夢を持っている方には特におすすめです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代フリーター
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。