会社員向いてない!雇われ勤め人生活が厳しい人の人生逆転策はこれだ

 

  • 会社員向いてない!
  • 一応しばらく勤めてみたが、俺には向いてない…

そういった悩みをお持ちの方も、今は珍しくもないかもしれません。

 

最近は技術の発達が進んだため、人材に求めるレベルも急速に上がってきています。

昔ならば工場の単純労働や農業などで、みんな家族を養えたのですが…。

最近は単純作業は自動化されたり、発展途上国に仕事を取られていますからね…。

今はどこの先進国も第三次産業のサービス業従事者が増えているため、コミュニケーション能力やITスキルなどがないとまともに働けません。

それらのスキルが無いと、必然的に「会社員向いてない!」となってしまうのです。

 

この記事では、会社員に向いていない時の対処法を解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

会社員に向いていないと考える人は少なくない

最近はあなたのように、会社員に向いていないと考える人も少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

諦めてドロップアウトし、ニートになってしまう人も少なくありません。

会社員に向いていない時の対処法!これをやれば問題なし

最近はあまりに人材に求めるハードルが上がりすぎているため、会社員に向いていない人は少なくないと思います。

今はバイトなどの非正規雇用でも、正社員並みに責任と仕事を押し付けられるケースが多いですね…。

昔は長時間労働ではありましたが、ネットなどもなく不便な時代でしたから、今よりもダラダラ働けていたようですし…。

会社員に向いていない時の対処法を解説しますので、参考にしてください。

会社員に向いてないのは、発達障害が原因の可能性も!

最近はあなたのように、会社員に向いていないというか、正常な社会生活を送ることにハードルの高さを感じている方も増えてきています。

具体的には、

  • 発達障害
  • アスペルガー症候群
  • ADHD

などと言われています。

なんと成人の20人に1人が発達障害と言われ、生きづらさを抱えています。

 

具体的には、

  • 何度も同じミスをする
  • 落ち着きがない
  • 遅刻が多い
  • 人の話をよく聞かない
  • モノをなくす

などの特徴があります。

最近はこういった大人の発達障害が問題になっており、診断できる外来なども増えてきています。

会社員に向いていないのはこれのせいな可能性もありますので、一度診断を受けてみるのもいいかもしれません。

とりあえず疲れているだけなら、退職して失業給付で暮らすのも手

或いはもしかしたら、ただ疲れているだけかもしれません。

最近は深刻な人手不足に陥っている会社が多く、一人当たりの業務量が多い傾向にありますからね。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

毎日馬車馬のように働かないと、業務が回らない会社が多いのです。

 

そんなに疲れている状態であれば自然と仕事のパフォーマンスも落ちてしまい、

  • 「俺って会社員向いてないよな…」
  • 「会社員なんてなるべきじゃなかったんだ」
  • 「俺みたいなクズはニートでもするしかない…」

こんなネガティブな考えになってしまいます。

 

でしたら、いっそ会社を辞めてしばらく失業給付で暮らしてみるのも手段の一つです。

社会保険に入っているのであれば雇用保険から失業給付が支給されますから、会社を辞めても即無収入になるわけではありません。

まぁ自己都合退職ですと三ヶ月間の給付制限がありますから、最低でも三ヶ月分の貯金は用意しておかないといけませんが…(追記:2020年10月から原則2か月に短縮されました)。

職業訓練で失業給付を延長するのも手

あとは職業訓練校に通い出せば、条件を満たせばその期間中は延長して失業給付が貰えます

しかも訓練が開始すれば、給付制限もなくなります。

雇用保険をかけていなかった方でも、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金が貰えます。

 

会社員に向いていないわけではなく、ただ疲れてしまっただけであれば、一端働くことから距離を置いてみるのもいいかもしれません。

不思議なもので、働かなくなるとまた会社員が恋しくなってくるものです。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

⇒職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

もっと自分に向いている仕事に転職する

もしかしたら会社員が向いていないのではなく、単に今の仕事や会社があなたに向いていないだけではないでしょうか?

やはり仕事に合う合わないはありますし、会社によっても合う合わないはあります。

会社なんて所詮人の集合体ですから、合わない人ばかりだと合わない会社になってしまいます。

そうなると必然的に仕事のパフォーマンスも落ち、仕事にも向かなくなってしまうでしょう。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

もっとあなたに合った仕事を探すなら今がチャンスなんです。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

自営業を目指すのも手段の一つ

会社員が向いていないのであれば、自営業を目指すというのも手段の一つです。

自営業であれば会社員ほど人と会う機会も少ない仕事もありますし、自分のペースで仕事を進められます。

というか、全部自分でやらなくてはいけないので大変ですが…。

 

幸い最近はネットの発達によって、手軽に自営業の仕事が始められるようになってきています。

特に「クラウドソーシング」などはすぐに始められて、本人次第で割と短期間に収入を伸ばしていける可能性があるのでお勧めです。

会社員に向いていない自覚があるのであれば、こういった稼ぐ方法を模索していくのも良いかもしれません。

⇒月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】


昔は自営業が多かったため、会社員に向いていない人がいるのは仕方ないかも…

というか昔は勤め人なんてほとんどおらず、ほぼ農家で自営業者だったんですよ。

50年くらい前までは労働者の半数くらいが自営業だったんですが、今や90%以上が会社員ですからね…。

狭い会社ですし詰めにされて働かされるんですから、あなたみたいに向いてない人が出てくるのも当たり前です。

 

というかみんな無理に合わせてるだけで、会社員に向いてる人の割合なんてそんなにいないと思いますが…。

まぁそれがイヤなら今はネットで自営業目指す手もありますから、やってみるといいかもしれません。

まあ最悪でも副業にはなりますから、バイトでもしながら食っていくって手もあります。

少しでも稼いでいるなら、自営業を名乗るかフリーターを名乗るかは本人の勝手です。

独身なら、フリーターでも別に生きられる

会社員に向いていないのであれば、普通はフリーターになるのがセオリーかもしれません。

ニートになってもお金がなくては生活していくことができませんから、結局はバイトなりなんなりして、フリーターとして生計を立てている方が多いです。

まぁ結婚して子供がいる男性の方ですと論外ですが…。

フリーターは給料安いですし、そもそも結婚の段階で相手か相手の親に反対されて結婚までいかないケースのほうが多いです。

 

ですが身軽な独身であれば、別にフリーターだろうが生きられます。

人間一人生きるくらいなら、月に10万円もあればなんとか生きられますからね。

生活費を圧縮すれば、一人暮らししながら月7万くらいの収入で生活して貯金まで確保してる人もいます。

まぁ会社員に向いていないのであれば、そういった生き方をしていくのも良いと思うんですが。

最近は最低賃金も上がっており、バイトでも社会保険に入れる時代

というか最近はバイトも最低賃金がかなりのペースで上がっており、2022年現在では東京神奈川大阪は最低賃金1000円超えです。

バイト情報サイト「バイトル」の調査によりますと、2022年10月の全国バイト平均時給は1212円となっています。

最近は地方の下手な中小企業で正社員するよりも、都会の大企業でフリーターしたほうが福利厚生もあって雇用も安定していて稼げる…なんてケースも少なくありません。

 

最近は条件を満たせばバイトでも社会保険に入れるようになっているため、もしもの時も安心です。

2016年に法律が改正され、従業員数501人以上の事業所で、雇用期間一年以上で週20時間以上、月給88000円以上稼いでいる学生以外の方は、社会保険加入義務ができました。

更に2022年10月からは従業員数101人以上で雇用期間二ヶ月以上の短期労働者にも拡大され、2024年10月からは更に従業員数51人以上の事業所にも拡大されていきます。

2025年からは従業員数制限を撤廃して零細企業にも加入させようという話が出ており、今後は働いていれば誰でも加入できるようになっていくでしょう。

人手不足は更に加速!フリーターでも仕事に困る可能性は全くない

未だに「フリーターは中高年になったらバイトすらなくなる」なんて言われますが、それも昔の話です。

これからは人口動態的に人手不足が加速していくことは確定していますし、今でも定年後の高齢者でもフルタイムパートくらいは見つかってますからね…。

最近は発展途上国も経済発展してきており給料が上がってきているため、日本に出稼ぎに来るメリットも薄れてきています。

 

今後はフリーターでも仕事に困る可能性は著しく低いので、会社員が向いていないならお気楽フリーターでぼちぼち働いていけば良いかもしれません。

そもそも企業は人件費が高くクビにしにくい正社員では雇いたくないため、フリーターのほうが使い勝手が良いですからね…。

正社員のほうが中高年で人件費上がったら切られやすく、バイトしか見つからないケースが多いです。

生活レベルを徹底的に下げて、労働とは距離を置く

なぜみんな向いてない人でも会社員で働かされているかと言いますと、生活していくためです。

特に浪費癖がある人ですと独身でも毎月何十万も使ってたりしますし、フリーターの収入では満足ができないのです。

結婚して子供がいて新築の住宅なんて買ったら、湯水のようにお金が出て行ってしまいますからね…。

 

ですが生活レベルを徹底的に下げれば、それほど働かなくても暮らしていけます。

ニートに毛が生えたような収入でも、なんとか暮らしている人はいますからね。

しかもあまりに収入が下がると、

  • 国民年金は全額免除になる(老後半分は貰える)
  • 国保の保険料が7割減免される
  • 所得税、住民税が非課税になる
  • 公営住宅の家賃が格安になる
  • むしろ生活保護が受けられる可能性がある

などのメリットがあります。

税金や社会保険料の負担がほぼタダみたいな感じになるので、なんとか自分の生活さえ回せれば生きられるんですね。

衣食住は工夫すれば下げられる

まぁ独身一人なら、食費は月1万円くらいでも十分いけますね。

業務スーパーの格安食材を使えば、栄養バランスを考えながら月1万円以下に抑えることは十分可能です(経験済み)。

 

一番でかいのは住居費ですが、これは最近空き家が増えていて、タダみたいな金額で出回ってることもザラです。

というかこれから更に増えますし、田舎の方ではタダでもいらないから「お金あげるから誰か貰って!」って物件も出てきてますね…。

所有しちゃうと管理責任もあるし固定資産税も払う必要あるから、相続したものの使わない人にとってはマイナスなんです。

 

そうやって少ないお金で暮らせるようになれば、会社員に向いていないあなたでもなんとか生きられるかもしれません。

まぁバイトで月10万も稼げば貯金もできたり、やすい共済や確定拠出年金までかけて将来への備えもなんとか可能だと思います。

まとめ

会社員に向いていない人はいるとは思いますが、本気の社会不適合者というのは少ないと思います。

大体日本人なんて本当に仕事ができない人でも世界的に見たら、人材の質はトップクラスですからね。

基本的な読み書きや挨拶がちゃんとできるだけでも、世界的に見れば会社員に向いていないどころか、ガチ有能レベルなんです。

 

まぁ本気で無理そうなら生活レベル下げて世捨て人フリーターでもやるしかないと思いますが…。

しかし単に今の仕事が向いてないだけだと思うんですよね。

もっと作業的な仕事とか、人間関係が今より求められない会社とかなら、向いてるような気がするんですが。

幸い今は人手不足で色々な仕事のイスが空いているので、向いている仕事は探しやすいです。

まだまだ稼いで生きて行かなくてはいけませんから、今のうちに向いていそうな仕事を探しておいたほうがいいでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。