30代だけど会社員向いてない!雇われ勤め人生活が厳しい人の解決策

 

  • 30代だけど会社員向いてなさそう…
  • 一応しばらく勤めてみたが、俺には向いてない…

そういった悩みをお持ちの方も、今は珍しくもないかもしれません。

 

やはり会社員は大変ですからね…。

安定していると言われてますから「とりあえずなっとけ」みたいに言われますが、向いてない人が出ることを考慮してないアドバイスな気もします。

なかなか厳しいですが…。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

会社員に向いてないのは、発達障害が原因の可能性も!

最近はあなたのように、会社員に向いていないというか、正常な社会生活を送ることにハードルの高さを感じている方も増えてきています。

具体的には、

  • 発達障害
  • アスペルガー症候群
  • ADHD

などと言われています。

なんと成人の20人に一人が発達障害と言われ、生きづらさを抱えています。

 

具体的には、

  • 何度も同じミスをする
  • 落ち着きがない
  • 遅刻が多い
  • 人の話をよく聞かない
  • モノをなくす

などの特徴があります。

 

最近はこういった大人の発達障害が問題になっており、診断できる外来なども増えてきています。

会社員に向いていないのはこれのせいな可能性もありますので、一度診断を受けてみるのもいいかもしれません。

 

とりあえず疲れているだけなら、失業給付で暮らす手も

或いはもしかしたら、ただ疲れているだけかもしれません。

最近は人手不足に陥っている会社が多く、一人当たりの業務量が多い傾向にありますからね。

 

そんなに疲れている状態であれば自然と仕事のパフォーマンスも落ちてしまい、

  • 「俺って会社員向いてないよな…」
  • 「会社員なんてなるべきじゃなかったんだ」
  • 「俺みたいなクズはニートでもしてりゃいいんだよ」

こんなネガティブな考えになってしまいます。

 

でしたら、いっそ会社を辞めてしばらく失業給付で暮らしてみるのも手段の一つです。

社会保険に入っているのであれば雇用保険から失業給付が支給されますから、会社を辞めても即無収入になるわけではありません。

まぁ自己都合退職ですと三ヶ月間の給付制限がありますから、最低でも三ヶ月分の貯金は用意しておかないといけませんが。

 

あとは職業訓練校に通い出せば、その期間中は延長して失業給付が貰えますね。

しかも訓練が開始すれば、給付制限もなくなります。

会社員に向いていないわけではなく、ただ疲れてしまっただけであれば、一端働くことから距離を置いてみるのもいいかもしれません。

不思議なもので、働かなくなるとまた会社員が恋しくなってくるものです。

→ハロートレーニング 厚生労働省(外部サイト)

 

もっと自分に向いている仕事に転職する

もしかしたら会社員が向いていないのではなく、単に今の仕事や会社があなたに向いていないだけではないでしょうか?

やはり仕事に合う合わないはありますし、会社によっても合う合わないはあります。

会社なんて所詮人の集合体ですから、合わない人ばかりだと合わない会社になってしまいます。

そうなると必然的に仕事のパフォーマンスも落ち、仕事にも向かなくなってしまうでしょう。

 

幸い今は有効求人倍率も高止まりしていて、仕事はかなり見つかりやすくなってきています。

もっとあなたに合った仕事を探すなら今がチャンスなんですね。

人手不足の会社も今は本当に多いので、会社員に向いてないと思っているあなたでも「ウチに来てくれよ!」と諸手を挙げて歓迎してくれる会社は、必ずどこかにあります。

そうやってもっとあなたに向いている、できれば労働環境のいいホワイトな会社を探すとよいでしょう。

好きな仕事でも労働環境が悪いと長続きしませんからね。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

自営業を目指すのも手段の一つ

会社員が向いていないのであれば、自営業を目指すというのも手段の一つです。

自営業であれば会社員ほど人と会う機会も少ない仕事もありますし、自分のペースで仕事を進められます。

というか、全部自分でやらなくてはいけないので大変ですが…。

 

幸い最近はネットの発達によって、手軽に自営業の仕事が始められるようになってきています。

特に「クラウドソーシング」などはすぐに始められて、本人次第で割と短期間に収入を伸ばしていける可能性があるのでお勧めです。

会社員に向いていない自覚があるのであれば、こういった稼ぐ方法を模索していくのも良いかもしれません。

→月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

 

というか昔は勤め人なんてほとんどおらず、ほぼ農家で自営業者だったんですよ。

50年くらい前までは労働者の半数くらいが自営業だったんですが、今や90%以上が会社員ですからね…。

狭い会社ですし詰めにされて働かされるんですから、あなたみたいに向いてない人が出てくるのも当たり前です。

 

というかみんな無理に合わせてるだけで、向いてる人の割合なんてそんなにいないと思いますけど…。

まぁそれがイヤなら今はネットで自営業目指す手もありますから、やってみるといいかもしれません。

まあ最悪でも副業にはなりますから、バイトでもしながら食っていくって手もあります。

 

独身なら、フリーターでも別に生きられる

会社員に向いていないのであれば、普通はフリーターになるのがセオリーかもしれません。

ニートになってもお金がなくては生活していくことができませんから、結局はバイトなりなんなりして、フリーターとして生計を立てている方が多いです。

まぁ結婚して子供がいる男性の方ですと、論外ですけどね。

フリーターは給料安いですし、そもそも結婚の段階で相手か相手の親に反対されて結婚までいかないケースのほうが多いですから。

 

ですが身軽な独身であれば、別にフリーターだろうが生きられます。

人間一人生きるくらいなら、月に10万円もあればなんとか生きられますからね。

生活費を圧縮すれば、一人暮らししながら月7万くらいの収入で生活して貯金まで確保してる人もいます。

まぁ会社員に向いていないのであれば、そういった生き方をしていくのも良いと思うんですが。

 

生活レベルを徹底的に下げて、労働とは距離を置く

なぜみんな向いてない人でも会社員で働かされているかと言いますと、生活していくためです。

特に浪費癖がある人ですと独身でも毎月何十万も使ってたりしますし、フリーターの収入では満足ができないのです。

結婚して子供がいて新築の住宅なんて買ったら、湯水のようにお金が出て行ってしまいますからね…。

 

ですが生活レベルを徹底的に下げれば、それほど働かなくても暮らしていけます。

ニートに毛が生えたような収入でも、なんとか暮らしている人はいますからね。

しかもあまりに収入が下がると、

  • 国民年金は全額免除になる(老後半分は貰える)
  • 国保の保険料が7割減免される
  • 所得税、住民税が非課税になる
  • 公営住宅の家賃が格安になる
  • むしろ生活保護が受けられる可能性がある

などのメリットがあります。

税金や社会保険料の負担がほぼタダみたいな感じになるので、なんとか自分の生活さえ回せれば生きられるんですね。

 

まぁ独身一人なら、食費は月一万五千円くらいでいけると思うんですが。

一番でかいのは住居費ですが、これは最近空き家が増えていて、タダみたいな金額で出回ってることもザラです。

というかこれから更に増えますし、田舎の方ではタダでもいらないから「お金あげるから誰か貰って!」って物件も出てきてますね…。

所有しちゃうと管理責任もあるし固定資産税も払う必要あるから、相続したものの使わない人にとってはマイナスなんです。

 

そうやって少ないお金で暮らせるようになれば、会社員に向いていないあなたでもなんとか生きられるかもしれません。

まぁバイトで月10万も稼げば貯金もできたり、やすい共済や確定拠出年金までかけて将来への備えもなんとか可能だと思うんですが。

 

まとめ

会社員に向いていない人はいるとは思いますが、本気の社会不適合者というのは少ないと思います。

大体日本人なんて本当に仕事ができない人でも世界的に見たら、人材の質はトップクラスですからね。

基本的な読み書きや挨拶がちゃんとできるだけでも、世界的に見れば会社員に向いていないどころか、ガチ有能レベルなんです。

 

まぁ本気で無理そうなら生活レベル下げて世捨て人フリーターでもやるしかないと思いますけど。

単に今の仕事が向いてないだけだと思うんですよね。

もっと作業的な仕事とか、人間関係が今より求められない会社とかなら、向いてるような気がするんですが。

幸い今は人手不足で色々な仕事のイスが空いているので、向いている仕事は探しやすいです。

まだまだ稼いで生きて行かなくてはいけませんから、今のうちに向いていそうな仕事を探しておいたほうがいいでしょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。