30代だけど過労死しそう!死ぬほど働かされている場合の解決策

 

  • 30代だけど過労死しそう!
  • このままだとマジで死にそう…

そういった悩みをお持ちの、30代で過労死しそうな方のためのページです。

 

30代ともなると職場でもかなり頼られてきますから、そういった状況になってしまうのも珍しくありません。

特に今は就職氷河期の40代くらいの方がゴッソリ会社にいない傾向にあり、必然的に30代くらいの若手に責任と仕事が集中する傾向にあります。

更に人手不足で一人当たりの業務量も増加しており、なかなかきつい状況に陥っている方も多いかも知れません。

 

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

20代~30代の過労死は増加!

あなたのように30代程度で過労死しそうなほど働かされている人というのは、かなり増えてきています。

2010年からの5年間に労災認定された精神疾患による過労死の約44%を、20代~30代の方が占めていることがわかっています。

確かに中高年の過労死も多いですが、20代とか30代くらいの過労死や過労自殺がニュースで問題になっていますよね…。

 

電通の過労自殺事件もそうですが、ワタミやオリンピック会場建設現場監督の過労自殺も、20代の若者です。

特に20代くらいですと、まだ転職経験もなかったりして、「新卒で入った会社をすぐ辞めたら、人生終わり」くらいに思い詰めてしまいがちです。

ですが30代ともなれば転職経験もそこそこある人がいたり、世の中の仕組みも知ってきたりします。

今の過労死しそうなほど働かされる会社にしがみついてもあまり良いことはありませんから、対策をとっていったほうがいいでしょう。

 

死ぬ前に転職を検討!

正直そんな過労死しそうな職場にしがみつくのは、やめたほうがいいかと思います。

会社にしがみつこうとすると、会社側はつけあがり、更に要求はエスカレートするでしょう。

残念ですが我が国は労働者を大切に扱わない傾向にあり、会社側の言うことに唯々諾々と従っていると、死にかねないのです。

 

ですが幸い、今は有効求人倍率も高止まりしており、仕事はかなり見つかりやすくなってきています。

つまりは、過労死しそうなほど働かされる会社を抜け出したいのであれば、今がチャンスなんですね。

 

このままそんな会社にしがみついたところで、死ぬ可能性が高く意味がありません。

他人より少しばかり高い給料を貰ったところで、過労死なんてしたら使う暇がありませんからね…。

三途の川を渡るのだって、6文あれば十分です。

今のうちにそんな会社は、抜け出しておくことを強くおすすめします。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

 

強引に有給休暇を取得するのも手段の一つ

或いはいきなり転職というのも、なかなか考えられない人が多いかも知れません。

転職となるとリスクもありますし、心理的に結構大変ですからね…。

 

とりあえずはもっと、強引に休む日を作っていったらどうでしょうか?

幸いあなたは真面目な方でしょうから、有給休暇も貯まっているはずです。

できるだけ強引にでも有給休暇を取得し、休みを作っていくようにしましょう。

 

まぁなかなか有給も取れないような職場ですと、何らかの言い訳が必要になってくるかもしれませんが。

  • 風邪をひいた
  • 免許証の更新に行かないといけない
  • インフルエンザにかかってしまった
  • 子供の授業参観に出なくては行けない
  • 親が手術するので、付き添いが必要

などなど。

まぁ何らかのやむを得ない理由が用意できれば、なんとかできると思うんですが。

 

仕事が終わらないなら、やっつけでも終わらす

或いは仕事が多すぎて過労死しそうなほど働かされているのであれば、もういいですよ。

人間の集中力なんて限界がありますし、最近の研究だとせいぜい一日4時間くらいが集中力の限度とされています。

それ以上働いても効率が悪く、労働時間が増えるほどどんどん能率は低下していきます。

 

ですが会社がどんどん仕事をふってくるというのでしたら、もうやっつけで適当にやりましょう。

「とりあえず最低限のクオリティでこなすが、ミスやクレームがあっても仕方ない」というスタンスです。

 

だってしょうがないじゃないですか。

会社が過労死しそうなほど働かせてくるんだから。

怒られるかもしれませんが、それは会社が原因なんですから自業自得ですよ。

怒られて済むなら楽なもんです。

やっつけでもいいから早めに仕事をこなして、さっさと帰ってしまいましょう。

 

サービス残業もあるようなら、残業時間の証拠をとっておく

そういった過労死しそうなほど働かされている人ですと、残業代も適正に支払われているか不明です。

本来残業代は一分単位でも支払う義務がありますし、規定の時間以上の残業や休日出勤などは、割り増しで賃金を支払う必要があります。

ちゃんと計算通り全額でているのであればいいですが、そうでないなら証拠をとっておいたほうがいいかもしれません。

 

幸い、今は残業の証拠をGPSで記録しておけるスマホのアプリもあります。

こういったところで残業の証拠をとっておきましょう。

後で辞める際に未払い残業代を請求することもできますし。

 

それにもしあなたが本当に過労死してしまった場合、労災認定や裁判で残業記録が残っていると、明らかに有利な証拠になります。

まぁ残業代請求の時候は2年なので、できるだけ早めに請求した方がいいですが。

やっておくといいかもしれません。

→残業証拠レコーダー(外部サイト)

 

まとめ

30代程度ですと、過労死するほど働かされてしまう人というのも珍しくありません。

そのくらいの年代が、一番こき使われて頼りにされる傾向にありますし。

特に上の世代から仕事を押しつけられたり、損な役回りもさせられる立ち位置になりがちです。

もっと要領よくやっていかないと、本当に過労死してしまいかねません。

 

まぁ幸い今は仕事もたくさんありますし、転職もしやすくなってきています。

そんな過労死しそうな会社はさっさと抜け出して、もっと残業が少な目な会社を探した方がいいかもしれません。

残業が全くない会社となると難しいですが、こういうのは本当に会社によるので、比較的残業が短めな会社というのはたくさんあります。

このままですと本当に過労死しかねませんので、今のうちに動いておくことをおすすめします。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。