30代だけど営業職辞めたい!転職成功させ平穏な生活を手に入れるには?

 

  • 30代だけど営業辞めたい!
  • ストレスで胃に穴が空きそう!
  • 休日や夜に客から電話が来る毎日に疲れた!

そういった悩みをお持ちの方は、今時珍しくもないかもしれません。

 

営業職となるとやはりストレスもたまりますし、みなし労働時間で長時間働かされる傾向にあります。

なので離職率も他の職種に比べて高い傾向にあります。

営業職の求人は結構多めですし、それだけ人が辞めているということです。

特に最近は労働環境の悪いブラック企業も多いですし、矢面に立たされやすい営業職ほど、労働環境の悪さのしわ寄せが来やすい傾向にあります。

 

しかし30代ともなると転職も厳しくなってくる年齢ですし、これからどうしたものか?悩んでいる方が多いかもしれません。

この記事では、30代で営業職を辞めたい時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

営業職の離職率は高い!求人も多い傾向に!

あなたが営業職を辞めたがるのも仕方ないかもしれません。

やはり営業職というのは基本的に離職率が高めです。

…とはいっても職種別の離職率というような統計はあまりなく、会社によっても違うというのが正直なところです。

営業職と一言で言っても、新規開拓営業やルート営業などの種類がありますし、業界や会社によっても扱う商材や営業ノウハウが全く違うため、キツさは会社によりけりです。

 

以前ある大手転職エージェントの方に話を伺ったところ、やはり扱ってる求人で一番多いのは営業職ということでした。

離職率が高い割に、誰でもできる仕事ではないからだそうです。

考えてみれば、業界別離職率だと接客サービス業系の仕事がぶっちぎりでワーストなんですよ。

飲食、小売、宿泊、その他サービス業などの対人スキルが問われる仕事は軒並み高いです。

営業職もそう考えれば、似たようなもんですよね。

 

まぁ逆に言えば営業職の仕事は多い傾向にあるとも言えます。

営業経験者は貴重ですから、転職もしやすいと思います。

最近はデジタルネイティブな若者ほどコミュニケーションが苦手な傾向にあるため、営業ができる能力は相対的に貴重になってきていると言えます。

単に営業で売る物があなたに合っていない可能性も

当然ですが、会社によって扱う商品も全く違ってきます。

営業が向いていないというよりは、単に扱っている商材があなたに合っていないだけではないでしょうか?

よく「営業マンは自社の商品に惚れ込め」みたいなことが言われますけど、あれは綺麗ごとではなく、確かに正しいと思います。

興味もない商品を売るのは苦痛ですし、自分が良いとも思わないものを売りつけるのは罪悪感を感じ、無意識にブレーキがかかってしまいますからね。

良い商品なら自然と人に勧めたくなり、成果も出やすい

身も蓋もない話ですが、「この商品は素晴らしい!」と心から思える商品であれば、自然と人に勧めたくなります。

そんな良い商品であれば「自分が頑張ってこの商品を広められれば、社会が少しは良くなる」と心から思えて、無意識にやる気が出てきます。

人間は社会的な動物のため、無意識に共同体の利益になるかどうか?ということを考えてしまう傾向にあります。

つまりは社会にとって有益な商品であれば、心から「もっとこの商品を広めたい!この会社で営業を頑張らなくては!」と自然と思えるはずなんです。

逆にもし「こんな商品誰が買うんだ?世の中に必要ないんじゃないか?」と思ってしまっている商品であれば、残念ながら会社ごと無くなったほうが世の中のためになってしまうかもしれません…。

そうであればさっさと転職するか、生活のためと割り切って押し売りを続けるしかないでしょう。

 

まぁ今のご時世、モノもサービスも供給過剰で恵まれた時代のため、なかなかそんな革新的な商品が出ていないのが現実ですが…。

スマートフォンですら既にコモディティ化していて、儲からない商売になってきていますからね…。

営業でコネを作って転職する

或いは営業職であれば、その利点を活かして転職活動するという手もあります。

営業職ですと人に会う機会が多いですから、コネも作りやすいです。

そこでコネを作り、コネで転職を目指す方法です。

 

これ、何気に結構多いパターンです。

私も何回か転職していますが、営業の人でコネを使って転職していった人は結構見ました。

最近は求人票に嘘をついている会社多いですから、よく知った人にコネで転職させてもらうのが安全で確実です。

 

最近はネットが発達して、そういった生の情報を軽んじている人が多いです。

しかし、ネットで得られる誰が言っているのかわからない情報よりも、よく知った知り合いから得られた情報の方が確実です。

「AIが仕事を奪う!」なんてことも言われていますが、ビジネスは結局は人と人とのやりとりのため、自分を売り込んでコネを作れる人であれば、どこでも生きていけるのかもしれません。

人生に疲れたなら、職業訓練校に逃げ込め!

営業職となると長時間働かされる傾向にありますし、ストレスも溜まります。

もう社会人人生に疲れてしまった方も多いのではないでしょうか?

かといって、「会社を辞めるなら、次を見つけてからにしろ!」とか世の中で言われています。

次を決めずに辞めたら、転職活動が不利になってしまいますからね。

生活もありますし。

 

とりあえずしばらく、失業給付でも貰って生活したらどうですか?

自己都合退職だと失業給付を貰うまでに三ヶ月間の待機期間がありますが、職業訓練校に通い出せば待機期間が外れ、すぐに貰えるようになりますし。

※追記:2020年10月から自己都合退職の待期期間は、原則二か月に短縮されたようです。

職業訓練期間中は失業給付が延長されますし、長い訓練だと半年とか一年くらいあるものもあります。

今もし転職先が見つけられたとしても、焦って変な会社に入ってしまうと思いますし。

一旦落ち着いてからゆっくり考えてみるのも手段の一つです。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

すぐ転職しやすい仕事に転職するのも手段の一つ

営業職に限ったことではないですが、今は一つの会社にしがみつく時代でもないです。

というか、そうやってしがみつこうとする人ほど、会社に足元を見られますね…。

給料のいい大企業であればしがみついて高給を貰ったほうが期待値が高いですが、中小企業だと給料もボーナスもあまり期待できないため、しがみついてもあまりメリットはありません。

特に営業職ですと人当たりがいい人が多いですから、正直者が馬鹿を見る状態になってる方も珍しくないかもしれません。

いつでも他社に移れる状況が最強!病む前に逃げられる

最近は仕事が原因で精神を病んでしまう人も多いですし、営業職となるとなおさらでしょう。

病まないためには、いつでも他社に移れる状況にしておくのが最強です。

「もう嫌だ!仕事辞めたい!」→「もういいや。他の会社に移るか」

ってできるのは、精神的にも余裕が持てますし、一つの会社にしがみつかずに済みます。

今は若いからいいかもしれませんが、歳を取って中高年くらいになってくると、本気で会社はクビを切ろうとしてきたり、足下を見てきます。

 

大企業とか公務員とか、目先の世間体の良さや年収の高さに釣られてでかい顔をしていると、中高年になってからやばいかもしれません。

いい会社に勤めてても、大多数の日本人は就職ではなく「就社」をしているに過ぎず、その会社内でしか通用しないスキルしか磨かれていませんからね。

特に最近は、身の丈に合わない高給を貰っている、45歳以上の社員のクビを切ろうとする企業が増えているため、他人事ではありません。

人生100年時代なんて恐ろしいことも言われているため、多少給料が低くても長く働き続けられる仕事を選んでおいたほうがいいでしょう。

薄給でもいいなら、介護職は比較的マシ

以前少しだけ介護職やってたことがありますが、元営業職の人や、元飲食店の店長の人がいました。

給料は下がったそうですが、

  • 「ノルマもないから気楽」
  • 「仕事はそんなにきつくないし、休みも結構取れるから居心地がいい」
  • 「前の会社に比べればヌル過ぎる」

って言ってました。

 

介護職でも夜勤すれば手取り15万~20万くらいはいきますし、ボーナスも出ます。

まぁ年収300万とか、待遇いい東京でも年収400万くらいですが。

この給料で「低っ」と思った方は辞めたほうがいいですが、地方の中小企業の営業職なんてマジこのレベルなので、それならこっちのほうが転職しやすいだけマシかもしれません。

地方のハローワークで求人を見ると、正社員なのに手取り10万円ちょっとでボーナス無し…なんていう恐ろしい求人ばかりだったりしますからね…。

 

給料は今より下がるかもしれませんが、時間ができれば副業も可能ですし(副業してる介護職員は多い)、今より融通が利きます。

特に仕事が多い東京では介護派遣の時給が高騰しているため、東京で介護派遣の夜勤をすると一晩で三万円前後稼げる求人も珍しくありません。

無理なスケジュールで強引に夜勤を掛け持ちして、年収1000万近く稼いでいる人もいるとかいないとか…。

まぁ向こう20年くらいは高齢者数が増え続けて仕事には困らないため、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

⇒介護資格が0円で取得可能!未経験からの介護職なら【かいご畑】

結婚して家族がいるなら、未経験転職は極めて慎重に!

こんなページを見ている方は、結婚して子供がいる方も多いと思います。

営業職は出会いも多い傾向にありますし、人と会う機会が多く世間体にさらされやすいため、必然的に既婚者が多い傾向にあります。

そういう方の場合、転職となるとやはりリスクがあります。

家族がいると毎月の生活費が上がってしまいますし、転職失敗して給料が下がろうものなら、生活できず離婚!なんて事態も考えられます。

 

普通の転職という時点でリスクがあるのに、未経験の会社となると尚更です。

給料の相場や業界の動向なども、よくわからないでしょうし。

転職失敗すると最悪離婚に発展して一家離散、みたいなことにもなりかねません。

営業職がイヤで転職したいのであれば、慎重に転職活動したほうがいいでしょう。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

まとめ

営業職はやはり大変です。

私の周りでも、営業職が続かずに別の職種に転職してしまっている人も多いですね。

しかし社交的で人柄がいい人も多いので、転職してもすぐ馴染んでいける人が多い印象ですが。

営業経験者はそれだけで有利に見られる面もかなりあると思います。

 

まぁ最近は昔に比べて仕事も多い傾向にありますので、早めに動いておくといいでしょう

世間を騒がせている例のアレの影響がある今でも、有効求人倍率はそこまで下がっていませんし。

少子高齢化による生産年齢人口の減少により、人手不足トレンドなのはこれからも変わらないでしょう。

一日でも若いほうが転職には有利なため、早めに動いておくといいかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の仕事の悩み
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。