30代なのに年収300万!ワーキングプアの薄給会社員から抜け出す一発逆転策はこれだ

 

  • 30代なのに年収300万しかない!
  • これじゃ結婚できない!家族を養えない!
  • マジでワーキングプアじゃん…

そういった悩みをお持ちの、30代で年収300万円前後の方のためのページです。

 

最近はなかなか給料も上がらず、ワーキングプアが社会問題になっています。

都会ならまだマシですが、地方だと年収300万もいかないような求人しかなかったりしますね…。

日本は30年間給料が上がっておらず、税金や社会保険料がますます増えているため、可処分所得は年々低下しています。

年収300万円で家族を養うのは厳しいですし、独身でも老後を考えたら余裕はありません。

 

この記事では、30代で年収300万円で絶望している時の対処法を解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代で年収300万円前後の方は少なくない

最近はあなたのように、30代で年収300万円前後の方は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

 

特に地方だと年収200万円台の正社員も少なくありませんね…。

他国が経済成長し給料が上がっていく中、日本だけ「稼げないのは自己責任!」なんて個人のせいにして何の対策も取ってこなかったのですから、仕方ないかもしれません。

これからも税金と社会保険料は上がり続けていくため、日本は不況から脱出できずにこれからも給料は上がらないでしょう。

男性でも年収300万円代が一番多いボリュームゾーン

30代で年収300万となると、一見低く見えますが…。

最近は格差が広がっていますから、30代で年収300万円とはいえ、そこまで低いわけでもありません。

年収高い人が1000万円以上稼いでる一方、低い人は一生年収200万というのもザラです。

 

実感に近い値を見るのであれば、年収順に並べて真ん中にいる人の「中央値」でみるべきです。

中央値で見ると、概ね男性の年収の中央値は400万円代前半と言われています。

 

しかし、国税庁の2020年「民間給与実態統計調査」によると、男性で一番多いボリュームゾーンは年収300万代の人たちです。

次に400万円代、年収500万円代の人たちが多く、なんと4番目には年収200万円代の方が多いです。

同調査によると男性は約8割が正社員として働いていますから、正社員でもこのザマです。

ちなみに調査の平均勤続年数は約12年、平均年齢は約45歳なので、30代となるともっと低めに出ますね。

 

まあ年収300万円以上あるのであれば、まぁまぁ平均的な日本人男性の稼ぎといえるかもしれません。

所得の高い東京などの都会が平均を押し上げていますので、地方ですともう少し低めに見たほうがいいと思います。

日本は他の国に追いつかれてていて年々貧しくなってきていますので、そのぐらい稼いでいるのであれば特別落ち込む必要ないと思います。

30代なのに年収300万円の時の対処法!これをやれば問題なし

30代なのに年収300万円という方は今のご時世多いと思います。

地方のハローワーク求人を見ると、正社員なのにどう計算しても年収200万円行くかも怪しい求人が多いですし…。

東京などの都会では「年収300万円なんて低すぎる!」と言われますが、地方はそもそも会社自体が少ないのでマジで悲惨です。

30代なのに年収300万円の時の対処法を解説しますので、参考にしてください。

とにかく節約!収入が低くても使わなければ問題ない

30代で年収300万円の人は、とにかく節約に励みましょう。

収入が低くても、貯金と老後の蓄えの年金さえなんとかすれば、なんとかなると思います。

年収300万円でも、節約してる人はかなり貯金してますからね。

たくさん年収あっても、使ってしまったら残りません。

 

これから収入が上がる見込みがなさそうであれば、節約に努めましょう。

入ってくるお金が少ないなら、出て行くお金を減らすしかありません。

年収1000万円以上あっても使ったら残らない

30代で年収1000万円以上あったとしても、使ってしまったら一円も残りません。

ホームレスの方とかでも、以前は年収数千万円あったような人もいますからね…。

結局使ってしまったり、生活レベルを上げてしまうとお金なんて残らないのです。

 

むしろ「俺は正社員で平均以上稼いでるから、安泰」とか盲目的に思ってる人のほうが、何の対策もしてなくてヤバかったりもします。

収入が低くて危機感を持っているなら、対策はちゃんとしておきましょう。

年収300万円でも環境が良いなら悪くないかも?割り切ってそのまま働くのも手

30代で年収300万円とはいえ、環境が良いならそこまで悪くないかもしれません。

人間関係が良いとか、労働環境が良いなら、働くうえであまりストレスもないでしょうし。

年収が高くても、人間関係が悪いと精神を病んで最悪働けなくなるリスクすらありますので、人間関係の良さは極めて重要です。

「30代で年収300万円なんて低すぎ!転職しよう!」と年収アップ転職を果たしたものの、適応障害になって辞めてしまう…なんてのは珍しくありません。

30代年収300万円でも残業が少ないなら悪くない!時間単価はそこまで低くないかも

あとは30代で年収300万円といっても、残業がほぼなかったり少ないのであれば、そこまで悪くないと思います。

最近はサービス残業の多い名ばかり正社員があまりに増えすぎたため、年収で時給換算するとバイト並みか、最悪の場合最低賃金を割るような違法なケースも少なくありません。

年収300万円で年間2000時間労働だと、時間単価1500円くらいなので良くはないですがその程度の正社員は結構多いです。

これが名ばかり正社員だと時間単価1000円を切ってバイトのほうがマシだったりしますからね…。

 

そもそも最近は最低賃金もかなりのペースで上がってきているため、正社員とバイトの待遇差が縮小してきているのですが…。

まぁ正社員のほうが世間体も良いですし、そこまで悪くはないと思います。

今は仕事多い!転職でワーキングプア脱出も手

或いは最近は少子高齢化や団塊世代の大量退職の影響で、有効求人倍率が高止まりしています。

つまりは、仕事がかなり見つかりやすくなってきているんですね。

正社員の有効求人倍率も1倍を超えてますし、年収300万のワーキングプアを脱出していい会社に行きたいなら今がチャンスです。

 

仕事がたくさんある今のうちに、チャンスを逃さずにチャレンジしておいたほうがいいと思います。

今稼ぎが低くてお金がなくても、いい会社に転職できれば収入も上がって、結婚できる可能性は上がります。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

年収300万円から上がる見込みがないなら副業も手段の一つ

ですがいくらワーキングプアでも、家庭の事情などで、転職を安易にできない人も多いかもしれません。

転職をしても、むしろ給料が下がる可能性もありますからね…。

でしたら、副業はしたほうがいいと思います。

 

最近はネットで稼ぐ手段も増えていますので、手軽に副業をすることも可能です。

収入が上がる見込みがなさそうであれば、副業でもして稼ぎを増やしていくしかありません。

もし副業がバレてクビになったところで、年収300万程度の会社であれば、見つけるのはそれほど難しいものではありません。

最近はバイトなど非正規の時給も上がってきていますからね。

クラウドソーシングや単発バイトがおすすめ

最近はクラウドソーシングなどは手軽にネットで仕事を受注できるのでお勧めです。

⇒月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

あとは最近はスキマ時間に単発バイトを探せるアプリもあるので、働きやすいと思います。

⇒面接無し履歴書不要!すぐにスキマ時間に働ける単発バイトアプリ【シェアフル】

給料を上げて貰うよう交渉する手もあるが…

さすがに30代で年収300万だと、やはり少し低めかもしれません。

今時フリーターでも年収300万くらいは稼いでる人いますからね…。

給料はバイト並なのに、責任だけ正社員並に求められているのではないでしょうか? 正直、かなり割に合わないと思います。

 

なので、会社側に時給を上げて貰うよう交渉したらどうでしょうか?

さすがに、会社としても「もういい歳で30代なのに、年収300万なんて申し訳ない」くらいの同情心はあるはずなので、上げてくれるかもしれません。

 

まあ恐らく、役職がついたり、責任が増えることとセットを条件に、上げてくれるかもしれません。

ただ、割に合うかどうかはわかりませんが…。

まあ、年収350万くらいは狙えるのではないでしょうか?

転職できなさそうであれば、そうやって稼ぎを上げてくしかありません。

従業員に還元したがらない会社が多い!上がる見込みはないかも…

最近は、利益が増えても、従業員に還元したがらない会社が多いです。

なので30代になっても全然給料が上がらず、年収300万円程度の会社も多いんですよ。

  • 「来年はどうなるかわからないから、内部留保を増やしたい」
  • 「設備投資にお金をかけるから、ボーナスは増やせない」
  • 「業界の先行きが見えないから、基本給はあげられない」

等々。

様々な理由をつけて給料据え置きにしようとします。

 

その証拠に、企業の内部留保の金額は右肩上がりで年々増えているにもかかわらず、従業員の給料はほとんど上がっていません。

むしろ相次ぐ値上げや、税金や社会保険料の増税で、手取りは減っている方も多いのではないでしょうか?

 

そういう報われない会社だといつまでもワーキングプアで、貯金もろくにできません。

給料が低いと年金も少なく、老後の生活も苦しいです。

できれば仕事が多い今のうちに、転職してしまったほうが良いかもしれませんね。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

今時は30代で年収300万という方も、珍しくはないと思いますが…。

30代となると、これから更にお金がかかってきますよね。

  • 結婚費用
  • 子供の養育費、教育費
  • 親の介護費用
  • 親の葬式代
  • 実家の修繕や片付け、取り壊し費用
  • 自分の老後費用

などなど。

お金がかかるところばかりです。

 

幸い今なら仕事は多いので、今のうちに転職もアリだと思います。

最近は人手不足の会社も多く、未経験からでも採用されやすいです。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。