30代なのにバイトも受からない!フリーターにすらなれない場合の解決策

 

  • 30代だからバイトすら受からない!
  • 20代の頃は余裕で受かったのに…

今のご時世、そういった悩みをお持ちの方も珍しくないかもしれません。

 

20代の頃は若いからバイトなんていくらでも見つかりますが、30代となるとなかなか受かりにくくなってきます。

これはバイトに限らず正社員でもそうで「30を過ぎると企業が見る目が厳しくなってくる」というのはよく言われることです。

どの会社も若い人材を欲しがるため、30代だとなかなか厳しくなってくるのです。

「バイトすら落ちるなんて…」と落ち込んでいるかもしれませんが、30超えたら普通に受かりにくくなるのでよくあるパターンです。

 

しかしそんなことを言っていたら働けませんし、生活していくことができません。

この記事では、30代でバイトにすら受からない時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

バイトだろうが正社員だろうが、運が悪いと普通に落ちる!気にしなくていい!

あなたのように、30代でバイトすら受からない方は珍しくありません。

実は私も30代で会社を辞め、「つなぎでバイトでもするか」と考えてバイトを探していたことがあります。

ですがバイトだからと言って一発で受かると言うわけでもなく、結局何社か受ける羽目になってしまいました。

同じ時期にもっと良い人が受けていたら普通にバイトでも落ちますし、担当者との相性などもあるため、バイトでも運が悪いと普通に落ちます。

私は20代前半の時もそうやって繫ぎでバイトを探していたことがありますが、20代前半の頃でも普通に何社か落ちましたからね。

 

あと、バイトとはいえ基本的に長く働いて貰いたいため(最低でも半年~一年以上)、「こいつ明らかに就職活動の繋ぎとしてバイトしようとしてるな」と判断されると普通に落ちます。

むしろ「もう正社員はコリゴリです!フリーターとして長く働きたいです」とか言う方が受かりやすいです。

フリーターだとシフトの融通も利きやすいので、会社としても使い勝手が良くありがたいんです。

世間ではフリーターのイメージは悪いですが、企業側としてはフリーターは安く都合よく使えるのでありがたいのです。

 

世間では「バイトも落ちるなんて終わってるなw」なんて言われる傾向にありますが、こんなの運や巡りあわせ次第なので、運が悪いと普通に落ちます。

バイトは正社員に比べて受かりやすい傾向にあるというだけの話で、厳しい企業だとバイトにも正社員並みの責任とスペックを求めますので、「こいつはダメだ」と思われたら普通に落ちます。

まぁ気にせずバンバン受けていけばいいと思います。

バイトなんていくらでもある!数を受けるべき

30代でバイトが受からないとはいえ、今は仕事なんていくらでもあります。

特に誰もやりたがらないような業種だと人手不足の会社が多く、バイトなんて集まらない会社が増えているんですね。

基本的にバイトを多用する会社は、労働集約型できつい傾向にあり、従業員もすぐ辞めてしまうので万年人手不足に陥っていることが多いです。

 

まぁバイトが受からないとは言っても、こんなの会社によりますからね。

この人手不足の世の中なのに「20代がいい!」なんて身の程知らずなワガママ言ってる会社もありますから、そういう会社だと当然落ちます。

まぁそういう会社は長くないと思いますが…。

これから更に労働人口減りますからね。

 

とはいえ30代になると不利になってくるのは確かなんで、バイトでも普通に落ちます。

でもこんなのは受かるまで受ければいいんですよ。

私だって20代前半くらいでフリーターしてた時も、何社かバイト落ちましたからね。

こんなの会社にもよるしその時の会社の状態にもよります。

仕事探しなんて運次第!スパムメールの如く書類を送りまくろう

こんなの運もありますから、気にせずたくさん応募すればいいです。

一週間にいくつも面接入れてけば、多分断らなきゃいけないほど合格通知がきます

私も就職活動の繋ぎのバイトを探していた時に、バイトで1~2社落ちて「じゃあもっとバンバン受けてやる!」と思って10社くらい書類を送りまくったら、6~7割受かってしまい断るのに苦労した経験があります。

 

正社員の就職活動でもそうですが、結局は数をこなせばどこかしら引っかかります。

自分をスパムメールを送る詐欺業者か何かだと思って、スパムメールの如くどんどん企業に書類を送り付けましょう。

未だにスパムメールでの詐欺はなくなりませんが、あれは一万通送って1人でも引っかかる人がいれば大儲けできるから無くならないんです。

仕事探しもそれと同じで、あなたを雇いたいと思ってくれる会社を一社だけでも見つければそれで良いのですから、数を打ちまくれば良いのです。

バイト探し程度なら流石に10通も送れば何社か受かるでしょうから、遥かに難易度は低いです。

本人が気付いていない致命的な点がある場合も

30代だとバイトに受かりにくくなってくるというのも確かなのですが…。

やはり今ならバイトなんて受かりやすいですし、それほどバイトに受かるのが難しいとは思いません。

 

それでも落ちると言うことは、あなたには何か本人が気付いていない致命的な欠点がある可能性もあります。

  • 顔つきが緩んでいる
  • 「落ちてもいいや」と思ってて見抜かれている
  • 言動の端々に失礼な物言いがある
  • 敬語ができておらずタメ口
  • 経歴に一貫性がなくブランクが長い

などなど。

30代といっても今は本当にバイトの求人なんて捨てるほどありますから、何社も受ければどこかは受かるはずなんですよ。

SNSとか見てると、何十社もバックレてるような30~40代以上の人でも、普通にバイトなんて見つかってたりしますからね。

 

そういう場合は誰か客観的な他人に指摘してもらったほうがいいでしょう。

  • サポステ
  • ジョブカフェ
  • ハローワーク
  • 転職エージェント

などなど。

一人で悩んでてもこういうことは案外気付けませんから、誰か他人にアドバイスをもらいましょう。

今は正社員も比較的簡単になれる

30代でバイトに受からないとは言いましても、やはりいい歳だからバイトで雇うのも企業としては抵抗があるのかもしれません。

接客系の仕事だと、学生バイトとかと一緒に働いたりしますからね。

そういった仕事だと、「この人は馴染んでいけないだろうな…」と判断されると普通に落ちます。

 

なのでむしろ、正社員の仕事を受けていった方がいいかもしれません。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、正社員の仕事も見つかりやすいです。

 

30代でバイトに受かっても、

  • 「いい歳してフリーターなんて情けない」
  • 「早く就職しろ!手遅れになってもしらんぞ!」
  • 「将来生活保護だけは貰うんじゃねーぞ」

こんな風に言われる傾向にありますからね…。

アリとキリギリスで言えば、キリギリスのような扱いを受けますよ…。

まぁ最近は比較的労働環境のいい会社でも正社員になりやすくなってきてるので、正社員の仕事も受けていくといいかもしれません。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

仕事の多い都会に引っ越すのも手段の一つ

或いは、バイトすら受からないというのは地方のケースも多いかもしれません。

東京などの都会なら、マジで膨大な数の求人がありますからね…。

手当たり次第に受けまくれば、大量の内定が貰えると思います。

 

なので地方在住の方でしたら、いっそ東京などの都会に引っ越してしまうのも手段の一つです。

30代でバイトなんて探してる方は独身の方が多いと思いますが、独身なら身軽ですし、東京都はいえ郊外のワンルームアパートなら家賃安いですからね。

多摩市あたりなら家賃月2万円くらいの激安アパートもありますし、電車で都心まで30分~40分くらいで行けます。

→三万円以下で探す多摩市の賃貸【SUUMO】

東京なら最低賃金も今は1000円を超えるくらいまで上がってるので、地方で正社員するのと同じくらいは稼げる可能性高いです。

今はバイトでも条件満たせば社会保険入れますし。

 

まぁ都会に出るなら、正社員の仕事も大量にあるので正社員にもなりやすいですけど。

まぁそうやって引っ越しを検討してみるのもいいかもしれません。

求人多い都会なら、「30代でバイト受からない?なんだじゃあウチで働いてくれよ!人手不足なんだよ!」って言ってくれる会社はそれこそ数え切れないほどありますよ。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

ブランクがあるなら、多少の経歴の編集も必要かも

30代でバイトにすら受からない人というのは、空白期間などのブランクがある方も多いかもしれません。

  • 職を転々としていた
  • うつ病になって療養していた
  • 会社員に嫌気がさしてニートをしていた

こんな人たちも多いかもしれません。

ですがさすがに何年もブランクがあるようですと、バイトとはいえ書類で弾かれるケースも増えます。

まぁそれでも最近はあまりの人手不足で、40までひきこもってたような人でもバイトくらいは見つかってるものですが…。

 

ブランクが不利になってるなら、多少経歴を編集することも検討したほうがいいかもしれません。

  • 空白期間はバイトでもしてたことにする
  • 昔のバイトの経歴を延ばす
  • 前の職歴を延ばして空白期間を減らす

などなど。

まぁ職歴詐称になるのでお勧めしないですけど、バイトの採用なんて前職調査なんてほぼしませんからね。

社会保険履歴の辻褄を合わせればバレる可能性は低い

あと一つ重要なポイントを言えば、わが国で職歴を辿れる手段なんて、社会保険の履歴くらいしかありません

社会保険履歴の辻褄さえ合わせれば、多少職歴を誤魔化してもバレる可能性は低いで鵜s。

社会保険履歴がない会社の勤務歴なんて、むしろ証明するほうが難しいですからね。

マイナンバーから職歴がバレることはありませんし、2022年からは年金手帳も廃止になるので更にバレにくくなります。

大体今は本当に人手不足の会社が多いので、「なんでもいいからとにかくウチに来てくれよ!」って会社も多く、こんなのほとんど気にしません。

入ってからがんばればいいんですよ。

 

まぁ自己責任ですけど、あまりに空白期間が不利になってるようなら、バレても過失の範囲で済むくらいに編集してしまうのも手段の一つです。

こんなの気にして萎縮して応募が減ったら、これからはマジで企業は人材採用なんてできませんからね。

それくらい今の労働人口減少と人手不足はやばいんです。

企業のためにも、どんな手段を使ってでも働いてあげたほうが世の中のためにもなります。

⇒30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

本気で生活に困っているなら生活保護も検討

30代でバイトすら見つからない方は、本気で生活に困っている方も多いかもしれません。

特に最近は、世間を騒がせている例のアレのせいで失業し、生活困難に陥っている方が多いですからね…。

あまりに生活に困っている人の場合は、生活保護を検討するのも手段の一つです。

 

「生活保護なんて簡単にもらえない!」と勘違いしている人も多いですが、条件さえ満たしていれば本来誰でも貰えます。

若くても条件を満たしていれば普通に貰えますし、私の知り合いにも20~30代で生活保護を貰っている、貰っていた人は普通にいます。

まぁ若いと就労指導を厳しくされる傾向にあるので、特に何も障害がない方の場合はずっと貰うのは厳しいですが…。

家賃も出て医療費も無料になるため、生活がガチで苦しいなら躊躇なく貰ったほうがいいでしょう。

⇒あなたも使える生活保護パンフレット – 日本弁護士連合会(PDF)

しかし一人で役所の窓口に行っても水際作戦で追い返される!NPOや専門家に相談しよう

しかし最近は社会保障費の増大により、生活保護申請の段階で拒否しようとする水際作戦が横行しています。

一人で役所の窓口に申請に行っても、テキトーなことを言って追い返されるのがオチです。

なのでNPO団体や弁護士、共産党などに相談して申請に同行してもらったほうがいいでしょう。

NPO団体などは専用の窓口を設けているので相談しやすいです。

⇒自立生活サポートセンター・もやい |相談受付

 

最近は生活保護の申請代行をしてくれる弁護士や行政書士なども増えてきているため、こういった専門家に相談してみるのも手段の一つです。

生活保護 申請代行 – Google 検索

自己責任と自分を責めて諦めてしまう人も多いのですが、憲法で保障された権利なので堂々と貰いに行きましょう。

働けるのにずっと貰うのはどうかとは思いますが、生きていればお金も使って消費経済に貢献はできるわけですから、気にせず貰ったほうがいいです。

まとめ

30代程度でバイトすら受からない!ってのもわかるのですが…。

最近は人手不足の会社多いですし、受からないのは何かしら原因があると思いますよ…。

書類の段階では見栄えよく見せる工夫も必要ですし、面接もできればスーツでちゃんとした受け答えをすれば普通そんなに落ちないです。

 

まぁもう30代となると世間体もありますから、バイトに受かる努力をするよりは正社員になる努力をしたほうがいいと思います。

幸い最近は昔に比べて全体的に仕事も多く、比較的正社員にもなりやすいので、今のうちに正社員になっておいたほうがいいかもしれません。

正社員でも比較的労働環境いい会社はありますし、むしろバイトのほうが最近はきついケースもありますので…。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【MIIDAS(ミイダス)】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も高く、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒8割が優良非公開求人!ホワイト企業への転職なら【マイナビエージェント】

30代の転職活動
30tenshokuをフォローする
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。