30代なのに年収400万円以下!薄給で昇給の見込みもない時の人生逆転策はこれだ

 

  • 30代なのに年収400万円以下!
  • 会社員の平均年収は400万~500万とか言われてるのに…
  • このまま上がる見込みもないし、どうしよう!

今のご時世、そんな悩みをお持ちの方は少なくありません。

 

最近はフルタイムで働いても貧困レベルの給料しか稼げないワーキングプアが増えているため、あなたのような方は少なくありません。

年収400万どころか、年収200万とか300万位の方も増えてきていますからね…。

東京などの都会で働く人たちが平均を引き上げる傾向にあるため、地方となると更に悲惨です。

地方のハローワーク求人を見てみると、どう計算しても年収300万円すら届かないような仕事が多いです。

 

この記事では、30代で年収400万円以下の時の対処法を解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代で年収400万円以下の方は少なくない

最近はあなたのように、30代で年収400万円以下の会社員の方は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

日本は30年間給料が上がっていませんので、これからも上がる見込みは薄いでしょう。

年収400万円以下の会社員は53.6%!(平均年齢46.9歳)

あなたのように年収400万以下の会社員というのは、実は割合的にはかなり多いんです。

国税庁の「令和三年 民間給与実態統計調査」によると、会社員の53.6%は年収400万円以下です。

データの母集団は「平均勤続年数12.6年」「平均年齢46.9歳」なので、30代で勤続年数が低いと給料も低くなる傾向にあります。

令和三年分 民間給与実態統計調査|国税庁

 

会社員の平均年収は400万円ちょっととは言われていますが、平均は一部の年収がものすごく高い人たちが引き揚げる傾向にあります。

中央値となると350万円くらい、男性に限っても400万円台前半と言われています。

特に最近は所得の高い東京に仕事を求めて人口が集中していますから、地方の方となると更に低くなります。

既に年金生活者だけで4000万人もいることを考えると、年収400万円以上稼いでいる人の割合は日本国民の中では少数派なのです。

30代で年収400万円以下の時の対処法!これをやれば問題なし

しかしこんなページを見ている時点で、「30代で年収400万円以下はやばいな」と思っているのかもしれません。

老後の年金などを考えると不安になってきますからね…。

30代で年収400万円以下の時の対処法を解説しますので、参考にしてください。

年収400万円程度の会社は今は多い!早めに転職するのも手

最近は仕事がかなり増えて来ていることもあって、30代で年収400万円前後のような会社の求人というのはかなり増えてきています。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

今の会社の仕事が気に入っているのであればいいですが、不満があるのであれば転職するのも手段の1つです。

「転職をすると給料が下がる」みたいなことを言う人もいますが、あれはもともと給料の高い、いい会社に通っている人の話ですからね。

年収300万円台なんて、新卒の給料でも稼げる時代ですからね…。

 

給料が安いと、

  • 貯金もなかなかできない
  • 婚活で敬遠される
  • 厚生年金の掛け金も低く、老後の年金が少ない
  • 40代になると介護保険料も引かれだし、手取りがさらに下がる

などのデメリットがあります。

30代となるとこれからの後人生が決まってきたりしてしまいますので、今のうちに動いておいた方がいいかもしれません。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

副業して収入源の分散を図るのも手段の1つ

あるいは転職となるとやはりリスクもあります。

人間関係の悪い会社などに入ってしまうと、長続きしなかったりしますからね…。

 

でしたら、副業をして稼ぐというのも手段の1つです。

幸い、最近は手軽にできるネット副業が増えてきていますから。

お手持ちのスマートフォンなどでも、副業ができるようになって来ているのです。

 

一番手軽にできるのは、クラウドソーシングサイトですね。

これだけでも、会社員並みかそれ以上に稼いで独立している人もいますし。

まぁ少なくとも副業にはなりますので、収入源の分散を図れます。

⇒月10万円ゲット!在宅ワークなら【クラウドワークス】

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

40代50代になるとリストラリスクも…一つの収入だけでは不安

まだ30代だからいいですが、これが40代とか50代になると、会社は使えない中高年をどんどんクビにしようとしてきます。

特に最近は人工知能の普及で、「AI失業」が起こるかもしれないとか言われていますからね。

本業の給料1つだけでは不安な時代なんですよ。

副業しておけば収入源の分散を図ることができますので、将来のリスクヘッジにもなります。

 

まぁ最近は政府が副業解禁に向けて動き出してきたとは言え、まだまだ副業を厳格に禁止している会社も多いですが…。

まあ年間数十万円ぐらいであれば、申告しておけばばれる可能性は低いです。

そのぐらいであれば税金の金額も大して上がらないので、ばれる可能性は低いですから。

今の給料に不満があるのであれば、いっそやってみるのもいいかもしれません。

まだ独身の場合、婚活で苦戦する恐れも…

あなたがまだ独身の場合、年収400万円以下ですと婚活で苦戦する可能性があります。

政府の調査によりますと年収300万円を境に優位に既婚率が上昇する…という統計結果もありますので、年収400万円以下であればまだマシですが…。

地方ならいいですけど、都内だと年収400万円以下なんて人はかなり給料が安い部類に入るので、苦戦するかもしれません。

 

地方でも、相手の親の世代は給料が右肩上がりで上がっていった世代なので、甲斐性なし扱いされる可能性もあります。

上で述べたように、最近は会社員の給料も下がり続け、年収400万円以下の会社員の割合もかなり増えて来ているのですが…。

上の世代は年功序列で給料が上がっていたので、そんなことを実感として理解していないのです。

大体、今は男性だけのデータでも年収300万円台の会社員が一番多いですからね。

離婚リスクも高い可能性が

ちなみに恐ろしいことに、旦那の年収が低いと結婚している人でも離婚する確率が高いようです。

「旦那の収入が低い」というのは、離婚の理由としていつもトップにきていますからね…。

何事もなく結婚し、幸せな結婚生活を築いて行きたいのであれば、もっとお金を稼ぐ努力をしておいた方がいいかもしれません。

「稼げない男に価値はない」なんていう酷い人もいますからね…。

まとめ

30代で年収400万以下という方も多いとは思います。

今や会社員の50%以上が年収400万以下ですし、男性でも約4割は年収400万以下ですからね。

ただその収入ですと、なかなか結婚して家族を養っていくのはきつくなってきます。

独身なら余裕な収入ですが…。

 

今なら比較的待遇の良い会社の求人も多くなってきています。

現状の収入に不満があるのであれば、今のうちに転職を検討しておいた方がいいかもしれません。

人口動態的に人手不足のトレンドはこのまま続いていきますが、またリーマンショック級の不況が来たらどうなるかわかりませんので…。

40代になってしまうとさらに転職が難しくなるので、やるのであればできるだけ早いうちのほうが良いでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。