仕事で疲れやすい!激務すぎて疲れが取れない時の対策はこれだ!

 

  • 仕事で疲れやすい!
  • 寝ても疲れが取れない!

最近はそういった方も珍しくはないかもしれません。

 

最近はギリギリの人員で回している会社が多く、一人当たりの仕事量も増えてきています。

結果的に仕事がきつくなり、疲れも溜まりやすくなってきているのです。

特に人手不足で残業が多くなったり、休日出勤の頻度も増えている方が多いのではないでしょうか?

最近は正社員も人手不足で、1人当たりの業務量が増大していますからね…。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

 

しかし仕事でクタクタに疲れてしまうと、プライベートや趣味を充実させることができません。

仕事で疲れやすい時の対策を解説しますので、参考にしてください。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

若いのに疲れやすい人は少なくない

最近はあなたのように、まだ若いのに疲れやすい人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

最近はあまりに激務な会社が多いため、疲れてしまうのも仕方ないかもしれません。

仕事で疲れやすい時の対処法!対策をしてプライベートも充実させよう

仕事だけで疲れてしまうと、プライベートや趣味を充実させる時間がなくなってしまいます。

私も以前ブラック企業で働いていた時は、仕事だけでクタクタになってしまいプライベートまで気が回りませんでしたね…。

仕事で疲れやすい時の対処法を解説しますので、参考にしてください。

睡眠不足で疲れやすくなる!睡眠はしっかりとる

疲れやすいというのは、仕事で消耗しているからではないでしょうか?

適度な労働は体に程良い緊張感と充実感をもたらしますが、今の時代の労働はどんどんきつくなってきていますからね。

特に睡眠時間が取れないと、疲れも取れにくくなり、気分も沈みがちな傾向にあります。

特に6時間睡眠以下だとまずいですね。

6時間睡眠を数日続けただけで、日中は二日酔いと同じような状態になるみたいですから。

つまりは能率が悪く、疲れも取れず、仕事がはかどらないのです。

 

なので意識して睡眠時間をしっかりとるようにしていかなくてはいけません。

できれば毎日しっかり7~8時間の睡眠をとりたいところです。

まぁ労働時間の長いブラック企業に勤めていたらなかなか難しいかもしれませんが…。

労働時間が長過ぎる可能性も!本来は1日8時間以上の労働は禁止されている

長時間労働ですと、当然体が疲れて、疲れも取れない傾向にあります。

それに応じて休みの時間や睡眠時間なども取れればいいですが、なかなかそうもいかない人が多いでしょう。

一億総活躍社会なんて言われていますし、みんな仕事にプライベートに充実!みたいなのが良しと持て囃されていますからね。

残業でくたくたで帰ってきても、無理やりどこかに出かけている方も多いかもしれません。

 

ですが本来、人間の1日の労働時間は8時間が限度なんですよ。

いつの間にか「1日の最低の労働時間が8時間」みたいに言われていますけど。

そもそも8時間労働は、「睡眠に8時間、労働に8時間、余暇に8時間」ということで決められたようですし。

8時間以上働いてしまうと睡眠時間も減ってしまい、人生も楽しめなくなってしまうのです。

ストレスもたまり疲れも取れず、今のあなたのようになってしまいます。

 

大体、人間の集中力なんて1日4時間ぐらいが限度というのは最近の研究結果でわかっていますし、

そもそも労働基準法では「1日8時間を超えて働かせてはならない」と8時間以上の労働を禁止しているんですよ。

それ以上働かせるには36協定というものを労使合意のうえで締結し、労働基準監督署に届け出なければならないのですが…。

厚生労働省の調査によると、半数以上の中小企業は36協定の締結すらしていないようです。

きつすぎる会社なら転職も検討すべき

そんなに疲れやすく疲れも取れない会社に勤めているという方は、激務な仕事についている方が多いと思います。

今はまだ体力があるので勢いでなんとかこなせているかもしれませんが、これから先こなしていくのは厳しいのではないでしょうか?

人間は当然歳をとりますので、このまま働き続けると30代、40代、50代…というふうに、ドンドンと体力が下り坂になっていきます。

そうなると当然今よりも疲れやすく疲れが取れにくくなり、仕事だけで人生が過ぎ去っていってしまうでしょう。

 

でしたら今のうちに転職を検討するのも手段の1つです。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

いい会社に行くのであれば今はチャンスですので、今のうちに転職を検討するのもいいかもしれません。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

運動不足に陥っている可能性も!適度に運動する

仕事で疲れていると、どうしても運動は後回しになってしまいます。

当然ですが運動不足も疲れやすさ、疲れのとりにくさをもたらします。

人間も所詮動物ですので、体を動かすように設計されているんです。

 

運動不足になると様々な弊害を引き起こします。

  • 慢性的に疲労がとれない
  • 気分が落ち込む
  • すぐに息切れする
  • やる気が出ない

等々。

運動不足ですと体中の血行も悪くなりますから、必然的に様々な悪影響が出てくるんですね。

体中に栄養も行き渡らない傾向にありますし、疲れやすさと無関係では全くありません。

 

少しでもいいので、意識して運動するようにするといいかもしれません。

  • 一駅の間だけでも歩いてみる
  • 車を使うところを少しだけ歩いてみる
  • 家の近くでもいいから少し散歩してみる

こういったちょっとした運動でもいいんですよ。

やるとやらないとでは全く変わってきますので、やってみるのもいいかもしれません。

食べ過ぎている可能性も!食生活を見直す

後はこれも原因として考えられます。

体を動かしまくるブルーカラー系の現場作業系の仕事であれば別ですが、オフィスワーク系の仕事ですと1日にそれほどカロリーを消費するわけではありません。

そもそも現代人は1日3食食べるのが普通だとされていますが、昔は1日二食や一食だった時代もありました。

最近は「1日3食ガッツリ食べてたら食べ過ぎ」という説もあります。

 

なので食事の量を減らしてみるというのも手段の1つです。

当然ですが、食べてしまうとその分消化にエネルギーが使われますから、当たり前ですが疲れます。

1日三食もガッツリ食べていたら、内臓は休む暇がないんですよ。

内臓休ませておけば疲労回復にもエネルギーが使えるのですが、食べ物を消化するのにエネルギーが使われているわけですからね。

 

断食してみると体がすっきりして性欲などのエネルギーが湧いてくるのは、これが原因です。

食事の量を減らしたりー断食することによって勃起不全が改善する…ということもよくあるようですからね。

疲れやすいのであれば、意識して食事を減らしたりしていくといいかもしれません。

ただ栄養バランスはよく考える必要がありますけどね…。

まとめ

まだ若いのに疲れやすいというのは、結構まずいと思います。

仕事だけでクタクタになってしまい、エネルギーが残っていないということですからね…。

やはりこれも、仕事が原因のことが多いと思います。

1日8時間では済まず、10時間も12時間も毎日働かされて休日出勤までさせられていたら、そりゃ疲れます。

特に最近は人間関係が悪かったり、仕事がきつくて職場がピリピリしてたりしますからね。

疲れるなっていう方が難しいでしょうね。

 

まぁ幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

30代の仕事の悩み
30代からの転職!念願のホワイト企業への転職を成功させるには?
テキストのコピーはできません。