30代からの転職活動!転職を成功させるポイントとは?

 

20代の転職であれば、若いのでまだ気楽に出来る傾向にあります。

ですが30代の転職となると、これが最後の転職になるかもしれません。

 

一般的には、

  • 「30代になると転職は難しい」
  • 「35歳を過ぎると、転職は絶望的」
  • 「30代で人生が決まってしまう」

こんなふうに言われていますからね…。

 

ですが、ビビって何もチャレンジしなくては、今の理不尽な環境に甘んじざるを得なくなってしまいます。

このページでは、30代でも転職を成功させるための方法について解説します。

世界的な少子高齢化で人手不足トレンド!30代程度は比較的若く見られる今がチャンス!

しかし以前に比べて、30代というのは相対的に若くエネルギッシュな人材だとみられる傾向になってきています。

2020年には日本人の平均年齢も48歳を超えましたし、30代程度はまだまだ若手扱いです。

その割に社会に出て会社でも頼られる年代のため、30代というのは一番使い勝手が良く、転職でも重宝されやすい年代なのです。

 

最近は日本だけではなく世界的にも少子高齢化が進行しており、どの国も年々平均年齢が上がってきています。

特に最近はアジア全体で出生率が低く、実は日本は比較的マシなほうなのです。

日本に出稼ぎに来ることが多い中国やタイ、ベトナムなどでも出生率が年々低下しており、韓国台湾シンガポールあたりは日本よりも遥かに出生率が低いのです。

「これからは世界的に人材の争奪戦が起こるだろう」とも言われていますね。

 

そんな事情もあり、相対的にあなたのような若くて有能な人材の価値があがってきているんですね。

  • 「20代の若い人材がほしい!」
  • 「30代はちょっと…」
  • 「30代未経験の人材は雇いたくない!」

こんなワガママを言っていては、企業側は人材の採用ができなくなってきているのです。

 

実際帝国データバンクの2021年の調査によりますと、約4割の企業が「正社員が足りていない!」と回答しています。

例の新型疾病の影響を受けてもこれですから、いかに人手不足が深刻か分かります。

2021年5月のデータでも、失業率は3%程度となっていますし。

例のアレの影響を受けていない業界は引き続き好調、どころかテレワークが進んだお陰で売り上げが急激に伸びているケースも多いです。

30代でも、極力いい会社に行きたいのであれば今がチャンスといえます。

30代は体力も下り坂。労働環境の良いホワイト企業を探すべき

ですが、「正社員で転職できればどこでもいい!」というのはやめたほうがいいと思います。

20代の若いうちであれば無理も利きましたが、あなたはもう30代です。

気力も体力も、これから下り坂で下がっていく一方です。

今はまだ大丈夫かもしれませんが、10年後20年後となると、激務な会社で働いていくのはきつくなってきます。

 

30代の転職となると、これが最後の転職になる可能性もあります。

先を見据えると、労働環境の良いホワイト企業を探したほうがいいと思います。

 

残業が少ない、などの条件をつけると、今よりも多少給料は下がってしまう可能性もありますが…。

そういったリスクに目をつぶってでも、労働環境の良いホワイト企業を探したほうがいいと思います。

そのほうがワークライフバランスも実現され、人生の満足度も上がるでしょうし。

労働環境の良いホワイト企業に入社するには?

ですが一般的なルートで仕事を探してしまうと、「労働者を安い賃金でこき使ってやろう!」みたいに考えるブラック企業が多いのが現状です。

そんな悪質な会社に入社してしまうと、あなたの人生そのものが破壊されてしまうでしょう。

 

労働環境の良いホワイト企業を探したいのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは我々求職者側は無料で利用できますが、企業側は少なくないお金を払っています。

つまりは、人材の採用にちゃんとお金をかけている優良な企業が多いんですね。

結果的に、労働環境の良いホワイトな企業である確率が高くなるんです。

そもそもお金がない企業の場合は必然的にサービス残業なども増えて給料も安く、ブラック企業になってしまいますからね。

 

また、優良企業が転職エージェントを使うのは、単に優秀な人材が欲しいからという理由だけではありません。

転職エージェントが扱っている求人は、その多くが非公開求人です。

つまりはエージェント経由で、条件にある程度マッチした人材だけ、企業側は面接に進ませることができます。

つまりは効率的な採用活動が行えるということであり、人事担当者の労力が削減できます。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな優良企業は、そうやって人事担当者の労働環境にも配慮する傾向があるのです。

 

エージェントは転職成功させた後、先方の企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスモデルです。

ただすぐに辞められてしまうとエージェント側には返金規定があるため、かなり親身に力になってくれます。

「エージェントは金欲しさに適当なところにねじ込んでくる!」なんてことを言う人もいますが、そんなことをしたらすぐに辞められてしまい儲からないので、普通はありえません。

 

30代からでも、労働環境の良いホワイト企業に入社したいのであれば、ぜひとも転職エージェントを活用するようにしましょう。

おすすめの転職エージェントは?

こちらの転職エージェントでしたら、全国に支部があり、求人を扱っている数も多いです。

扱っている求人の約8割が非公開求人ですので、ホワイト企業を見つけられる可能性が高い傾向にあります。

リクルートエージェント

私もこのエージェント経由で労働環境のいい会社に転職した経緯があります。

私の周りでも、このエージェントを使って転職を成功させた人は多いです。

30代からでも労働環境の良いホワイト企業への転職を成功させたいのであれば、一番力になってくれるエージェントといえます。

⇒年間休日120日以上!年収500万以上!ホワイト企業を探すなら【dodaエージェントサービス】

まとめ

30代となると、これが最後の転職になる可能性が高いです。

これからは年齢的にも転職が難しくなってくるでしょうし…。

  • 「何が何でも転職を成功させたい!」
  • 「転職失敗してブラックな会社には入社したくない!」
  • 「もう30代だし、転職失敗できない!」

そう考えているのであれば、使えるものは何でも使っていったほうがいいと思います。

 

幸い、転職エージェントであれば我々求職者側は無料で使えますし、面接のアドバイスや、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスもしてもらえます。

一人ぼっちで仕事を探していると心が折れますので、味方をつけたほうが良いでしょう。

⇒年間休日120日以上!年収500万以上!ホワイト企業を探すなら【dodaエージェントサービス】

テキストのコピーはできません。